おしるしの色ってどんなもの?その変化や量について解説

お産の兆候のひとつである「おしるし」ですが、臨月になるとおりものが多くなったり、尿漏れがあったりするため、ちゃんと見分けられるか不安になりますよね。その上、もうひとつのお産の兆候である「破水」も判別が難しいといわれており、不安は増すばかりです。今回はそんな「おしるし」や「破水」の違いに着目してまとめてました。

一般的なおしるしの色とは?

一般的なおしるしの色は、ピンク色や褐色、茶色などです。
おしるしはお産の兆候の一つで、子宮口が開き始めたり、収縮することが原因で、赤ちゃんを包んでいる膜(卵膜)が剥がれ、少量の出血を起こし、子宮頸管から分泌される粘液と混ざって出てきたものです。そのため、ピンク色や褐色、茶色などの色をしていることが多いのです。
しかし、乳白色やほぼ無色、鮮血のような赤色、稀にオレンジ色をしていることもあるようなので、個人差が大きいといえます。



一般的なおしるしの量とは?

個人差が大きく、人それぞれ

おしるしの量は、個人差が大きく、人それぞれです。下着に少量付く程度の人もいれば、月経と間違えてしまうほど出血する人もいます。
また、少量すぎて気づかず、お産が終わってから振り返り、「あれがおしるしだったのかも!」と気がつく人もいるようです。

おしるしは量や色の個人差が大きく、人によってはおしるしがないまま出産を迎える場合もあります。そのため、量や色にはあまり左右されずに、おりものに血液が混ざっていたら「おしるし」と考えるのが良さそうです。

内診後の出血はおしるし?違いは見分けられる?

内診後の出血は、おしるしではない。

内診後の出血はおしるしではありません。
妊娠中は膣内が妊娠していない時よりも傷つきやすく敏感な状態にあるため、気をつけていても内診の際に傷がつき、出血してしまうことがありますが、これは珍しいことではありません。

この内診による出血は、色や見た目などではおしるしと見分けがつきませんが、内診後というタイミングによって判別することが出来ます。

内診による出血の場合、お産にはつながらない。

おしるしはお産の兆候であり、個人差はあるものの、一般的に数日程で陣痛が起こります。
しかし、内診による出血である場合は、お産にはつながりません。膣内の傷が治癒すれば、出血は止まり、問題なく妊娠は継続されます。



破水をした時の色は?違いは見分けられる?

破水をした時の色は、無色透明か黄色、もしくは黄緑色。

破水はおしるしと同様、お産の兆候のひとつで、赤ちゃんを包んでいる膜が破れて、中に入っている羊水が流れ出てくるものです。
おしるしやおりもの、尿漏れと勘違いしやすいのですが、破水の場合は無色透明か黄色、黄緑色をしています。また、匂いにも特徴があり、人によって違いがあるものの、生臭い匂いや精子のような匂い、あるいは甘酸っぱい匂い、無臭と感じる人が多いようです。

おしるしの場合は基本的におりものに血液が混ざっている状態のため、薄いピンク色や茶色をしています。

破水は無意識的に生暖かい液体が膣から流れ出てくる。

破水かどうか見分けるポイントのひとつは、無意識であるかどうかです。尿漏れの場合はくしゃみをした時など腹部に力が加わったときに起こりますが、破水の場合は自力で止めたりすることは出来ません。

また、その量は様々で、一度に大量に出る人もいれば、少量ずつちょろちょろと出る人もいます。
破水は前兆などは特にないといわれていますが、寝ていたけれど破水の直前に目が覚めたという人やパチンッとお腹の中で何かが破れる音がしたという人も少なくありません。

破水をした時はすぐに病院へ!

破水をしたら、すぐに病院に行く。

おしるしの場合、すぐに陣痛が来るわけではないので、規則的な痛みが来るまでは普段通りに過ごします。一般的には2~3日程度でお産が始まるといわれていますが、1週間以上経ってもお産が始まらない場合もあります。
しかし、破水をした時にはすぐに病院へ向かいましょう。その前に病院に破水したことを連絡すると良いでしょう。ほとんどの場合、そのまま入院となります。

大抵24時間以内に陣痛がきますが、稀に陣痛がなかなかつかずに陣痛促進剤を用いることがあります。

お風呂には入らない。

破水後の入浴は厳禁です。破れてしまった卵膜から細菌が入り込み、赤ちゃんに感染してしまう可能性があるためです。破水した時には入浴はせずに病院へ向かいましょう。

なるべく動かず安静にする。

破水したら、清潔なタオルや夜用ナプキンをあて、病院に行きます。そして、羊水が必要以上に出ないように、なるべく動かず安静にしましょう。
また、病院へ向かう際もタオルなどを持参の上、なるべく歩かないようにして、タクシーなどで向かうようにします。

おしるしか破水かわからない時は病院へ連絡!

おしるしや破水にはそれぞれ特徴があります。しかし、初めての出産や、少量であったりすると、なかなかその判断をするのは難しいのが現実です。はっきりしない場合には病院に連絡しましょう。
おしるしの場合は普段通りの生活をしていても問題ありませんが、破水である場合は感染などのリスクもあるため、すぐに病院に行かなければなりません。迷った時には自己判断するのではなく、病院に相談してください。

出産間近の臨月に入ると陣痛はいつくるのだろうか、ちゃんとその兆候に気づけるだろうかと不安になってしまいますが、その時がくるまで焦らずに穏やかな気持ちで過ごせるといいですよね。