臨月に入ってからの体重増加がきになる!胎児や出産に影響は?

臨月に入りお腹の大きさもピークになり、体重が一気に増えてしまう人も多いですよね。体重が増えることによって胎児や出産にはどんな影響があるのでしょうか?気になる臨月と体重の関係について見ていきましょう。

臨月に入ったけど体重増加が止まらない…大丈夫なの?

臨月は体重が増えやすい

妊娠中は体重管理について医師に指導されることも多いですよね。病院によって厳しく管理されることもありますが、胎児や羊水その他必然的に増えるとされている乳房などの脂肪等を合わせるとだいたい7kgくらいの体重増加は許容範囲のようです。

しかし臨月に入ると胎児の成長も最終段階に入りぐんぐん成長すること、また今まで上の方に胎児がいたため苦しくてあまり食べることが出来なかった人も臨月に入り胎児が下がってくることでたくさん食べられるようになることなどから体重が一気に増えやすくなってしまいます。

特に食べづわりなどで妊娠初期から体重が増加傾向にある人は、臨月に体重が増えやすいことを考えて体重管理をしていくことが大切になってきます。



その体重増加、もしかしたら便秘からきているかも?

妊娠中は便秘になりやすい

妊娠中はホルモンバランスの変化などや胎児の成長による腸の圧迫などから、便秘になってしまう人も多いです。また臨月近くになるとお腹が大きくなり運動不足になりがちです。そういった様々な要因から便秘になってしまうと、便が溜まっている分どうしても体重が増えがちになってしまいます。

過度な運動は禁物ですが、正産期に入ったら軽いウォーキングをしたり便秘を解消するような食生活を心がけたりと便秘対策を行うことで体重に変化が見られることもあります。あまりにひどい便秘の場合は妊娠中でも服用できる下剤もありますので、医師に相談の上薬を処方してもらうのもいいかもしれません。

妊娠後期の体重増加はどのくらいまで大丈夫?気になる平均は?

妊娠9ヵ月〜10ヵ月の終わりまでに胎児の体重がぐんぐん増える

妊娠後期の9〜10ヵ月の終わりまでは、胎児の体重増加もラストスパートに入り平均で500〜800グラムくらい増えると言われています。胎児の分だけでも1kgくらいは体重が増えてしまう計算になりますので、それを見越した体重管理が必要になってきます。最終的な体重増加の平均としてはだいたい+8kgくらいと言われているので、そのくらいを目安に体重を管理していきたい所です。

また妊娠後期は体重が増えやすい時期ですが、1週間に500グラム以上体重が増加してしまうとちょっと増えすぎと言えます。今まで体重管理がうまくできていた人も妊娠後期に一気に体重が増えてしまうということもありますので、気を抜かずにしっかりと体重管理をしていきましょう。



体重が増えすぎると胎児に影響はあるの?

過度の体重増加は妊娠中毒症のリスクが!

妊娠中の過度の体重増加は妊娠中毒症のリスクを高めてしまいます。妊娠中毒症とはむくみや高血圧・尿蛋白などの症状が出てしまい母子ともに危険を伴うことのある症状のことを言います。妊娠32週以降に発症することが多いので、妊娠後期は特に注意が必要です。

妊娠中毒症による胎児への影響としては、胎盤からうまく栄養が伝わらず発育不全になってしまったり最悪はお腹の中で胎児死亡となってしまうこともあります。また母体に関しては子癇と呼ばれる痙攣発作や、脳出血などの危険があります。体重管理はもちろん、血圧が異常に高い日が続いたり今までになかった足のむくみなどを感じたら検診の日を待たずに早めに医師に相談しましょう。

体重が増えすぎると難産になるって本当?

体重が増えすぎてしまうと赤ちゃんの通り道である産道にまでどんどん脂肪がついてしまい、結果的に産道が狭くなり赤ちゃんが通過しづらくなり難産になると言われています。しかし体重が増えてしまった人の全てが全て難産になるわけではありません。+20kgでも安産だったという話もありますので、体重が増えたからといって難産だとは言えません。

あまり心配する必要はないと思いますが、太りすぎてしまい妊娠後期に全然体を動かしていないとお産の時に体力が持ちませんので、毎日少しずつウォーキングやマタニティ・ヨガなど出来る範囲で体を動かすことは大切です。

急激な体重増加を防ぐには

適度な運動を心がける

切迫早産などで安静の指示がなければ、可能な範囲で適度な運動を心がけましょう。家の中でも出来るマタニティヨガやストレッチ、また天気のいい日はお散歩がてら近所をウォーキングするのもいいでしょう。体重管理に有効なのはもちろん、気分転換にもなりますしお産に向けて体力をつけるためにも効果的です。

食生活を見直す

妊娠後期になるとほとんどの方がつわりも治まり食べたいものが食べられるようになってきます。また産休に入って家にいると、ついつい間食をしてしまいがちになります。好きなものを好きなだけ食べる生活を続けていると、やはり体重増加につながってしまいますので体重が増えすぎてしまっている人は食生活を見直して間食を減らしたり野菜を多く摂るなど心がけることが大切です。

無理をせず出来る範囲で

体重管理は自分のためにも赤ちゃんのためにも大切なのですが、あまりストイックに考えすぎてしまうとストレスを感じてしまいせっかくのマタニティライフが苦痛になってしまいます。妊娠期間を楽しく過ごすためにも、体重管理に注意をしつつ軽い運動やストレッチなどまずは自分の出来ることから始めてみましょう。 妊娠してから体重を増やさないように気を付けていたのに、臨月になったらなぜか体重が増えてしまったという人は多いです。あまりにも急な体重増加は危険な病気を引き起こすことも!臨月に体重が増える原因や体重増加に伴うリスク、体重をキープするための方法をお伝えします。 ついつい食欲が旺盛になる妊娠中。体重は気になるけど、おやつをずーっと我慢するのは難しいですよね。今回は、妊婦さんの身体が喜ぶ栄養素がギュッと詰まったお菓子や、たくさん食べても低カロリーなおやつを紹介します。美味しいおやつを楽しみながら、ストレスフリーでこの夏を乗り切りましょう。