新生児の夜泣きが続くと寝不足でイライラしてしまうことも。対処法はある?

生まれて間もない赤ちゃんはよく泣く子も多いもの。背中スイッチがあるので抱っこだと寝ていてもベッドに置くと起きて泣き出してしまったり。寝不足が続くとなんで寝ないの?とイライラしてしまうこともあります。そんな悩みを少しでも解消できるような対処法をいくつかあげてみました

夜泣きって?新生児が夜泣くのは夜泣きとはいわない?

赤ちゃんって可愛いだけじゃない。大変さに直面する夜泣きの大変さ

赤ちゃんとの慣れない生活が始まると、可愛い!愛しい!だけではなく大変なこともそれ以上に多いですよね。
特に新生児のころは赤ちゃんはただ泣くことしかできないですし、もちろん朝も夜も関係なし。

ママが何を言っても当然赤ちゃんにはまだ伝わらず、どうすればいいの?とママも新たな大変さに直面することでしょう。そんな朝も夜もない育児生活にママの不安や疲れはピークに達しイライラすることも珍しいことではありません。

新生児のころは夜泣きじゃないの?

新生児期の赤ちゃんにとってまだ生活リズムは授乳と睡眠のみで構成されています。だいたい3~4ヶ月ぐらいから夜まとめて寝てくれるようになっていくと言われています。

ですので新生児期の赤ちゃんは、お腹が空くと泣いて、授乳が終わったら疲れて眠るというまだまだ単調なリズムなので昼や夜は関係なく赤ちゃんのリズムで泣いてしまいます。

当然ながら夜中でもお腹が空いたら泣きますので、ママとしてもこの時期は赤ちゃんのリズムに合わせて朝も夜も関係ない生活だと割り切って過ごさなければいけません。



赤ちゃんには背中スイッチがある?

背中スイッチとは赤ちゃんを持つママにとっては常套句のように頻繁に使われる言葉です。

その名の通り背中にスイッチがついている、つまりママの抱っこで寝てたりおとなしくしている赤ちゃんを布団に置くととたんにスイッチが入り泣き出してしまうことを背中スイッチと呼んでいます。

だいたいの赤ちゃんは抱っこになれた生後2ヶ月ごろからこの背中スイッチがONになることが多いそうですが、早いころだと新生児でもすでにこの背中スイッチをONしちゃう赤ちゃんもいるようです。
たくさんのママさんが背中スイッチに悩まされていますね。
この背中スイッチも赤ちゃんによってOFFになる時期は様々なようですが、まとまって寝てくれるようになるとこのスイッチも徐々に解除されていくようです。

寝不足が続くとどうしてもイライラ。そんな時の対処法

添い乳をマスターして寝かしつけに活用する

母乳育児のママのみ有効な方法ですが、赤ちゃんの横に添い寝しながらおっぱいをあげます。これは一般的に添い乳といいます。

初めてのママは産後の入院中に助産師さんや看護師さんに聞けば、添い乳の方法を教えてくれることもあります。うまく活用すれば横になったままの状態なので背中スイッチを押すこともないですし、赤ちゃんの夜泣きも軽減できます。

何よりママも横になったままの態勢なので体が疲れにくいという点でもおすすめです。

ただし、「添い乳をしないと寝なくなる」などのデメリットが無いわけではありませんのでご注意ください。

昼夜問わず昼寝をこまめにする

赤ちゃんのリズムに合わせるのも時には必要です。赤ちゃんが寝ている間に用事を済ませることも大切ですが、何もせず一緒に寝ることでママの体の回復にもつながります。

この時期は家事を家族に任せたり後回しにしてしまっても大丈夫です!こまめに睡眠をとり、いざという夜泣きにも柔軟に対応できる体作りも必要です。

パパや家族に赤ちゃんを見てもらいおでかけする

パパや家族にお願いできる環境であれば少しだけお願いしておでかけしましょう。一人で近所にお買いものにでたりカフェで休憩したりすることもおすすめです。

美容院で髪の毛をカットしたり整骨院に行ったりするとよりストレス発散になりそうですよね。この時期ではなかなか持てない自分だけの時間を過ごしてリラックスしましょう。

思い切って少し泣かせておく

パパがいる時であれば少しお願いして別室でゆっくり寝かせてもらう時間を作ってもらえるとよいのですがなかなかそうもいかない時は赤ちゃんの安全を確保した上で隣の部屋で泣かせておくのも手です。おっぱいも飲んでお腹もいっぱいでオムツも替えたけど泣き止まない…そんな時はしばらく泣かせておきましょう。

そのうち泣き疲れて寝てくれることもあります。何よりずっとつきっきりのママにとっても少し離れてみるのもイライラを抑えるのに効果的です。



自分にあったリラックス法をみつけましょう

赤ちゃんとの生活は振り返ればあっという間なのですが、実際育児中はとても長く特に新生児期は一方通行で夜一人で泣いている赤ちゃんをあやしている時などふと孤独に感じてしまったりしてしまうかもしれません。

そんな時ママに必要なのはできるだけストレスを発散してリラックスすることです。家族や友達に話を聞いてもらったり時には家族にお願いして一人でおでかけしてみたり。周りに知り合いがいないときは保健師さんにも連絡すれば家にきて話し相手になってくれるので迷わず誰かに相談することも必要です。

何より一番はやはりなるべく睡眠をとること、家事をお休みしてでもこの時期は寝れる時は必ず寝るようにしてください。寝不足は頭痛や肩こり、そしてイライラの原因になります。

それぞれのママに合った方法でリラックスし、できるだけ笑顔で育児したいものですよね。