お正月の遊びは子どもの知育にも!やると意外と面白い昔ながらの遊びをご紹介

お正月には昔ながらの遊びで子どもと一緒に日本の伝統に触れてみませんか?お正月気分を満喫できる昔ながらの遊びは子どもの知育にもおすすめです♪親子一緒に楽しめる昔ながらの遊びをご紹介します。

お正月と言えば昔ながらの遊び

お正月気分を満喫できるのは昔ながらの遊びですよね。かるたや凧あげなど、小さい頃にしたことがあるというパパやママもいらっしゃるのではないでしょうか?
昔ながらの遊びを通して親から子どもへ日本の伝統を受け継いでいくのは素敵ですね。
昔ながらの遊びって結構たくさんあるんです。親子一緒に楽しめる昔ながらの遊びを見ていきましょう♪



昔ながらの遊びってどんな遊び?

シンプルだけどちょっとした工夫がいるのが昔ながらの遊びの良いところ。
昔ながらの遊びは色彩が美しいものが多く、子どもが興味を持つのはもちろん、なんだか大人もワクワクしてしまいます。

凧あげ

風と糸を引くバランスで高く舞い上がる凧あげ。凧糸は100均にもあるので、買い物袋にマジックで絵を描いて凧糸とくっつけると小さいお子さんでも楽しめる凧ができますよ。

UEB DIY凧 カイト ペインティング 微風で揚がる 自作で図案を描ける アウトドア おもちゃ サイズ95x48x120cm 凧系なし ホワイト
※価格は12月2日現在のものです 好きなデザインを描いてオリジナルの凧が作れます。折りたたんで収納できるので持ち運びに便利です。

羽根つき

羽子板で羽根をつきあって、落とした方が顔に墨を塗られる羽根つき。
普段は顔に墨なんて塗ってたら慌ててしまいますが、羽根つきの時はオッケイにするとお子さんも思いっきりはしゃぐことができそうです。

らくがき羽子板 無地 2枚セット サイズ約35cm (羽根付き)
※価格は12月2日現在のものです 好きな絵を描いて自分だけの羽子板を作ることができます。飾っておくのも素敵ですね。

かるた

宮中の遊びが庶民に広まった和歌を集めた百人一首、ことわざを集めたいろはかるたなど、読み手と取り手に分かれて枚数を競うかるたは大会などもあるくらい盛り上がる遊びです。
字が読めないお子さんでもわかりやすい絵柄のかるたなら、絵柄で覚えて取ることができますね♪

はらぺこあおむしエリック・カールかるた ([バラエティ])
※価格は12月2日現在のものです みんな大好きなはらぺこあおむしのかるた。おなじみの絵柄で字が読めないお子さんでも楽しむことができます。

双六

双方6つのマス目がある「盤双六」が名前の由来の双六は、サイコロを振って出たマス目の数だけ進むゲームです。
シンプルなルールなので小さなお子さんにもわかりやすく、サイコロを振るだけでも喜んでくれそうですね。

わくわくどうぶつえんすごろく
※価格は12月2日現在のものです 子どもが大好きな動物の双六。ワクワクする仕掛けがサイコロを振るドキドキ感を盛り上げてくれます。

こままわし

奈良時代に唐の国から高麗(こま)というところを経由して日本に伝わったころから「こま」という名前になったそうです。
指や紐を使って回したり、ぶつけあって戦いをするのも楽しいですね。紐を使って回すのが難しい場合はおじいちゃんに聞いてみるのもいいかもしれません。

レシオ/IL LECCIO/木のこま/アンティ/LE5030
※価格は12月2日現在のものです こまを回すことが難しい小さなお子さんでもこれなら簡単に回せそうですね。お子さんとどっちが長く回せるか競争するのも楽しそうです。

花札

日本の伝統的なカードゲームの花札。小さいお子さんには花札のルールは難しいのでゲームとしてではなく、花札の絵柄の美しさを楽しんでみるのがおすすめです。
日本らしい松、梅、桜、鶴、鹿などの動物も綺麗に描かれているので「仲間はどれかな?」と、種類別に並べてみるのも楽しめますよ。

花札 ハローキティ
※価格は12月2日現在のものです 本格的な花札の絵柄にキティちゃんがさりげなく加わって子どもにも親しみやすい絵柄です。

だるま落とし

お正月にぴったりの縁起のいいだるま。だるま落としは、上のだるまが落ちないように下の段を小槌で叩いて外していくゲームです。
どちらが先にだるまを落とすかドキドキ感を楽しみましょう♪

池田工業社 高級達磨おとし
※価格は12月2日現在のものです 天然木を使用した本格的なだるま落とし。幅6.6cm、高さ23cmのビッグサイズは迫力があります。

紙風船

ぶつけても痛くない紙風船は赤ちゃんが手に持っても安心です。色鮮やかな紙風船を膨らませたり、くしゃくしゃとつぶしてみたり楽しみ方はたくさんありますね。

紙風船(紙フーセン・紙ふうせん) 約23cm 10枚
※価格は12月2日現在のものです 10枚入りなのでたくさん膨らませてどんどん投げて遊べます。カラフルな色に赤ちゃんも興味津々♪

けん玉

玉を棒に入れるだけのシンプルな遊びですが、意外と難しいけん玉。日本けん玉協会では10級から6段まで色々な技があります。
パパやママが難易度の高い技を成功させてかっこいいところを見せてあげたいですね。

LED KENDAMA(ライムグリーン)光る けん玉 けんだま ケンダマ 剣玉
※価格は12月2日現在のものです このけん玉は「電気消してやってみる!」ってなりそうですね。木製のけん玉のように重くなく、当たっても痛くないので安心です。

福笑い

「笑う門には福来る」というように縁起のいい遊びとしてお正月に定着した福笑い。
輪郭を描いた紙の上に目、鼻、口、耳などのパーツを目隠しをしながらのせていくゲームです。家族の似顔絵で福笑いをすると盛り上がりますよ。

福笑い(1セット入り)
※価格は12月2日現在のものです 昔ながらのおかめとひょっとこの福笑い。コミカルな表情でつい笑ってしまいます。

お手玉

キャッチした時の感触や音が魅力のお手玉。あの聖徳太子もお手玉で遊んでいたという説もあるんです。
投げたお手玉を手の甲で受け止めたり、一斉に投げて大玉が落ちてくる前に他のお手玉を拾うなど色々な楽しみ方があります。

どうぶつ お手玉
※価格は12月2日現在のものです ほのぼのとした動物の絵柄のお手玉です。前がお顔で後ろがお尻のデザインがとってもキュート♪

竹馬

バランス感覚や体幹を鍛えることができる竹馬は、保育園や幼稚園、小学校などで使われていることも多いようです。パパやママにも良い運動になりそうですね。

パカポコ
※価格は12月2日現在のものです 普通の竹馬は難しい小さいお子さんでも大丈夫。遊びながらバランス感覚が鍛えられます。

めんこ

めんこ遊びは相手と自分のめんこを床に置き、相手のめんこにめがけて持っている自分のめんこを打ちつけます。相手のめんこが裏返ったら自分のものになり、最終的に枚数が多い人が勝ちです。

丸メンコ20枚武者メンコ5枚入り4セット
※価格は12月2日現在のものです 色々な大きさのめんこが入っているので厚紙で補強してみたり、自分で工夫してカスタマイズするのもいいですね。

おはじき

女の子には透き通ったガラスのおはじきは宝石のように魅力的ではないでしょうか?テーブルの上に並べたおはじきを指ではじき、他のおはじきに当てたら自分のものになり、枚数が多い方が勝ちという遊び方があります。
おはじきは、お子さんが小学生になった時に算数を教えるのに役立ちますよ♪
小さなお子さんがお口にいれないように注意してくださいね。

アーテック おはじき(約40ヶ入) 002418
※価格は12月現在のものです 16mmの大きさで40個入りです。小さい巾着に入れてじゃらじゃら持っているだけでウキウキしそう。

竹とんぼ

竹とんぼを飛ばす時は竹とんぼを両手の平に挟み、右手がむこうへ左手が手前になるように動かします。
飛ばせるようになるまで多少練習がいりますが、どんなふうにしたら上手に飛ばせるようになるのか試行錯誤していくのもいいですね。

(ココ)COCO おもちゃ 竹とんぼ キラキラ 光って 空を飛ぶ 手回し クラシック モダン トイ お楽しみカラー 【1点】
※価格は12月2日現在のものです 光りながら飛ぶ竹とんぼ。夜空に思いっきり飛ばしたい!

毬つき

毬は飾っていてもお正月気分を味わうことができますね。足の下を通したり、股を通して背中で受けたりちょっと難しい技もあるんです。

オリムパス製絲 手まりキット TM-5 環つなぎの夜桜
※価格は12月2日現在のものです 本格的な手毬がおうちで簡単に作れる手毬作成キットです。ママから娘さんへ手作りの手毬は宝物になりますよ。

お正月の遊びには意味がある

健康で無事に過ごせるように

お正月の遊びには色々な意味がこめられているんです。

凧上げは「立春の季に空に向くは養生の一つ」と言われ、春が始まる立春の頃にはそろそろ外で空を見上げると健康に良いとされていたのをお正月にするようになりました。羽根つきの羽は1年の厄を「はねる」という意味と、羽の先に付いている「クロムジの実」は「無患子」と書き、子どもが患うことが無いようにという意味がこめられています。また、羽を落とした人の顔に墨を塗るのは厄除けの意味があるそうですよ。

「わが子が健康で無事に過ごせますように」という願いは昔から変わらず全ての親が持つ願いですね。



実は知育にもいい?

ひらがな数字を覚える練習になる

かるたではひらがなを覚えやすく、双六ではサイコロやマス目で数を数える練習ができます。
楽しみながらすることは頭に入りやすいので、ひらがなや数を数えることに興味を持つようになるそうです。

バランス感覚を養う

けん玉やお手玉はバランス感覚が養われるのと、手先を使うので脳を活性化させるのに効果的だとも言われています。

考える力を引き出す

こまやめんこ、竹とんぼはどういうやり方をすればうまくいくのか試行錯誤することで考える力を育てることができそうですね。

楽しみながら体力作り

凧あげや羽根つき、竹馬は体を動かすことの楽しさを感じながら体力作りをすることができます。

一緒に遊べば大人も子どもも案外楽しい

お正月には日頃の忙しさを忘れてゆっくりされるご家庭も多いのではと思います。そんな時こそお子さんと昔ながらの遊びで楽しんでみるのはいかかですか?

昔ながらの遊びはパパやママにも懐かしいものがあったり、おじいいちゃんおばあちゃんに教えてもらうこともできるので、ぜひみんなで楽しんでみてください♪