会陰切開の痛みはいつまで続くの?会陰切開する割合と痛みを緩和する方法

会陰切開ってご存知ですか?聞いたことはあると思いますが、どんなものなのか心配ですよね。会陰切開の痛みはいつまで続くのでしょうか?また会陰切開する割合と、痛みを緩和する方法についてご紹介します。

会陰切開って?

出産は女性にとっての一大イベントです。新しい命が生まれる素晴らしいことですが初めて出産に挑むママは不安ですよね。そこで知っておいた方がいいのが「会陰切開」です。言葉は聞いたことはあると思いますがどんな処置なのかご存知ですか?ここでは会陰切開についてご説明します。

会陰とは膣の出口と肛門の間の部分のことです。
出産時にその会陰が十分に伸びていないと、肛門や直腸まで裂けて裂傷を起こしてしまうことがあります。
会陰切開はそれを避けるために行われる処置なのです。



どのくらいの割合でするもの?

会陰切開を行う割合は医師によって違うようです。ほとんどの方に行う医師もいますし、会陰切開を行わない医師もいます。
また初産婦さんと経産婦さんを比べると初産婦さんの方が会陰切開した割合が多く、経産婦さんは少なめのようです。

ただ経産婦さんでも早くお産が進む方は一気に会陰部が圧迫されて裂けやすくなるので会陰切開を行う場合もあるそうです。

会陰切開する理由とメリットは?

会陰切開はなぜしなければならないのでしょうか?それには3つの理由があります。

1つ目は会陰が伸びにくく、赤ちゃんが出てくるときに裂傷が起きてしまうのを避けるためです。裂傷よりも切開した方が綺麗に縫合できるので会陰切開をする場合があります。

2つ目は赤ちゃんに危険が迫ったりお産が長引いてしまっているときには会陰切開をする場合があります。

3つ目は鉗子分娩や吸引分娩などの器具を膣内に入れて医療行為を行う場合です。行われている理由として一番多いのは裂傷を避けるためとされています。

会陰切開をせずに出産し裂傷を起こすと大きく裂けてしまったり、その傷を縫合する時間が長くかかったりママにも負担がかかります。
会陰切開を行った場合は綺麗に縫合することができ、ママの負担も軽く済むことが会陰切開をするメリットです。



会陰切開ってどんな痛み?

会陰切開をしたあとの痛みは患部が腫れているような感覚があり、切開しているのでズキズキと痛むようです。また縫合したところに違和感を感じて、患部が腫れているような感覚になります。これは縫合をしているために、起こるものです。

痛みは時間が経つにつれて治っていきますが、出血や膿がある場合は医師に相談してくださいね。

会陰切開の痛みはいつまで続くの?

出産という大仕事を終えてひと段落かと思ったら会陰切開の痛みが続いていたらつらいですよね。歩くたびに痛かったり、座るのも痛かったら体も心も疲れてしまいます。そんな会陰切開の痛みはいつまで続くんでしょうか?

痛みが続く期間は個人差がありますが、だいたい1ヶ月程です。
会陰切開の程度によりますが平均的には3日程度で傷はふさがり、1週間ほどで痛みは落ち着きます。

ズキズキ痛むと赤ちゃんのお世話で疲れているのにつらいですよね。赤ちゃんの1ヶ月検診の頃にはだいぶ痛みも落ち着いていると思いますので、それまでは痛みを緩和しながら乗り切りましょう。

会陰切開をしたら歩けないの?腫れがひくにはどれくらいかかる?

会陰切開をして2日くらいは歩くのも座るのも痛いママもいます。
歩いているときの痛みの原因は歩幅が広いことで皮膚がすれているからです。まだ痛みが残っている間は歩幅を小さくして歩くのをおすすめしますよ。

腫れがひくまでの期間は、会陰切開の程度にもよるので個人差が大きいです。しかし大体の方は約1ヶ月ほどでおさまっているようです。

痛みを緩和する方法!

1.ドーナッツ座布団を使う!

会陰切開の痛みはズキズキと痛いですよね。そんな痛みを緩和する方法をご紹介します。

座るときの緩和方法はドーナツ座布団です。実はこれは筆者も愛用していました。座るのに痛みがあってとても苦痛でしたがドーナツ座布団を使うとだいぶ緩和され楽でした。
ドーナツ座布団は中心部分が空洞で何も当たらないので会陰にも当たりません。また低反発のドーナツ座布団だとあまり沈まなく楽なのでおすすめです。

2.小股で歩くようにする。

歩くときに痛い時は痛みを抑えるために小股で歩くことをおすすめします。大股で歩くと皮膚が引っ張られて痛いので痛みがなくなるまでは小股で歩いた方が楽ですよ!

3.清潔にして悪露ナプキンをこまめに取り換えよう。

痛みを悪化させないために患部を清潔にし悪露ナプキンをこまめに取り換えましょう。蒸れてしまうと肌が荒れてひりひりしてしまうことがあるので気を付けてくださいね。また雑菌が入ってしまうと治りが遅くなってしまうので清潔に保ってください。

会陰切開の痛みは次第に引いていきます!

ママたちは自分のお腹の中で育ててきた赤ちゃんに会えてとても幸せな気持ちですよね。出産という大きなお仕事を終え、いざ赤ちゃんのお世話!でも会陰切開の痛みがつらい!そんなママはたくさんいらっしゃると思います。
実は筆者も会陰切開をしまして、それはそれは痛かったです。一番つらかったのは座るときでした。なので先ほど説明したドーナツ座布団を愛用していました。

赤ちゃんが産まれて嬉しい反面、痛みがあり大変でしたがだんだん日が経つにつれて痛みは引いていきました。筆者は赤ちゃんのお世話が大変で、痛みを無視するようにしていたのでなんとか乗り切りました。ぜひ自分が楽な姿勢や、痛みを感じない歩き方を見つけてみて下さいね。

毎日お疲れだと思いますが、会陰切開の痛みは次第に引いていきます。緩和方法を試しながら乗り切ってくださいね!