陣痛の兆候はどんなもの?事前に知って陣痛のサインをキャッチしよう

陣痛ってどんなものなのか気になりますよね。陣痛の兆候を知っていれば、陣痛の始まりにもいち早く気づけて、出産に向けての心の準備もできるもの。ここでは陣痛の兆候や陣痛の痛みについて触れていきます。

陣痛の兆候にはどんなものがある?

妊娠後期になってお腹が急に大きくなったと感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか。臨月にもなると、歩くのも違和感を感じたりしますよね。
いつ生まれてもいいなんて医師から言われると毎日陣痛が待ち遠しくなりますが、陣痛に兆候はあるのでしょうか。一般的な陣痛の兆候をいくつかご紹介します。

1、お腹が張りやすくなる

一番分かりやすい症状としてはお腹の張りがあります。
お腹が張る回数が増えたり、痛みを感じたりする場合もありますが、痛みを感じるのは子宮の筋肉が収縮しやすくなるために起こります。
遠出はなるべく避けて、外出時には母子手帳や破水時にあてがえるようにナプキンなども持ち歩くといざという時に安心ですね。

2、お腹が下がってくる

「お腹が下がってきたからそろそろ生まれるかも」なんて会話、耳にしたことありませんか?
お腹の赤ちゃんが出産に向けて骨盤近くに下りてくるため、お腹が下がってきます。
下を向いたときに今まではお腹が邪魔して見えなかったけど視野が広がったと感じたら、入院準備などをして過ごしましょう。

3、トイレが近くなる

赤ちゃんが骨盤近くに下りてくると膀胱が圧迫されてトイレが近くなります。今までより頻繁にトイレに行くようになったらお産が近いサインかもしれませんね。
膀胱以外にも腸も圧迫されるので、下痢になる方もいるようです。お産の際に赤ちゃんの通り道を少しでも広くしようと体が働きかけるのかもしれませんね。逆に便秘になる方もいるようです。

4、胃がスッキリする

赤ちゃんが下に下がることで、今まで圧迫されていた胃がスッキリしてきます。
胃がスッキリすると今まで抑えられていた食欲が増加してしまう傾向にありますが、ここで気を抜いて体重が増加してしまうことも。
体重増加は病気以外でも産道にお肉がついてお産が辛くなってしまうということもあります。
体重管理もラストスパートなので、気を引き締めてどか食いをしないように気を付けましょう。

5、おりものの量が増える

お産が近づくと、赤ちゃんが産道を通りやすくするためにおりものの量が増えてきます。
量が増えて不快感を感じることも。不快感を感じる前にショーツを交換したりおりものシートなどを利用して感染症の予防などに努めたいですね。

6、胎動が少なくなる

赤ちゃんが下に下がってきて骨盤に頭が固定されると胎動が少ないと感じる妊婦さんが多いようです。
しかし、赤ちゃんはお産の際でも動いているので胎動が完全になくなるということはありません。

臨月になったら胎動をカウントし記録をつけておくことで普段どれくらい動いているのかを意識的に知ることができるので、胎動が少なくなってきたなと感じたらお産が近づいていると思っても良いかもしれませんね。

筆者は陣痛が来ても胎動が激しかったので、必ず胎動が少なく感じるという訳ではないようです。
ただし、胎動を全く感じなくなってしまったら何かトラブルが起きている可能性も考えられるので、すぐに病院へ連絡しましょう。

7、出血(おしるし)がある

おしるしとは血の混じったおりもので、色はピンクだったり褐色だったりと様々です。
赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁に隙間ができることで出血が起こります。
臨月を迎えると妊婦健診の際子宮口の開き具合や柔らかさなどを内診されるので、その際にも出血することがあります。

妊婦健診後の出血はおしるしではなく、内診時のグリグリ(卵膜の一部を子宮壁から剥がして、その刺激で陣痛を起こりやすくするために行うもの)の出血なので間違わないようにしましょう。



陣痛の痛みはどんな感じ?

陣痛と聞くとどんなに痛くて恐ろしいものか、耐えられるような痛さなのか気になりますよね。
陣痛は始まったその時から激痛という訳ではなく、お産が進むにつれて徐々に痛くなってきます。また、お産が進むにつれて痛む場所や痛み方も違ってきます。

生理痛のような痛み

陣痛の始まりの頃は生理痛のような下腹部を締め付けるような痛みで、痛みを感じている時でも動いたりしゃべったりできる程度の妊婦さんが多いようです。
前駆陣痛を感じていた方は、これが前駆陣痛なのか本陣痛なのか迷う程度で、痛みの間隔は約30分。気持ちにも余裕のあるこの頃に入浴や食事を済ませておきたいですね。
家族への連絡や入院時の持ち物の最終確認も行いましょう。

腰が割れるような痛み

お産が進んで赤ちゃんが下がってくると骨盤が押し広げられるため、腰付近が痛む妊婦さんが多いです。
足の付け根や太ももが痛いと感じる妊婦さんもいて、初産の方でも分かるくらいいきみたい衝動にかられますがまだまだいきむのは我慢です。

腰からお尻付近の痛み

いきんでも良いと言われる頃は、産道を通ってくる赤ちゃんの頭に押されて膣口付近の痛みへと変わります。排便時の痛みにも似ていると言われています。

経産婦の陣痛の兆候に違いはある?

経産婦の方の強みはなんといってもお産を一度経験しているので、ある程度冷静でいられることです。また、上の子もいるので、心強かったりもしますよね。
経産婦の方は一度産道が出来ているので陣痛がきたら出産までにかかる時間は短くなると言われていますが、陣痛の兆候に初産婦でも経産婦でも違いはないようです。
ただ、その時のお産により異なるので、第一子では陣痛の兆候はあったけど第二子では全く感じられなかった、という妊婦さんもいるようです。



陣痛の時間の間隔の目安

最初は不規則だった痛みが徐々に規則的になってきたら本陣痛です。初産婦の方と経産婦の方では、病院へ連絡する時間の間隔が異なります。 ■初産婦
初産婦の方は陣痛の間隔が10分になったら病院へ連絡します。 ■経産婦
経産婦の方は陣痛を感じてから出産までの時間が一般的には早いと言われているので、初産婦の方よりも早目です。
陣痛の間隔が15分になったら病院へ連絡します。 時間の目安は一般的に言われている時間です。体調などにより異なる場合もあるので、医師から「●分になったら連絡して」と指示があればその時間の間隔になったら連絡しましょう。

人によって陣痛の始まりや症状は異なるもの。落ち着いて対応しましょう

陣痛の始まりやお産の進み方に決まりはありません。陣痛に兆候がある人もいれば全く兆候を感じなかったという方もいます。出産は誰でも不安に感じるもの。
必ずこういうものだと思い込むと、違った時により不安に感じてしまいストレスになってしまうので、こういうこともあるんだな、程度にとどめておきましょう。