和痛分娩についての体験談・口コミ

和痛分娩についてみんなの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

和痛分娩ってどうだった?

SANさん(30代)

子宮口が7cm開き、分娩台に乗ってから、肩に麻酔薬を打つというものでした。事前に希望していましたが、希望していなくても打ってもらうことは可能だそうです。
実際、分娩台に乗るまでは普通に陣痛に耐えなくてはいけないので、麻酔をしてもらって特に楽になったという実感はありませんでしたが、眠ってしまうこともなく冷静にいられたので満足しています。生まれたあとの処置は全く痛みを感じなかったので、出産に恐怖を感じている方には少しでも楽になる方法としてお勧めです。

ちちち3さん(30代)

わたしの病院では子宮口が十分に開くまでは鎮静剤を打たないということでしたので(どこでもそうなのかもしれません)、かなり陣痛に苦しみました。初めての出産で陣痛をどのくらい耐えればよいのかもわからず、あまり早く呼んでも悪いかななどと遠慮をして痛みと戦っていたのですが、もう限界と助産師さんを呼んだ時にはもう十分子宮口が広がっており、もっと早くに助産師さんを呼べばよかったという状況でした。鎮静剤を打ってもらった後はすっと眠気がきて意識がぼんやりした状態でした。

かといって陣痛がなくなるわけではなく、痛みはあります。もちろん意識がはっきりしている時よりはかなり楽でした。いざ分娩台に乗って出産というときは鎮静剤が切れた状態でないとだめ、ということでしたので、普通にいきみの痛みなどはありました。
わたしの病院ではあまり鎮静剤に頼らずできるだけ普通分娩で、という考え方のところでしたので、病院を選ぶ際はその辺も確認し、比較された方がいいかと思います。



和痛分娩に関する記事はこちら

和痛分娩とは、文字通り「出産時の痛みを和らげる分娩方法」のことです。海外の先進国で経膣分娩をする場合は、出産を手術同様に医療行為ととらえ、痛みを和らげる処置をすることが多いと言われています。日本では未だ耳慣れない「和痛分娩」。いったいどのような方法で、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。