妊娠35週に前駆陣痛がきたら?出産しても大丈夫?陣痛の症状を紹介!

妊娠35週といったら出産まであともう少し。長かったようで短かった妊娠生活もラストスパートです!そんな時、まだ出産まで日数があるのになんか前駆陣痛のようなものが起こっている…これって大丈夫なの?もし前駆陣痛が起こったらどうしたらいいの?そんな「妊娠35週」に前駆陣痛が起こってしまった時について紹介します。

前駆陣痛とは

前駆陣痛とは、出産前に起きる不規則な子宮収縮のことです。陣痛の間隔や痛みもバラバラで規則的ではありません。本陣痛の練習のようなものでお産にはつながることはありません。本陣痛から出産に向けて体を慣らしていくために起こる子宮収縮による痛みです。

「前駆陣痛って言われてもどんな感じ?」などいまいち分からない人もいますよね。ではまず前駆陣痛ってどんな症状なのでしょうか?

前駆陣痛の症状にも個人差がありますが、お腹の痛みや張り、生理痛のような痛み、お腹を下したようなシクシクする痛みなど人によって様々な症状があります。また間隔は不規則で弱い痛みが忘れたころに起こったり夜に起こってなかなか眠れなかったりするという人もいるそうです。



妊娠35週の体の状況とは

妊娠35週といえば妊娠9ヶ月の最後の週数ですね。お腹がとても大きくなり、負担が増えてママも疲れやすい時期です。ママの子宮は妊娠していないときの800倍大きくなって、重さは20倍も増えています。そんな急成長をしていたらママの負担が大きい事は分かりますよね。

赤ちゃんは身長43~46㎝に成長し、体重は1,950~2,700gほどまで成長しています。今までほっそりしていた赤ちゃんも皮下脂肪がつき、手足がふっくらとしてきています。内臓器官も成熟し、胃腸がゆっくりと機能し始め肺呼吸ができるようになります。

そんな赤ちゃんの成長が順調な中、もし前駆陣痛が起こってしまったらどうすればいいのでしょうか?

妊娠35週から前駆陣痛が起こることってある?

まだ妊娠35週なのに前駆陣痛が起こってしまったら心配になりますよね。でもそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。
「異常な事なの?」と不安になってしまうかもしれませんが、妊娠35週から前駆陣痛が起こることはあります。前駆陣痛は一般的に妊娠36週から40週未満の臨月に起こることが多く、臨月に入る前から前駆陣痛を体験している人もいれば陣痛が来た前の日に前駆陣痛を体験したという人もいます。前駆陣痛は個人差が大きく前駆陣痛が起きたからといってすぐに陣痛が来るわけではないので「赤ちゃんが産まれる準備をしているんだな」と心配しないでリラックスして過ごしてくださいね。



妊娠35週で出産しても大丈夫?

もし妊娠35週目に出産した場合には、正産期が36週目からになるので早産ということになります。
妊娠には正産期という言葉があり、妊娠36週から39週のことをいいます。赤ちゃんの体の機能がすべて成熟していていつ生まれても大丈夫な時期の事で早産とは、妊娠22週から妊娠36週の間に出産することをいいます。

妊娠35週目の赤ちゃんは自分で肺呼吸ができるようになり、内臓器官もひととおり完成しています。内臓器官が完成しているということは産まれても大丈夫な状態なので、もし妊娠35週で早産したとしても、現在は医療技術の発達により赤ちゃんも問題なく育つ可能性がかなり高くなっているので落ち着いて出産することができます。

妊娠35週で出産した場合のリスクは?

妊娠35週目で出産した場合は早産となりますが、妊娠35週で出産した場合、赤ちゃんと母体にリスクはあるのでしょうか?

赤ちゃんのリスクは?

赤ちゃんの内臓器官はほぼ完成しているので心配ありませんが、低体重児で生まれてくる可能性があります。

低体重児とは、体重が2,500g未満の赤ちゃんのことをいいます。低体重児は体温調節機能が低いので、自分で体温調節ができるようになる体重約2,000gになるまでは保育器に入ることになります。またミルクを飲む力も弱いので乳量が少ない場合は、ぶどう糖液などを点滴する場合もあります。

低体重児の場合、障害のリスクもありますが、妊娠35週~37週未満で生まれた場合は発達も成長予後も正産期に生まれた赤ちゃんとほとんど変わらないといわれています。ですので、万が一妊娠35週に生まれてしまっても障害や成長予後はあまり心配しすぎなくてもよいでしょう。

母体のリスクは?

早産による母体のリスクはさまざまですが、週数や症状によってまったく違います。緊急を要する場合の早産は、医療の発達した病院が必要になるので、受け入れてくれる病院がなかなか見つからないというリスクがあるようです。
また、胎盤剥離がおこると大量に出血することもあります。早産の原因ともされる胎盤剥離により、母子ともに危険な状態になることもあります。

前駆陣痛から出産までどれくらいかかるの?

前駆陣痛が起こっているけどいつ出産になるの?前駆陣痛を感じるとドキドキしますよね。前駆陣痛を感じてから出産までどれくらいかかるのでしょうか?また初産婦さんと経産婦さんでは違うのでしょうか?

初産婦さんの場合

一般的に前駆陣痛が起こると早ければ約1ヶ月後くらいで出産になるといわれています。
ですが、前駆陣痛が起こってから2日後に本陣痛がきたという人や1か月後に本陣痛がきたという人がおり、とても個人差が大きいです。

経産婦さんの場合

分娩時間では目安で初産婦さんは11~15時間、経産婦さんは6~8時間とまったく時間が異なりますが、前駆陣痛から出産までかかる期間は初産婦さんか経産婦さんかは関係ないようです。1人目は前駆陣痛がきてすぐ陣痛が始まって出産になったけど、2人目は前駆陣痛がきて1ヶ月くらいで出産になったりと個人差がとても大きいです。

帝王切開の予定なのに前駆陣痛がきたらどうすればいい?

帝王切開の予定なのに前駆陣痛が起きてしまったら焦ってしまうし、心配になりますよね。もし前駆陣痛が起こってしまった場合は、すぐ本陣痛が始まるとは限らないのでリラックスして過ごしてください。もし前駆陣痛の間隔が規則的になってきたり、痛みが強くなってきた場合は本陣痛の可能性があるので速やかに病院に連絡してくださいね。帝王切開の予定でも前駆陣痛が起こったからといっても落ち着いて過ごすしかできないのでリラックスして出産のときまで心を落ち着かせていてくださいね。

先輩ママの体験談

先輩ママたちの前駆陣痛はどんな感じだったんでしょう?ちなみに筆者は前駆陣痛が起こって1ヶ月くらいで出産になりました。本当に人によって違うんですよね。

出産については医師に相談し、安静にすることが重要です!

予定日前から前駆陣痛が起こってしまうとドキドキしますよね。でもすぐに陣痛が来るとは限らないので落ち着いて間隔をはかってみてください。

また前駆陣痛や出産の事について不安な事がある場合は医師に相談してくださいね。もし妊娠35週で出産しても母子ともに問題ない場合が多いですが、やはり生まれても大丈夫な時期までお腹で育ててあげたいのでお腹が張ったり、疲れたときはゆっくり横になって安静にしてくださいね。