授乳ケープについての体験談・口コミ

授乳ケープについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

授乳ケープってどういうもの?

授乳ケープは一工夫あるものを!

3人の娘がおります。一人目のときにも授乳ケープはもっていたはずですが、いざ使いたいときに見当たらず、結局そのまま使わずに終わりました。その代わりに、ひざ掛けのようなものを巻いて、使いづらさを感じながら使用していたのを覚えています。
2人目を出産したときには、子連れ勤務が決まっていたこともあり、友人からの出産祝いに「授乳ケープを頂戴」と指定し、いただきました。その授乳ケープは上部に半円のプラスティックのようなものが入っており、装着した際に飲んでいる赤ちゃんの様子が覗けたり、赤ちゃんが息苦しくないようになっているもので大変便利で重宝しました。【陽の子どもたちのお母さんさん(30代) 】

荷物の多いママには便利なアイテム

一人目のときは完全粉ミルクでしたので必要なかった授乳ケープでしたが、二人目は完全母乳でしたのでお出かけのときは授乳ケープは必要でした。購入することも検討しましたが、ちょうど出産祝いでいただいたエイデンアンドアネイのオーガニックコットンのおくるみがありましたので、毎回首で結んで使っていました。大判ですし、どうしてもお出かけは荷物が多くなるのでおくるみ兼ケープとして使えるので非常に助かりました。軽くて小さくたたむことができるのも嬉しいポイントです【ももさん(30代) 】

子育てしていく中で感じた時代の流れ

第一子を出産した時は、全くの子育て初心者で、毎日が新しい発見の連続と、行き当たりばったりのチャレンジでした。実際我が子に「授乳する」という経験をするまでは、授乳時の周囲への配慮や、場所の確保、子供への対応の仕方等を含めた情報量が乏しかった為、大変苦労する事も多々ありました。元々ファッションにお金をあまりかけないような生活をする方だったので、専用の授乳ウエアなどの準備はしておりませんでした。
自分より大きめの上着を着て、バスタオルを肩から提げ、その下で子供に授乳をするという方法でしたが、頻繁にずり落ちてしまう為、人目を気にしながら隠れて授乳せざるを得ない状態でした。
その経験を踏まえ、第二子出産を機に、授乳ケープを購入しました。利用していく中で、今までの苦労とは打って変わった便利さを実感し、気兼ねなく外出も出来るようになり、心から授乳ケープのありがたさを感じました。
今では必需品です。
【本日晴天さん(20代) 】

授乳ケープなしでは外食もできない!

赤ちゃんを生む前は授乳ケープなんて必要ないだろう、と思っていたのですが、赤ちゃんを産んで初めて授乳ケープがどれだけ必要かがわかりました。まだ小さい赤ちゃんですから、いつおっぱいが飲みたいと言ってくるかはわかりません。いったん欲しいと思うと願いが叶うまでいつまでも泣き続けます。授乳室があるデパートや大きなスーパーならば大丈夫なのですが、赤ちゃんはどこでも泣きます。授乳ケープがあれば、赤ちゃんにおっぱいを飲ませていても他の人にはよくわかりません。もちろん、後ろを向いておっぱいは飲ませるのですが、友達と外食に出ている時でも気楽におっぱいを飲ませられて授乳ケープはとても重宝しました。【ゆうちゃんさん(40代) 】

授乳ケープがないと外食もできない

赤ちゃんを生む前は授乳ケープなんて必要ないだろう、と思っていたのですが、赤ちゃんを産んで初めて授乳ケープがどれだけ必要かがわかりました。まだ小さい赤ちゃんですから、いつおっぱいが飲みたいと言ってくるかはわかりません。いったん欲しいと思うと願いが叶うまでいつまでも泣き続けます。授乳室があるデパートや大きなスーパーならば大丈夫なのですが、赤ちゃんはどこでも泣きます。授乳ケープがあれば、赤ちゃんにおっぱいを飲ませていても他の人にはよくわかりません。もちろん、後ろを向いておっぱいは飲ませるのですが、友達と外食に出ている時でも気楽におっぱいを飲ませられて授乳ケープはとても重宝しました。【ゆうちゃんさん(40代) 】

あれば便利な授乳ケープ

最近は授乳室の完備している商業施設が多くなっていますが、それはほんの一部でまだまだ少ない場所が多いです。確かに、赤ちゃんを連れて遠出をすることはあまりありませんが、授乳ケープがあれば個室の飲食店や車の中など、急に愚図ってしまった時に授乳が出来るので安心です。ただ、人によっては買わなかったという人もいます。ですので、生まれる前に買うのではなく、生まれてから買い足す必要があれば買うということにしておくのがいいと思います。【あーちゃんさん(20代) 】

買ってよかった!便利な授乳ケープ。

子供が出来るまで授乳ケープと言うものがあること自体知らなかったのですが、どこでも人目を気にせずにさっと授乳することが出来るという事で購入しました。お店には様々な種類があり、コンパクトにまとまるものやストールになったりと2通りもの使い方が出来るものなどありました。
私はあまり薄い素材だと、透けてしまわないか心配だったので黒字に白のドット柄のシンプルな授乳ケープにしました。くるくると丸めて袋に入れると収まるのでかばんの中にもかさばらずに持ち運びに便利でした。
ショッピングセンターには授乳室が多く設けられているので助かるのですが、込み合っている時に相席になる場合があるのでそういった時や家で来客中の時など大活躍だったので、授乳ケープを買ってよかったと思いました。【もんちっちさん(20代) 】

授乳ケープを暑い時期に使うのは避けるべき。

三人目の子の出産後一カ月くらいに上の子の運動会があったので、授乳ケープを持って見に行きました。首の後ろをマジックテープで止めるだけの簡単に着れるものでとても軽く、風が吹いてめくれないか心配でしたが、両隣に主人と母親が座っていたためか普通に使えました。ただ授乳中他の人の目が気になり、できるだけ短時間に終わらせました。やはりケープがあるとはいえ外で授乳はしにくいです。また10月でしたが残暑があり、ケープの中は暑く、子供は汗だくになりました。暑い時期はこのスタイルで授乳は止めた方がいいと思います。【kotatutako30さん(30代) 】

授乳ケープの必要性

授乳ケープは産後しばらくして買いました。最初は授乳室などあるのでそれで大丈夫だろうと買っていませんでした。しかし、いざ外出したときに授乳しようとすると授乳室がなっかたり、とても狭い部屋にパイプ椅子が置かれているだけだったりしてあげにくかったりしました。なかなか思うように授乳できずにミルクに変えてしまっていたので授乳ケープを買いました。授乳ケープがあると授乳しているように見えず安心して授乳することができました。外出中は気が散ってあまり飲まなかった赤ちゃんも安心して飲んで眠るようになりました。ただ、急いであまり選ばずに買ったため通気性が悪く夏場はすごく扱ったです。さまざまなタイプのケープがあるようなので、よく調べて買う必要があると思いました。【ゆんゆんさん(20代) 】

授乳ケープはおすすめです

これは本当に助かりました。私自身が授乳を見られるのが恥ずかしい、ということもありましたが、子どもが、きょろきょろ回りを見るタイプの人だったので、気が散って、短時間で飲まない、ということがあったため、自宅で、自分一人でいるときにも、授乳ケープを使うことがありました。おかげで外出時に、人気の少ないカフェの隅や、公園で授乳したこともありますが、人目が気になることがありませんでした。ママ友に貸したりもしました。使わなくなった今では、譲ることも考えましたが、万が一のときに貸せるようにと持ち出し袋に入れてあります。柄などは、自分が好きなものにするとよいと思いますが、カラーセラピー的にも黒は情緒的な影響を考えるとやめた方がいいそうです。【sleepycatさん(40代) 】



授乳ケープに関する詳しい情報はこちら

外出先で授乳をしたいとき、周りの目が気になりますよね?授乳ケープは授乳の様子が周りの人に見えないように、上半身を覆うものです。授乳ケープのタイプ別の特徴とおすすめ商品をご紹介します。