この痛みは陣痛なの?事前に知りたい陣痛の場所や痛みについて

お産まであと少し。陣痛ってどんな痛みなのか、不安になりますよね。そんなプレママさんのためにどの場所がどんな風に痛むことがあるのか、痛みが陣痛なのかどうかを解説します。陣痛のことを知っていざという時に慌てないようにしておきましょう。

陣痛の時に痛む場所とは?

陣痛とは、赤ちゃんを外へ押し出すために子宮が収縮する際に生じる痛みのことです。妊娠生活もあと少しというところまでくると、お産のこと、陣痛のこと、気になりますよね。陣痛はどのような痛みなのか、どこが痛むのかをまとめました。

下腹部

ドラマなどで産気づくシーンではお腹の激しい痛みが演じられているので、陣痛といえば下腹部の痛みだと想像する方も多いのではないでしょうか。実際に下腹部に痛みを感じる妊婦さんはかなり多いようです。
ただドラマとは違い陣痛はいきなり強い痛みに襲われてすぐにお産になる、という訳ではないので、陣痛がきても焦らなくて大丈夫です。

陣痛は子宮が収縮する際に生じる痛みなので、下腹部以外の痛みはないのではないと思うかもしれません。

実は陣痛の際に腰の痛みを訴える方は少なくありません。お産が進むにつれて赤ちゃんがどんどん下に下がってきて、骨盤が押し広げられる際に生じる痛みで、お尻から腰の部分が痛みます。

筆者は実際に陣痛を経験するまでは他の場所が痛むなんて考えはありませんでした。

足の付け根

大きくなった子宮に足の付け根の神経が圧迫されたり引っ張られたりする際に生じる痛みです。足の付け根や太ももが痛いと感じる妊婦さんもいるようです。



胎動と陣痛の違いは?

臨月になると胎動も激しさを増し、赤ちゃんも大きく育っているので胎動による痛みを感じることもあります。中には胎動による痛みが激しすぎて胎動と陣痛の区別がつかず、陣痛がきたのかと勘違いしてしまうこともあるようです。

痛みの種類が違う

胎動は赤ちゃんが動く際に生じる痛みなので、お腹の一部が突き上げられるような、押されているような、赤ちゃんが動いていると実感できるような痛みです。陣痛は子宮が収縮する際に生じる痛みなので、お腹全体が締め付けられるような痛みで、生理痛のような痛みだと感じる方が多いようです。
陣痛は今までとは違う、強い痛みが生じるので、この痛みは陣痛だと分かることがほとんどです。

痛む場所以外に陣痛を見極めるポイント

時間の間隔を調べる

痛みの間隔が規則的にくる、ということは陣痛の大きな特徴です。ただ、陣痛は最初から激しい痛みに襲われるという訳ではありません。不規則な痛みから徐々に痛みの間隔が規則的になってきて、30分間隔、20分間隔、10分間隔・・・と痛みの間隔が短くなってきます。

普段から、痛みを感じたら時間の間隔を記録しておくと良いでしょう。記録することで陣痛かそうでないか見極める目安となります。

痛みが増しているか

最初は動いたり話したりできる程度の痛みだったのがどんどんと痛みが強くなってきたら、その痛みは陣痛である可能性があります。動けるうちに、入浴や家族への連絡、入院時の荷物の確認などしておきましょう。

もし、痛みが強かったり弱かったりしている場合は「前駆陣痛」と呼ばれる、お産にはつながらない痛みである可能性があります。普段からどの部分がどれくらい痛むのかを気にかけておくと良いでしょう。

体勢を変えてみる

本陣痛の場合は体勢を変えても痛みはあまり和らぎません。体勢を変えることで痛みが和らいだら、それは「前駆陣痛」である可能性があります。前駆陣痛はお産にはつながらない、ママがお産の際の痛みに耐えられるようにと本陣痛の予行練習のようなものなので、焦る必要はありません。



どんな痛みを感じる人が多いの?

生理痛のような痛み

生理痛に似たような痛み、生理痛をひどくしたような痛みだと感じる方が多いようです。下腹部をキューっと締め付けられるような、お腹全体が痛むような、そんな痛みのようです。元から生理痛がある方は、一番分かりやすい痛みですね。

お腹を下したような痛み

また、ひどい下痢をしたような痛みだと感じる妊婦さんも少なくありません。実際にお腹を下したと勘違いしてトイレにこもっていたら、実は陣痛だったということもあるようです。

腰が割れるような痛み

腰にくるタイプの妊婦さんは腰に違和感を覚えるようです。恥骨あたりが割れるような痛みだと感じる方も。筆者は腰にくるタイプで、割れるような痛みがピッタリの表現だなと感じました。また、腰をハンマーなど鈍器で殴られているような痛みなんて感じる方もいて、陣痛に個人差があることやお産の壮絶さを物語っていますね。

最初は分かりづらくても徐々に陣痛だと分かるもの

陣痛は、前述したとおり、いきなり激しい痛みに襲われるわけではありません。陣痛の始まりの痛みは不規則で痛みも弱いので、気が付かない妊婦さんもいるくらいです。徐々に痛みの間隔が規則的になり、今までに感じていた痛みとは違う強い痛みに襲われます。

かわいい赤ちゃんに会えるのもあと少し、妊婦さんでいられるのもあと少しです。リラックスしてその日を迎えられるようにしたいですね。