子供の描いた絵の収納アイディア術。どんどん増える絵を整理しよう!

子どもは絵が大好き。毎日たくさん絵を描くので、気付いた時には買ったばかりのらくがき帳が絵で埋まっていた…なんてことありませんか。成長の記録でもある大切な子どもの絵ですが、日々増えていくのは困りものですよね。今回は、子どもの描いた絵の収納術についてまとめました。思い出はとっておいてもスペースはとられたくない方、必見です。

子どもの絵の変化は、成長のあかし

はじめてクレヨンを持った時のなぐり書き。はじめて顔が描けた時のよろこび。

昔子どもが描いた絵を見返してみると、その時の姿や思い出がよみがえってきませんか?
絵の成長は、子どもの成長のあかしです。手や足が描けた、色遣いも上手になったなど、子どもの成長と共に絵は変化していきます。後々の思い出になるように、出来るだけ子どもの絵は保管してあげましょう。

とはいえ保管しておく場所がない、と困っている方もいるのではないでしょうか。ご自宅の収納スペースや、どう飾りたいかどうかによって保管方法が違ってきますので、順番にご紹介していきましょう。



スペースがなくても絵を保存したい時は?

写真を撮って、データで保存

収納スペースが全くない方は、写真で保存するという手があります。
子どもの絵を写真にとり、それをデータとして保存しておくのです。データにしてしまえば、絵が描いてある紙は処分できるので保管スペースを確保する心配がありません。

ただ、子どもにとって絵は自分の大切な作品。子どもが絵を処分する場面を見てしまうと、捨てるのを嫌がる場合もあります。処分する時は、「大切な絵だから写真で残してあるんだよ」ということを伝えて納得してもらうか、子どもの目が届かないところで処分するようにしましょう。

子どもの絵でフォトブックを作る

子どもの絵を写真で撮りためておき、フォトブックにしてしまうのはいかがでしょうか。

まるで写真集のように仕上がるので、見た目も美しいですし保管スペースもとりません。好きなページを開いて飾っておくこともできるので、フォトブックはイチオシの子供の絵の収納方法です。

原本に近いサイズが魅力「フジフィルムのマイブック」

子どもの絵をフォトブックにするなら、なるべく原本に近いサイズのフォトブックを作りましょう。
元の絵の大きさに近いほうが、原本の絵を見ている感覚になりますし、子どもも「自分の絵だ」と認識しやすいもの。大きいサイズのフォトブックを作るなら、フジフィルムのマイブックが画像も良く、価格もそう高くないのでお勧めです。

公式サイトはこちら

コンパクトに飾れる「キタムラのフォトブックリング」

とじ具がリングになっているものなら、気分に合わせて好きなページを表紙にして、コンパクトに飾ることができます。スケッチブックのような体裁になるので、子どもの絵にはぴったりのフォトブックです。

公式サイトはこちら

身近なグッズで収納しよう

箱に入りきれるものだけを保存

どうしても絵の原本を捨てるのに抵抗があるなら、収納箱を用意しましょう。

大きな画用紙でも折らずに入れることが出来る箱を用意して、そこに入る分だけ保存します。箱に入りきれなくなってきたら整理して、似たような絵は処分していきましょう。
この箱に入るだけ保存しておくと決めておけば、取捨選択して良いものだけ残しておくことが出来ますので、無駄に絵が増えることがありません。

ふた付き収納ケースにいれて作成年度ごとに保存

アーテック 作品収納ケース 大 11142 白無地
できるだけたくさんの絵を保存しておきたい!という方には、こちら。
大きな収納ケースに入れて、作成年度ごとにパックして保存しましょう。できるだけ丁寧にそろえて収納すればかなり圧縮することができ、保管スペースを節約できますよ。



インテリアとして部屋に飾る方法3選

いつまでも眺めていたい子どもの絵は、ぜひ部屋に飾ってあげましょう。画用紙一枚を壁に貼ってもいいのでずが、ちょっとした工夫でかわいくなりますよ。
こちらからは子どもの絵をかわいく飾るポイントをお教えします。

ナチュラルに部屋に溶け込ませたいなら…「コルクボードに貼る」

子どもの絵をコルクボードに貼ってみましょう。
ナチュラルなイメージのコルクボードはインテリアになじみやすく、子どもの派手な絵も落ち着いた雰囲気で包んでくれます。おしゃれに、そしてシンプルに子どもの絵を飾りたい方におすすめのアイテムです。

たのしく、かわいく「ガーラントで飾る」

子どもの絵には楽しげで特別感のあるガーランドがぴったり!
絵と絵をガーランドでつなぐことで絵が際立つだけでなく、ごちゃごちゃした部屋の生活感も薄らぎ、サーカスのように楽しげな雰囲気に変わりますよ。絵だけではなく、部屋の雰囲気までおしゃれ度がアップするガーランド、おすすめです。

ガーランドは、家にあるもので簡単に作ることができます。きちんと大きさを合わせなくても構いません。ラフな感じがかわいいですよ。

▼作り方はこちら

布や折り紙で簡単&おしゃれな手作りガーランド – VERANDAHER
インテリア、雑貨、花、掃除などライフスタイルに役立つ情報をお届け!モノトーン素材の配布も。

本格的な絵画風…「額に入れて飾る」

額というと本格的に絵を描く人のものか、表彰状を入れるもの…と思っていませんか?
最近はシンプルでかわいい額も増え、子どもの絵をいれて飾るのにピッタリなものも増えてきました。おしゃれな額に入れるだけで子どもの絵が引き立ち、部屋のアクセントにもなります。大切な絵に汚れやほこりが付かないのも、額ならではの嬉しいポイントですね。

かんたん・便利な絵の収納グッズ3選

お絵かきアートフレーム

*********************************************************************** 子どもの絵の収納箱を、そのまま壁に飾れるという画期的なアイテムです。
ぱっと見た感じでは額のように見えるので、インテリアのポイントにもなりますよ。箱には何枚も絵が収納できますから、新作が出来るたび簡単に絵を入れ変えることができて便利です。

購入はこちら

賞状ファイル

ナカバヤシ 賞状ファイル A3判 10ポケット 20枚収納 ブルー SD-SH-A3-B
A3サイズの画用紙ならこれ。
本来は表彰状をいれるファイルですが、子どもの絵を入れて収納するにもぴったりです。絵が汚れない上に、何度も見返すことができる扱いやすさが魅力です。

作品収納バッグ

アーテック 作品収納バッグ 不織布チャック付 11151 水色
四つ切サイズ程度の大きなものなら、専用のバッグに入れて保存しましょう。
ファスナーで口を閉じることが出来るので、大切な絵を紛失することがありません。いくつか準備しておき、年代別に分けて収納してもいいかもしれませんね。

絵の作者は子どもであることを忘れずに

どんどん増える子どもの絵。一般家庭では全てをとっておくことはなかなか難しいと思います。
どうしても捨てなくてはいけないものが出てきた場合は親が勝手に捨てるのではなく、子どもと一緒に整理しましょう。

絵の「作者」である子どもは、大人が思っている以上に「作品」に思い入れがあることもあります。
描いた絵の背景には、子どもが大切にしている思い出が詰まっていることも…。絵の見栄えで勝手に判断して、子どもの気持ちを摘まないようにしてくださいね。

捨てる絵を決める時は、大人が勝手に判断するのではなく、子どもと話し合ながら絵を整理していきましょう。
どうしても意見がかみ合わない時は、数か月たってからもう一度話し合うと、すんなり整理できることもありますよ。
子どもの絵は大切な成長の足跡です。親子共に納得いく形で保管しておきたいですね。