定期予防接種の種類が知りたい!この順番で打てば忘れない

待望の赤ちゃんが産まれて、1ヶ月検診へ行ったのも束の間!今度は定期予防接種のスケジュールが目白押しな毎日が始まります。赤ちゃんの体調や都合などに左右されて、うっかり予防接種を忘れてしまうかも…と不安なお母さんも多いことでしょう。この順番で打てば忘れない!おすすめスケジュールなどをご紹介します。

定期予防接種ってたくさんあって大変!

待望の赤ちゃんとの生活が始まり、やっとのことで1ヶ月検診へ連れて行ったのも束の間、生後2ヶ月からは定期予防接種がはじまります。産後初めて知った!というお母さんも多いかと思いますが、定期予防接種って本当にたくさんの種類があって、リストだけを見るとクラクラしてしまいそうですよね。

しかし、定期予防接種は同時接種を受けることもできますので、スケジュールを組んでさえしまえば心に余裕も生まれるのではないでしょうか。以下に定期予防接種の種類や、スケジュールの組み方などについてまとめてみました。



定期予防接種って必要なの?

国が強く接種を推奨している、大切なワクチンです

赤ちゃんが生まれてから受ける予防接種には、国が摂取を推奨している「定期予防接種」と受けるか受けないかを決めることができる「任意予防接種」という二つの種類があります。

中でも定期予防接種と呼ばれているものは、国や自治体が強く接種を推奨しているとても重要なワクチンです。
定期予防接種にリストアップされている病気は、全てが感染力の非常に強い、危険なものばかり。赤ちゃんを守るために、必ず受けてほしいワクチンなのです。

定期予防接種のお金はどのくらいかかるの?

自治体にもよりますが、ほぼ無料で済む場合が多いです

定期予防接種に定められているワクチンは、国が接種を推奨しているというだけあって、ほとんどが無料で受けることができます。自治体によっては一部自費負担金が発生する場合もありますが、完全自費負担になるよりは、かなり安価に受けることができます。

また、万が一重い副反応が出た場合でも、ワクチンとの関係性が認められれば、国からの補償を受けることができます。



副反応はないの?

腫れたり、微熱が出たりなどの副反応が起こる可能性はあります

ワクチンは、免疫のない体に新しく免疫をつけるために、体とウイルスが戦った経験をさせるという役割があります。そのため、実際に感染したような重篤な症状は出ずとも、少なからず患部が腫れたり、微熱が出たりといった反応が起こる可能性はあります。

ワクチンに使用されるウイルスは、それ単体で機能しないように病原性が無力化されていたり、効果が弱められたりしています。そのため、重篤な症状につながることは非常にまれだと言われています。ただし、抵抗力の弱い赤ちゃんの場合はワクチン接種後も経過をよく観察する必要があります。

重篤な副反応を防ぐためにも、ワクチンの接種後も「30分程度」は病院にとどまって、様子を見てから帰宅しましょう。

ワクチンの種類が知りたい

ワクチンは、使用されているウイルスの状態によって種類が分けられています。

生ワクチン

生ワクチンは、病原性を弱めたウイルスや細菌を使用しているワクチンです。接種後、そのウイルスが体の中で増える事によって免疫力をつける効果があります。不活化ワクチンと違って、より自然感染に近い形で免疫をつけることができます。

定期予防接種では、はしかや水疱瘡などのワクチンが生ワクチンにあたります。

不活化ワクチン

不活化ワクチンは、ウイルスの病原性を無くしたり、無毒化したものが使用されているワクチンです。ウイルスが無毒化しているため、体の中でウイルスが増えることはありません。生ワクチンと違って、腫れや微熱などの副反応が少なく済むというメリットがあります。

定期予防接種では、ヒブワクチンや肺炎球菌などのワクチンが不活化ワクチンにあたります。

定期予防接種の種類

1歳までに受けられる予防接種の中で、定期予防接種にリストアップされているものには、以下のものがあります。

ヒブワクチン

インフルエンザ菌b型とも呼ばれる、ヒブ感染症を予防するためのワクチンです。生後2ヶ月から受けることができ、合計4回接種します。

小児用肺炎球菌

肺炎球菌による感染を予防します。細菌性髄膜炎や、肺炎などの予防に必要なワクチンです。生後2ヶ月から受けることができ、合計4回接種します。

四種混合ワクチン

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの四種混合型のワクチンです。生後3ヶ月から受けることができ、合計4回接種します。

BCG

結核を予防するためのワクチンです。生後5~8ヶ月未満の頃に接種します。接種回数は1回でOKです。

はしか

麻しん、風しんを予防するためのワクチンです。1歳を迎えたらすぐに打ちます。合計2回の接種が必要です。

水疱瘡

水疱瘡を予防するためのワクチンです。1歳を迎えたらすぐに打ちます。接種回数は2回です。

定期予防接種おすすめスケジュール

1歳までに受ける予防接種だけでもたくさんの種類・回数があるということがわかっていただけたかと思います。上記で述べたように、予防接種は生後2ヶ月から順番に受けることが必要です。
忘れずにしっかり受けるためには、ワクチンの同時接種が基本!生後2ヶ月からのおすすめ接種スケジュールをご紹介します。

生後2ヶ月~

生後2ヶ月で受けられるワクチンは以下のものです。

・ヒブワクチン:1回目
・小児用肺炎球菌:1回目

できれば、生後2ヶ月を迎えたその日に同時接種できるとよいでしょう。また、この頃に受けられる任意接種のワクチンとしては、「B型肝炎」「ロタウイルス」があります。

生後3ヶ月~

生後2ヶ月の頃に受けたワクチンから「4週間」開けて、次のワクチンを打ちます。こちらも、同時接種が可能です。かかりつけ医に相談しましょう。また、百日せきはとくに危険な病気なので、生後3ヶ月を迎えたら早めに四種混合ワクチンを接種しておきましょう。

・ヒブワクチン:2回目
・小児用肺炎球菌:2回目
・四種混合ワクチン:1回目

生後4ヶ月~

前回のワクチンから「4週間」開けて、以下のワクチンを打ちます。同時接種が可能です。

・ヒブワクチン:3回目
・小児用肺炎球菌:3回目
・四種混合ワクチン:2回目

生後5ヶ月~

前回の接種から「4週間」開けて、以下のワクチンを打ちます。

・四種混合ワクチン:3回目
→さらに「1週間」開けて
・BCG:1回

1歳~

1歳の誕生日を迎えたら、すみやかに以下のワクチンを打ちます。同時接種が可能です。

・はしか:1回目
・水疱瘡:1回目

1歳1ヶ月~

1歳1ヶ月で受けるワクチンは以下です。同時接種が可能です。

・ヒブワクチン:4回目
・小児用肺炎球菌:4回目
・四種混合ワクチン:4回目

1歳3ヶ月~

最後に以下のワクチンを接種して終了です!お疲れ様でした。

・はしか:2回目
・水疱瘡:2回目

忘れちゃったらどうする?

自費がかかりますが、後からでも受けられます

事前にしっかりと予定を組んでおいても、赤ちゃんの体調が悪かったり、何らかの都合が重なったりして、定期予防接種に行きそびれてしまったという事態が発生することもあるかと思います。

しかし、定期予防接種は、ある程度期間が過ぎても受けることができるようになっています。大きく接種期間から外れてしまうと、控除がきかず自費となってしまう場合もありますが、二度と受けられないといったことはありませんので心配しないでくださいね。

定期予防接種で受けられるワクチンはどれも重要なものですので、予防接種の受け忘れに気づいたら、早めに予定を組み直すことが大切です。

定期予防接種で病気を予防しよう

生まれたばかりの赤ちゃんを抱えての予防接種は、ママも緊張の連続で大変ですよね。しかし、予防接種は大切な赤ちゃんを病気から守るためにはとても大切なことです。
中でも、国から接種を推奨されている定期予防接種は、どれも必ず受けていただきたい重要なもの。大切な赤ちゃんが病気で苦しむことのないように、しっかり予防接種を受けさせてあげてくださいね。

また、予防接種のスケジュール管理が苦手・不安といった方には、スマホなどでそれ専用のスケジュールアプリが配信されていますので、そちらも活用してみるとよいでしょう。
パソコンをお持ちの方は、赤ちゃんの月齢に合わせた予防接種カレンダーをプリントアウトできるサービスもありますので、ぜひ探してみてくださいね。

定期予防接種をしっかり受けて、恐ろしい病気から赤ちゃんを守りましょう!

▼こちらの記事もあわせてどうぞ! 赤ちゃんの予防接種スケジュールに気おされたママも多いのではないでしょうか?かくいう筆者も「なにこのハードスケジュールは?!」と愕然とした新米ママの一人でした。予防接種のスケジューリングすら難しく、「予定通りにいかない」のが子育てというもの…。少しでも気楽に乗り切ることができるような、予防接種の情報をまとめてみました。 赤ちゃんの命を守る大切な手段、予防接種。そのデビューは生後2ヵ月からと、スタートは早めです。予防接種の受け方や種類、スケジュールなど、ママが知っておきたい予防接種のあれこれをまとめました。定期、任意、不活化…など専門用語も多く制度の変化も激しい予防接種ですが、参考までにお役立てください。