生後8ヶ月についての体験談・口コミ

生後8ヶ月について先輩ママの体験談・口コミをまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

生後8ヶ月ってどういうもの?

豆イスの上に立ち上がって転倒

生後8ヶ月の時、息子が豆イスの上に立ち上がって転倒しました。まだ一人で立つことが出来てから数日だったので予想ができず、豆イスに座らせたまま離乳食を取りにそばを離れた瞬間転倒。そばの座卓の角で頭を強打して大きなコブができてしまいました。ぼっこりと腫れ上がるおでこ、激しく泣く息子、両方に驚いてこちらも大慌てです。とりあえず抱っこで落ち着かせ、様子を見ていると次第に泣き止みました。病院に連れていくか迷いましたが、泣き止んだあとはケロっとしていてしっかりごはんも完食。フラつく様子もなかったのでアイスノンで冷やしつつ一晩様子を見ることにして、結局受診はしませんでした。その後傷跡は残らず元気にしています。豆イスのテーブルに掴まることでイスの上にも立ててしまったようなので、その後しばらくテーブルは使わず、座らせたときは目を離さないことを徹底しました。子供の事故はいつも予測の先を行くのでこれからも気をつけたいです。【デラウェアさん(20代)】

急成長

30代で初めての妊娠出産を経験し、現在9か月の女の子を育てています。日に日に娘が成長していく姿をみて、ただただ驚きと感動の毎日です。昨日できなかったことが今日突然できていたりするので、見逃せません。7か月頃から、ずりバイをしはじめました。コツが掴めるまでゆっくり進んでいる様子でした。8か月になり、かなり上手にずりバイができるようになりました。上手にできるようになって1週間後には、膝をたててハイハイができるようになりました。動きがだんだん早くなり、いろんなところに移動できるようになりました。そうかと思ったら、その2週間後にはつかまり立ちをし始め、9か月になった今は階段を一段登れるようになりました。成長していく姿が愛おしく、大変な育児でもがんばれます。【なつさん(30代)】

日に日に活発になる生後8カ月

息子は生後8カ月です。離乳食は6カ月からスタートし、一日二回食にしているのですが、食べる量がなかなか増えません。先輩ママに相談すると、いずれ食べるようになるから大丈夫と言われ安心しているのですが・・・。子育てブログなどで同じ月齢の赤ちゃんがたくさん食べている様子を見ると少し焦ってしまいます。お座りは随分上手になり、最近は歩行器を使って立つ練習をしています。つかまり立ちは立たせてあげればできるのですが、まだ自発的に立つことはできません。動く範囲が広がり、家のあらゆるものに触りたがります。特に観葉植物の葉をちぎって口に入れてしまうので困っています。今日も私が見ていないところで口に入れていたようで、喉に詰まって吐いてしまいました。昨日からは土にも興味を持つようになり、ほじくってやはり口に入れてしまいます。コード類も大好きでよくかじっています。8カ月になってから、日に日に活発になっています。嬉しい反面、危ない局面も増えてきたので気を付けなければならないと感じています。【いっちぃさん(30代)】

はいはい時期の転落事故

生後6ヶ月からハイハイをはじめた息子は、それからもハイハイがどんどん上達し、後追いをするようになりました。事故防止のために家具のコーナーにはコーナーガードをつけたり、コードは見えないようにしたり、危ないものは全て片付けていました。しかし、階段にゲートをまだ取り付けていなかった頃、私が一階に洗濯物を取りに行っいったときに息子が降りてこようとしてしまったのです。声が聞こえてきたので急いで階段をのぼって行くとちょうど降りようとしているところで、階段を2段落ちてしまったところで受け止めました。幸い怪我はありませんでしたが、もし間に合わなかったら、もし降りようとしていることに気付かなかったら、と考えると、とても怖かったです。その後すぐに階段のゲートを取り付け、ドアも必ず閉めるようにしました。【はるるんさん(20代)】

ゆっくりな成長は、親のペースに合わせてくれている

娘は運動面での発達がゆっくりで、生後8ヶ月でやっとおすわりをすることができました。同じ月齢の子はもうハイハイしているというのに。でも、そんなに焦ったり他の子と比べたりはしませんでした。逆に、「娘は私に合わせてゆっくり成長してくれてるんだな」と解釈していました。首が据わったのも生後6ヶ月くらいです。うつ伏せが苦手ですぐ泣いてしまうので、仰向けで寝かせることが多かったです。今思うと、もっと動きたかっただろうなぁ、もっと抱っこやおんぶをしてあげればよかった、と思うことがあります。寝返りを打つのも苦手だったこともあり、絶壁頭にしてしまったのも娘に申し訳ないなぁと思います。1歳10ヶ月になった今もまだ頭の形は諦めてはいませんが!そして娘は、1歳8ヶ月で、歩けるようになりました。歩けることが楽しくてたまらないようです。【ハルママさん(30代)】

つかまり立ち開始!

生後8ヶ月でわが子たちは、上手につかまり立ちをしていました。それはそれはとてもかわいらしい光景です。この頃の時期は、周囲にあるものすべてに興味を持つのですが、時には危険なものにまで手を伸ばし、足を乗せるなどの行為も見られるため、一日中目が離せません。1人目の生後8ヶ月には、初めての子どもということもあり、育休中ということもあり、正直面倒に感じても子どもに合わせ自由につかまり立ちをさせていました。しかし、2人目以降は、上の子の世話もあり、火事の最中などにはベビーベッドに乗せ、危険を回避していました。3人目は、当時住んでいた家が狭いということもあり、ベビーベッドが置けるスペースがなかったため、車輪付の歩行器のようなものに乗せ危険を回避していました。しかし、生後たった8ヶ月でここまで成長するとは、生命の神秘です。【バズさん(40代)】



生後8か月に関する詳しい情報はこちら

昨日までできていなかったことが、今日になったらできている!赤ちゃんの成長ってママやパパにとってこの上なくうれしいことですよね。でも、同時にまだできていないけど、大丈夫なのかしら?と心配になってしまうこともありますよね。ママやパパが一喜一憂する赤ちゃんの成長について、色々と調べてみました。