ポリオワクチンの種類と効果は?接種時期と回数について

ポリオとは、口から入ったウイルスが腸の中で増えることで感染する病気です。ウイルスが脊髄の一部に入り込んでしまうと、最悪の場合、手足に一生麻痺を残してしまうこともあり、特効薬や確実な治療法はありません。今回は、ポリオ予防のために効果的なワクチンについて、種類や接種スケジュールなどをご紹介します。

ポリオワクチンの種類について

2012年の9月以降は不活化ワクチンだけになりました

2012年8月までは、経口の生ワクチンと注射による不活化ワクチンの2種類がありました。
しかし、生ワクチンは病原性を弱めたウイルスそのものが入っているため、腸の中で増える間に毒性を強めることがあり、ワクチンの副作用としてまれに小児まひが起こっていました。

そのため、2012年の9月以降は生ワクチンによる定期接種は中止され、ウイルスの病原性をなくして免疫を作るのに必要な成分だけを取り出した不活化ワクチンだけになりました。
現在は、不活化ポリオワクチンの単独接種か、今までの3種混合(DTP)ワクチンに不活化ポリオワクチンを追加した4種混合ワクチン(DTP-IPV)のどちらかを受けることができます。

また、今までは春と秋の2回、自治体の集団接種が行われていましたが、生ワクチンの中止に伴い、かかりつけの病院での個別接種に変わり、いつでも受けられるようになりました。



ポリオワクチンはなぜ接種するの?

ポリオの大流行を防ぐためにも予防接種は必要

日本では1980年を最後に、ワクチンの副反応が原因ではない野生のポリオウイルスによる感染はありません。しかし、海外ではポリオが流行している地域が依然としてあります。
海外でポリオウイルスに感染して、気づかないまま日本国内にウイルスを持ち込んでしまう可能性があるのです。感染した人の便には症状が出なくてもポリオウイルスが含まれています。

もし、こうして国内にポリオウイルスが持ち込まれても、ほとんどの人が予防接種によって免疫を持っているので、現在は大きな流行の可能性はないとされています。
しかし、予防接種を受けず免疫を持たない人が増えると、ポリオウイルスは次々と感染し、大流行を起こす可能性があります。
ポリオの感染を防ぐために、予防接種は必要なのです。

ポリオワクチンの接種時期は?いつから接種できる?

生後3か月から接種することができます

ポリオワクチンは生後3か月から接種することができます。
標準的な時期は、初回接種が生後3ヵ月から12ヵ月の間、追加接種が初回接種から12ヵ月から18ヵ月後になります。

この期間内に接種できなかった場合、生後90ヵ月(7歳半)までは定期接種として受けることができます。
生ポリオワクチンが定期接種だった頃(2012年8月まで)に受けそびれたお子さんも、対象年齢内であれば不活化ポリオワクチンの接種を受けられます。今からでも間に合いますので、ぜひ自治体に問い合わせてみて下さい。



ポリオワクチンの接種回数は?

接種回数は合計4回

初回接種は、生後3ヵ月から12ヵ月の間に、20日以上(標準的には20日から56日まで)の間隔を空けて3回行います。
その後、3回目の接種が終わってから1年後にもう1回追加接種をして、合計4回の接種となります。
3回目から追加接種までの間は、最低6ヵ月以上はあけてください。

不活化ポリオワクチン単独と4種混合ワクチン、どちらにすればいいの?

4種混合ワクチンの普及に伴い、今まで主流だった3種混合ワクチンの供給は減る見通しです。
そのため、予防接種がこれからで、まだ3種混合ワクチンも不活化ポリオワクチンも接種したことがない赤ちゃんは、4種混合ワクチンをおすすめします。

すでに接種を始めているお子さんは、原則としてそのまま同じ不活化ワクチン(単独または4種混合)を使用して下さい。
ただし、3種混合ワクチンと単独の不活化ポリオワクチンを同じ回数ずつ接種している場合は、必要に応じて残りの接種を4種混合ワクチンに切り替えることは可能です。
単独の不活化ポリオワクチンと4種混合ワクチンを併用しても、十分効果があることが確認されています。

ポリオとポリオワクチンの基礎知識|厚生労働省
ポリオとポリオワクチンの基礎知識について紹介しています。 ※こちらを参考にさせていただきました。

副反応について

発熱や接種した箇所が赤くなることもあります

生ワクチンから不活化ポリオワクチンになったことで、副反応としてポリオに感染する危険はなくなりました。
しかし、ほかの不活化ワクチンと同様の副反応は見られることがあります。例としては、接種後に37.5℃以上の発熱や接種部位の発赤、腫れやしこりです。

重い副反応としては、アナフィラキシーショックが接種後30分以内に起こる可能性はありますが稀で、他の不活化ワクチンと比べても、大きな差はありません。

ほかのワクチンとの同時接種は可能か?

同時接種は可能です

厚生労働省のサイトでは、不活化ポリオワクチンと他のワクチンとの同時接種は、医師が特に必要であると判断した場合には可能となっています。

同時接種をしない場合、不活化ポリオワクチンを接種してから他のワクチンを接種するまでは、6日以上間を空ける必要があります。
また、他のワクチンを接種してから、不活化ポリオワクチンを接種するまでの期間は以下のようになっております。

・他の不活化ワクチン(三種混合、ヒブ、小児用肺炎球菌、インフルエンザワクチンなど)の場合は6日以上
・他の生ワクチン(BCGなど)は、27日以上

しかし、病院によってはヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンとの同時接種をすすめている所もありますので、同時接種を希望される場合は、かかりつけの病院で相談してください。

ポリオ(急性灰白髄炎)|厚生労働省
※こちらのサイトを参考にさせていただきました。

感染を防ぐ手段は予防接種です

赤ちゃんの予防接種は、ワクチンの種類も増えてスケジュールを組むのが大変です。
生ワクチンの時は、年に2回しか接種のチャンスがなく、子どもの発熱などで接種できないと、半年後まで待たなくてはいけなくなり大変でした。

不活化ワクチンに切り替わったことでいつでも受けられるようになり、また、接種後のウンチにしばらくポリオウイルスが出ることもなくなり、だいぶ楽になりましたね。

日本では自然感染によるポリオはなくなりましたが、感染の可能性がなくなったわけではありません。
ウイルスからお子さんを守るためにも、スケジュールに沿って予防接種を行いましょう。