赤ちゃんの爪切りについての体験談・口コミ新生児用のハサミで

赤ちゃんの爪切りについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。先輩ママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの爪切りってどうだった?

オレンジさん(20代)

新生児の頃から大人と同じ爪切りで切っています。赤ちゃん専用のハサミも試しましたが、やわらかい爪が本当に切れたのかわからず、大人用ならパチンと音が鳴って形もそのままやすりで整えられるので使いやすいです。現在1才の息子も最初は爪切りを嫌がってましたが、ママも切るよ~と言って目の前でパチンと切っていると近寄ってくるようになりました。なんでも大人が使っている物に興味を示すので、同じことをするのがうれしいようです。

ゆうきさん(30代)

赤ちゃんの爪はものすごく薄く、指を切ってしまいそうでとても怖かったので、大人用の爪切りのようなタイプではなくハサミタイプで切っています。現在4歳ですが、まだ使い続けられているので、ハサミタイプの爪切りも意外と長持ちするんだなぁと思います。

あいぴーさん(30代)

初産だったので、爪切りは最初怖かったですが、新生児用のハサミタイプをずっと使っています。寝ている時に切れば怖くないですし、1歳になる今も使っていますが1度も怖い目にはあっていません。すぐに伸びてしまうのでしょっちゅう爪を切っています。

こーままさん(30代)

最初の頃は怖くて怖くて、寝ているときに切ったり、授乳中に主人に切ってもらったりしましたが、1才半の今では起きているときでも爪切りできるようになりました。すぐ伸びるので切るときは結構深爪状態でやっちゃっています。

からしさん(30代)

5年以上前のことなので、今はデザインが変わっているかもしれませんが、sassyのちょうちょの爪切りを使用していました。寝ているとき限定でしたが、先が丸くなっているので、巻爪気味だった足の爪も安心して切ることができました。生まれたての爪の垢は少し臭く(笑)、でもとても愛おしかったです。長男のときは爪を見るまでの余裕がなかったのですが、次男のときはもうsassyの爪切りを持っていたので、病院で早速使っていました。

おーちゃんさん(30代)

赤ちゃんの爪はとても小さくて私は指を切ってしまうのではないかとどうしても怖くて爪切りをすることができませんでした。そんな私を見兼ねた主人が毎回爪切りをしてくれて我が家では爪切りは主人の仕事になっていました。新生児用の小さな爪切りを使い寝ている時にゆっくり切っていました。5か月頃からは私も自分で切るようになり、1才8か月となった今では起きている時にも爪切りができるようになりました。初めは怖いですが慣れるまでは赤ちゃん用の爪切りを使うと安心ですし切りやすいと思います。

manaさん(30代)

爪切りは、ハサミの先が丸くなっている、新生児用の爪切りハサミを使っていました。最初は怖かったけど、慣れてくるとだいぶうまく切れるようになりました。意外とすぐに伸びてくるので、頻繁に切らないと、顔に引っかき傷ができてしまっていました。動くと困るので、いつも寝ている時に切るようにしていました。せっかく寝ているのに起きてしまうと面倒なので、起こす直前にしていました。1歳半くらいになってからは、起きている状態でも切らせてくれるようになりました。

なつみんさん(40代)

赤ちゃんの爪ってすぐ伸びることを知りませんでした。入院中にも1回切ったので、伸びが早くて、とても驚いたのを覚えています。赤ちゃん用の爪切りは、シンプルなものを購入しました。持ち手に飾りはなく、先が丸くなっているものです。当時はサッシーが流行っていて、確か、はちのような昆虫の形の、かわいいものが売っていたのですが、切りにくそうなので、あえてシンプルなものにしました。使いやすく、何年もそれ1個で持ちましたよ。

たらこさん(20代)

生後2日くらいですでに爪が何ミリか伸びており、すぐに爪切りが必要でした。最初は新生児用の小さいハサミタイプの爪切りを、少ししっかりしてくると大きめのハサミタイプの爪切りを使用していました。新生児に対する爪切りに抵抗はありませんでした。生まれてすぐは寝ていることが多いのでしっかり手や足を握って切れば危ないということもありませんでした。むしろ、成長して動くようになってからの方が切るのは大変で、テレビに夢中になっている隙に片手だけ、とか切るようにしています。10か月くらいからは足の爪に厚みが出てきて、ハサミタイプでは切りにくいのでテコタイプの赤ちゃん用爪切りを使っています。1歳くらいからは手足ともにテコタイプの爪切りを使用しています。一度大人と同じ爪切りを使おうとしましたが、大人用の爪切りは刃に厚みがあるため切りづらく、赤ちゃん用の爪切りの方が切りやすかったです。また、テコタイプの方がハサミタイプよりも動いた時に危なくなくて良いと思います。

かつらさん(30代)

二人目出産後主人が到着したのが産まれてから4時間後くらいでした。その時爪が伸びてるからすぐ切ってあげよう!と主人が張り切って切りました。赤ちゃん用のはさみを使っていましたが、生後0日目にして赤ちゃんは皮膚を切られて出血…。二人目だからと油断していた様子。赤ちゃんはギャン泣きでした。その子も現在1歳8ヶ月ですが、爪切りがとっても大好きな子です。お父さんが爪切りをしていると自分も切って切って!と手を出してきます。まさか生まれてすぐそんな事故があったとはつゆ知らず…でしょうね。笑

tomeさん(30代)

妊娠中に友人や親戚などの話を参考に爪切りと爪やすりを購入しておきました。赤ちゃんはすぐに爪が伸びてしまい、その爪は薄いので自分の顔などを傷つけてしまうことが多いと聞きました。それなのでこまめに切るよにしていましたが、手を掴まれることを嫌がり、なかなか大人しく切らせてもらえませんでした。最初は夫と二人がかりでやっていましたが、一週間に2度ほど切らなければならず、どうしても一人で切らなければならないこともありました。寝ているときにやると、やっと寝たのに起きてしまうのではとヒヤヒヤしながら切るのが憂鬱でした。できるだけ手を触れることを慣らしたいので、起きているときに切ろうと思っていました。しかし爪を切っているときに手を動かされ、指を一緒に切ってしまいました。少し血が出るだけで済みましたが、血の気が引くほど怖かったです。それからは2、3本づつしか切れませんが、寝ているときにそっと切るようにしています。

ゆみさん(30代)

生まれたての小さなうちは嫌がりませんが、手足をばたばたできるようになると、すぐに嫌がります。赤ちゃん用の爪切りが切りやすいです。すぐに伸びるので、3日に一回くらいは、切っていました。切り方にも気を付けます。爪が少しでもとがってしまうと、自分で顔を触ったときに、顔を傷付けてしまいました。切った後は必ず、とがったところがないか、チェックするようにしていました。爪が切りにくい時は、寝ている間に切っていました。おっぱいでうとうとしているときも、切りやすいです。1歳になると聞き分けが良くなるので、言い聞かせてから爪を切っていました。嫌がるときは、切らしてくれる指だけや、半分だけにするとか、無理のないようにすると、スムーズに切ることができます。

こりーさん(20代)

産院の待合室の雑誌に「赤ちゃんがが産まれてから用意するもの」というコーナーがあって、その時に初めて赤ちゃん用の爪切りがあると知りました。でも、すぐには必要ないだろうと思って出産前に買わないでいました。しかし赤ちゃんが産まれたときから、爪が長く、赤ちゃんってしっかり爪あるんだ!とびっくりしました。入院中に爪切りを貸りてすごく小さいはさみでとても緊張しました。入院中に旦那が買ってきてくれた爪切りは大人と似たもので指先挟んじゃうかも…とドキドキしてしまいました。旦那が張り切って初めての爪切りに挑戦したのですが案の定指先を挟んで切ってしまいました。すごい小さい指先からけっこうな量の血が出たのでびっくりしましたが、すぐに血は止まったので安心しました。それから現在2歳になる子の爪は一回も切ってくれません。寝返りを初めてから一歳くらいまでは寝ているときにこっそり切るようにしていました。



赤ちゃんの爪切りに関する詳しい情報はこちら

赤ちゃんの爪切りって何だかドキドキしますよね。新米ママさんにとってはこの爪切りに一苦労するかも知れません。けれど赤ちゃんの爪切りにはコツがあるのです。そのコツさえつかめば上手に切ることができますよ。ここでは赤ちゃんの爪についてと、爪切りのコツをご紹介します。