妊娠超初期の食欲についての体験談・口コミ

妊娠超初期の食欲について先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

妊娠超初期の食欲はどう変化した?

妊娠超初期に経験した食欲の低下

私が妊娠に気づいたのは妊娠7週目のころでした。妊娠超初期の頃に妊娠に気づいたのは食欲の変化がきっかけでした。私はその当時会社勤めで毎日会社から自宅に帰宅するとあまりの空腹から晩御飯前にいつもチョコレートを食べていました。しかしその時期から私の食欲は変化し、会社から帰宅しても全く食欲がなく、さらには晩御飯まで抜いてしまう日もありました。
「会社から帰宅して何も食べないなんてあなたらしくない!」と母に言われ、私も自分の急激な食欲の低下に心配するようになりました。そしてその時「食欲の低下や増加は妊娠しているかもしれない合図、もしや私も妊娠しているのかも」と思い妊娠検査薬で調べてみるとやはり妊娠していました。
その後妊娠3ヶ月目には食欲も通常にもどりました。【ayaさん(20代) 】

食欲増加には気を付けて

いつもは、そこまで食欲のない私ですが、急に食べても食べてもまだお腹が減る。体重も気にしていたので、こんなに食べて太っちゃったかな?と恐る恐る体重計へ乗っても500g増加ぐらいで、大したことないや♪と食べ続けてしまいました。2kgほど増加してから生理が遅れていることに気づき妊娠検査をしたら陽性反応があり、産婦人科へ行ったら妊娠9週目とのことでした。お腹に赤ちゃんができて食欲が出たのかと思っていたらつわりの吐き気は全くなく、そのまま太り続けてしまい出産時には15kg増!!先生に怒られながらも正常分娩しました。体重も出産後1か月ほどでもとにい戻りました。【ミサさん(20代) 】

気持ち悪いけど食欲はある

今思えば妊娠超初期でしたが、急にフルーツが食べたくなりました。パイナップルとかオレンジとかさっぱりした物が無性に食べたい時がありました。そうかと思えばすごく脂っこい物が食べたくなり、スーパーでトンカツとか唐揚げとか衝動的に買ったりしました。その後つわりがきて気持ち悪いことが多くなりましたが、脂っこいものを無性に食べたい感じはずっと続きました。すごく気持ちが悪い時は何も食べられませんでしたが、お腹はすごく空いていました。食べられる時にいっぱい食べていたので、痩せるようなことはありませんでした。食欲はいつもよりむしろあったと思います。【ぽんぽこさん(30代) 】

たべづわり

現在、妊娠5ヶ月の20台の者です。
私はよくあるつわりの吐き気などは一切ありませんでした。
しかし、たべづわりのようなものは初期に感じています。
異常にのどが渇くのと、空腹を感じると気分がわるくなりました。
食べ物の中でも炭水化物がとても食べたくなり1日5食ほど食べていました。
眠りにつくまでもお腹がすくとなかなか眠れず、目が覚めるのも空腹でした。
妊娠3ヶ月ほどで症状は落ち着き、現在は普段どおりの生活に戻っています。
現在は増えた体重を落ち着かせるために、運動、食事制限を気をつけています。
そのおかげか体重は維持できています。【まるこめさん(20代) 】

とにかく、耐え忍ぶべし。

私の場合、とにかく色々な欲求が激減していました。タバコやお酒も頻繁に摂取していたのですが、それらも全くいらなくなりました。臭いを嗅ぐだけでとにかく吐き気や気持ち悪さがこみ上げるほどでした。食べ物への食欲も然りでした。臭い・見た目・味全てが、今までと全然違うように感じられて、好きだったものが大嫌いになったり、あまり好きでなかったものが食べられたりしました。食べることが好きだった私にとって、食欲がない。食べても吐いてしまう、気持ち悪くなってしまう。というのは相当のストレスでした。どうしようもなかったので、耐えるしかなかったのですが、これは今思い出してもとっても辛かったです。
【まるこふさん(20代) 】

食欲低下は妊娠6ヶ月目まで続く

妊娠超初期の症状は「食欲の低下」でした。今まで大好きだったもの全てが受け付けなくなり、食べられるのは果物のみ。お肉や魚、野菜、そして大好きなチョコレートさえも食べたら吐いてしまう状況でした。人によっては、逆に食欲がまして「食べづわり」になる方もいると聞きますが、私はその真逆で全く食べられなくなり、体重が7kg以上減って
、ガリガリになってしまいました。数ヶ月で終わるのかと思いきや、食欲の低下はなんと6ヶ月目まで続きました。ちゃんとものが食べられるようになったのも6ヶ月半ばから。そこから体重も少しずつ回復してきました。医者に聞くと、つわりの時期食べられなくてもそれまで蓄積していた栄養があるから大丈夫ということですが、やっぱり食べられないのはストレスがたまり辛かったです。【ichimi14さん(20代) 】

異常な食欲とその後のつわり

私の体験した妊娠初期症状は、食欲の増加です。もともとよく食べる方ではありましたが、妊娠したと思われるころからつわりが始まった7週目あたりまでの食欲が異常でした。どのくらい食べるようになったかというと、お弁当屋さんで大人が食べる1食分の弁当を2箱分はかるがる食べていました。とにかく食べても食べてもまた食べられるという状態で、自分でも止まらない食欲に妊娠するとこうまで変わってしまうものかと戸惑ったほどでした。その時はお腹に赤ちゃんがいるんだから食べちゃえと周りからも言われていましたが、今思えばとんでもない食べ過ぎだったと思います。その後吐きづわりでまったくご飯が食べられなくなってしまったので、その前の蓄え期間だったのかもしれません。【みーちゃん01さん(20代) 】

食べ物の好みが変わったつわり

つわりの症状が出始めた時一番影響がでたのが食欲でした。いつも食べていたものが食べられなくなり、普段食べていなかったようなものが食べたくなりました。昼食はよく食堂を利用していたんですが、お昼はさっぱりする冷やしうどんを食べようと思い購入し、いざ食べようとしたら同僚ののり弁がとても気になり同僚にうどんと交換してもらいのり弁だけをひたすら食べ続けたこともあります。
その次の日からはなぜかカレーライスが無性に食べたくなり、つわりがおさまるまでずっとお昼はカレーライスを食べました。
その他にはまったものは、ロールパンです。仕事中も食べたくてしょうがなくなり、仕事が休みだった夫にお願いしいつも食べているロールパンを届けてもらったことがあります。とにかく食べたいものを食べストレスをためないことが一番なのかなと思います。【ゆいちゃんさん(30代) 】



妊娠超初期に関する詳しい情報はこちら

「これってもしかして妊娠?」妊活中の女性にとって、ちょっとした体調の変化は気になりますよね。「風邪っぽい」「吐き気がする」「眠気がひどい」など、いつもと違う体調の異変を感じたら、もしかすると赤ちゃんからのサインかも。気になる妊娠超初期と妊娠初期に起こる妊娠の兆候についてまとめました。