鏡のヨゴレにすっきりさよなら♪鏡を徹底的にピカピカにする掃除テク

あっという間に12月へ突入!今年もあと残りわずかになってきました。年末までに家中をピカピカにして新しい年を迎えたいですよね。せっかくの大掃除ですから、普段なかなか手をつけられない鏡を徹底的にみがきあげちゃいませんか?

鏡はどうしてこんなに汚れる?

知らないうちにヨゴレが蓄積!

普段から鏡はきちんと掃除してます!という優秀なママでも、鏡がぼんやり曇っているように感じることは少なくないでしょう。それは、水拭きや乾拭きだけでは落としきれない“何か”が鏡を汚しているためで、ちょっとした掃除だけでは取りきれない汚れが、気づかないうちにじわじわと蓄積していってしまうのです。

鏡の置き場所によって汚れ方が違う

それでは、鏡に蓄積してしまったヨゴレはどのようにすればキレイになるのでしょうか?
実は鏡を置いている場所によって、鏡を汚す原因が違ってくるんです。その原因を解消できる掃除テクを用いることで、鑑はテキメンにキレイに生まれ変わります。



部屋に置いた鏡を掃除するテク

部屋の鏡を汚すのは「ホコリ」

部屋に置いた鏡って、なんだかもや~っと白っぽく見えますよね。これこそが鏡を汚す原因であるホコリです。また、タバコを吸う人がいるご家庭ならヤニの付着なども起こります。

部屋の鏡を掃除するテク1:新聞紙

身近なモノを使って行える、昔ながらの鏡の掃除方法が「新聞紙」を使うもの。掃除グッズを買いそろえる必要がなく、鏡だけじゃなく窓にも使えてコスパ抜群です。

まず新聞紙は一面サイズに切っておき、手のひらサイズになるよう折りたたんでおきます。掃除では何枚も使うことが多いので、いくつか作り置きしてから掃除をスタートすると便利です。
右手に乾燥した新聞紙、左手に水でぬらした新聞紙を持って、ぬれた方で鏡を拭いてスグに乾いた方で拭き取るという動作を繰り返します。すると透明感ある鏡が見事に復活します!

これは新聞紙のインクが汚れを吸着しやすいという性質を使った掃除テクで、インクでできる薄い膜が鏡に汚れをつきにくくしてくれる効果も期待できるそうですよ。

部屋の鏡を掃除するテク2:みかんの皮

ファミリーマンションの間取りで一般的なLDK。台所でお料理をしながらリビングの子どもの様子を見られる、ママ安心の間取りです。
ただ、台所とリビングがつながっていることから、リビングに鏡を置くとお料理のときに使う油で汚れてしまうことが多いようなんです!

そんな油汚れが気になる鏡を掃除するときに使えるのが「みかんの皮」。使うのは皮だけなので、掃除の前に腹ごしらえにみかんを食べるといいですね。

掃除方法はいたってカンタン。
みかんの皮の外側(オレンジ色のほう)で鏡をこすって、乾かないうちにティッシュやキッチンペーパー、雑巾などで拭き取ります。これだけで油の膜がすっきりキレイに取れちゃいます。

これはみかんの皮に含まれる「リモネン」の油分解効果、「クエン酸」の汚れ落とし効果によるもの。天然成分で掃除できるというのも、ママには安心ですよね。

部屋の鏡を掃除するテク3:重曹

姿見や鏡台など、よく手で触ることが多い鏡には、知らず知らずのうちに手垢がついてしまいがち(もちろん、子どもたちがぺたぺた触ってしまう鏡にも…)。そんな鏡を掃除するときに活躍するのが「重曹」で、皮脂などの酸性の汚れに強い効果を発揮します!

掃除に使うときにはスプレーなどに重曹水を入れておくと便利です。重曹一袋からたくさんの重曹水を作れるので、コスパもいいですよ。

■重曹水の作り方 ※重曹を入れすぎるとスプレーが詰まるので注意してください
1. 100均などで購入したスプレーを用意する
2. ぬるま湯250mlと重曹大さじ1を入れて、よく混ぜ合わせる

掃除方法は、まず鏡に重曹水を噴きつけて2~3分。次にぬれ雑巾で拭き取り、乾いた雑巾で仕上げ磨きをします。

キッチンクラブ 重曹 1kg
¥ 398

天外天シリンゴル重曹 1kg
¥ 617

水まわりに置いた鏡を掃除するテク

水まわりの鏡を汚すのは「水アカ」

お風呂場の鏡に残る白いスジ…これは水アカと呼ばれるものです。
水みたいな透明なものがなんでガンコな水アカになるのか不思議ですよね。実は水にはカルシウムやマグネシウムといった金属系のイオンが含まれていて、蒸発すると白い化合物になる性質があるんだとか。この白い化合物=水アカなんです。

水まわりの鏡を掃除するテク1:お酢

普段の掃除ではなかなか落とせないガンコな水アカ。そんな水アカをつるんとキレイに取るためには、アルカリ性である水アカを酸性で中和すればいいのです。
「酸性と言われても?」と悩む必要はありません。お料理に使うあの「お酢」も立派な酸性なので、お酢を鏡掃除に使うといいでしょう。

雑巾にお酢を直接ふりかけて、鏡を拭き取るだけでOK。広範囲に掃除したいなら、スプレーに少量のお酢を含んだ水を用意するのもいいですね。

掃除中はお酢のニオイが気になるかもしれませんが、時間がたつと自然に気にならなくなるのでご安心を。

水まわりの鏡を掃除するテク2:クエン酸

先ほどのお酢に含まれる酸性の成分が「クエン酸」。最近はパウダー状のクエン酸がドラッグストアで購入できるので、そちらを試してみるのもおすすめです。
重曹水と同じく、クエン酸水もとってもカンタンに作れますよ。

■クエン酸水の作り方 ※クエン酸を入れすぎるとスプレーが詰まるので注意してください
1. 100均などで購入したスプレーを用意する
2. ぬるま湯500mlとクエン酸大さじ1を入れて、よく混ぜ合わせる

水アカの度合いによってはスプレーして拭き取るだけでもある程度はキレイになりますが、大掃除で徹底的にキレイにしたいなら、まず鏡全体にクエン酸水をスプレーして、その上からサランラップを貼り付けて半日ほど放置します。
時間を置くことで中和作用が高まり、水ぶきすればするんと水アカが取れます。

niwaQ 除菌もできるクエン酸 300g
¥ 356

¥ 278

水まわりの鏡を掃除するテク3:重曹

もしお手元に重曹があるなら、お部屋の鏡と同じ重曹を使って掃除するのもアリです。
重曹は水アカと同じ酸性なのでクエン酸のように中和のチカラで水アカを落とすことはできません。けれど、重曹にはクレンザーと同じ研磨効果があるので、水アカをこすり落とすことができるんです。

まず、空き容器などに重曹とほんの少しの水を入れ、重曹のペーストを作ります。重曹の粒が残ったペーストなので、古着ややぶれたパンスト、雑巾などにつけて鏡をこすれば汚れがどんどん取れていきます。掃除のあとは重曹をキレイに洗い流せばOKです。

水まわりの鏡を掃除するテク4:100均グッズ

今年、発売されて以来バクハツ的な人気を博しているのが、100円均一でおなじみの「キャンドゥ」による「ダイヤモンドクリーナー」。
水をつけて軽~くこするだけで、鏡のガンコな水アカがおもしろいように取れていきます。ウロコのようになっていた鏡にユウウツだったのが嘘のようなキレイな仕上がりにびっくりですよ。



鏡掃除のために開発された商品も

こだわりの道具で快適に鏡を掃除♪

鏡の掃除、特に水まわりに置かれた鏡の掃除は、うろこ状のガンコな水アカをなかなか落とせず苦労した経験のある人が多いはず。そのためネットを探せば、水アカ対策の洗剤や掃除道具は思った以上にたくさんみつかります。

暮らしの知恵に頼るのもいいけれど、明確な目的のもとに開発されたメーカー品を使ってみるのもいいかもしれませんね。

茂木和哉 水垢洗剤 200mL 鏡 ウロコ カルキ
¥ 2,536
東急ハンズやテレビなどで話題となった水アカ専用の洗剤がこちら。普通にスポンジにつけてこするのもいいけれど、原液を鏡につけてラップを使って浸透させるのがおすすめの使用法です。

アイオン 水滴ちゃんとふき取り 超吸水スポンジブロック 650ml ワイド 614-B
¥ 960
水アカの原因は鏡の表面に残った水!日々の生活で少しでも水アカを防止するには、水を除去するのが肝心です。そんな願いをかなえてくれるのがこちらのスポンジ。おどろくほどキレイに水気を吸い取ってくれますよ。

これからは鏡掃除が楽しくなる♪

いかがでしたか?
置かれる場所や汚れの原因によって掃除の方法を変えることで、鏡はまるで新品のような輝きを取り戻せます。

鏡、特に水まわりの鏡に発生するウロコ状のヨゴレは、ママたちの悩みの一つですよね。今回ご紹介した掃除テクを試してもらうことで、今までの悩みがウソのように解消されるはずですよ。