ママにおすすめの石鹸シャンプー10選!地肌の健康を保ちさらさらヘアへ

妊娠・出産を通してこれまで以上に成分表示や添加物を気にするようになったというママは多いのではないでしょうか。また、産後髪トラブルに悩まされるママは少なくありません。いつだってツヤのある綺麗な髪を保ちたいですよね。安心して使えて、かつ髪もきちんとケアしたい、そんなママにオススメの石鹸シャンプーについてご紹介していきます。

石鹸シャンプーの特徴とそのメリット

石鹸シャンプーの特徴

シャンプーというと、ポンプ式の液体シャンプーが主流となっている昨今ですが、石鹸シャンプーにはとても多くのメリットがあるということはご存知でしょうか。(※石鹸シャンプーには固形、液体の両方があります)
妊娠するまでは、香りが良いものやCMでよく目にするものを購入していたという人も、妊娠や出産をきっかけに添加物に目が行くようになり、より刺激の少ないものを求めるようになったという人も多いかもしれません。

一般的にシャンプーは、石鹸シャンプーと合成シャンプーに分類され、合成シャンプーには界面活性剤が使用されています。
妊娠・出産を通して肌が敏感になったという人や赤ちゃんと一緒に使えるものがいい、というママにとっても石鹸シャンプーはとても魅力的であると言えるでしょう。

石鹸シャンプーのメリット

ここに、石鹸シャンプーのメリットをまとめてみました。

・石鹸シャンプーは、主成分が脂肪酸カリウム(石けん)で、弱アルカリ性
※弱酸性、弱アルカリ性のどちらが良いというのは個人差があり、一概には言えませんが弱酸性は基本的に無添加では作れないため、添加物が含まれています。
・生分解性が高く(究極分解するまでの時間が短い)、環境に優しい
・洗浄力が高い
・洗い上がりがスッキリしている



石鹸シャンプーの使い方

石鹸シャンプーを使って髪を洗ったときの特徴

これまで液体状の合成シャンプーを使ってきた人が、石鹸シャンプーを使うようになると、洗った時・洗い上がりの違いに戸惑ってしまうかもしれません。

以下のようなことが感じられ、やっぱり自分には合わないかも、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待って。
石鹸シャンプーにはきちんとした洗い方があるのです。石鹸シャンプーの特徴をきちんと理解して、適切な洗い方をすることで改善されるかもしれません。

1. ふけのようなものが出る→すすぎが足りないために出る石鹸かすが原因と考えられます
2. 洗いながら髪がもつれる
3. 髪がきしむ

こうしたトラブルをこれから順に解説していきますね。

石鹸シャンプーを使った髪の洗い方

石鹸シャンプーは、天然由来成分で作られているので肌に優しく、特に自然派志向の方から多く支持されているシャンプーです。無添加・弱アルカリ性である石鹸シャンプーは、気持ち良く洗うためにちょっとしたコツがあります。
きちんと洗髪することで、髪本来のツヤやしなやかさを取り戻すことができますよ。
ここでは、石鹸シャンプーを使った洗い方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 洗髪前に、髪が乾いた状態でブラッシングします。
石鹸シャンプーは合成シャンプーのように滑らかさがありませんので髪がほつれやすいです。事前にきちんとブラッシングすることで、ふけやほこりを落としシャンプーの泡立ちも良くなります。

2. 乾いた髪をぬるめのお湯で流しながら、指の腹で優しく頭皮を揉み込むようにして、よくすすぎます。固形石鹸は、そのまま頭皮に軽くすり込むようにして泡立てます。
泡立ちが悪いと感じることもあるかもしれません。その際は二度洗いすると良いでしょう。

3. 石鹸かすが残らないよう、すすぎは丁寧に行う。ブラッシングしながらすすぐと良いでしょう。

そのほかにポイントとして、「髪」よりも「頭皮」を重点的に洗うように心がけるようにすることが大切です。
合成シャンプーから石鹸シャンプーに切り替えてすぐの時期は、泡立ちにくいと感じるかもしれません。これは、髪に合成シャンプーやコンディショナーの成分がまだ残っていることも原因のひとつであると考えられます。

石鹸シャンプーによって感じるきしみについて

石鹸シャンプーを使って、髪のきしみを感じるという声を多く耳にしますが、実はこのきしみは石鹸シャンプーを使ったことによって起こるものではなく、本来の髪の姿を現しているのです。
無添加の石鹸シャンプーは、髪をコーティングするポリマーやシリコン剤を使用していないために、髪のきしみを感じるかもしれません。

髪がきしむからといって、滑らかさを補充しようと合成リンスを使うのはNGです。なぜなら、合成リンスには合成シャンプーによって酸性に傾いた髪を中和するために、陽イオン界面活性剤と呼ばれるものが使用されており、働きが異なるからです。
石鹸シャンプーには酸性リンスを使う必要があります。

短髪の方や、リンスをしないでも気にならない人もいるかもしれませんが、できれば石鹸シャンプーの後には酸性リンスを使うことをオススメします。

自宅で作れる酸性リンス

石鹸シャンプーには酸性のリンスが良いとご紹介しましたが、実は酸性リンスは自宅で簡単に作ることができるのです。
いくつか方法はあるようですが、基本的なものをここにご紹介したいと思います。

《用意するもの》
クエン酸(薬局・ドラッグストアで購入できます)

《作り方》
容器に、クエン酸大さじ1~2と水300mlを入れてよく混ぜます。

《使い方》
原液のまま髪の毛につけると、酸性が強過ぎるため、お湯を半分~8分目ぐらいまで入れた洗面器に作ったクエン酸液を大さじ1~3杯入れる。

ほかにもレモンや お酢でも代用可能です。よかったら下のサイトも参考にしてみてくださいね。

手作りリンスの作り方♪ 石鹸シャンプー用リンスのレシピ | ピュアラバリ
手作りのリンスの作り方。お家でも簡単に作れる、石鹸シャンプー用のリンスのレシピと作り方をご紹介~♪「クエン酸」を使ったクエン酸リンスや、お酢、レモンなどお家にあるもので今すぐ簡単に作れます。髪の毛のキシやカラーリングで傷んだダメージケアにもオススメです。

石鹸シャンプーの選び方

石鹸シャンプーは液体と固形のどちらがいいか

ここまで読んでみて、「石鹸シャンプーを試してみようかな」と思ってくださった方もいるかもしれません。
でも、最近注目を浴びている石鹸シャンプー、いろいろと種類が豊富で何を選んで良いか迷ってしまうかもしれませんね。

まず、固形と液体がありますが、初めて石鹸シャンプーを使うというのであれば液体の石鹸シャンプーから始めると良いかもしれません。というのも、固形のものは洗浄力がより強く、洗い上がりにパサつきを感じやすいからです。また、地肌に直接当てて泡立てるのが難しいという声も多く聞かれます。
また、液体の方が片手でワンプッシュできるので扱いやすいというメリットもありますね。

パサつきに関しては、石鹸の個性や洗い方やリンスなどによってケアすることができますが、液体の石鹸シャンプーから始めてみて、好みで固形石鹸へ移行するというのが良いかもしれません。

石鹸シャンプーを選ぶときの成分表示について

成分について、石鹸シャンプーといっても商品によっていろいろと成分内容が書かれていてどれが良いのか迷ってしまうかもしれません。

基本的に自然原料でできた石鹸は、純石鹸もしくは無添加石鹸と呼ばれています。市販シャンプーの界面活性剤を避ける理由から石鹸シャンプーへ変えたいという人は、こうした表示に注意して選ぶと良いかもしれませんね。

無添加で天然素材のものであっても、中には原料臭が強いものもあり好みに合わないものもあるでしょう。
最初は原材料が石鹸、またはカリ石鹸と水、と言ったシンプルなものを選んでみるのも良いかもしれません。
合わなかったら手や体を洗うのに使用できるのも嬉しいですよね。



目指せさらさらヘア!おすすめ石鹸シャンプー10選

1、無添加せっけんシャンプー:シンプルだけどこだわりのある原料で

無添加せっけんシャンプー本体 350ML
■原産国 : 日本
■内容量 : 350ml
■サイズ : 幅 64x奥行180x高49mm 「水とせっけん」のみで作られており、原料はとてもシンプルなので安心して使うことができます。シンプルだからこそ強いこだわりを持って80有余年にわたる伝統の技術のもと作られてきました。

特に夏場に頭皮のベタつきが気になるという人が、このシャンプーを使ってから改善されたとの声が多く寄せられています。

2、シャボン玉 無添加せっけんシャンプー:知名度大で安心の無添加石鹸シャンプー

シャボン玉 無添加せっけんシャンプー
■原産国 : 日本
■内容量 : 520ml
■サイズ : 幅 76×奥行76×高187mm おそらく誰もが一度は目にしたり耳にしたことがある、昔からあるシャボン玉せっけん。
そんなシャボン玉せっけんの石鹸シャンプーは、赤ちゃんから大人まで安心して使えますよ。同シリーズでリンスもあります。また、環境に配慮した詰め替えパックもあるのは嬉しいですね。

3、カウブランド 無添加シャンプーポンプ:コンディショニング成分配合でリンス不要

カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml
■内容量 : 520ml
■サイズ : 幅 89×奥行65×高201mm 頭皮への刺激が少ない成分で作られているこちらは、コンディショニング成分が配合されているので、リンスを使わなくてもサラサラの髪でいられます。
ゆっくりとお風呂の時間が取れないママにもオススメですよ。

4、パックスナチュロン 泡ポンプ式 シャンプー:使いやすい泡タイプが嬉しい

パックスナチュロン 泡ポンプ式 シャンプー 500ml
■原産国 : 日本
■内容量 : 500ml
■サイズ : 幅 87×奥行87×高198mm こちらの商品は、ヒマワリ油を主原料にした石鹸シャンプーになります。ひまわり油の特徴として、傷んで乾燥した髪をケアしたり、皮膚を柔らかくする効果があると言われています。
石鹸シャンプーは泡が立ちにくいという声が多く聞かれますが、こちらはポンプから泡が出てくるタイプなので洗いやすく、石鹸かすが残る心配もありません。

5、arau. アラウ 泡せっけんシャンプー :赤ちゃんから大人までみんなで使える

arau. アラウ 泡せっけんシャンプー 本体 500ml
■内容量 : 500ml
■サイズ : 幅 215×奥行92×高67mm 敏感肌の方や赤ちゃんから安心して使えるシリーズです。
石鹸シャンプーは、きめの細かい泡が出てくるので、髪全体にふんわりと浸透しやすくなっています。
ラベンダーの自然な香りが特徴です。

6、ハーバー スクワランシャンプー(ラベンダー) :ラベンダーの香りに癒される

ハーバー スクワランシャンプー(ラベンダー) 500ml
■内容量 : 500ml
■サイズ : 幅 90×奥行59×高205mm きめ細かな泡が特徴で、従来のものよりきしみにくくなるように改善されています。
石鹸成分は、ヤシ油脂肪酸を使用しており、 天然ラベンダーの香りが爽やかで癒してくれます。
ハーブの香りが苦手という人には、香りのないナチュラルタイプがありますよ。

7、無添加石鹸白いせっけん3P:シンプルを突き詰めたらたどり着くのはこちら

無添加石鹸白いせっけん3P
■原産国 : 日本
■内容量 : 108g×3個
■サイズ : 幅 95×奥行30×高155mm 伝統の「本釜焚き」でつくられた純石鹸です。
石鹸を作るにおいて余計なものが一切入っておらず、実にシンプルです。
とにかくシンプルな石鹸で洗髪したいという人にはオススメです。もちろん手を洗ったり、体を洗ったり、多様に使えます。

8、ソンバーユ石鹸:乾燥肌の人でも安心して使える

ソンバーユ石鹸 85g
■原産国 : 日本
■内容量 : 85g
■サイズ : 幅 163×奥行155×高30mm 敏感肌の赤ちゃんから使える馬油を原料とした、化粧石鹸で、純石鹸分99%になります。
洗髪だけでなく、洗顔や身体を洗うのにも使えるのでこれ一個で全て賄うことができます。
馬油の特徴として、育毛・薄毛予防もあるのですよ。
石鹸シャンプーは場合によっては油分をとりすぎる可能性があるのですが、こちらは乾燥肌の人でも問題なく使えるとの声が寄せられています。

9、サヴォンドマルセイユ:ヨーロッパでは皮膚科医・小児科医から推奨される石鹸

サヴォンドマルセイユ オリ-ブ200g
■原産国 : フランス
■内容量 : 200g
■サイズ : 幅 67×奥行60×高60mm マルセイユ石鹸とは、フランスのプロヴァンス地方で伝統職人によって手作りで作られる石けんです。
72%以上のビュア・ベジタブル・オイル使用基準は、フランス政府によって国印認定された高級品で、ヨーロッパでは、 皮膚科医・小児科医からも推奨されています。
皮膚のつっぱりを感じないのが特徴です。

10、アレッポの石鹸 エキストラ40:シリアで長い時間をかけて作られる完全無添加石鹸

アレッポの石鹸 エキストラ40 180g
■原産国 : シリア・アレッポ
■内容量 : 180g
■サイズ : 幅 67×奥行60×高60mm アレッポの石鹸とは、石鹸発祥の地とも言われているシリアで作られる、完全無添加石鹸です。
厳選されたシリア産のオリーブオイルとローレルオイルから伝統的な釜炊き製法によって作られており、熟成期間を1〜2年も要します。
無添加なので歯磨きにも使用することができます。実際に歯磨きに使用する、しないではなく、口に入れても安心という事実は嬉しいですよね。

石鹸シャンプーに関する先輩ママの声

石鹸シャンプーなら、小さな赤ちゃんも含め家族みんなで同じものを使えるというのもママにとっては嬉しいですね。

石鹸シャンプーで安心と髪本来の美しさを手に入れよう

石鹸シャンプーの特徴を理解した上で、試してみる価値ありですよ

これまで当たり前のように合成シャンプーを使っていた人にとって、石鹸で髪を洗うというのは多少の抵抗があるかもしれません。
しかし、ここで見てきたように石鹸シャンプーには肌や環境に優しく、赤ちゃんから大人まで共有することができる、など多くの魅力があることが分かります。
また、特に固形石鹸の場合、石鹸として考えるとコストが高く感じるかもしれませんが、これ一つで洗顔から洗髪、身体を洗うのまで全て賄うことができることを考えると、かえって安く感じるかもしれません。

基本的に、石鹸シャンプーは洗浄力が高いので脂性タイプの方には適していますが、乾燥・敏感タイプの方だと皮脂を落とし過ぎて、抜け毛が増えたりトラブルが起きたりすることもあると言われています。
中には乾燥 タイプの人にもオススメの物もあるので、商品の説明をよく見ながら、自分の頭皮に適したシャンプーに出会えると良いですね。

合成シャンプーの成分に疑問や不安を感じる方だけでなく、髪にトラブルを感じているという方も、高価なシャンプーに変える前に、一度石鹸シャンプーを試して見るのも良いかもしれませんよ。