授乳クッションおすすめ5つ!選ぶときの大事なポイントと使い方とは?

赤ちゃんが小さいうちは毎日何度もやることになる授乳。これを楽にしてくれるのが「授乳クッション」です。どんなメリットがあるか、どうやって選べばいいか、授乳クッションのおすすめ商品をまとめました。

授乳クッションってどんなもの?

授乳クッションって何?

赤ちゃんに授乳するとき、母乳の場合はママのおっぱいと赤ちゃんの口の高さを合わせる必要があります。座って赤ちゃんを膝の上に置くだけでは高さが合わないので、赤ちゃんの位置を引き上げなければいけません。

そんな授乳を補助してくれるアイテムが「授乳クッション」です。赤ちゃんの位置を引き上げ、安定させることができるので、授乳が楽になるのです。

母乳だけでなくミルクの場合も、おっぱいの位置までとはいわなくても、赤ちゃんの位置が高めになる方があげやすく、赤ちゃんの姿勢も安定します。

授乳クッションの使い方

多くの授乳クッションはC字型なので、ママのウエストあたりに前から抱えるように装着します。これが赤ちゃんを支えるための土台になります。
そして姿勢を正し、赤ちゃんをクッションの上に乗せて授乳します。赤ちゃんの首がすわるまでは完全なハンズフリーは困難なので、その場合はクッションの上で赤ちゃんの頭を軽く支えて調整してください。

授乳クッションだけで高さが合わない場合は、別のクッションや枕、バスタオルをたたんだものなどを赤ちゃんの頭の下にはさんで調整することもできます。ママの身長が高かったり、赤ちゃんが小柄だったりする場合は、授乳クッションを2つ重ねて使うのも効果的です。

C字型のものだけでなく、妊娠中の抱き枕にも使える長いタイプもあります。先端を紐やボタンで留めるものが多いですが、留めたまま上からかぶればすぐに装着することができます。

使うとどんないいことがあるの?

授乳クッションがなくても、腕や手首を使って赤ちゃんを支えればいいのですが、特に赤ちゃんが小さいうちはふにゃふにゃな赤ちゃんをしっかり支え、乳首トラブルを起こさないためにおっぱいの加え方にも注意を配り、1回の授乳も長く、授乳の回数も多く…と、なかなか大変。

腕や手首はどんどんだるくなるし、がんばりすぎると腱鞘炎にもなりかねません。また、疲れてくると赤ちゃんの位置を上げるのでなくおっぱいの位置を下げることになり、猫背になり、肩こりや腰痛といったトラブルにもつながってきます。
授乳クッションを使うことで、負担を軽減し、トラブルを防ぎやすくなります。

ただし、メリットばかりではありません。
授乳クッションを使うと同じ姿勢での授乳が増えるので、おっぱいはいつも同じ方向からすわれ、乳首トラブルを起こしやすくなります。また、授乳クッションがないと授乳ができない、となると外出時に問題です。

授乳クッションを使いながらも、横抱きだけでなく、縦抱きやフットボール抱きで授乳したり、外出機会が出てきそうな頃にはたまには授乳クッションなしでの授乳をしてみる、等で対策をしておきましょう。

いつ準備していつまで使えるの?

産院の方針にもよりますが、出産したら生まれたその日か翌日から授乳は始まります。できれば妊娠後期には用意しておきましょう。
産院には授乳クッションが備え付けられているところが多いですが、もしないようなら入院時にも持っていくと便利です。
また、妊娠中から抱き枕としても使えるタイプなら妊娠中期に用意しておくと長く使えます。

首がすわる3~4ヵ月頃、腰がすわる6~7ヵ月頃、と成長していくに従って、赤ちゃんの姿勢も安定していき、授乳クッションなしでの授乳も楽になってくるので、使わなくなる人が徐々に増えていきます。ですが1歳近くになって使う人もいますので、いつまで使うかは人それぞれです。

また、授乳クッションとしての役割を終えても、おすわりの補助として使ったり、大人がくつろぐときの腕置きにしたり、違う用途で使う人もいます。



何を基準に選べばいいの?

厚みのあるもの

先述のとおり、授乳クッションは「赤ちゃんの位置を引き上げる」もの。厚みがなければ赤ちゃんの位置は変わりません。体形にもよるでしょうけど、高くなりすぎて困るような商品はまずありません。できるだけ分厚いものを選びましょう。

硬さのあるもの

せっかく高さがあっても、軟らかければ赤ちゃんがクッションの中に沈んでしまい、位置が低くなってしまいます。大人が乗っても沈まないくらいの硬いものがベストです
また、長期間使っているとだんだんへたってくるものもあります。詰め物の素材や口コミもチェックしてへたりにくいものを選びましょう。詰め物は綿のもの、そしてパンパンに詰まっているものがへたりにくい傾向にあるようです。

カバーが洗えるもの

授乳クッションは授乳に使うので、母乳やミルクがたれやすいです。また、授乳中は母子ともに暑くなり、汗もかきやすく、汚れやすいものです。
カバーをはずして洗濯のできるもの、もしくは丸洗いできるものがいいでしょう。

もう手放せない授乳クッションおすすめ5つ!

1、エールベベ 3WAYクッション マカロン:サポートクッションで高さ調整

エールベベ マカロンをイメージしたオシャレでかわいい「3WAYクッション」 マカロン クリーミーショコラ(ベージュ) BB707
※2015/12/10現在の価格です ■本体サイズ:高さ45×幅58×奥行16cm
■カバー材質:シンカーパイル(綿80%、ポリエステル20%)、メッシュ(ポリエステル100%)、フレンチパイル(ポリエステル100%)
■中身材質:中綿/生地(ポリエステル100%)
■色:クリーミーショコラ(ベージュ)・ピスターシュショコラ(ブルー)・フランボワーズショコラ(ピンク)

サポートクッションが付いているので高さ調整がしやすいのがポイントです。サポートクッションを付けた部分は高さ26センチになるので、姿勢を保って楽に授乳できます。
カバーも洗えますし、本体の丸洗いも可能です。

2、DEVISE(ディバイス) 洗える授乳クッション:安く手に入れるならこれ

DEVISE(ディバイス) 洗える授乳クッション ポルカドット ブラウン
※2015/12/10現在の価格です ■本体サイズ:約47×67cm
■カバー素材:綿100%
■中綿素材:ポリエステル100%
■色:ブラウン・ピンク・スカイブルー・ネイビー・イエロー・グリーン・レッド・パープル

あまりお金をかけたくない方におすすめです。
安いですがボリュームはたっぷり。別売りの替えカバーも揃えればマメに洗濯もできます。

3、アレックス・サンガ マルチに使える ベビー&ママクッション:妊娠中から抱き枕としても使えます

マルチに使える ベビー&ママクッション シムス 抱き枕 授乳 お座りサポート (モカブラウン)
※2015/12/10現在の価格です ■サイズ:約145×18cm
■カバー素材:綿100%
■中側生地素材:ポリエステル100%
■中綿素材:ポリエステル100%

妊娠中の抱き枕、授乳クッション、赤ちゃんのお座りなどいろいろな使い方ができます。

4、エルゴベビー・ナチュラルカーブ・ナーシングピロー:エルゴこだわりの専用設計

Ergobaby 【正規代理店2年間保証付】 エルゴベビー・ナチュラルカーブ・ナーシングピロー/ブラウン FDEG101010
※2015/12/10現在の価格です ■素材:カバー ポプリン:綿100%/パイル:ポリエステル100% ピロー フォーム材:ポリウレタン100%、ライナー:ポリエステル100%

抱っこ紐で有名なエルゴベビーの授乳クッション。曲線フォルムとしっかりとした高さで快適な授乳ができます。

5、Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご:授乳後はベッドに早変わり

Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご
※2015/12/10現在の価格です ■お手入れ方法:外カバー/洗濯機可 中材/手洗い

「寝かしつけ神アイテム」と絶賛される商品。
授乳時の高さ・角度調節は自由自在で、授乳後はそのままベッドにもなるすぐれものです。



授乳クッションに関する先輩ママの声

楽になるという声が多数です。ぜひ参考にしてみてくださいね。 授乳のほかに、寝場所として活躍することも多いようです。 一方で「授乳クッションは不要」というタイプの人も。

授乳クッションを上手に使ってがんばり過ぎない育児を!

授乳クッションがなくても手持ちの座布団や枕、バスタオルなどを使って工夫すればどうにかなることもあります。ですが、授乳は毎日何度もするもの。少しの「面倒」「つらい」が積み重なると精神的にも身体的にも大変な苦痛になってきます。
少しでもしんどさを感じるならば、手遅れになる前に力を抜けるアイテムを上手く取り入れてみましょう。