妊娠中の貧血は赤ちゃんに悪影響が?原因や症状、対策方法を解説

妊娠中のトラブルの一つに貧血がありますが、実に全体の3割以上の妊婦さんが悩まされていると言われています。妊娠前はなかったのに、妊娠中貧血に悩まされるということは決して珍しいケースではありません。ですから、これまで貧血とは縁がなかった人も、他人事だと思わずにきちんと貧血についてその原因や対策を知ることは大切です。

貧血とは?

私たちの身体の中には、血管がはりめぐされておりその中を血液が循環しているというのはみなさんご存知ですよね。
血液内には赤血球と呼ばれる細胞があり、酸素を全身へ運ぶ働きをします。血液中にあるこの赤血球が減ってしまったときに貧血が起こります。
妊娠すると、ママの身体の血液が通常より多く作られるようになりますが、赤血球はそれほど増えません。そのため、血液中の赤血球の濃度が低くなり貧血になりやすいと言われています。



妊娠中の貧血はどんな症状が出る?

動悸や息切れが起こり疲れやすくなる

妊娠中は、全体を通して動悸や息切れがしやすくなりがちですが、その主な原因は貧血であると言われています。
まだお腹も出てきておらず、外見では妊婦さんに見られないような時期であっても、ママの体内ではどんどん血液量が増産されており確実に変化が起こっているのです。

妊娠後期になると、貧血に加えて増加した体重とお腹の赤ちゃんを支えるために心臓に負担がかかることも、動悸や息切れの原因であると考えられます。

吐き気など気分がすぐれなくなる

突然息切れなどの症状とともに吐き気が起こり、さっと血の気が引くような状態になるということが、妊娠中には特に起こりやすいと言われています。
ただ、こうした症状がでても、血液検査では特に貧血であると指摘されないために「こんなものなのかな」と軽視してしまうケースが多いようです。

血液検査で貧血と診断されなくても、息切れや血の気が引く感じとともに起こる吐き気や気分不良は貧血によって引き起こされるものであると考えられます。そんなときは、とにかく横になり、ゆっくりと動作をすることを心がけて見てくださいね。

ふらつきや転倒を引き起こすことも

貧血がひどくなると、足元がおぼつかなくなり、ふらついたり転倒を引き起こしてしまうこともあります。家の中であればすぐに横になって休むことができますが、外出先のこともあるでしょう。とにかく避けたいのは転倒です。お腹を打ったり、頭を打ったりといった危険があるからです。
特に、転倒が起こりやすい場所として、風呂場や電車の中、スーパーなどが挙げられます。

立ちくらみがしたり視野が大きくゆがんだりしたときは、すぐにしゃがんで低い姿勢をとりしばらく安静にすることが大切です。

妊娠中の貧血の原因は?

妊娠によって血液量が増えるが赤血球の数はほぼ同じまま

妊娠すると、お腹の赤ちゃんはママから栄養を受け取るわけですが、どのようにしてその栄養を受け取っているか、皆さんご存知でしょうか。
お腹の赤ちゃんは、へその緒を通じてママの血液から酸素や栄養を摂取しています。

そのため、ママの体ではママに必要な分とプラス赤ちゃんに必要な分の血液が作られるようになります。妊娠前と比較すると最大で1.3倍から1.5倍も血液量が増えるのです。
しかし、血液内の赤血球の数はそれほど変わりません。これが貧血を引き起こす主な原因であると言われています。

よって、ある程度の貧血はある意味生理的なものであるといえるでしょう。このことをきちんと理解した上で、後ほどご紹介するような貧血の対策をしっかりと取ることが大切です。



妊娠中の貧血は胎児にどのような影響があるの?

妊娠初期の貧血は未熟児や奇形児のリスクも

妊娠中の貧血は、妊娠期間のほぼ全体において起こりやすいといわれていますが、貧血は赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、心配ですよね。

妊娠初期の貧血は特に注意が必要です。赤ちゃんは体の形成をする重要な時期にあたるので、この時期に重度の貧血になってしまうと低体重や未熟児、奇形児のリスクがあります。

また、妊娠中期以降も赤ちゃんへ十分な栄養や酸素が行き渡らないと、低体重出産になるリスクも出てきます。

間接的なリスクに気をつけて

妊娠中の貧血は危険であると言われることのもう一つの理由として、間接的なリスクがあることも覚えておきましょう。
貧血によって立ちくらみや一瞬視界が真っ暗になるというのは一般的な症状ですが、状況が悪いとふらついてお腹を強くぶつけたり転倒してお腹や腰を打ってしまったりする可能性もあります。

こうした場合にはすぐに行きつけの産婦人科へ連絡するようにしましょう。

貧血を防ぐおすすめの対策

鉄分をしっかり摂る

貧血対策といったら多くの人がまず思い浮かべるのが鉄分ではないでしょうか。鉄分と聞くとレバーイメージする人も多いかもしれません。

妊娠中は、最大で通常の約2倍もの鉄分を身体が必要とします。ですから貧血を防ぐために、そして何より赤ちゃんにきちんと栄養を与えてママも元気でいるためには鉄分をしっかりと摂取することが大切です。

鉄分は、ご存知レバー(豚、鶏、牛の順に含まれる割合が高い)の他にも、あさりやひじき、ゴマなどにも豊富に含まれています。
食事の際には、一緒にビタミンCの多く含まれる食材を口にすることをお勧めします。ビタミンCには造血効果を高め、鉄分の吸収を高める効果があるからです。

また、タンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうので、特に食事の前後には麦茶やハーブティーなどタンニンの少ない飲み物を飲むようにしましょう。

葉酸の摂取を心がけて

妊娠中の貧血には実は主に2種類あります。大半は、今ご紹介した鉄分不足によるものですが、葉酸欠乏性貧血と呼ばれるタイプのものもあります。葉酸と貧血というのはあまり結びつかないかもしれませんね。
葉酸は、妊娠を希望する人にも勧められており、人によっては妊娠前からサプリメントなどで摂取しているかもしれません。

葉酸が不足することで、貧血だけでなく下痢の症状も現れるようです。特に妊娠初期に大切であるといわれている葉酸ですが、初期だけでなく常に心がけておきたいですね。

葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれています。しかし、水溶性で水に溶けやすいため、湯がくのではなく、生や炒めることで効率よく葉酸を摂取することができますよ。

食事はゆっくり噛んで食べる

食事をする際にゆっくりと、よく噛むことで胃液の分泌を促します。胃液には、鉄分などの栄養の吸収率をあげる効果があるので、摂取した鉄分をより効果的に体内へ取り入れることができるのです。

妊娠をすると食べたくなる代表的なものに、酢や梅干といった酸味のある食品がありますよね。こうした食品も胃酸の分泌を高めるので、食事に取り入れると効果的ですよ。

十分な休養をとる

貧血に限ったことでありませんが、妊娠中は特にしっかりと休養をとることが大切です。
「妊娠は病気ではない」という言葉があり、そのためダラダラしているのは怠けていると思うママもいるかもしれませんが、妊娠は心身ともに大きな変化をもたらします。無理をせずにしっかりと休むことを心がけてくださいね。

寝るときに、足を高くあげるとむくみに効果的であるというのはご存知の人も多いかもしれませんが、足を高くすることで動悸にも効果的ですよ。心臓に送られてくる血液の流れがスムーズになり、心臓への負担を軽減してくれます。
「最近、貧血ぎみ」、「動悸がよくおこる」などといった場合には試してみると良いかもしれません。

貧血に関する先輩ママの声

妊娠中に貧血でなかった人も、気をぬかないでください。
先輩ママの声にあるように、産後に貧血の症状が出る人も少なくありません。女性の身体は、妊娠、出産を通して非常に変わりやすいものなのですね。

改善しない時は、医師を受診して

食事を心がけつつも、自分だけで判断しないで

妊娠中の貧血は、多くのママたちが経験するもので、決して珍しいことではありません。
でも、だからといって軽く見るのは危険です。

血液検査など妊娠検診で貧血と診断される・されないに関わらずまずは上にご紹介したような食事を中心に心がけてみてください。
しかし、いくら貧血対策とはいえ、偏った食事をとっては、逆効果になってしまうことがありますので、あくまでバランスよく食事をすることが大切です。

それでも改善されない場合には、かかりつけの産婦人科で相談するようにしましょう。
貧血治療としては、鉄剤の服用や、場合によっては点滴で補うこともあります。自分で判断せず、きちんとお医者さんの判断を仰ぐようにしましょうね。 ▼こちらの記事もあわせてどうぞ 妊娠初期に感じるだるさ。それって貧血かもしれません。たかが貧血とあなどってはいけません。原因を知って、予防することで元気なマタニティライフを過ごしましょう♪ 妊娠中に関わらず、めまいや立ちくらみなどの貧血症状を起こすことがありますよね。妊娠していなくても生理中だけ貧血が起こる人もいます。では、妊娠中に起こる貧血とはどういうものなのでしょうか。その症状と対処法についてまとめました。