不正出血による排卵や妊娠・病気の可能性について解説

生理以外での出血を意味する不正出血。病気や異常を知らせるサインということもあります。また、妊娠中の方は胎児に危険が及んでいるサインということも。妊娠の有無や妊娠週数などとあわせて、女性として知っておきたい不正出血の可能性について解説します。

不正出血とは

女性はおよそ月に1度、月経(生理)があります。妊娠しなかったことで不要となった子宮内膜を排出するのが生理です。
それに対し、生理以外での性器からの出血がいわゆる「不正出血(不正性器出血)」と呼ばれます。新しい出血であれば鮮血や薄いピンク色の出血が確認できますが、古い出血やわずかな出血の場合はおりものと混ざって茶色に見えるということもあります。
不正出血は生理よりも出血量が少なく、少し下着に血が付いた程度ということも多いのですが、軽視することはよいことではありません。不正出血はホルモンの異常や、子宮・卵巣などの病気が原因で起きることがあるからです。

不正出血があると病気なの?

すべてが病気ではありません

不正出血は病気のサインであるというケースもありますが、不正出血があったからといって必ずしも病気というわけではありません。

女性はおおよそ月に1度排卵期を迎えますが、排卵のタイミングで少量の出血が起きることもあります。これは排卵出血と呼ばれるもので、からだに異常があるわけではありません。
受精卵が子宮に着床した際におこる「着床出血」も不正出血のなかまですが、心配はいりません。着床によって子宮内膜が傷ついたことによる出血と言われていて、妊娠の異常やからだの異常を知らせる出血ではないと言われています。
このように必ずしも不正出血がすぐに重篤な病気と直結するというわけではないということはまずは安心してもいいポイントかもしれませんね。

病気の可能性を否定するために受診を

不正出血が必ずしも病気であるというわけではありませんが、婦人科系疾患と密接にかかわっていることは事実です。

不正出血には以下のような病気の可能性があると言われています。
*子宮内膜炎、膣炎などの炎症
*卵巣機能不全、生理不順などホルモン異常によるもの
*子宮頸部ポリープや子宮筋腫などの良性の腫瘍
*子宮頸部びらん(子宮頸部のただれ・傷)
*子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫といった悪性の腫瘍

また、妊娠している場合の不正出血は胎児や母体の異常の可能性があるため、注意が必要です。

最近疲れている・ストレスが溜まっているという場合は生理周期も乱れやすく、不正出血も起こしやすいと言われています。一時的な乱れであれば心配はいらないとされることも多いのですが、慢性的になると卵巣の機能不全などの病気の可能性があるので、放っておかずに受診が必要です。
不正出血がある場合は、病気じゃないことを確かめるためにも受診するようにしましょう。

妊娠の可能性がある場合の出血とは?

妊娠したことを知らせる「着床出血」

妊娠している可能性がある場合の不正出血は「着床出血」かもしれません。
着床出血とは文字通り着床時期に見られる出血のこと。妊娠兆候、妊娠超初期症状のひとつとしても知られています。

卵子と精子が出会い受精卵となると、1週間ほどかけて子宮内膜に”着床”します。このとき、受精卵が子宮内膜に深く潜るように入り込むため、子宮内膜を傷つけ、少量の出血が起こることがあると言われ、それを着床出血と呼んでいます。

出血量には個人差がありますが、おりものに少し血が混じる程度で薄いピンク色や薄い茶色であることが多いようです。また、人によっては鮮血のような真っ赤な血が見られることもあります。

着床出血は生理予定日1週間前~数日前に起こる

病気やホルモン異常が原因で起きる不正出血と着床出血を見分けるためのひとつのポイントは、出血が起きる時期にあります。

排卵から着床までは7日~10日前後かかります。生理周期が28日で安定している人の例で言うと、排卵日は生理予定日の14日前と言われていますので、それから計算すると、着床時期は生理予定日の1週間前から数日前ということになりますね。そのため、着床出血を「生理がきた」と勘違いしてしまうという方も多いようです。

なお、着床出血が続く時期は生理よりも短く、量も少ないというのが一般的な特徴。少量の出血が1週間ほど続くこともありますが、2~3日程度で終わる方が多いようです。量も少ないので生理用ナプキンを使用することなく、トイレに行った際に気づく程度という方も。ショーツの汚れが気になるようでしたら、おりものシートでもいいかもしれません。

妊娠検査薬はちょっと待って

着床出血は妊娠の兆候、妊娠超初期に見られる症状のひとつとして知られています。しかし、実際に妊娠が確認できるのはまだもう少し先です。

市販の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後が正しい使用時期の目安です。
妊娠検査薬では、妊娠すると分泌されるホルモン量を測定することで妊娠かどうかを判定しています。使用時期によっては、ホルモン量の分泌が少なく、正しい判定結果が出ない可能性があります。いわゆる”フライング検査”では陽性でも陰性との判定がでることもあるため、注意が必要なのです。

着床出血が起こるのは生理予定日の1週間前~数日前。妊娠検査薬の使用にはまだ2週間近く早いということもあります。「早くはっきりさせたい!」という気持ちは分かりますが、もうしばらく様子をみましょう。

現在妊娠初期の場合の出血は?

妊娠初期の出血はよくあること?

妊娠中にも不正出血を起こすことはあります。妊娠中の出血というと、真っ先に赤ちゃんのことが気にかかりますが、妊娠初期の出血は実は多いとも言われています。

妊娠8週までに出血を経験する妊婦さんは30%という報告があり、少量の出血を起こすことは珍しいことではありません。また、必ずしも流産に直結するというわけではなく、流産の確率が高まるというわけでもないと言われています。妊娠初期に見られる出血は、その多くが着床出血という見方もあります。

流産や子宮外妊娠の可能性もあります

妊娠初期の出血は心配がいらないというケースがある一方で、妊娠中の異常を知らせるサインということもあります。最も多いのが流産です。
流産の代表的な症状は出血と下腹部痛。そのため、少量の出血があった場合には、「切迫流産」と診断されることもあります。切迫流産とは、流産が差し迫っている状況のこと。まだ流産が確定したというわけではありませんが、その兆候があり、注意すべき状況です。

また、妊娠初期の出血は子宮外妊娠の可能性もあります。通常、受精卵は子宮に着床しますが、子宮以外の場所に着床することがあり、「子宮外妊娠(異所性妊娠)」と呼ばれます。この子宮外妊娠は不正出血と下腹部痛が主な症状です。
子宮外妊娠では卵管に着床するケースが最も多く、受精卵が成長することで卵管破裂を起こす危険性があります。そのため、早期に受診が必要なのです。

安静にして、医師を受診しましょう

妊娠初期の出血は着床出血の可能性もありますので、必ずしも危険な状況とは限りません。おりものに少し血が混じる程度であれば心配がいらないことも多いと言われています。しかし、同じ少量の出血でも、中には流産や子宮外妊娠の可能性があるため、医師に相談したほうがよいでしょう。

切迫流産と診断された場合は安静が原則です。トイレと食事以外は横になって過ごすことになるでしょう。
まずは出血を確認した時点でできるだけ安静にすることも大切です。痛みがなく少量の出血という場合は落ち着いて行動しましょう。

現在妊娠中期の場合の出血は?

妊娠中期は不正出血が落ち着く時期

妊娠中期は、妊娠16週から妊娠27週のことで、妊娠5ヶ月から妊娠7ヶ月。いわゆる安定期と呼ばれる時期です。この時期になるとつわりが落ち着く妊婦さんも多く、体調変化も緩やかになるため比較的落ち着いて過ごせる妊婦さんが増えていきます。また、胎盤が完成したことで、赤ちゃんの環境が整うと言われる時期でもあります。

妊娠中期は妊娠初期に比べると不正出血が起こりにくいとも言われています。一方で、出血は赤ちゃんの異常につながることもあるため、出血があった場合には迅速に対応するようにしましょう。

心配の要らない出血は?

妊娠中はなにかと繊細なもの。子宮頸部は柔らかくなっていることもあり、簡単に傷がついてしまうことがあります。これまでは何ともなかったような内診による刺激やセックスによる刺激でも出血することがあるのです。こうした出血は数日で落ち着きますので、心配することはないでしょう。

その他にも、緊急性が低い出血には以下の2つが考えられます。
*子宮膣部びらん
子宮膣部というのは子宮から膣に突出している部分で、この部分に”びらん”があることを「子宮膣部びらん」と言います。”びらん”とは傷がつき皮がむけたような状態のことですが、子宮膣部びらんは「びらんのように見える」というだけで実際に傷があるわけではないとか。
ただし、出血しやすい状態であることは事実です。ごく少量でおりものに血が混ざった程度ということが多いと言われています。

*子宮頸管ポリープ
子宮頸管にポリープがある場合はそこから出血することも。通常、緊急性はないと言われていますが、念のために受診して出血の原因を確かめておくといいですね。

出血から考えられる疾患は?

妊娠中期の出血は、以下のような疾患や妊娠中の異常を知らせるサインという可能性もあります。

*切迫流産
切迫流産は流産しかかっている状況のこと。妊娠中の出血は大半がこの切迫流産とも言われています。
切迫流産では出血するのが大きな特徴で、早めに診察を受ける必要があり、安静にし様子を見守ることが大切です。

*切迫早産
妊娠22週以降、妊娠37週以前に出産となることを早産と言い、切迫早産とは早産の危険性が高いということ。
切迫早産の場合は、出血とあわせてお腹の張りを伴うこともあります。早産となった場合、赤ちゃんが未発達なままでうまれてしまうため、障害が残ったりする可能性も。できるだけお腹のなかで赤ちゃんを育てるためにも、出血が起きたらすぐに受診しましょう。

*前置胎盤(ぜんちたいばん)
赤ちゃんとママをつなぐ胎盤。通常は、子宮の上の方にあるのが正しい位置です。この胎盤が子宮の下の方にできてしまい、赤ちゃんの出口である子宮口をふさいでしまうことを「前置胎盤」と言います。
前置胎盤の場合、胎盤がはがれやすく、一般的な妊婦さんよりも出血しやすい状態に。痛みがなくても大量の出血を起こすこともあります。
妊婦健診で前置胎盤と診断された場合は、医師の指示に従って安静に過ごしましょう。なお、前置胎盤と診断されても、妊娠中に胎盤が上の方に移動するということもあります。
*子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)
子宮頸管は赤ちゃんの通り道でもありますが、妊娠中はしっかりと閉じて子宮を支える役目も担っています。しかし、妊娠中に赤ちゃんの重さなどに耐え切れずに、この子宮頸管が開き始めてしまうことがあります。それが「子宮頸管無力症」で、切迫流産や切迫早産の原因にもなります。
子宮頸管無力症は体質的なものが原因となることもあれば、これまでの既往が原因となることもあります。

*常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
胎盤は赤ちゃんとママをつなぎ、栄養や酸素をやりとりする大切なものです。この胎盤が妊娠中にはがれてしまうことを「常位胎盤早期剥離」と言います。
胎盤が子宮からはがれてしまうと出血を起こします。また、赤ちゃんにも酸素が届かず、母子ともに危険な状態に陥ります。常位胎盤早期剥離では、腹痛を伴うのも大きな特徴。腹痛と出血を感じたらすぐに受診することが大切です。

中期以降の出血はすぐに受診を

妊娠初期にくらべ、中期には出血を感じる妊婦さんは減少します。その一方で、出血が赤ちゃんの異常を知らせるサインである場合が増えるため気が抜けない時期でもあるのです。

ショーツにうっすらと血が付いたという場合でも、異常の予兆であることもあります。まずはかかりつけの産婦人科に連絡したり、受診するなどして異常がないことを確認しましょう。
また、この時期はお腹が少しずつ大きくなることで、お腹の”張り”を実感できる妊婦さんも増えてきます。お腹の張りもまた、赤ちゃんからのサインです。張りを感じたら安静にすることで、出血などを未然に防ぐことにもつながります。体調の変化に注意して無理のないように過ごしてくださいね。 妊娠中におきる身体の変化は、赤ちゃんからの何かしらのサインです。不正出血は珍しいことではなく、体験された方も多いかと思います。今回は妊娠中期の出血についてみてみたいと思います。

現在妊娠後期の場合の出血は?

妊娠中期に引続き、出血には注意が必要

妊娠後期とは、妊娠28週以降妊娠39週までのこと。妊娠生活も後半戦といったところでしょうか。

妊娠中期に引続き、妊娠後期の不正出血は
*切迫早産
*前置胎盤
*子宮頸管無力症
*常位胎盤早期剥離
といった可能性が考えられます。
いずれも赤ちゃんやママに危険が及ぶことがあるため、出血には引続き注意が必要です。

また、これまで妊娠経過が順調だったという妊婦さんでも、妊娠後期に突然出血をするということも。妊娠後期とはいえ、妊娠37週未満は出産にはまだ少し早い時期。できるだけ赤ちゃんをお腹の中で育てるためにも気を抜かないようにしてくださいね。

一方、妊娠37週から妊娠41週は正期産と呼ばれ、出産するのに適した時期と言われています。赤ちゃんの準備も整っているため、中には出産兆候として少量の出血を起こす方も。出産兆候としての出血は「おしるし」と呼ばれますが、詳しくは臨月の項目で説明することにしましょう。

かかりつけ医を受診しましょう

妊娠9ヶ月にもなるとお腹が大きくせりだし、「ちょっと出かけただけでもお腹が張る」という方もいるかもしれません。不正出血が見られても、茶色がかったおりものだったり、薄いピンク色のおりものであれば緊急性は低いと言われています。しかし、医療機関を受診することは大切。なぜ出血したのかについてきちんと確認してもらいましょう。

なお、痛みを伴う出血や鮮血(真っ赤な血)が出た場合は緊急性があると判断してよいでしょう。お腹が頻繁に張る、張りがおさまらないという場合も心配です。すぐに医療機関を受診するようにしてくださいね。仮に異常が見つからなかったという場合でも、かかりつけ医に連絡し情報を共有しておくことは大切です。

現在臨月の場合の出血は?

臨月とは妊娠10ヶ月のこと

臨月とは妊娠36週から妊娠39週まで、つまり妊娠10ヶ月のこと。「やっと赤ちゃんに会える!」と期待が膨らむ妊婦さんも多いことでしょう。

妊娠37週以降は妊婦健診で内診が行われるケースが多く、その刺激によって少量の出血することがあります。ショーツに少し血が付く程度であれば緊急性も低いため、特に心配はいらないと言われています。
しかし、臨月でも妊娠36週では少し出産に早い時期。もう少しお腹の中にいてもらうためにも、出血があれば医療機関と連絡をとるようにしておきましょう。

一般に、赤ちゃんのからだの機能が整い、十分な脂肪を蓄えて出産するのは妊娠37週以降とされていて、妊娠37週から41週のことを「正期産」と呼びます。「いつ生まれても大丈夫!」とされている時期です。そのため、人によっては臨月に入ったころから出産の兆候である「おしるし」がみられることがあります。

臨月の出血は「おしるし」かも?

臨月におきる少量の出血は「おしるし」の可能性もあります。
おしるしとは、”産徴”とも言われる出産兆候のひとつ。出産が近づくと、子宮口も次第に柔らかくなり、徐々に開いてきます。その際に、赤ちゃんを包む卵膜が子宮からはがれることがあり、出血することがあるのです。それが「おしるし」です。

出血量には個人差があり、一般には少量で色のついたおりものという方が多いようですが、人によっては真っ赤な血だったという方も。「おしるしかな?」と思っても、念のためにかかりつけ医には連絡しておきましょう。

おしるしは出産の兆候と言いましたが、実際にはすぐに陣痛がくるというわけではありません。
おしるし当日に陣痛がくることもあれば、1週間後という方も。焦らずにゆったりとした気持ちで出産まで過ごしてくださいね。

妊娠の可能性が低い場合の出血は何?

セックスによる接触のための出血

不正出血には、セックスによる刺激が原因となって出血している例もあり、接触出血とも言われます。そもそも膣は非常にデリケートなもの。女性の準備が十分に整わない状態で行為を行うと出血しやすくなりますので、パートナーともよく相談したほうがいいかもしれません。
セックスが刺激となって出血しやすい方は、子宮頸管ポリープ(良性の腫瘍)や子宮膣部びらん(子宮の出口がただれているような状態)の可能性もあります。緊急性を要するものではありませんが、一度婦人科で診察を受けた方がよいでしょう。
また、閉経が近づくと、女性ホルモンが減少するせいで、膣や陰部の皮膚が薄くなることがあり、大変傷つきやすい状態になると言われています。

なお、セックスの後に頻繁に出血を繰り返すという場合は特に注意が必要です。子宮頸がんの疑いがあります。
子宮頸がんは多くの場合、無症状のまま進行します。そのため、セックスでの出血は早期発見の重要な手がかりになると言われています。症状が進行すると、次第にセックス以外でも不正出血を認めるようになるのが子宮頸がんの特徴のひとつ。
セックス後の不正出血が頻繁にあるというようであれば、特に注意したほうがよさそうです。

外陰炎など、外陰部のただれによる出血

性器における炎症、外陰炎が原因で出血することもあります。
外陰炎とは、細菌やウイルス、カビなどの病原体が感染することによって性器の外側が炎症を起こした状態のこと。肛門に近いこともあり、便秘や下痢をすると大腸菌が性器周辺に多くなりやすく、膣に入り込んで炎症を起こすことがあります。また、通気性の悪い状態でいると蒸れてかぶれてしまうなど、簡単に炎症を起こしやすい非常にデリケートな部分であることも注意したいポイントです。

外陰炎をおこすと、外陰部が赤く腫れる・ただれるといった症状が現れ、痒みや痛みを伴うことも。そのただれた部分から出血を起こすことがあります。
外陰炎は慢性化しやすいのも大きな特徴ですので、早い段階で治療する必要があります。出血の有無にかかわらず、熱を持った感じがするなどの違和感・痒みなどは放置せずに早期に婦人科を受診しましょう。

ホルモンバランスの乱れによるもの

不正出血は接触や炎症以外でも起きることがあります。大きく関係しているのがホルモンバランスです。
ピルを服用しているという方もホルモンバランスの乱れによって出血するケースがあります。

女性のからだではホルモンのはたらきによって、毎月赤ちゃんを迎えるために子宮内膜を整え、排出しています。この子宮内膜を経血とともに排出するはたらきが”生理(月経)”です。ホルモンのはたらきによって生理がくるようなしくみになっている一方で、ホルモンバランスが崩れると、子宮内膜が刺激され不正出血を起こすと言われています。

ホルモンバランスの乱れは、生理不順や月経前症候群(PMS)、強い生理痛など様々な不調の原因になります。十分な休息をとり、心身ともに休めることでホルモン量が整うこともありますが、不正出血がみられる場合はまず受診しましょう。病気による出血ではないことを確認することも大切です。

排卵出血

女性のからだでは毎月赤ちゃんを迎えるために子宮内膜を整えているという話は先述しましたが、同じように卵巣でも赤ちゃんを授かるために欠かせない卵子を育てています。
成熟した卵子を排出するのが”排卵”で、この排卵時に少量の出血を伴うことがあります。これが「排卵出血」です。
排卵出血は女性の生理周期における自然な出血であるため心配がいらないものですが、生理以外の出血ですので不正出血の仲間ということになります。

排卵日は生理予定日のおよそ2週間前。生理周期が28日という方の場合、生理が終わってから1週間ほどで出血したというケースは排卵出血の可能性もあります。
なお、排卵出血には個人差があり、1日で出血が止まったという方もいれば、少量の出血が数日続いたという方まで様々です。

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気

生理以外で出血を起こしている場合は、子宮における疾患が原因ということもあります。たとえば、子宮における良性の腫瘍である「子宮筋腫」や子宮内膜の炎症である「子宮内膜症」の場合は、不正出血を伴うことがあると言われています。

子宮筋腫や子宮内膜症の疑いがある場合には、月経量にも注目してください。生理時の出血量が増えている気がする・生理痛が以前よりも強くなっているというような場合、こうした子宮における病気が疑われます。
不正出血だけでなく、生理もまた、女性のからだを知るために重要なものです。以前と生理の様子が違う・日常生活に支障が出るというような場合は婦人科を受診したほうが良いと言われています。

こんな出血の場合はすぐに受診して

生理ではない時に急に大量の出血がある場合

一般に不正出血と呼ばれるのは、茶色や薄いピンク色のおりものがあった、トイレの際に出血に気づいたというケースが圧倒的に多いと言われています。そうした少量の出血であっても婦人科を受診することは大切ですが、より緊急性のある例としては、大量の出血を伴う場合です。

生理以外での多量の出血は子宮や卵巣の病気という可能性があります。痛みを伴わないという場合でも、緊急性が高いため、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

痛みやひどいかゆみをともなう出血の場合

出血に伴い、痛みやひどいかゆみがある場合も早い段階での受診が必要です。外陰炎・性感染症(性病)・膣炎などの可能性が高いでしょう。

感染症を放置しておくと、しつこい症状に悩まされることもあります。治りにくいだけでなく、外陰炎を繰り返し起こしやすくなることがあるため、早期の治療が大切です。痛みや痒みのほか、おりもののにおいがいつもと違うなど違和感を覚えた時点で受診しておくことをおすすめします。

おりものに血が混ざったような出血の場合

少量の出血という場合、おりものに血が混ざり、茶色や薄いピンク色のおりものになります。一見すると緊急性が低いようですが、こうしたおりものには子宮頸がん・子宮体がんなどの病気が隠れていることがあるのです。

おりものに血が混ざっていたというだけでは病気かどうか判断することはできませんが、早期発見をするためには些細なサインを見逃さないことが大切になります。きちんとした検査を受けるようにしましょう。
できれば、年に一度はがん検診を受けて、定期的にチェックしておきたいものです。もちろん、検診を受けていてもがんにならないというわけではありません。異常を感じたら念のために受診するようにしてくださいね。

出血があった時はそのタイミングを確認

生理予定日前後の場合

生理予定日前後の出血は、生理の可能性もあります。
女性のからだを調整しているホルモンは、疲れやストレスなどちょっとしたことでも乱れやすいもの。それが微妙な生理の変化として現れることがあるのです。そのため、予定より早く生理がくることもありますし、生理がいつもより緩やかに始まるということも。

また、生理が終わったはずなのに少し出血した・茶色のおりものがあったという場合は、子宮内に残っていた経血が遅れて排出されたものかもしれません。ただし、だらだらといつまでも続くようでしたら婦人科を受診してみてください。

排卵日前後の場合

排卵日は、生理予定日から逆算して大体2週間前あたり。生理周期が平均的な28日という方であれば、生理が終わってから1週間後が排卵日の目安です。この時期の出血は、排卵出血の可能性もあります。

排卵した際の刺激で起こる排卵出血は、心配いらない不正出血の代表例。排卵日当日のみ出血するという方から、数日は少量の出血が続くという方まで様々です。ショーツが汚れるようでしたら、おりものシートを使ってみるといいかもしれません。
ただし、「排卵出血かな?」と思っても、なかなかおさまらないようでしたら一度受診したほうがいいかもしれません。

着床出血の場合

妊娠の可能性があるという方の場合、その不正出血は着床出血の可能性もあります。

着床出血とは文字通り、受精卵が着床した際に起こる出血で、妊娠の成立をしらせるひとつのサインとしても知られています。着床出血が起こるのは、受精卵が着床する時期で、生理予定日の7日前~10日前が目安。妊娠の可能性があるという方は、この時期の出血は着床出血も疑われます。

ただし、着床出血があったからといって、すぐに市販の妊娠検査薬で陽性反応が出るわけではありません。妊娠検査薬の使用は生理予定日の1週間後まで待つようにしましょう。

自己判断をせずに、不安な時は医師を受診して

不正出血は病気だけでなく、女性のからだにおける様々な変化が原因で起こるものです。そのため、不正出血のすべてが”危険”というわけではありません。
不正出血の大半が、少量の出血で生理よりも出血量が少ないため、ついつい後回しにしてしまいます。そもそも、婦人科ってなんだか敷居が高いものですよね。

しかし、生理以外で出血があることはからだに異常が起きていることも事実。自己判断をせずに医師を受診するようにしましょう。病気を早期に発見・治療することにもつながります。妊娠中だけでなく、自分のからだのために常に気を配っておきたいものです。