風水的おすすめ観葉植物は?良い気を呼び寄せる種類と場所別の置き方

観葉植物はお部屋のインテリアとしてだけでなく、風水で気の流れを良くするアイテムとして最適とされています。置く部屋(場所)に一番適した観葉植物の選び方や、おすすめの品種などをご紹介していきますので、家族みんなの運気がどんどんアップするように、おしゃれなお部屋作りをしてみてはいかがでしょう。

風水での観葉植物の役割

良い気を呼び寄せ、悪い気を吸収

風水では、「植木は難を防ぎ、花は難を隠す」という格言があるほど植物は取り入れたほうがいいアイテムとされています。
花や樹はとても生命力があふれている存在なので、観葉植物を家の中に置くと、その場のエネルギーを調整してくれるのです。

観葉植物を部屋に飾ると、おしゃれなインテリアとしてだけではなく、リラックスできる効果も得られますし、風水的にも『良い気を呼び寄せ、悪い気は吸収してくれる』アイテムとして活躍してくれるうれしいアイテムとされていれば置かない手はありませんね。

ここでは風水的にどのような種類の観葉植物をどこに置いたらより良い気を呼び寄せてくれるかをご紹介していきます。

置く場所の基本は「姿」と「葉の形」

風水で観葉植物は、「姿」と「葉の形」によって置いたほうがいい場所が分類されます。
適した場所に置いてしっかり育ててあげる事で、よりよい運気を吸収してくれるのでお家の中のどこにどんな観葉植物を置くかゆっくり考えて飾ってみてください。

・「姿」とは
葉の向きや、観葉植物の外観(背の高さなど)のことで、風水では葉の向きによって気の種類が変わっています。
葉が上向きに成長する観葉植物は、「陽」性質を持っているので、活発な気を発生させてくれます。
逆に葉が下向きに成長する観葉植物は、「陰」の性質を持ち、気をやさしく静めてくれる効果があります。

・葉の形
細くて尖っているものは鋭い気を発生させるので、邪気よけや鋭い感覚を与えてくれるパワーがあります。そのため仕事部屋や勉強部屋など強いインスピレーションが欲しい場所にはおすすめです。
丸い葉を持っているものは、穏やかで気を落ち着かせてくれるので、人が集まるような場所に置くとリラックス効果も上がりおすすめです。



玄関に観葉植物

家の顔とも言える玄関は、良い気が入ってくる入り口になるので、風水ではとても大切な場所です。
その大切な場所に置く観葉植物の種類は、幸運の気をしっかり呼び込んでくれるものにしたいですよね。

玄関に観葉植物を置くときには、日光をたくさん浴びる必要がなくて、比較的日影を好むような観葉植物を置いてあげてください。
玄関は日光が当たりにくくて、暗い場所が多いので観葉植物にストレスを与えないためにも、日照状況にあったものを置いてあげたいですね。
そして、定期的に日光をじゅうぶん浴びさせてあげる事も、良い気をたくさん呼び寄せてくれるポイントです。

玄関に置くおすすめは「モンステラ」

「モンステラ」はアメリカの熱帯地帯に自生する植物で、病害虫がでにくく、寒さや暗さにも強いという特性から、玄関のようなあまりあまり日のあたらない場所でも元気に育ってくれます。
葉の先が尖っている事から、邪気払いをしたい玄関にはおすすめの観葉植物です。

モンステラの花言葉に『うれしい便り』という素敵なものが含まれているので、幸せの気をたくさん取り込んで欲しい玄関にはふさわしい観葉植物ですね。

リビングに観葉植物

家族が集まってゆったりとした時間を過ごすためのリビングは、「家庭運に影響を与える場所」なので、気のバランスを整えると家庭運と家族全体の運気がアップします。

リビングにはテレビなどの家電製品も多くあり、悪い気が充満してしまいがちなので、背の高い大鉢を1鉢か小型の鉢なら2.3鉢をリビングの広さにあわせて置くようにしましょう。
穏やかに気を落ち着かせてくれるので、丸い葉を持つ観葉植物を選んで置くと、家族みんなのリラックス効果にも期待できそうですね。

リビングに置くおすすめは「パキラ」

丸みをおびた葉を持ち、上に向かって成長していく「パキラ」は、幸運をもたらしてくれると人気の高い観葉植物です。
古くから財をもたらす「発財樹」といわれていて、財力を高める効果があるそうです。

リビングの隅に置くことで、気の流れが停滞しがちなリビング全体の気の流れを良くし、家族が長い時間をリラックスしてすごす事ができます。



キッチンに観葉植物

キッチンには、コンロやレンジなどの「火」の気と流し台の「水」の気という二つの相性のよくない気が混在している場所なので、「木」の気を持つ観葉植物が中和してくれます。
コンロと流し台の間に小さな観葉植物を置くと「火」と「水」両方の気を鎮めてくれます。

観葉植物だけでなく、料理に少し使えるような小さな鉢植えのハーブを置いてみるのも効果的です。
家族の健康のもとになる食事を作る場所なので、気の流れは良くしておきたいですね。

キッチンにはコンパクトな多肉植物がおすすめ

多肉植物がキッチンにおすすめなのは、とてもコンパクトなものが多いこと、そして丸みを帯びたその形が「陽」の気を持っているので、家族のエネルギーを作るキッチンにはぴったりです。
キッチンはこまめにその中を行き来しないといけないので、大きな観葉植物は少し邪魔になってしまいます。

窓辺や流し台とコンロの間に置くのも、より小さめのものを選べば料理の邪魔になる事もありませんね。
そして多肉植物は、しっかり水分を蓄えているので火の近くに置いても安心です。

寝室に観葉植物

人は眠っている間に「運気を取り込んで貯めておく」と考えられているので、寝室は風水では玄関の次に大切な場所とも言われています。
寝室の隅や家具の角など、気が停滞しやすいところに観葉植物を置いて気の流れをスムーズにする事で全体運や仕事運などの運気もアップします。

葉っぱが下を向いていて、丸い形のもの「陰」の気のものを選ぶとリラックス効果で質の良い睡眠にも期待できそうですね。
寝室を遮光カーテンで日中も暗いままにしていると観葉植物の元気がなくなってしまうので、昼間は窓越しに太陽の光が入る場所に置く事も大切です。

寝室に置くおすすめは「ガジュマル」

「ガジュマル」は古くから幸福をもたらす精霊の宿る樹と言われている神秘的な樹です。
個性的なシルエットがタコの足に見えるとのところから「多幸(たこう)の木」とも呼ばれて、観葉植物の中でも高い人気があります。

その特徴的な「ガジュマル」の気根は、アスファルトやコンクリートでさえ突き破ってしまうほどのパワーを持っているので、その生命力の強さから「健康」という花言葉が付いています。
寝室に「ガジュマル」を置いて、健康のパワーもしっかり充電したいですね。

トイレに観葉植物

トイレは水と汚物が関わる場所なので、悪い気が集まりやすい不浄な場所です。常にきれいにしておかないと、運気も滞りがちになります。

「水」の気があるトイレは「陰」の気が溜まりやすいので、丸い葉を持つ観葉植物で気を調和させて、部屋の中に悪い気が流れ出さないようにしましょう。
トイレに置く観葉植物は、日陰や湿気に強いものを選ぶようにしましょう。

トイレに置くおすすめは「アイビー」

「アイビー」は常緑のつる性植物で、生命力がつよく枯れることなく丈夫に育つことも人気の観葉植物です。
葉っぱがハートの形をしてかわいいので、気持ちも穏やかになり、トイレの空間を明るい印象にしてくれそうです。

トイレは家族の「金運」と「健康運」に作用する場所なので、「アイビー」にしっかり気を調和してもらって家族全員の運気をアップさせましょう。

風水的に良くない観葉植物もある?!

風水では基本的に置いてはいけない観葉植物は無いとされていますが、あまり良くない(置かないほうがいい)ものというものもあるので、ここでご紹介します。

サボテンを部屋に置かないようにする

観葉植物は部屋に置くと気の流れをスムーズにしてくれるので、目の癒しとともに便利なアイテムなのですが、風水的に部屋に置く事があまり好ましくないとされているもあります。

部屋に置かないほうがいい物の代表格は「サボテン」です。
「サボテン」の表面を覆っているトゲが鋭く尖っているので、「運気を跳ね返してしまう」と言われています。
「悪い運気」だけならば跳ね返してくれるのは良いのですが、「良い運気」まで寄せ付けないのは困りますよね。

寝室に置いてしまうと、リラックス効果がなくなって良い眠りに付けなくなるだけでなく、対人運が落ちてしまうので人間関係のトラブルに見舞われてしまうこともあるようです。
また、玄関に置いてしまうと、外から来る良い運気を跳ね返してしまうのでもったいないですね。

サボテンと多肉植物の違いは?

キッチンに置くのがおすすめとされている「多肉植物」と家の中に置かないほうが良いとされている「サボテン」二つの植物は一見よく似ています。

大きくまとめると実はサボテンも多肉植物の仲間なのですが、「サボテン」に分類されるものには『棘座(アレオーレ)』(白い綿毛のようなトゲ)があります。
最近では、サボテンでもトゲのない物も増えてきましたが、この棘座は残っているのでそこを見て判断します。

きちんと面倒を見てこそ幸運がやってくる

あまり手のかからないものが多い観葉植物ですが、部屋に置けばそれだけで運気がアップするというわけではく、きちんとお世話をしてあげる事が大切になります。

観葉植物は日当たりのよい場所を好むものから、日陰に強いものまでさまざまな種類があります。
置く場所の環境をしっかり確認した上でその部屋におく観葉植物を決めると、元気いっぱいで毎日気の流れをスムーズにしてくれるかもしれませんね。

日当たりはどれくらい?お部屋の明るさで4種類に分類

日のあたり具合(お部屋の明るさ)を大きく4種類に分けて、それぞれの明るさに適した人気の観葉植物をご紹介します。

○日当たりの良い場所(日光が大好きで、直射日光でも葉やけなど起こしにくい)
・セローム、ソテツ、シマトネリコ、ユッカ、ホンコンカボック、フェニックス・ロベエニーなど

○明るい日陰(直射日光ではなく、レースのカーテンを一枚通した程度の明かり)
・ベンジャミン、サンスベリア、ポニーテール、ドラセナ・コンシンネ、パキラ、ガジュマルなど

○日陰(日光のあたらない場所で蛍光灯のみの明るさ)
・モンステラ、ドラセナ・レモンライム、オリズルラン、ライムポトス、クツカバラなど

○暗い日陰(日光は当たらない場所で、白熱球だけの明かり)
・テーブルヤシ、シュロチク、オキシカルジューム、ボトス・パーフェクトグリーン、ケンチャヤシなど

観葉植物が一番心地よく成長できるのは、直射日光をレースのカーテンなどで遮った明るい日陰です。
反対に、厳しい状況は暗い日陰です。先ほどご紹介した品種は特に耐陰性に優れている品種ではありますが、週に3日ほどは明るい日陰に移動して日光浴をさせてあげてください。

水はどれくらいのタイミングでどれくらいの量をあげたらいいの?

観葉植物が元気に育つ水やりの方法(ルール)をご紹介します。

まず水をあげるタイミングは、「土が乾いた状態になったら」です。鉢の表面の土が白っぽく乾燥してきたらお水をあげましょう。

次にあげるお水の量ですが、「たっぷりの水を、下の受け皿に水が出てくるまで」あげます。このとき受け皿に出てきた水はきちんと捨ててあげてください。

土が乾いてからお水をあげるのは、鉢の中の土がジメジメと常に湿り気を帯びている状態だと根にうまく酸素が行き渡らなくなり根腐りを起こしてしまう危険が出てくるので、土が乾いたらしっかり水をあげるようにします。

水やりに時間帯は関係ある?

直射日光が当たるところで育てている観葉植物の水やりには、6-8月の暑い時期に限って、朝9時までか夕方6時からの比較的日差しが柔らかくなった時間帯にお水をあげるようにしましょう。

そのほかの場所で育てている観葉植物は、自分の生活リズムに合わせてだいたい決まったタイミング(時間帯)でお水をあげるようにすると、植物にストレスがかからなくて元気に成長してくれます。

観葉植物をお部屋に置いてよい気をしっかり吸収して今年の運気をアップさせましょう

風水では、観葉植物を置く事で「良い気が入ってきて、悪い気を吸収してくれる」といわれています。
それをより効率よくするために、葉の形や姿によって、適している部屋と、元気に育つお世話の仕方をご紹介しました。

観葉植物の鮮やかなグリーンは目に入るだけでリラックスできる癒しの色なので、家族の運気がアップするためだけでなく、家族が家の中でリラックスして、毎日絶えない笑顔で生活できるような環境づくりを楽しんでみてはいかがですか。