無痛分娩についての体験談・口コミ

無痛分娩についてみんなの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

無痛分娩ってどうだった?

accoさん(20代)

病院から初めて出産について説明を受けたときには、無痛分娩なんて贅沢だし、きっと痛みを感じたほうが良いだろう、と決め付けていました。出産は、痛みを感じてこそ感動があるのではないかと思い込んでいたのです。しかし、主人は、費用なんて気にしないでいい。負担が軽くなるなら、無痛を選ぶべきだ、という意見でした。それにはとてもありがたかったです。また、インターネットを調べたり、病院の先生の意見も聞いてみると、無痛の利点が多いと気づき、そちらを選択しました。出産本番では、ぎりぎりまで主人と笑いながら話したりリラックスして挑めました。

ryuchanさん(30代)

私は妊娠中に血圧が高くなってしまい、助産師さんからもしも、計画出産になったら無痛にしたほうがいいと言われていました。結局、予定日を過ぎて、促進剤を使用することになったので、無痛分娩にすることにしました。背中に点滴のくだを通すときは少しちくっとしました。それから少しすると、陣痛がつよく来ているはずなのに痛みはなくなりました。不思議な感覚でこれで産むときが分かるのかとても不思議でした。しかし、陣痛が強くなってくるにつれて、やはり無痛とはいえ痛かったです。結局、夜中の出産となってしまったため、17時に無痛は切られてしまったので、その後はとにかく痛かったです。本当に無痛はすごいなと思いました。産むときまで無痛だったらよかったのになと思いました。

紫陽花RNさん(30代)

子供二人を、無痛分娩で出産しました。理由は色々な情報を得て、私は痩せ型で骨盤も狭く、難産が予想された事と、出産の痛みに耐えられる自信がもてなかったからです。私が出産した産院では、子宮口が5cm程開いたところで麻酔を打ち、無痛状態にします。それまでは陣痛の痛みに耐えなければなりませんでしたが、まだ何とかなる程度でした。本来ならば、陣痛の痛みがどんどん増していき、激しい痛みと戦わなければならない時間帯も、無痛状態の為、助産師さんから現在の状況をこまめに聞き、呼吸と心を整え、パニックになることもなく、出産のその時を待つことができました。いざ出産となったときは、無痛状態ではありますが、助産師さんの指示に従い、自らいきみます。3〜4回ほどいきんだ所で無事出産となりました。出産後の会陰縫合や後陣痛の痛みもなく、体の回復も早かったように思います。

かずりんさん(30代)

長男を出産した時、41週になっても全く陣痛が来ませんでした。主治医の判断で陣痛促進剤で出産したのですが、途中微弱陣痛になったり子宮口を刺激されたり本当に長時間苦しくて、産後もドーナツクッションが手放せない日々が続いたので、次は絶対に無痛で産むと心に決めていました。その産院では、無痛分娩は母子手帳を支給される初期の頃に予約を取らないと定員が一杯になると聞いていたので、次男の妊娠が分かってすぐに予約しました。中期ごろに院長先生から、無痛分娩の考え方や麻酔について詳しく説明してもらえる教室を受け当日に臨みました。長男の時と同様に、41週になっても全く陣痛が来ないので陣痛促進剤で出産する事になりました。その際、先に腰に麻酔を打ちました。実際の無痛分娩用の麻酔注射の痛みを和らげる、小さい注射器の麻酔から段階的に打ってもらったので痛みはありませんでした。その後、陣痛促進剤を投与されたのですが、すごく不思議な感じでした。陣痛の山が来た事は感じるのですが、痛みだけが抜けている不思議な感覚でした。その後、陣痛のグラフの大きな山が何度か繰り返した後、助産師さんの指示で2度ほど思い切りいきんだらスルッとスムーズに生まれました。結果的には、3,520グラムもある大きな赤ちゃんで、頭囲もすごく大きかったのですが、ウソみたいにスムーズに生まれてきてビックリしました。長男の時は最初に陣痛が来てから15時間苦しんだのに、次男は本当にスムーズに生まれました。次男の出産直前に、夫の仕事が忙しくなり夫なしでの出産でした。次男と夫が対面したのは産後2週間後だったくらいです。その為、一人で長男と赤ちゃんのお世話をしなければいけなかったのですがお産で体力を消耗せずに済んだので、産後も比較的スムーズに過ごせましたし、産後の下半身の違和感もすぐに元の戻りました。麻酔を使っての出産には、特に年配の方には賛否両論ありますが、私は利用して良かったと思いますし、3人目を産むことになれば、また利用したいと思っています。

ののさん(40代)

フランスでは9割近い妊婦が「無痛分娩」を選ぶというので、私も無痛分娩を希望しました。予定日の2週間前に入院し、内診をして夕食を食べ「翌朝の9時から背中に麻酔を入れて分娩を始める」とのことでしたので、ゆっくりとテレビを見て横になっていました。ところが深夜4時ごろ、破水のような水が出始めたので、ナースコールをして調べてもらうと、やはり破水でした。その時点では、初産では平均12時間くらいかかると聞いていたので「陣痛が強くなってきたら麻酔をしてもらおう」と思っていました。しかし、破水の後、2時間ほどで産まれてしまい、本当にあっと言う間で「痛い」というより「びっくりした」という印象が強く残っています。後から考えると、無痛分娩代の10万円は払わずにすみましたし、予定日の2週間前の急な破水でも、病院にいたので本当によかったです。

かずりんさん(30代)

長男を出産した時、41週になっても全く陣痛が来ませんでした。主治医の判断で陣痛促進剤で出産したのですが、途中微弱陣痛になったり子宮口を刺激されたり本当に長時間苦しくて、産後もドーナツクッションが手放せない日々が続いたので、次は絶対に無痛で産むと心に決めていました。その産院では、無痛分娩は母子手帳を支給される初期の頃に予約を取らないと定員が一杯になると聞いていたので、次男の妊娠が分かってすぐに予約しました。中期ごろに院長先生から、無痛分娩の考え方や麻酔について詳しく説明してもらえる教室を受け当日に臨みました。長男の時と同様に、41週になっても全く陣痛が来ないので陣痛促進剤で出産する事になりました。その際、先に腰に麻酔を打ちました。実際の無痛分娩用の麻酔注射の痛みを和らげる、小さい注射器の麻酔から段階的に打ってもらったので痛みはありませんでした。その後、陣痛促進剤を投与されたのですが、すごく不思議な感じでした。陣痛の山が来た事は感じるのですが、痛みだけが抜けている不思議な感覚でした。その後、陣痛のグラフの大きな山が何度か繰り返した後、助産師さんの指示で2度ほど思い切りいきんだらスルッとスムーズに生まれました。結果的には、3,520グラムもある大きな赤ちゃんで、頭囲もすごく大きかったのですが、ウソみたいにスムーズに生まれてきてビックリしました。長男の時は最初に陣痛が来てから15時間苦しんだのに、次男は本当にスムーズに生まれました。次男の出産直前に、夫の仕事が忙しくなり夫なしでの出産でした。次男と夫が対面したのは産後2週間後だったくらいです。その為、一人で長男と赤ちゃんのお世話をしなければいけなかったのですがお産で体力を消耗せずに済んだので、産後も比較的スムーズに過ごせましたし、産後の下半身の違和感もすぐに元の戻りました。麻酔を使っての出産には、特に年配の方には賛否両論ありますが、私は利用して良かったと思いますし、3人目を産むことになれば、また利用したいと思っています。

紫陽花RNさん(30代)

子供二人を、無痛分娩で出産しました。理由は色々な情報を得て、私は痩せ型で骨盤も狭く、難産が予想された事と、出産の痛みに耐えられる自信がもてなかったからです。私が出産した産院では、子宮口が5cm程開いたところで麻酔を打ち、無痛状態にします。それまでは陣痛の痛みに耐えなければなりませんでしたが、まだ何とかなる程度でした。本来ならば、陣痛の痛みがどんどん増していき、激しい痛みと戦わなければならない時間帯も、無痛状態の為、助産師さんから現在の状況をこまめに聞き、呼吸と心を整え、パニックになることもなく、出産のその時を待つことができました。いざ出産となったときは、無痛状態ではありますが、助産師さんの指示に従い、自らいきみます。3〜4回ほどいきんだ所で無事出産となりました。出産後の会陰縫合や後陣痛の痛みもなく、体の回復も早かったように思います。

ryuchanさん(30代)

私は妊娠中に血圧が高くなってしまい、助産師さんからもしも、計画出産になったら無痛にしたほうがいいと言われていました。結局、予定日を過ぎて、促進剤を使用することになったので、無痛分娩にすることにしました。背中に点滴のくだを通すときは少しちくっとしました。それから少しすると、陣痛がつよく来ているはずなのに痛みはなくなりました。不思議な感覚でこれで産むときが分かるのかとても不思議でした。しかし、陣痛が強くなってくるにつれて、やはり無痛とはいえ痛かったです。結局、夜中の出産となってしまったため、17時に無痛は切られてしまったので、その後はとにかく痛かったです。本当に無痛はすごいなと思いました。産むときまで無痛だったらよかったのになと思いました。



無痛分娩に関する詳しい情報はこちら

日本では、海外ほどメジャーではない無痛分娩。その理由としてそのリスクはほとんどないのにも関わらず、正しい知識が浸透していないというのが挙げられます。そのため、多くの日本女性は出産時に痛みを経験することになります。ここでは、出産時の痛みを和らげる無痛分娩の費用についてご紹介します。