和痛分娩って何だろう?メリットや産院選びのポイントまで徹底解説!

和痛分娩とは、文字通り「出産時の痛みを和らげる分娩方法」のことです。海外の先進国で経膣分娩をする場合は、出産を手術同様に医療行為ととらえ、痛みを和らげる処置をすることが多いと言われています。日本では未だ耳慣れない「和痛分娩」。いったいどのような方法で、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

和痛分娩ってどんなもの?

分娩の痛みを「緩和」させる方法です

多くの妊婦は、分娩時に激しい痛みを感じます。この分娩時の痛みを緩和させて産む方法が「和痛分娩」です。方法は多岐にわたり、麻酔剤を使用するものから、呼吸法でコントロールするものまでありますが、痛みの和らぎ方は、方法により差があります。

無痛分娩との違いは何?

分娩時の痛みを完全に取り去る「無痛分娩」とは違い、和痛分娩は痛みを和らげるだけで、ある程度の陣痛や赤ちゃんを産む感覚は残ります。ただし、同じ痛みを和らげる処置を施しても、産婦によって効果はそれぞれで、和痛のつもりが無痛になってしまったり、逆のことが起こる可能性もあります。

そもそも、無痛分娩と和痛分娩には明確な取り決めがあるわけではありません。病院によっては、和痛分娩もまとめて無痛分娩と呼ぶことがあります。あまり呼び名にこだわらず、各病院で施されている処置と方針について、詳しく医師に確認したほうが良いでしょう。



和痛分娩にはどんな方法があるの?

和痛分娩には、麻酔を使うものから、代替医療にあたるものまで、さまざまな方法があります。自分がどの程度の和痛を望んでいるのかをよく考え、最も合った方法を選択しましょう。

硬膜外麻酔

和痛分娩で最も多く用いられる方法が、「硬膜外麻酔」による痛みの緩和です。硬膜外麻酔とは、硬膜外腔という脊髄の近い場所に、局所麻酔と、多くの場合医療用麻薬を加えたものを投与する方法です。
出産で痛みを感じる部位の神経は、脊髄に向かって集まります。脊髄近くの硬膜外腔に投入された麻酔薬が、子宮、膣、会陰部、外陰部などから痛みを伝達する神経に作用し、痛みを和らげることができるのです。
硬膜外麻酔は比較的一般的な麻酔方法で、一般の手術でも広く使われています。分娩の痛みを和らげるためには、麻酔の濃度を薄めたり、子宮口がある程度開いてから麻酔薬を投入し、痛みをコントロールしているわけです。

硬膜外麻酔は背中に太い針を刺すため、恐怖心を抱く方もいると思います。しかし、針を刺す痛みを感じないよう、先に細い針で皮膚の麻酔を行いますので、実際に痛みを感じることはあまりありません。背骨を押されるような感覚、または冷たく感じることがあるかもしれません。
麻酔薬を投入してから、20分~30分程度で麻酔が効き始め、陣痛が和らいだと実感できるようです。

硬膜外麻酔の特徴は、鎮痛作用が比較的強いこと、脊髄付近に管を入れるため処置が難しいこと、産婦の意識や呼吸に影響を及ぼさないこと、赤ちゃんへの影響もほとんど無いことなどが挙げられます。特に、胎盤を通じて赤ちゃんにほとんど影響を及ぼさないことから、多くの国で和痛分娩の方法として選択されています。

硬膜外麻酔については、日本産科麻酔学会のホームページで詳しく知ることができます。

日本産科麻酔学会ホームページへ

点滴による鎮痛剤投与

静脈から医療用麻薬を点滴する方法です。静脈に入った鎮痛剤が産婦の脳に届くと、産婦が眠くなることがあります。また、量は少ないながらも、赤ちゃんへ影響することがあり、赤ちゃんも眠くなったり、呼吸が弱くなる可能性があります。

ただし、薬の効果が切れれば、ママも赤ちゃんも元気になります。また、処置が簡単にできるというメリットもあり、和痛分娩としては比較的メジャーな方法です。

笑気ガス吸入

笑気ガスとは亜酸化窒素と酸素と混ぜたもので、マスクやマウスピースを通じて吸入します。吸入すると顔が笑ったように引きつるため、このような名前が付けられました。

笑気ガスの特徴としては、吸入すると幸福感のようなふわふわした気持ちを感じることです。痛みを大きく和らげることはありませんが、痛みと同時に幸福感を味わうことで、苦痛を軽減しているというわけです。

笑気ガスの吸入は単独で行うこともあれば、麻酔薬を使った分娩や水中出産など、他の和痛方法と併用されることもあります。

呼吸法で緩和

麻酔薬には頼らず、呼吸法で痛みをコントロールするやり方もあります。日本で多く取り入れられている呼吸法はラマーズ法で、そのほかにソフロロジーやリーブ法などがあります。そのなかでも、分娩時の痛みを和らげることを期待され人気なのが、ソフロロジーです。

女優の新山千春さんが、自身のソフロロジー式出産シーンを公開し、話題になりましたよね。うめき声ひとつ発さず、落ち着いて出産したシーンは、多くの産婦たちの励みになったと思います。

ソフロロジー式分娩の特徴は、妊娠中にイメージトレーニングを重ね、分娩に恐怖せず、リラックスして痛みを受け入れ、赤ちゃんと出会える期待感を育てることにあります。イメージトレーニングや分娩にBGMを導入していることも、特徴のひとつです。
ソフロロジー式分娩ってあまり聞きなれない言葉だと思います。出産というと「痛い」「怖い」イメージばかりが先行しがちですが、陣痛の恐怖を取り除いて赤ちゃんとの共同作業である出産を心待ちにすらしてしまう、陣痛の痛みを喜びにすら変えてしまう、そんな、もし成功すれば最高にハッピーな分娩方法です。その秘密を探ってみました。 なお、筆者は長男を、リーブ法の考案者で第一人者でもある医師に取り上げてもらいました。入院中のママたちの回復の速さに驚いたことを、今でも覚えています。リーブ法とは、逆腹式呼吸と気の概念を導入し、産婦と胎児両方がリラックスした状態で分娩できることを目指した呼吸法です。 女性なら一生のうち一度は想像したことがあるでしょう「出産時の痛みってどんなものかな?」って。妊娠中のママならなおのこと。あれこれ想像して「痛いのは嫌だなあ…」と不安になったりして。そんなママたちに、リラックスしてお産することを目的としたリーブ法をご紹介。ラマーズ法やソフロロジー法との違いについてもご説明します。

水中出産

陣痛が始まったら温水の中に入り、分娩を迎える方法です。温水が筋肉をリラックスさせ血流を促し、産道や会陰部が柔らかくなるよう働きかけます。また、浮力を使って動き回れるので、しゃがんだり立ったりと動きやすく、その時に適した姿勢をとりやすいのも特徴のひとつです。

和痛分娩のメリットは?

出産の痛みを和らげる

「出産の痛みは、生理的な痛みの度合いを超えている」という言葉もあるほど、出産は壮絶な痛みを伴うことがあります。あまりにも痛みが強いと、産後もママのトラウマとして残ってしまい、二人目の妊娠をためらってしまうこともあります。出産の痛みを和らげることは、出産を幸せな記憶として残す手助けとなるでしょう。

また、痛みに弱い方、高齢出産の方、高血圧や持病がある方には、安全性を鑑み、痛みを和らげることによりストレスを軽減するよう勧められることがあります。

比較的リラックスして産める

陣痛が来ると、痛みと恐怖で筋肉が緊張してしまうことがあります。しかし痛みを緩和させることで、筋緊張がほぐれ、産道が柔らかくなるメリットがあります。

赤ちゃんへの安定した酸素供給

一般的に、お産の痛みに耐えているとき、赤ちゃんへの酸素供給量が減ると言われています。これは、強い痛みが作用し、産婦の体内にカテコラミンという、血管を細くする物質が分泌されるためです。ママの血流が悪くなれば、胎盤を通じて赤ちゃんへ届く酸素も減ってしまいます。
しかしママが感じる痛みが和らげば、血流は戻り、赤ちゃんへもしっかり酸素が届くわけです。

体への負担が少ない

一般的に、痛みが和らぐと産道が柔らかくなるため、赤ちゃんが出てきやすい環境となり、分娩時間の短縮につながると言われています。分娩時間が短いと、体力を温存できるため、産後の回復も早くなると期待できます。

産んでいる感覚がある

無痛分娩と違って、赤ちゃんが産道を通って出てくる感覚が分かります。完全な無痛分娩に抵抗がある方にはおすすめの方法です。

いきむことができる

完全な無痛分娩と違い、痛みのピークが分かるので、いきむタイミングが読みやすいメリットがあります。また、無痛分娩だと、脚に力が入らず踏ん張れないことがありますが、和痛分娩だと比較的いきみやすいようです。



和痛分娩のデメリットは?

陣痛が弱まることがある

子宮の収縮が弱まることがあります。また、麻酔薬が効きすぎると、うまくいきめない可能性があり、吸引分娩や鉗子分娩となることがあります。

麻酔薬や鎮静剤による副作用の可能性がある

麻酔薬により起こりがちな副作用として、血圧低下、尿意の弱まり、かゆみ、体温上昇などがあります。まれに起きる副作用として、頭痛、吐き気、耳鳴り、臀部や太ももの痛みなどがあります。

しかし、麻酔を担当する医師は、きちんと産婦の血圧や体温、体調をモニターし、問題が起きれば素早く処置してくれます。分娩前に管で排尿させてくれたり、産後も経過を観察していますので、必要以上に不安になることはありません。

出産費用が高くなる

和痛の処置は保険適用外なので、自費で支払うことになります。また、和痛分娩の方法や、関わる医師の人数(産科医のみか、麻酔医も処置するか)によって費用はさまざまですが、一般的な分娩よりも高額になることがほとんどです。分娩方法を決める際には、産院に費用を見積もってもらいましょう。

和痛分娩を行う産院が少ない

日本では「出産は痛みを感じてこそ」という考え方が根強く、無痛分娩・和痛分娩を推奨しない産院も多くあります。また、和痛処置を施すためには、それなりの設備や人員が必要で、小さなクリニックには困難なことも、和痛分娩対応の産院が少ない理由のひとつです。

【注意】硬膜外麻酔を受けられないケース

和痛分娩で最も多く使われる硬膜外麻酔ですが、産婦の状態によっては、まれに受けられない場合があります。硬膜外麻酔を希望する場合、通常、事前に血液の固まりやすさなどを検査します。また、以下の項目を過去に指摘されたことがあったり、自覚症状がある場合には、速やかに医師へ相談する必要があります。

血液が固まりにくい場合

血液が固まりにくい状態で硬膜外麻酔を行うと、硬膜外血腫になりやすいと言われています。硬膜外血腫とは、硬膜外腔や脊髄付近に血液の塊や膿が溜まって神経を圧迫する疾患です。
過去に血液が固まりにくい体質だと言われたことがあれば、担当医に相談しましょう。

大量出血・脱水症状がみられる場合

大量出血や脱水症状を起こしている状態で麻酔薬を使用すると、急激に血圧が下がる可能性があるため、硬膜外麻酔を受けることはできません。出産時は出血量や健康状態をモニターしていますが、何らかの自覚症状があれば、速やかに医師へ伝えましょう。

背骨の変形、神経に疾患がある場合

背骨が変形していると、硬膜外腔に管を入れることが難しくなります。また、神経の疾患がある場合、神経近くに麻酔を投与することを危険とみなし、硬膜外麻酔は行えないことがあります。

注射する部位が菌に侵されている可能性がある場合

注射する部位が膿んでいたり、菌に侵されていると、針を刺した時に、通常無菌状態の硬膜外腔や脊髄に菌を持ち込んでしまうため、硬膜外麻酔を受けられないことがあります。

局所麻酔にアレルギーがある場合

局所麻酔にアレルギーがある場合は、硬膜外麻酔を受けることができません。過去にアレルギーを起こしたことがある場合は、医師にその旨を伝えましょう。局所麻酔を受けたことがなく、アレルギーの有無が分からない場合も、念のため医師に相談したほうが良いでしょう。

和痛分娩をしたい!産院選びのポイント

硬膜外麻酔 麻酔医が対応している?

硬膜外麻酔は、脊髄の近くまで管を通すため、技術を必要とする麻酔です。できれば、麻酔専門医がいる産院で処置を受けることをおすすめします。産院によっては、産科医が麻酔処置を施すことがあります。その場合は、過去の取扱件数や口コミなどをチェックして、安全性を確認しましょう。

設備は整っている?

和痛分娩といっても色々な方法があります。麻酔を投入するまでは笑気ガスで痛みを和らげたり、麻酔にアレルギーがあると分かったら、別の和痛方法に切り替えたりと、フレキシブルに対応できる産院が理想的です。
しかし、現状はそこまで設備の充実した産院は少ないため、どの和痛方法を受けたいか、ある程度的を絞って産院を選んでいくのが良いでしょう。

呼吸法はなに?

痛みを和らげるための呼吸法を取り入れて分娩したい場合、まずどの呼吸法で出産したいのかを決め、その呼吸法を導入している産院を探します。ただし、同じ産院のなかでも、担当医や助産師によって方針が違うこともあるので、詳しく確認しておくと良いでしょう。

病院スタッフの和痛分娩に対する考え方

産院によっては、和痛分娩を行っているにもかかわらず、一部のスタッフが、暗に自然分娩を勧めてくることがあります。分娩方法の選択権は、危険な場合を除けば、産婦にあります。産院側が提供しているのであれば、胸を張って和痛分娩を受けられるところで出産したいですよね。
助産師や看護師と話す機会があれば、和痛分娩についての意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

産院が決まったら早めの予約を

日本で和痛分娩を行っている産院は、いまだに少ないのが現状です。予約が立て込む可能性がありますので、産院が決まったら早めに分娩予約をして、ベッドを確保しましょう。

和痛分娩にかかる費用はどれくらい?

費用において基準がないのが現状です

和痛分娩の費用は、特に基準がないため、産院によってまちまちです。麻酔を使ったり、水中出産をした場合、1万円~20円程度上乗せされることがほとんどです。傾向としては、個人施設が最も安く、次いで一般総合病院。大学病院での和痛分娩費用が最も高いと言われています。
上記はあくまで目安の金額なので、予約をする前に見積もりを出してもらい、いくつか比較検討することをおすすめします。

なお、呼吸法による和痛や笑気ガスについては、別途費用がかからないことがありますが、これについても産院次第でしょう。

和痛分娩、どうだった?先輩ママの体験談

和痛分娩で体への負担を軽減できたようですね。出産直後から元気でいられるって理想的ですよね。 呼吸法で痛みが和らぐとは、にわかに信じられない話ですが、実際に経験しているママがいると思うと、励みになりますよね。

痛みの和らぎ方はあくまで目安です

効果はひとそれぞれ なるようになるのが出産です

最後に、「出産は思い描いた通りに進まないこともある」とお伝えしたいと思います。予定日通りに生まれてこないことのほうが多いですし、子宮口が開くスピードも人それぞれです。和痛分娩のつもりでいたのに、進行が速すぎて間に合わなかったり、逆に何らかのトラブルが発生して、急遽和痛処置をしたりと、突発的なことが起こりうるのが出産なのです。

また、痛みの和らぎ方も人それぞれで、麻酔を使う場合でも、効きやすい人、効きにくい人がいます。筆者は和痛分娩を2回経験していますが、1回目は硬膜外麻酔が効きすぎてほとんど無痛。いきめず吸引分娩となりました。2回目はPCEA(自分で麻酔を調節できる和痛方法)でしたが、麻酔の追加が間に合わず、痛い思いをして出産しました。
しかし、どちらの子供も元気に生まれ、元気に育っています。そして今となっては、どちらの出産も良い思い出です。

大切なことは、陣痛に対する過剰な恐怖から抜け出し、落ち着いて出産のときを迎えることです。和痛分娩を選択したのであれば、産婦の希望に添えるように、周囲は最大限努力してくれるでしょう。産婦さんも、「出産はなるようになる」という心の余裕をもって出産に臨んでくださいね。