生理中にむくみが起こるのはどうして?その理由や予防法を解説

生理中の顔や足の「むくみ」。毎月のことだからと諦めていませんか?体型の変化がわかるくらいむくむ方もいらっしゃるようです。生理中のむくみの原因と予防法をわかりやすくお伝えしていきます。

生理中にむくむ…

生理中のむくみは顔や足に現れることが多いですよね。人によっては体重が2、3キロ増加することも。
朝むくんだ顔を鏡でみたら1日の始まりがどんよりとしたスタートになってしまったり、スリムジーンズがきつくなっていたり…。
毎月のことだからこそなんとかしたい生理中のむくみの原因と予防法を探ってみましょう。



生理中ってなんでむくむの?

原因はホルモンバランスの変化

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンがあります。排卵の時期や生理の時期にそれぞれのルモンが増加したり減少したりしています。
このホルモンのうち、プロゲステロンというホルモンが体内に水分をためこむ働きをすることによって、生理前から生理中のむくみの原因となっているようです。

むくみについて
参考:日本産婦人科学会「月経前症候群」 ※こちらを参考にしました

プロゲステロンって何?

妊娠を助けるホルモン

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠するのに欠かせないホルモンです。
排卵の頃からどんどん増加して妊娠にそなえて必要な栄養分と水分を体内にためこみ、受精卵が子宮に着床しやすいように子宮内膜を厚くします。
妊娠成立後も妊娠継続のために体温を上昇させるなどの働きをし、妊娠が成立しなかった場合はプロゲステロンは少しずつ減少して生理を迎えます。
プロゲステロンはむくみの原因になるとはいえ、妊娠のために頑張ってくれる大切なホルモンなんですね。



むくみを緩和する方法は?

運動で基礎代謝を上げる

むくみの解消には基礎代謝を上げて血流を良くすることが必要です。そのために週に2,3回は運動をする習慣をつけましょう。
ウォーキングやストレッチなどは、運動が苦手なママでも気軽に取り入れることができるのでおすすめです。お子さんとのお散歩がてらウォーキングをすると楽しみながら続けられそうですね。

マッサージで血行を良くする

マッサージで血流を良くすると、ためこんだ余分な水分を排出しやすくなります。なかなか時間が取れないというママは、ちょっと大きめのスーパーボールを足の裏でコロコロするだけでもマッサージになるのでやってみてくださいね。

体を冷やさないようにする

むくみ予防に体の冷えは大敵です。お風呂にゆっくりつかったり、カイロを背中やお腹に貼るなどして体を温めるようにしましょう。
最近は薄くてかわいい腹巻もたくさん出ているので、外出時も暖かくしてお出かけしてくださいね。

塩分や甘いものを控える

塩分や甘い物の摂り過ぎは余分な水分をため込んでしまいます。
生理前はついつい食べ過ぎたりしてしまいますが、食べる物には気をつけていきたいですね。
また、アルコールは利尿作用があり血液中の水分濃度が下がることから、余計に水分をため込もうとするそうです。
生理前はアルコールの摂取もほどほどにしておいたほうが良さそうです。

むくみを緩和する食べ物が知りたい

海藻類

ワカメや昆布などの海藻類にはミネラルやカリウムが豊富に含まれています。カリウムは、塩分や尿を排出させる作用があるのでむくみを緩和するのにおすすめです。
ワカメはお味噌汁やサラダなど、毎日の食卓に取り入れやすいので常備しておきたいですね。

大豆製品

大豆にはたんぱく質やカリウム、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンなどが含まれています。
たんぱく質は基礎代謝を上げるために欠かせない筋肉を作るために必要で、カリウムは利尿作用、大豆イソフラボンは女性ホルモンを整える作用でむくみ予防に必要な栄養素がたくさん含まれています。
豆乳なら200mL、納豆なら1パックを目安に摂取すると良いそうです。

ナッツ類

ナッツ類にはカリウムを始め、むくみ対策に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
アーモンドに含まれるビタミンEは、血流やリンパの流れを良くして代謝をアップさせることが期待され、カシューナッツは、亜鉛などのミネラルを豊富に含んでいるのでこちらも代謝に良いとされています。
ピスタチオに含まれるビタミンB6も、たんぱく質の分解を助けて血流を良くしてくれるのでむくみ対策におすすめです。

酸味のある食品

梅干やお酢、パイナップルやレモン、トマトなどクエン酸を多く含む食品は、代謝を活発にして血行を良くすることが期待されます。
疲労回復にも効果的なので、むくみと一緒に生理前や生理中のだるさもとってくれそうですね。
キュウリの酢の物を作っておけば、キュウリに含まれるカリウムとお酢のクエン酸でむくみ対策の一品になりますよ。

バナナ

バナナにはたくさんのカリウムとビタミンB6が含まれています。むくみに効果的な大豆製品の豆乳とバナナでバナナスムージーにすると、毎朝手軽にむくみ対策ができそうです。

むくみケアで生理を乗り切ろう

生理前や生理中はむくみを始めとする様々な体調不良があったり、精神的にどんよりとしてしまいますよね。
ホルモンバランスの変化なのである程度は避けられないこともありますが、むくみケアを生活の一部に取り入れて楽しみながら続けていけたらと思います。
毎月くる生理と上手に付き合いながら、辛いむくみを緩和していきましょう!