おしるしから出産までどのくらい?症状や時間、兆候について解説

おしるしってなんでしょう?おしるしがあり、陣痛がきて、出産になるらしいけれど、おしるしがわからなかったらどうしよう?おしるしの見極め方から、おしるしから出産まで、どれくらい時間がかかるのかまとめました。

おしるしって分かるもの?

妊娠、出産特有の言葉ってたくさんありますね。つわり、床上げ、会陰切開、妊娠線…。そんな言葉のひとつがおしるしです。では、おしるしってどんなものなのでしょう?

おしるしは、ママの体にあらわれるお産が近づいたサインのひとつです。お産が近づくと、子宮口が開き始めたり、子宮が収縮することによって、卵膜(赤ちゃんを包んでいる膜)が子宮からはがれます。

その時に出血し、子宮頸管の粘液と混じって出てくるおりものが、下着に付着したりトイレットペーパーに付着することがあります。それを、おしるしと呼びます。一般的に、おしるしがあるとその日のうちか、数日以内に陣痛がきてお産になるといわれています。

おしるしの色は?

子宮頸管の粘液と血が混じったおりものですので、一般的に薄いピンク~茶色、褐色と言われています。生理の時のような鮮血だったという人や、逆に乳白色やほぼ透明だったという人までで人それぞれです。

ほとんど出血がなく、子宮頸管の粘液だけの方もいるようなので、粘り気があるかどうかで、「これがおしるしか」と気づくかもしれません。

おしるしの量は?

おしるしの量も人それぞれのようです。
見過ごしてしまいそうなくらいの少量の人もいれば、生理日二日目のような量の人もいるようです。そんな時にあわてないために、生理用ナプキンを持ち歩いていたら安心ですね。

おしるしの色や量などは個人差が大きく、おしるしとわからないままお産を迎えた人もいます。お産の後に「あれがおしるしだったのか」と気づく人も多いのです。そして、大半がおしるしがないままお産を迎えているという報告もあります。おしるしがなくてもちゃんとお産になるので安心してくださいね。



内診後の出血はおしるし?違いは見分けられる?

お産が近づくと子宮口がやわらかくなって、非常にデリケートな状態になります。妊娠後期の妊婦健診で、内診の刺激により出血することがあります。お医者さんに「この後出血があるかもしれません」と言われたりしますね。

これは内診出血と言われるもので、おしるしとは違います。
見極め方としては、検診の直後は内診出血で、そうでなければおしるしの可能性があるといえるかもしれません。
色や量で、どちらか見極めるのはお医者さんでも難しいようです。

おしるしが出たらどうしたら?病院へ連絡?

出血を見ると、急いで病院に行かなきゃいけない気持ちになりますが、結論から言うと、おしるしがあったからと言って必ずしも病院に行く必要はありません。破水したり、陣痛がきた時には、病院に連絡しましょう。
おしるしがあったら、生理用ナプキンをあてて普段通りの生活をしていましょう。準備しておいた入院荷物や、赤ちゃんグッズの再確認をしておきたいですね。赤ちゃんに会えるまで、もうすぐです。

病院に連絡した方がいいのはどんな時?

おしるしと異常出血との違いはいろいろですが、子宮頸管の粘液と血液が混じったおりものがおしるしですので、おしるしには粘り気があります。粘り気がない、いつまでも出血が続くなど、なんだか気になるという時は、お医者さんに相談しましょう。

たとえば、
・さらさらとした出血
・いつまでも出血が続く
・定期的でない痛みがある
・かたまりが出た
・お腹がかたい
・赤ちゃんが動かない
などの時は、受診されることをおすすめします。



おしるしから出産まではどのくらい?

おしるしは子宮口が開きはじめ、卵膜も動きはじめた合図ですので、数日のうちにお産になるといわれています。しかし実際には、おしるしからお産まで一週間かかったり、おしるしが何度もくり返されてからお産になった人もいます。

おしるしがあるかないか、色や量、すべてにおいて個人差が大きく、おしるしがあってからお産になるまでの時間も人それぞれです。また、おしるしのあとに陣痛がくるのか、破水が先かも人によってそれぞれです。ドキドキして落ち着かなくなると思いますが、入院荷物などの準備や、パパになるご主人に連絡して、もうすぐ赤ちゃんに会えることを楽しみに待ちましょう。

慌てず落ち着いて対応しましょう

臨月になって血や色のついたおりものを見たら、驚きますよね。
でも、おしるしは赤ちゃんも準備が整ったよのサイン。もうすぐ会えるということですから、やっぱりドキドキしますね。

ちなみに筆者の個人的経験ですが、一人目の時のごくごく薄い、色がついてると言えるか微妙なくらいのオレンジ色で、出たと言えるか言えないかの極少量のおしるしのあと一週間近く経ってから陣痛がきました。二人目は、真っ赤な鮮血が下着一面にあって、その数時間後に陣痛がはじまりました。

人によっても違いますが、一回目と二回目で違うお産になることもあります。
おしるしの有無は個人差の大きい話なので、「こういう場合もある」と頭の片隅に入れておいて、おしるしがあったら慌てずに落ち着いてくださいね。赤ちゃんに会えるまで、もうすぐですよ♪