おすすめのマグについての口コミまとめ

どんなマグが使いやすいのか、先輩ママの口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

マグはどんなものを使ってる?

エニウェイ・アップ・カップ、これ一つで十分でした。

色々ネットで探してAnyway up-cup(エニウェイ・アップ・カップ)の購入を決めました。決め手はデザインがとてもシンプルだったこと、中身が漏れにくい、材質が安全なものだったことです。マグですので中身が漏れない(漏れにくい)のはもちろんデザインがシンプルなのはとても重要です。シンプルだと洗いやすいですし、パーツが多いものは組み立てるのも大変です(得に赤ちゃんが泣いているときにすぐお水をあげたくても時間をとられる)。 使ってみてこれは大正解でした。デザインはコップとふたのみというシンプルなもの。子供が落としても、投げてもヒビが入らない。何より中身が漏れない、またはかなり漏れにくいです。注意点としては、飲み口をちゃんと乾かす、殺菌しないとカビやすく(黒くなる)なると思います。熱湯またはレンジで消毒でキレイに使用できます。【キカイママさん(40代)】

成長に合わせてカスタマイズできる優秀マグ

1歳1カ月になる娘がいます。出産祝いでいただいたマグがとても優秀で重宝しているので、ご紹介したいと思います。
商品名は「テテオ パーティマグ 離乳ナビセット Neo」でCombiから発売されています。
離乳ナビセットの名のごとく、赤ちゃんの成長に合った飲み口のパーツがそろっており、色々と買い替える必要がないので便利です。

具体的には、離乳食の始まりと同時にお白湯をのむようになる5カ月頃は乳首のパーツをカップにセットします。
つぎにお座りができる7カ月頃からはストローを吸う練習ができるスパウト(樹樹脂製の飲み口)に替えます。いきなりストローのような細いスパウトは難しいので、幅広で乳首ををくわえる感覚に近いものから練習し、吸啜に慣れたらストロー様の細いスパウトに、と2段階で練習ができます。
しっかりと口をすぼめて吸うことができるようになったらいよいよストローに切り替えます。娘も初めは間違えてマグを思い切り傾けて飲んでいましたが、すぐに傾けないで飲めることを理解できていました。
また、直接コップとして飲めるパーツを使用することもできます。このパーツも少しの流量しか出ない設計になっていて、口の脇からじゃぶじゃぶあふれ出てくることを防ぐことができます。ストローで上手に飲めるようになったら、コップや椀物を飲む練習として使います。これらの飲み口パーツがフタ付きでそろっているので、外出にも持っていけます。
さらに、コップのように連続飲みの練習ができる深めのスプーンまで付いています。
消毒は煮沸、電子レンジ、薬液ともに対応しているのでお手入れも楽でした。
哺乳瓶からマグ、マグからコップへと移行させたいけど、言葉が通じない赤ちゃんにどうやって教えようかと悩むことなく、発達に合わせてスムーズに覚えてくれたのでこの商品は本当に良かったです。
【matchaさん(30代)】

コンビのマグを愛用

1歳半の息子がいます。マグはコンビの物で落ちついています。最初は他の物を使っていましたが、掃除が大変、隅々まで洗えない事が気になりパーツも売っているコンビにしました。毎日使う物なので、子供が気に入っていて清潔に使えることを重視してコンビのオレンジタイプを使っています。ストローも丈夫で気に入っています。マグを変えたら息子が気に入ってくれるか最初ドキドキしましたが、すぐに慣れテーブルに置いておくと自分で喉が渇いた時にゴクゴク飲んでいます。こぼれにくいので持ち運びもしやすく、習い事などのおでかけにも常備しています。パーツが売っていない物だとまめに食毒をしなければならなかったり、ママの負担も大きいので、洗いやすくてモレにくいものが1番だと思います。コンビの物ならどこでも売っているので安心です。【こうちゃま6さん(30代)】

オクソーのマグがおすすめ

これまでピジョンやリッチェルなど色々なメーカーのマグを使ってきましたが、どれも共通しての悩みが漏れるということでした。バックに携帯してお茶が漏れて大変な思いをしたこともありました。仕方ないのでジップロックの袋にいれて、お茶垂れ流し状態で携帯していました。そんな悩みに悩んで買い換えたマグがオクソーのストローマグ。他のメーカーのマグとは違って蓋の上の部分を回してストローを出したり閉まったりするタイプ。この構造が良いのか、バックに入れて携帯しても漏れないんです。そしてデザインはシンプルでコロンとした感じでとても可愛いので、青とピンク色違いで2つ購入しました。ストローやパッキンも簡単に外せるので洗いやすいところもおすすめです。【にゃんこさん(30代)】

赤ちゃんマグはストローマグが便利!

赤ちゃんが成長して離乳食が始まると必須になるのが赤ちゃん用のマグカップです。お出かけもだんだんできるようになってきますので、お出かけ時にも必須ですよね。我が家では、ストローマグを使用していました。とにかく便利です。赤ちゃんがストローの使い方をマスターさえしていれば、いつでもどこでも水分補給できますし、ママが抱っこしていないくても赤ちゃんが自分でマグを持って飲むことができますし、授乳のように場所や人目を気にする必要もありません。ではストローマグはいつぐらいから開始したら良いのでしょうか。基本的には、自分でしっかりお座りができて物を握る手が安定してきたら大丈夫でしょう。目安としては個人差がかなりありますが月齢6ヶ月くらいですね。いろんな可愛いマグが市販されていますので、赤ちゃんが喜びそうなデザインのものをいくつか用意しておくと良いですね。【ワッカさん(30代)】



マグに関する詳しい情報はこちら