年末はエアコンを徹底的に掃除しよう!自分でやるのと業者に頼むのどっちがいい?

年末の大掃除、ついつい忘れてしまいがちなのが、キッチンなどと違い汚れが目につかないエアコン。エアコンの汚れを放っておくと、気が付かないうちにホコリを吸ってしまっている可能性も…。新年を綺麗な空気で迎えるためにも、しっかりと掃除してみませんか?今回は、自分でもやれる掃除の方法や、業者を頼むときのおすすめをお伝えします。

年末の大掃除にはエアコンの掃除をしよう!

エアコンの掃除ってしてますか?

キッチンやお風呂などと違い、汚れがぱっと目につくわけではないエアコン。
ついつい掃除するのを忘れてしまったり、後回しにしてしまいがち…。
前回いつエアコンの掃除をしたか覚えていない…。

このような心当たりのある方は、気づかないうちにエアコンの中にたくさんのホコリが溜まってしまっているかもしれませんよ。
まだまだ寒い日が続きますし、年末の大掃除できっちりと掃除して、新年をキレイな空気で迎えたいですよね。

最近は自動お手入れ機能のついたエアコンもありますが、今回はそういった機能のついていないエアコンについての正しい掃除方法をお伝えします。
自動お手入れ機能がついたエアコンのお手入れについては、掃除の方法が異なる可能性もありますので、取扱説明書を読んでみてくださいね。

エアコンの掃除をしないとこんなことになってしまうかも…。

エアコンの掃除をしないと、エアコンの内部のフィルターにどんどんとホコリが溜まっていきます。
フィルターはエアコンの精密部分にホコリが入るのを防ぐためについていますが、フィルターに溜まったホコリを掃除しないと、どんどん隙間が塞がれてエアコンの風を通しにくくなってしまいます。
そのため熱効率が悪くなり、それでもエアコンは設定温度に近づけようとするために余計な電力を使ってしまいます。

またフィルターがキレイなときと比べてエアコンの電気代がかさんでしまいますね。さらにエアコン内部にカビがはえてしまうと、悪臭の原因になったり、健康に悪影響が出る可能性があるといわれています。
(※そのような事態にならないためにも、忘れずにエアコンの掃除をすることをおすすめします)



エアコンの掃除ってどのくらいの頻度ですればいいの?

簡単な掃除は2週間に1回

エアコンの中で特に汚れが溜まりやすい場所は、エアコンの前面カバーを開けてすぐのところにあるエアーフィルターです。
日頃から小まめに掃除しておくと汚れも溜まりにくくなりますし、大掃除のときも楽になりますのでぜひやっておきたいところですね。
目安としては2週間に1回くらいの目安で行うといいようです。

掃除の手順はとても簡単。
エアコンのカバーを開け、中のフィルターについているホコリを掃除機で吸い取るだけです。
部屋に掃除機をかけるついでにささっとできますので、習慣にするのをおすすめします。

しっかり掃除は年末に

年末の大掃除のときは、いつもよりもしっかりとエアコンの掃除をしましょう。
自分でやる方法と、業者に頼む方法がありますので、自分に合った方を選んでくださいね。
小まめにホコリを取っていたり、まだ買ってから数年しか経っていないエアコンについては、自分でやっても充分な掃除ができますよ。
かなり長い間掃除していないエアコンや、隅々まで徹底的に掃除したい!という方は、専門の業者に頼んでみるのもおすすめです。

やってみよう!自分でできるエアコンの掃除方法

※ここでは標準的なエアコンの掃除方法をご紹介しますが、お使いのエアコンによってはパーツの位置などが違ったり、水やスプレーをかけてはいけない場所がある可能性があります。
必ずお使いのエアコンの説明書を見てから行ってくださいね。

1.掃除を始める前にコンセントを抜こう

掃除を始める前に、まずは忘れずにエアコンのコンセントを抜いておいてくださいね。
エアコンの内部を掃除しますので、何かの拍子に電源が入ってしまうと、思わぬケガをしてしまう恐れがあります。
また、通電している状態でスプレーなどで内部を濡らすと、エアコンが壊れてしまったり、感電してしまう可能性もあります。しっかりと確認するようにしてくださいね。

2.床に新聞紙やゴミ袋をしこう

保存用ポリ袋 大サイズ 透明 50枚入 PR-03
¥ 391 エアコンの掃除をすると、ホコリやごみが落ちたり、スプレーを使った場合は汚れた水が下に落ちてしまうことがあります。
あらかじめ新聞紙やビニール袋を切って広げたものをエアコンの下にしいておくと安心ですよ。
また、寝室のエアコンなどベッドが近くにある場合は、ホコリやゴミが舞い落ちる可能性がありますので、新聞紙などでカバーしておくといいでしょう。

3.汚れてもいい服装で掃除しよう

ピップ プリーツガードplus ふつうサイズ 60枚入
¥ 841 エアコンの掃除中にホコリなどが落ちますので、汚れてもいい服装に着替えておきましょう。
手が汚れるのが嫌な人はゴム手袋をつけてくださいね。
また、ホコリやカビを吸って喉が痛くなってしまったり、体調を崩してしまったりしないように、マスクをしておくのをおすすめします。

4.まずはフィルターをきれいにしよう!

おそうじルック 4L 業務用
準備ができたらまずはフィルターから掃除をしましょう。エアコンのカバーを開き、まずは先ほど簡単な掃除の仕方でもご紹介した通り、ホコリを掃除機で軽く吸い取ります。そのあと、フィルターをエアコン本体から取り外しましょう。

フィルターは中性洗剤(住まいの洗剤や台所用洗剤など)を薄めた水につけて洗い、ゴミやホコリなどの汚れを落とします。このとき歯ブラシなどを使うと細かい部分まで綺麗にできますよ。
フィルターは柔らかいプラスチックでできているものが多いので、掃除をするときは壊さないように注意してくださいね。

洗い終わったらフィルターをぬるま湯でよくすすぎ、陰干ししてしっかりと乾かしておきましょう。

5.エアコン内の汚れを掃除機で吸い取ろう

TWINBIRD 強力にゴミを吸引 パワーハンディークリーナー
¥ 4,980 フィルターを外した後のエアコン本体にも、フィルターでは防ぎきれなかったホコリが溜まっていることがあります。忘れずに掃除機で吸い取ってくださいね。

このとき注意したいのが、エアコン内部の部品には掃除機のノズルなどが当たらないようにすること。
精密機器のため、ちょっとぶつかって形が変わってしまうとエアコンが作動しなくなってしまう可能性もありますので、気を付けましょう。
また、エアコンの送風口のホコリも、合わせて吸い取っておきましょう。

6.エアコン本体や送風口を綺麗にしよう

ハウディ タオルぞうきん 10枚 HS-339
¥ 461 続いて、エアコン本体の汚れを取りましょう。
雑巾を2枚準備して、1枚はそのまま、もう1枚は濡らしてから固く絞っておきます。
エアコン本体を水拭きして汚れを落としたら、乾拭きでしっかりと水気を拭き取ってください。

また、エアコンの送風口と、送風口についているルーバーと呼ばれる羽根の部分も同様に、雑巾での水拭き、乾拭きをして綺麗にしましょう。送風口は雑巾を指に巻き付けるようにして使うと、掃除がしやすいですよ。

汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を使うと綺麗になります。その場合は水拭きと乾拭きをしっかりして、洗剤の成分がエアコンに残らないように注意してくださいね。

7.エアコン洗浄スプレーでフィンを掃除しよう

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420mL×2本パック
¥ 1,040 次は、エアコンの内部の冷却フィンを洗浄します。
冷却フィンは、フィルターの奥についている、アルミでできた熱交換器のこと。
この部分にホコリなどの汚れが溜まっていると、空気の流れが悪くなり、部屋を冷やしたり温めたりする効率が悪くなってしまいます。

余計な電気代がかかる元にもなりますので、しっかりと掃除しておきたいですね。ただし、冷却フィンはとてもデリケートな部品ですので、扱いには注意が必要です。
洗剤を使うときは、冷却フィン専用のものを使うようにした方が安心ですよ。最近ではスプレーするだけで簡単に掃除ができるものもあります。
必ず商品の説明をよく読んで、正しい使い方で掃除をしてくださいね。

8.フィルターをセットして送風しよう

エアコン本体、内部の掃除が終わったら、先ほど陰干ししておいたフィルターを元に戻します。
このとき、必ず完全にフィルターが乾いているかを確認するようにしてくださいね。フィルターを戻したら、エアコンのコンセントを入れ、送風モードで1時間~1時間半程運転してください。

これは、洗浄したエアコンの内部をしっかりと乾かすため。生乾きのまま放置してしまうと、せっかく掃除したのにカビが生える原因を作ってしまうことになります。
綺麗なエアコンを保つ大事なポイントですので、忘れずに行うようにしてくださいね。

9.エアコンに対策グッズをつけてキレイが長持ち!

バイオエアコンのカビきれい
¥ 762 掃除の手順は以上ですが、キレイにした効果を長持ちさせるためにも、対策グッズを使うのもおすすめです。
こちらはエアコンのカビを防いでくれるグッズ。
バイオの力でカビが生えにくい環境を作ってくれるそうです。

東洋アルミ エアコン用 フィルター パッと貼るだけ 2枚入
¥ 418 こちらはエアコン本体に貼る使い捨てのフィルターです。ホコリや花粉をキャッチしてくれるので、エアコンの内部が汚れにくくなります。
汚れたら取り換えるだけで済みますので手間もかかりませんね。このような便利グッズを使うと、キレイにした効果が長持ちしますね。



掃除をしても臭いがとれないときは?

掃除しても臭いが取れないときは…ファンの汚れが原因かも?

くうきれいエアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)
しっかりと掃除したのにまだ臭いがしたり、カビっぽさを感じるという場合は、ファンの汚れが原因の可能性があります。

ファンとは、エアコンの送風機のこと。エアコンの送風口の羽根の部分のさらに奥にあり、直接触ることはできない部分です。長年使っているエアコンなどは、ファンに汚れが溜まっているために送風機の機能が正常に作動しにくくなっていたり、ファンについたゴミがエアコンを使う度に室内に舞って空気が悪くなってしまったりしていることがあります。

ファンの掃除は専用のスプレーなどを使えばご自宅でやることもできますが、他の部分とは違い掃除の手順が少し複雑になります。また、洗浄で使った水が大量に垂れてくるため、大きなシートなどで養生する必要があり、準備をするのはなかなか大変です。

自分でやるという方は、必ず専用のスプレーの説明をよく読んでから行うようにしてくださいね。

業者にお願いしてやってもらう方法も!

ファンの掃除をしたいけれど、自分でやるのはちょっと難しそう…。
そう感じる方は、エアコンのクリーニング業者などにお願いしてやってもらうという方法もあります。

自分でやるより費用はかかりますが、専用の掃除器具を使って隅々まで綺麗にしてもらえますので、長い間使っているエアコンの場合はおすすめですよ。費用は1台大体1万円~2万円前後で行っているところが多いようです。

お住まいの地域によってはもっとお得なエアコンのクリーニング業者がある場合もありますので、ぜひ調べてみてくださいね。
今回は、多くの地域に対応しているおすすめのエアコンのクリーニング業者をご紹介します。

おすすめエアコンクリーニング業者3選

1.ダスキン

ハウスクリーニングで有名なダスキン。エアコンは分解し、内部までしっかりとクリーニングしてくれます。

エアコンのホコリやゴミは掃除機より強いバキュームで吸い取り、専用の器材や洗剤を使い、ファンの中を高圧洗浄で徹底的に洗ってくれますよ。ご家庭ではできない高圧洗浄により、汚れが酷かったエアコンは、風速が40%アップしたり、カビの排出が90%減ったというデータもあるそうです。
高圧洗浄すると、長年使っているエアコンからは真っ黒な水が出てくることも…。汚れた水もそのままにせず、ダスキンが持ち帰ってくれるそうですよ。

クリーニングの料金は、通常のエアコン(自動お手入れ機能がないもの)で1台12,960円(税込)。
1台につき1時間~1時間程の時間がかかります。
2台以上纏めて頼むと割引があるそうです。
また、オプション料金の2,160円を支払うと、約1年間効果が続く「抗菌コート」を施してもらえます。

詳しく知りたい方はこちら

2.おそうじ本舗

おそうじ本舗のエアコンクリーニングは、「スタンダード」「エコ洗浄」の2種類から選ぶことができます。

「スタンダード」は通常の洗剤を使いますが、「エコ洗浄」では、りんごや大豆などの植物が原料の安全な洗剤を使ってクリーニングします。クリーニングをした箇所を傷める心配もなく、環境汚染を気にされる方や、赤ちゃんやペットがいる方、アレルギーの方にも安心のコースです。

エアコンのクリーニングは部品を一つ一つ取り外し丁寧に洗浄し、ファンなどの手が届かない部分も専用機材で隅々までキレイにしてくれます。クリーニングの後はおそうじ本舗のオリジナル防カビ剤で仕上げてくれますよ。

クリーニングの料金は通常のエアコン(自動お手入れ機能がないもの)で、「スタンダード」が11,880円(税込)、「エコ洗浄」が12,960円(税込)。
また、それぞれ追加料金を払うと、防カビや抗菌、消臭効果のある「オールチタンACコート」や、エアコンの室外機のクリーニングもセットにできます。
徹底的にクリーニングしたい!効果を長持ちさせたい!という方にはおすすめですよ。

詳しく知りたい方はこちら

3.グッドハウス

グッドハウスは専任の熟練スタッフのみが対応してくれるクリーニング業者です。
エアコンのクリーニングはフィルターやルーバーだけでなく、ドレンパンといわれる冷房時に結露した水を溜める場所までしっかりと分解して掃除します。

ドレンパンはもっともカビの生えやすい場所ですが、分解が難しく、洗浄には高度な技術がいる場所。
業者によっては分解を省くところもあるそうですが、グッドハウスではしっかりとクリーニングしてくれるそうです。

内部は高圧ジェット洗浄で、隅から隅までキレイにしてくれます。中から出てくる汚れた水には、ホコリだけでなく、カビや花粉、ダニの死がいなどの目に見えない汚れもたくさん。
クリーニングを頼んでよかった!というお客様の声もたくさん届いているそうですよ。

クリーニングの料金は通常のエアコン(自動お手入れ機能がないもの)で、10,584円(税込)。
1台につき1時間半程時間がかかります。
エアコン以外のハウスクリーニングも、低料金でやってもらえるものが多いので、家中徹底的にキレイにしたい!という方にもおすすめですよ。

詳しく知りたい方はこちら

キレイなエアコンで新年を迎えよう!

いかがでしたか?
自分でやる方法も、クリーニング業者に頼む方法も、どちらもメリット・デメリットがありますので、お使いのエアコンの使用年数や汚れ具合などを見て決めてみてくださいね。

クリーニング業者に頼む場合は、年末は混み合う可能性が高いので、早めに予約をとっておくことをおすすめします。年末にはエアコンを徹底的にキレイにして、気持ちいい新年を迎えてくださいね。