母乳パッドの選び方や使い方は?付けていて安心なおすすめ10選

早い人だと妊娠後期から装着している人もいるという母乳パッド。母乳育児をしているお母さんには必需品となっているアイテムの一つです。初めて選ぶ母乳パッドは、どのような点を基準に選べばいいか悩みますよね。母乳パッドの選び方と、おすすめ母乳パッド10選をご紹介します。

母乳パッドの選び方

母乳育児を始めたばかりのお母さんに、ぜひ揃えてもらいたいアイテムのひとつ「母乳パッド」。産後すぐは母乳を出す準備がうまく整っておらず、母乳の出も悪いことが多いのですが、お母さんの体が母乳育児に慣れてくると、授乳時間にかかわらず四六時中おっぱいが出てしまうこともあります。

そんな時、漏れ出た母乳で衣服を汚してしまったりするのを防ぐのに、母乳パッドが便利です。また、産後すぐのお母さんの乳首はとってもデリケートですので、ちょっとした刺激でも切れてしまったり、激しい痛みを感じてしまうこともしばしば。
そんな時にも、母乳パッドをしておくと、衣服の擦れや刺激から乳首を守ってくれるというメリットがあります。

肌触りがよく、通気性のいいものを

そんな母乳パッドを選ぶ際のコツは、徹底してつけ心地のよいものを選ぶこと。なんといっても素肌に直接触れるものですから、肌触りや通気性がよいものを選ぶのが鉄板です。

あふれた母乳でパッドが濡れてしまうとムレやかぶれも気になりますから、吸水性がよく、サラサラな肌触りが持続するものを意識して選ぶとよいでしょう。また、乳首部分がポケット構造になっているものは、そうでないものに比べ、乳首への刺激が少なくなりますので、すでに傷ついてしまった乳首にも安心して使用できますよ。



母乳パッドの種類

母乳パッドには、生理用品のように「使い捨てタイプ」のものと「布製タイプ」のものが存在します。
どちらにもメリット・デメリットがありますが、一番よいのはお母さんのライフスタイルに合わせたものを選択すること。最初は手軽な使い捨てタイプから初めて、徐々に布製タイプにシフトしていったというお母さんもいらっしゃいます。
以下に特徴をまとめましたので、母乳パッドを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

外出が多い・こまめに取り替える必要があるお母さんは「使い捨てタイプ」

使い捨てタイプは、簡単に取り替えることができるので、外出をよくするなど頻繁にパッドを取り替える必要があるお母さんにおすすめです。
ひとつひとつ個包装になっていることが多く、交換手順も楽なものが多いので、パッドに母乳がたまったらすぐに取り替えることができます。

また、外出時にも手軽に持ち運ぶことができる点も魅力ですね。ただし、使い捨てなので繰り返しの使用はできません。そのため、コスト面を考えるとあまり優秀とはいえません。

敏感肌なママ・ムレやかぶれが気になるママは「布製タイプ」

布製タイプは、すでに乳首が傷ついてしまっていたり、普段から敏感肌でデリケートなお母さんにおすすめです。おしゃれな柄ものから、肌に優しいオーガニック素材、縫製方法へのこだわりがあるものまで種類が豊富。ムレやかぶれ・刺激などが気になる方も安心して使うことができます。

また、洗濯をすることで繰り返し使用できるので、とっても経済的ですよ。ただし、洗い替えなど、使用するにはある程度の枚数を揃える必要がありますので、使い捨てタイプと比べると初期コストがかかります。

付けていて安心!おすすめ母乳パッド10選

1、ピジョン 母乳パット フィットアップ:立体構造で横モレしにくい

ピジョン 母乳パット フィットアップ 126枚入
■サイズ:188×123×290mm
■内容量:126枚

カップに沿うような形に作られた、立体構造の母乳パッド。この構造により、寝ている時でも母乳が横モレしづらくなっています。下着に貼り付けるためのテープも5本あるので、よりズレにくくなって便利です。吸収面にはスピード吸収シートを採用。母乳を吸ったあとの後戻りが少なく、長時間サラッと快適に過ごすことができますよ。

2、dacco マミーパット ふつうタイプ:下着からはみ出しづらく、アウターにも響きづらい!

dacco マミーパット ふつうタイプ 128枚入
■サイズ:210×130×190mm
■内容量:128枚

助産師さんとお母さんの共同開発で作られた母乳パッドです。この母乳パッドの特徴は、母乳の吸収量に応じてタイプが選べること!ライフスタイルや交換頻度にあわせて、ふつうタイプと多めタイプを使い分けることができます(リンクはふつうタイプ)。また、肌色の目立ちにくいデザインで、アウターにも響きづらいので、産後働くママやおしゃれなママにもおすすめです。

3、チュチュベビー ミルクパット プリーツタイプ:プリーツ構造でぴったりフィット!ズレにくい

チュチュベビー ミルクパット プリーツタイプ 130枚入
■サイズ:130×120×235mm
■内容量:130枚

プリーツが縦に入っているタイプで、どんな形のおっぱいにもぴったりフィット。プリーツの分だけ表面積も大きいので、たくさん母乳を吸収してくれます。吸収ポリマーも高性能なものを使用しており、通気性抜群・母乳の戻りも少ないので、長時間サラサラ。コンパクト包装なので、外出先にも持ち運びやすいのも魅力です。

4、ローズマダムママパット 布製母乳パッド:母乳モレ・シミを防ぐ3重構造

ローズマダム(Rosemadame) ママパット 布製母乳パッド ホワイト フリーサイズ
■サイズ:フリーサイズ

柔らかい布製の母乳パッド。母乳を素早く吸収する保護布・吸収した母乳をとどめておく吸水布・母乳モレや滲みなどを防ぐはっ水布の3重構造で、寝ている間も安心の吸収力です。素肌に直接あたる部分は柔らかな起毛素材になっていて、デリケートな肌にも安心。通気性もいいので、快適に過ごすことができますよ。

5、ムーニー ふんわり 母乳パッド:肌触りがよく、敏感肌のママにおすすめ

ムーニー お肌にやさしい 母乳パッド 68枚入
■サイズ:231×134×123mm
■内容量:68枚

全面通気シートを採用しており、ムレやかぶれに弱い敏感肌のお母さんにおすすめの母乳パッド。ムーニー独自に開発した「きれい吸収シート」を採用しており、母乳の戻りが少なく、長時間サラッとしたつけ心地が続きます。接着面は大きなダブルロングテープ。ズレやモレで悩んでいるママにもおすすめの母乳パッドです。

6、ピジョン 母乳パット プレミアムケア:初めてのママも安心のデリケート加工

ピジョン 母乳パット プレミアムケア 102枚入
■サイズ:205×130×210mm
■内容量:102枚

ピジョンの母乳パッド独自の立体構造はそのままに、素材をさらに敏感肌の方向けに工夫した商品です。吸収面はふんわりシルキータッチで優しい触り心地。乳首が直接あたる部分も厚みのあるふわふわとしたクッションを採用しており、乳首がよりデリケートな方や、母乳育児が初めてなママにもおすすめです。

7、ふわふわオーガニックコットン100% 母乳パッド:オーガニック素材で肌に優しい

スウィートマミー ふわふわオーガニックコットン100% 【防水布入り】(1セット2枚入り)
■サイズ:S~L
■素材:オーガニックコットン100%

肌に優しいオーガニックコットンを100%使用した母乳パッド。モレを防ぐ安心の6重構造で、長時間の装着でも快適です。また、特殊な加工を施したムレにくい防水布を採用。通気性も抜群です。オーガニック素材なので、購入初期は吸水性があまりよくないですが、洗濯を繰り返すことでより柔らかく、より吸水するようになりますよ。

8、犬印本舗 母乳パッド(2個入):立体構造で漏れにくく、乳首に優しい

犬印本舗 母乳パッド(2個入) ベージュ P7935
■素材:ポリエステル100%

ふんわりとした立体構造になっており、母乳が漏れづらい構造が魅力。また、乳首部分が乳首を優しく包むような形状をしているので、傷つきやすい乳首をしっかり保護してくれます。ポリエステル素材で作られているので、吸収力がよく、洗濯後も乾きやすいというメリットも!

9、オーガニックバンブー 母乳パッド:コットンの2倍の吸収力!安心のオーガニック素材

オーガニックバンブー 母乳パッド 2セット ( 3重構造 ) 抗菌 消臭効果の高い竹布を使用
■素材:表面生地:バンブーテリー 中側吸収帯:マイクロファイバー
■サイズ:12cm

シルクのようになめらかで優しい触り心地が魅力の母乳パッド。素材にはオーガニック素材の竹布を使用しています。竹布はコットンと比べると2倍の吸収力があり、かつ軽量。長時間の装着でもムレにくく、通気性も抜群です。あまり耳馴染みのないバンブー素材ですが、天然の抗菌作用・消臭効果もあり、とっても機能的ですよ。

10、カネソン ママmama 母乳パット:おっぱいの形に自然にフィット。サラサラも持続

カネソン ママmama 母乳パット 2枚入り
■素材:表面地 ポリエステル100%
吸収体 ポリエステル70%・ナイロン30%
内面地 ポリエステル100%

おっぱいの形に自然にフィットする立体構造で、装着しやすい母乳パッド。乳首部分はポケット構造になっており、デリケートな乳首をしっかりと保護してくれます。素肌にあたる部分は、ソフトタッチ加工を施した優れた吸収布を使用。すばやく母乳を吸収し、パッド内を常にサラサラな状態に保ちます。メッシュ加工で通気性も抜群です。



母乳パッドに関する口コミ

肌質に合うものを見つけて快適な母乳育児を!

お母さんが快適な母乳育児を行うために必要な母乳パッド。単なる母乳漏れ防止の目的だけでなく、少しの刺激でも傷つきやすい乳首の保護にも活躍するので、母乳育児を行うお母さんにとっては必需品です。

ただ、産後はまだまだ肌が敏感な時期。妊娠前は平気だった素材でも、ムレたりかぶれたりする可能性もあります。快適な母乳育児を行うためにも、自分の肌質にぴったり合ったものを選択できるとよいですね。あまりにもかぶれてしまうようなら、布製のパッドを使用するのもおすすめです。

肌質に合う母乳パッドを見つけて、充実した母乳育児を行いましょう!

▼こちらの記事もあわせてどうぞ! 母乳育児をしているママにとって、搾乳した母乳を保存することには色々なメリットがあります。難しいイメージがあるかもしれませんが、便利な道具もたくさんありますし、慣れてしまえば簡単にできますよ。今回は搾乳の方法や保存の仕方、よくある疑問などについてまとめてみました。 出産準備のリストでもよく見かける母乳パッド。出産前はあまり重要視されにくいですが、用意しておくことをオススメします!産後の入院中にも、新生児期にも授乳期には持っていると便利ですよ。今回は、母乳パッドを使うべき理由と選び方をご紹介します。オススメ母乳パッドも参考にしてみて下さいね。