妊婦の安定期についての体験談・口コミ

妊婦の安定期について先輩ママの体験談・口コミをまとめました。先輩ママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください

妊婦のとき安定期ってどうだった?

ななさん(30代)

安定期になり、できちゃった結婚だったので挙式と新婚旅行に伊勢に行きましたが、車での移動なのとお腹もそれなりに大きかったので心配されました。挙式はお腹を圧迫しない下着をセットで購入したのと、ハイヒールをやめて少し低めのパンプスにしました。式場スタッフさんも慣れているようでほぼ一人で打ち合わせしましたが大丈夫でした でも妊婦で挙式は苦労なのでできる限りそうじゃないほうをおすすめします。旅行は記念にもなるしお腹の子も一緒なのね~なんてのんきなものでした。切迫とかの心配がなかったのですが うちは逆子が治らず 帝王切開になりましたが一か月はやく破水がきてしまい 緊急で市立病院にかけつけ手術になりました 逆子がなおらないかたは破水には注意したほうがいいですね

おちまさん(30代)

安定期に入ると、普段できなかった少し遠出のお出かけをするようになりました。しかし車での移動は1時間から一時間半に一回を目安に休憩をとり、ずっと座ったままにならないように気を付けました。眠気がまだ強いので、車の移動中は主人の隣で眠っていましたが…。安定期とはいえ、お出かけの時は保険証と母子手帳は持ち歩きました。万が一があると不安だったので、自分の安心のためにもと思ったのです。ディズニーランドにも行きましたが、いつもはアトラクション中心で動いているところ、パレードやショー、または食事やお茶、景色などを中心に楽しみ、妊婦ならではのディズニーを満喫しました。

もこもこさん(30代)

24週に入り、つわりもなくなってきたので我慢していたご飯がおいしくて、急激に7キロも増えてしまいました。先生からの減塩の注意をうけてしまい運動も適度にと言われたので、空いた時間にウオーキングをしました。遊びにも結構行けて、一番遠出したのは新潟の海に釣りに行った時でした。トイレの確保は絶対だったので、事前に調べていきました。用意を万全にしていくと楽しい旅行になると思います。安定期でもお腹の張りに気をつけたほうがいいと思います。お腹が張ったら体を休めた方が良いと思います。

えりえりさん(30代)

安定期に入るとつわりも治まって、マタニティライフをやっと楽しめるようになってきます。私はつわりがとてもひどく10キロ近く痩せてしまったのですが、つわりが治まり食事がとても美味しく感じて食べ過ぎてしまいました。病院でも注意されました。けれど食事が唯一の楽しみになってしまっていて、なかなか食事制限ができませんでした。安定期になると体調も良くなるので、外で散歩などして気分転換する事が大切です。家にずっといると食べてしまうので、体重管理が難しくなってしまうと実感しました。

Sママさん(30代)

安定期に入り、つわりが完全に治まりました。つわりのおかげで体重が全く増えなかったのが、安定期に入って着々と増えてしまいました。今まで美味しく食事が出来なかった分、その反動で食べてしまうからだと思います。この時期は要注意です。精神的にも落ち着き、また体がまだ軽いので、旅行にはぴったりの時期だと思います。2人目の妊娠では時期関係なく1人目のお世話があるので、今思うと1人目のマタニティライフは貴重な時間だったと思います。

maco.858さん(30代)

5~6ヶ月頃になれば安定期に入ってつわりも治まるよというネットや周りの言葉通りピタリと止まりました。それまでは気持ち悪くご飯も食べれず5㎏ほど落ちましたが、通常通り食べれるようになり今度は逆に太りすぎないようにしなければと。お腹の子の事も考えて、食べる物は少し制限しましたが、食べれる事がこんなに素晴らしいとは。安定期に入って体も自由になり運動をしようと通勤に少し歩いたりしましたが、逆に動きすぎてお腹が張ったり。安定期といっても、お腹には子供がいる…やはり、本当の安定なんて産むまでないんだから、調子に乗って動きすぎたり無理したりしちゃダメだな~と思いました。

kotatutakoさん(30代)

安定期に入るとつわりがなくたっていたので、色んな所に行きたくなりました。一人目、二人目の安定期の時は家族で車で旅行に行きました。あまり妊娠中だから遠出は控えるとか気を遣いすぎず、少し遠いくらいの距離の旅行ならいいかと楽しんできました。ただしちょくちょく休憩を入れながらですが。妊婦なのでアクティブには動けませんが、おかげで気分がリフレッシュできました。ママが楽しく過ごしたらお腹の赤ちゃんにもいい影響があると聞きました。安定期のうちに赤ちゃんグッズを見て回るのも楽しくていいですね♪

たらこさん(20代)

安定期に入ったら旅行がしたいと思っていましたが、先生に相談したところ、おすすめはしないと言われました。
愛媛在住ですが、東京と香川だったらどっちがいいですかと聞くと香川と言われました。香川の方が車で行くと時間がかかるのになぜと聞いたところ、東京は歩くでしょと。妊婦は疲れやすいのに歩かないといけない状況になることが問題で、車移動ができるところの方が安心ということのようです。旅行をおすすめする産科医はいませんよとも言われました。結局旅行をすることはありませんでしたが、なにもなくて良かったと思います。
安定期に入ったからと言って妊娠中は妊娠前よりは油断できないので、くれぐれも身体をいたわることが大切だと思います。

yurie41536さん(30代)

私の妊娠生活はとても過酷なものでした。まず、妊娠初期からひどい下腹部痛みと出血に悩まされており、今にも生理が来るのではないかとおびえながら過ごしていました。切迫流産にもなり、トイレとお風呂以外は絶対安静で横になっていないとだめと言われていました。安静が解除されてからも、風疹の抗体がないことが判明。しかもちょうど私が妊娠していた年は、風疹が大流行していた時期だったのです。先生からは人ごみには絶対に近づかないことと指示を受けていたので、外出もままなりませんでした。先生から、「あなたには安定期という言葉は使いません。予定日まで決して気を抜かないこと」と言われていました。

iidaさん(20代)

一般的には6ヶ月から安定期と言われていますが、私の場合は8ヶ月からつわりがおさまり、逆子も直り、やっとゆっくりする安定期でした。安定期に入ったら友達などに、妊娠したことを話します。仕事場の人には、妊娠した時点で言わなければなりませんが、友達には、安定期に入ったときに伝えました。以前、妊娠して嬉しくて早く報告したときに流産してしまい、気まずい雰囲気をつくってしまったことがあるので、早めに報告するのは、辞めました。先生に聞いて大丈夫だと言われたら、報告するようにしています。私は個人的に8ヶ月から安定期だと思っています。妊娠8ヶ月までは、つわりやだるさがピークで妊娠中1番きつかったです。なので、安定期は人それぞれだと思います。

Mickeyさん(20代)

安定期に入り、少し気持ち的にも楽になってきました。安定期になったら、つわりもなくなるだろうと思っていたのですが、体調が、すごくよくなることはなかったです。ですが、食欲がでてきたことに、まずびっくりしました。少しずつ、食べれなかった物が、普通に食べられるようになっていたのです。気持ち悪いなあと思うときも、少なくなっていました。それだけで、とても嬉しく感じました。安定期になってから、せっかくなので、レジャーを楽しみたくて、旅行の計画をしました。無理のないように、妊婦なので、移動に疲れても大丈夫なように、車にしました。そして、行き先は、温泉街にしました。温泉なら、ゆっくりできるし、お腹のこどもと一緒に楽しめるところが魅力的に感じたからです。温泉街なので、体調がよければ、ホテルからでて、ブラブラ歩くのも、楽しめたからです。体調もよかったので、食べ歩きまで、満喫してしまいました。安定期に旅行はおすすめです。温泉にして、よかったなあと思っています。

hirotomama(20代)

妊娠して安定期に入ると少し気持ちも楽になります。そして安定期だからこそ油断してはいけないのですが、私は旅行に行ったりしていました。無理はしないように歩く時も少し休憩をとっていましたし、身体もそれほど疲れていなかったので楽しく旅行することができました。安定期に入ってくると胎動も感じるようになり、赤ちゃんがおなかを蹴るたびに成長しているんだと思いすごく愛おしく感じました。よく親には「安定期だからと言って無理したらダメ。絶対安静という言葉は覚えておいてね。」といわれていたので注意はしていました。安定期に入ると赤ちゃんができたことを友達にも知らせることができるし、お腹もなでてくれるので妊娠初期では「早く安定期に入らないかな」と思いながら生活していました。出産をするまで妊娠中は色々心配事が多いと思いますが、楽しい妊婦生活が送れたと思います。



妊婦の安定期に関する詳しい情報はこちら

安定期ってよく耳にするけれど、一体いつから?どんなことをして大丈夫なの?あんなことやこんなこともしたい、でも妊娠中だから…とセーブしているプレママも多いでしょう。安定期になると、妊娠初期に比べ活動しやすくなります。今回は、そんな安定期のうちにしておきたいことをご紹介します。