ベビーチェアーおすすめ8選!安心して長く使える選び方ガイド

赤ちゃんがおすわりできるようになってきたり、離乳食を始めるころから欲しくなってくる「ベビーチェアー」。選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。

ベビーチェアーって必要なの?いつまで使うの?

乳幼児期の食事の必需品

ベビーチェアーとは赤ちゃんでも安心して座ることができるベビー用の椅子のこと。
赤ちゃんは離乳食を始めたばかりのころなら抱っこで食事もできますが、そのうちよく動くようになってきます。また、赤ちゃん時期を卒業すると「食事のときは椅子に座る」という習慣づけも必要になってきます。そのためにもなんらかのベビーチェアーは必需品と言えそうです。

もちろん食事以外にも工作やお絵かきなどの遊びにも大活躍します。お気に入りの一品を手に入れましょう。

先も見据えて計画的に選びましょう

お子さんの体格や個性にもよりますが、座布団等を使って高さを調整するとしても、大人と同じ椅子に座って安定して食事ができるのは小学校に上がってからになることが多いです。

それまで1つのベビーチェアーを長く使うのか、途中で買い替えるのか、少し先のことまで考えながら希望に合うベビーチェアーを見つけましょう。



ベビーチェアーを選ぶポイントとは?

使う場所は?

ベビーチェアーは大きく分けて「ハイチェアー」と「ローチェアー」があります。生活様式や目的に合わせて選びましょう。
ハイチェアーはその名の通り「高い椅子」。ダイニングテーブルで使う場合はこちらがぴったりです。中には大人まで使えるものもあります。

ローチェアーは「低い椅子」。ローテーブルで使う場合はこちらです。ハイチェアーに比べると値段も抑えられ、おすわりが不安定な時期でも使えるタイプもあります。
食事はハイチェアーを使っていても、おやつを食べるときや遊ぶとき用にローチェアーも併用する人も多いです。

いずれも、座面やひじ置きの高さがテーブルと合うか、安全ベルトやテーブルなどの付属品などをチェックして選びましょう。

いつまで使う予定?

ベビーチェアーが使える時期は、大きく分けて「幼児期のみ」「大人まで使える」という2タイプがあります。

幼児期のみのタイプは使用期間が5歳頃までのものが主流で、中には折りたたみが可能なものもあります。大人まで使えるタイプはほとんどがハイチェアーで、脚の内側に溝があり、子供の成長に合わせて座板と脚のせ板が調整できます。大人まで使えるものでも、商品によって耐荷重が異なりますのでご確認ください。

予算はどれくらい?

ベビーチェアーの値段は4,000円~10,000円程度のものが主流です。とはいってもかなり幅があり、ローチェアーを中心に4,000円以下の椅子もありますし、長く使えるもの、安定感のあるもの、素材のよいもの、デザイン性の高いものなどは20,000円以上になってきます。

素材へのこだわりは?

ベビーチェアーの素材には、木・鉄のパイプ・ポリウレタンなどが使われます。木製なら温かみや手触りのよさ、鉄パイプの枠のものなら軽さや値段の安さ、ポリウレタン製の座面なら汚れへの強さなど、それぞれにメリットがあります。

テーブルは必要?

テーブルが付いているタイプのチェアーは、赤ちゃんがダイニングテーブルを蹴ってチェアーが離れてしまったり倒れてしまう心配がありません。テーブルを後ろにくるっと回せるタイプやテーブルを取り外せるタイプもあります。また、ローチェアーなどはテーブルを付けることで食事中に立ち上がりにくくできる商品もあります。

メリットもある一方、テーブルがあるとかさばって邪魔だったり、テーブルに食器を置くと近すぎて落としやすいなどのデメリットもあり、テーブルは不要という声もあります。

買う?それともレンタルする?

試しに使ってみたい、期間限定で使いたいなどという場合は、レンタルというのも一つの手です。新品をレンタルして気に入ったら買い取ることができる業者もあります。

このベビーチェアーがいい!おすすめ8選

1、カトージ プレミアムベビーチェア:値段と機能のバランスがとれたハイチェアー

プレミアムベビーチェア ナチュラル 22947
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:幅49x奥行60.5x高さ80cm/座面の高さ:床面から最小39.5cm 最大52.5cm
■製造国:中華人民共和国
■素材:天然木(ブナ材)、積層合板(ブナ材)
■対象:7ヶ月~
■商品重量:10kg
■カラー:ナチュラル・ブラウン
■推奨最高体重:80kg 座面とステップの高さを調節できる、大人まで使用できる、テーブルも前ガードも安全ベルトも付いていてそれぞれ外すこともできる、しかもお値段もリーズナブルな万能選手です。

2、イケア アンティロープ ハイチェア:とにかく安いハイチェアー

★アンティロープ / ANTILOP ハイチェア 安全ベルト付 / ホワイト[イケア]IKEA(40157918)
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:幅: 58cm 高さ: 90cm シートの高さ: 55cm
■商品重量:1.3Kg 足置きがない、せいぜい3歳頃まで、というデメリットもありますが、とにかく安くて頑丈で座りやすく安定するハイチェアーです。
イケアに行けばなんと1,499円(2015年12月3日現在)で手に入ります。行動範囲にイケアがなければ少し値段は上がりますがネット通販でも購入できます。

3、カトージ 3 in 1 chair COZY(コージー):ハイ&ロー兼用でおしゃれなデザイン

カトージ 3 in 1 chair COZY(コージー) レッド・レッド
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:(ハイチェア):W47.5×D52.5×H75.5cm 座高:49.5cm (ローチェア):W37×D48.5×H46.5cm 座高:20.5cm
■製造国:タイ
■素材:(木部分)ブナ材
■商品重量:(ハイチェア)6.20kg (ローチェア)4.40kg
■カラー:(本体カラー)ナチュラル、レッド、ブラウン、ホワイト (クッションカラー)ブルー、レッド、ブラウン、オレンジ
■対象:7ヶ月~60ヶ月 2014年度グッドデザイン賞受賞のチェアー。これ1つで、ハイチェアー・ローチェアー・ロッキングチェアーの3通りの使い方が出来る多機能チェアーです。少しお値段は張りますが、木製の座席と金属製のフレームのコンビネーションがスタイリッシュさとあたたかさを生み出し、幅広いインテリアとマッチします。

4、2WAYチェア ミッキーマウス:ハイ&ロー兼用でリーズナブル価格

2WAYチェア ミッキーマウス
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:ハイチェア時:幅50×奥行66×高さ80cm・4.6kg / ローチェア時:幅44×奥行57×高さ54.5cm・3.6kg
■製造国:中華人民共和国
■素材:構造部材:金属(スチールパイプ) / 張り材:塩化ビニール / クッション材:ウレタンフォーム
高さ変更可能(座面の高さ:46.5cm/21cm)
■対象:6ヶ月~60ヶ月
■商品重量:5Kg 足を継ぎ足すことができるので、ハイチェアーとローチェアーの2通りの使用ができます。テーブルは取り外したり後ろにまわすことも可能。折りたたみができるので、収納にも困りません。

5、大和屋 アーチ木製ローチェア:万能ローチェアー

大和屋 アーチ木製ローチェア N NA(ナチュラル) ベビーチェア 木製 6カ月
※価格は2015年12月5日現在のものです。

■本体サイズ:W40×D51×H47cm、座板高21.5cm
■製造国:インドネシア
■素材:ラバーウッド
■対象:6ヶ月~42ヶ月
■商品重量:5Kg
■推奨最高体重:30Kg
■カラー:ダークブラウン・ナチュラル・ライトブラウン こちらはローチェアーのおすすめ。曲げ木を使ったおしゃれなアーチ型デザインチェアーです。
テーブルを使わない時には簡単に後ろに回して、テーブルなしの状態にできます。使わない時はコンパクトに折りたたみができ、収納にも場所をとりません。

6、カトージ 静かなパイプイス(バルーン):遊びにも活躍する豆いす

カトージ 静かなパイプイス(バルーン) 19211
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:幅35×奥行34.5×高さ35cm 座面の高さ:17cm
■製造国:中華人民共和国
■素材:パイプ:スチール シート:ノンフタル酸PVC クッション材:ウレタンフォーム
■対象:6ヶ月~36ヶ月
■商品重量:1.2Kg 昔からの定番「豆いす」です。別売りのテーブルを付けて脱走しにくくすることもできます。食事のほかに遊びにも活躍します。

7、カトージ キャンピングホルダー5点式 NewYorkBaby:床掃除のしやすいひっかけるタイプ

カトージ キャンピングホルダー5点式 NewYorkBaby 58808
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:取付サイズ:幅38cmx奥行56x高さ23cm / シート座面サイズ:幅25x奥行25x深さ20cm
■製造国:中華民国(台湾)
■素材:パイプフレーム:スチール /シート:ナイロン /シートベルト:ポリプロピレン /シートベルトバックル、肩ベルトフック:POM /ロックバー:ABS /パイプフレーム先端滑り止め:ゴム
■対象:5ヶ月~36ヶ月
■商品重量:1.7Kg テーブルに引っ掛けるタイプのベビーチェアーです。このタイプは手持ちのテーブルに取り付け可能かどうかを必ず確認しましょう。この商品は20~40mmの厚みのテーブルに取り付け可能です。

使用対象年齢が3歳になるまでなので使用期間は短く、足置きもありませんが、折りたたむとコンパクトになる、掃除が楽、といったメリットがあります。

8、リッチェル ごきげんお食事クッションR:大人の椅子に付けて長く使える

リッチェル ごきげんお食事クッションR グリーン
※価格は2015年12月3日現在のものです。

■本体サイズ:W30×D30×H33~42(cm)
■製造国:中華人民共和国
■素材:張り材:合成皮革、中綿:ポリエステル100%、座面クッション:発泡ポリエチレン
■対象:10ヶ月~
■商品重量:830g
■カラー:グリーン・ブラウン 大人用の椅子に固定してい使うタイプのベビーチェアーです。座面高さを4段階に調節でき、ベルトも5点式ベルト→3点式ベルト→ベルトなし、と成長に合わせて切り替えて長く使えます。使用可能開始時期はほかのベビーチェアーに比べて遅めですが、小さいうちはねんね時期から使っているハイローラックやバウンサーの背もたれを起こして使い、そのあとに買い替えるのにもおすすめです。



「とりあえず買い」には気をつけて!

今回紹介したほかにも、ベビーチェアーは本当にたくさんあります。お値段も高く、かさばるものなので、ベビーチェアー選びの失敗はかなりの痛手。「とりあえず」と適当に買ってしまうのはリスクが伴います。

赤ちゃんがいるとなかなかゆっくりと調べて選ぶことも難しいかと思いますが、将来を見据えてじっくりと、我が家と我が子にぴったりのベビーチェアーを選んでくださいね。