新生児が嘔吐した!様子を見ていい?それとも病院へ連れて行く?

新生児の赤ちゃんとの生活の中でほとんどのママさんが経験する新生児嘔吐。何もかもが初めての中での赤ちゃんの嘔吐。これって大丈夫?と不安になってしまうママさんも多いはず。そこで今回は新生児の赤ちゃんの嘔吐についての原因や対処方法などを見ていきましょう。

赤ちゃんが突然嘔吐して心配。新生児嘔吐って?

新生児嘔吐とはだいたい新生児~生後1ヶ月頃までにみられる嘔吐症状のことを言います。
この新生児嘔吐は、何かしらの病気の症状として吐いてしまう病的嘔吐と、治療を必要としない生理的嘔吐の大きく二通りに分けられます。

またそれらとは別に初期嘔吐という現象もありますが、それは出生直後の体温下降が原因で嘔吐してしまうというものです。その場合、数日で症状が改善されます。
いずれにしても吐いたときのその後の赤ちゃんの様子(顔色や機嫌)を必ず確認しておきましょう。



どうして新生児は嘔吐が多いの?

新生児のころはまだ胃が未発達でコップのような形をしています。
そのため、コップに水がたまると溢れ出る原理と同じように、赤ちゃんもミルクを飲みすぎたときにミルクを吐いてしまうといった現象が起きます。

また横になったりげっぷや咳をしたときなどにも、胃に溜まっているミルクが逆流してしまうこと場合があります。
これらは一般的には「吐き戻し」と言われるもので口からたらーっと出てくることが多いです。心配になるかもしれませんが、吐いた後に何事もなくケロッとしていて熱もない場合は特に問題ないと思ってもよいでしょう。

嘔吐を減らす方法はある?

げっぷや咳と一緒にミルクを吐いてしまう場合

まず、げっぷをするときに吐いてしまう場合は、授乳後すぐに縦抱きにした状態でやさしく背中をさすったりトントンしてあげてげっぷを出してあげてから横にしてあげましょう。

また、ミルクでの授乳の際は哺乳瓶で飲む時に空気を一緒に飲んでしまうことが原因で嘔吐してしまうこともあります。
まだ飲むのがへたっぴな新生児の赤ちゃんの場合は、ミルクを半分あげたところで一旦休憩がてら、げっぷを出してあげて、再び残りのミルクを飲ませてあげるといった工夫をしてあげるとよいでしょう。

おっぱいやミルクを飲んだ後に吐きやすい場合

飲みすぎが原因の場合は飲む量を調節してあげる。これは母乳の場合はおっぱいをくわえさせる前に少し絞って勢いよく出ないように調節してあげてください。
ミルクの場合は、例え赤ちゃんがまだ欲しがっていても月齢=授乳量を目安とした量の授乳を心がけるようにしてあげましょう。赤ちゃんは満腹中枢がまだ整っていないので、与えられた分だけ飲んでしまいますので注意が必要です。



嘔吐で心配な病気と症状

では逆に新生児の嘔吐で医師の診断が必要となる病的嘔吐とはいったいどんなものがあるのでしょうか。
心配な嘔吐、つまり病的嘔吐の原因となるものとその気になる症状をいくつかあげてみましょう。

食道閉鎖症

生まれつき食道が途中で切れているためにミルクがうまく飲めない病気です。
この病気の場合の嘔吐は泡のような唾液を嘔吐(泡沫状嘔吐)します。

幽門狭窄

幽門と言われる胃の出口で十二指腸につながる部分の筋肉が厚くなることでミルクの通りが悪くなってしまう病気です。
日本では1万人に5~7人が発症するといわれています。症状としては最初はたらーっとミルクが口から垂れるのですが、徐々に噴水のように嘔吐(噴水状嘔吐)します。

先天性腸管閉鎖

生まれつき小腸が途切れてしまっている病気です。症状としては、ミルクや消化液(胆汁)が閉鎖した部分で溜まることでお腹が膨れて吐いてしまいます。ミルクと胆汁が混ざった色をしているので、嘔吐したものが茶色っぽくなっているのが特徴です。これを胆汁性嘔吐といいます。

こんな時は小児科を受診しましょう

噴水のように勢いよく嘔吐する

生後すぐ~6ヶ月ぐらいまでは授乳後すぐに吐いてしまうことは胃の未熟なために起こることなので問題ない場合がほとんどです。
一方、授乳後30分以上経ってから何度も噴水のように吐いたり顔色も土色になったりなどの異常を感じた場合は病気のサインかもしれませんので、すぐにお医者さんに診てもらうことをお勧めします。

嘔吐したものがミルクや母乳の色ではなく、濃い茶色など色が付いている場合

赤ちゃんはまだミルクしか飲めないので白色の嘔吐がほとんどですので茶色い嘔吐物の場合は注意が必要です。この場合やはり考えられるのは胆汁の可能性です。
上記で説明した先天性の腸の疾患などの可能性も考えられますので無理にミルクを与えず、すぐ医師の診断を仰ぐようにしましょう。

心配なことがある時は医師の診断を受けましょう

新生児嘔吐についていくつか紹介してみましたが、赤ちゃんが目の前で吐いてしまったりしんどそうにしているのはママにとっても心配なもの。
ついつい気だけが焦ってしまいどうしたらいいかわからないこともありますよね。

小さな赤ちゃんにとって頼れるのはママさんだけです。
焦らず、冷静に赤ちゃんの症状を確認し処理することが大切です。病院は適格にアドバイスしてくれますので、心配であればどんな些細なことでも迷わずすぐにかかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。