臨月のむくみについての体験談・口コミ・ひどくなる人多数!

臨月のむくみについて先輩ママの体験談・口コミをまとめました。先輩ママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください

臨月のむくみってどうだった?

さはゆるさん(20代)

妊娠中期になってくるとお腹が目立つようになってきました。妊娠後期まで仕事をしていたのですが、ずっと座ってパソコン作業だったので夕方くらいになるとむくみがひどかったです。妊娠前だと長時間半身浴をしたりできたのですが、長時間の入浴をすると体調が悪くなったりしたためできずとりあえず水をなるべく飲むように心掛けトイレにも多く行くようにして、濃い味付けの料理はなるべく食べないようにして夜寝るときはむくみをとる靴下を履いて寝るようにしていました。

おちまさん(30代)

もともとムクミが激しく、妊娠も中期頃から徐々に浮腫んでいたのですが、臨月ともなると妊娠中毒症になるのでは?と思うほど浮腫んでいました。指でスネをギュッと押すと5㎜以上は凹んで、しばらくもとに戻らない状況でした。塩分を控え、水分も控えめにしていたのにどうしてもむくみが取れませんでした…。医者からもびっくりされるほどでしたが、蛋白もそこまで強く出るわけでもなく、血圧もむしろ低めであったため、そのまま様子みで過ごし、出産まで無事行くことができました。出産してからは一人目のときはムクミも落ち着き、元に戻ることができました。

KIMUさん(20代)

臨月になると急にむくみがひどくなり手はグーが出来なくなるほどでした。朝起きると指がよく硬直していました。病院では塩分を控えるようにと言われまいたが、ほとんど塩分もとっていないのにも関わらずむくみは解消されませんでせいた。足は象の足のようになり足の甲はクリームパン状態で、普段履いていた靴も入らなくなり、父のスリッパをよく履いていました。むくみ解消ソックスも何も効果はありませんでしたが、生まれてからはむくみはすっきり良くなりました。

nao0802さん(30代)

臨月に入ったくらいから、夕方になると足がパンパンになるようになりました。もともと立ち仕事だったので、むくみ予防の靴下を履いていたのですが、それまで履いていた靴下はMサイズでしたがLサイズにしないと入らないくらいになりました。産婦人科の検診で相談しましたが、このくらいなら大丈夫ですよと言われました。真夏の出産だったので、水分や塩分を極端に控えることはしないでいいとのことでしたので、普通に生活をしていました。あと2週間で出産予定日となったくらいから、夜用のむくみ予防靴下をはきました。少し改善はされましたが、完全にむくみがなくなったのは、産後10日くらいでした。

よっぴさん(30代)

妊娠前から浮腫みやすい体質でしたが、妊娠してからはさらに浮腫みやすくなりました。妊娠8ヶ月で高血圧ぎみで浮腫も酷いから塩分にはしっかり気をつけてくださいと妊婦検診の際言われておりました。そこからとても塩分には気を使い、加工食品や外食は避け塩分を極力つかわない料理をするようになりました。臨月に入ると足の付け根が圧迫されるようで足の浮腫も酷くなりましたが、塩分を控えた食事に加えカリウムを多く摂取するように心がけ、なるべく体を冷やさないようにつねに少し暑いくらいで過ごしていたら浮腫がとてもひきました。

うめっこさん(20代)

3人目の妊娠中は妊娠後期にもなるとひどいむくみに悩まされていました。元々むくみというものを知らずに過ごしていたのでちょっと油断があったことと、3人目の妊娠ということで忙しくって休む暇もないこと、食生活にもあまり気をつけていなかったというのがありました。気付いたら足の甲が夕方にはパンパンでいつもウォーキングに使っていた靴がきつくて履けなくなりました。ほっておくと妊娠高血圧になって帝王切開になってしまう!と焦りました。それから昼間は着圧ソックスを履いて、お味噌汁など塩気の多いものは取らないように気をつけました。昼間の暖かい時間にはしっかり歩いて、帰って来たらふくらはぎをもむのが習慣になっていました。検診の時には尿検査でタンパクなどがプラスになっていましたが、むくみも少しずつ落ち着いてなんとかそれ以上悪化せずに済みました。普段むくみにくい人は、油断してしまうので要注意だなと感じたことです。

ふぃぐさん(40代)

32週を過ぎたあたりから膝下全体のむくみがひどくなりました。先生から食べ物も薄味にするように言われましたが、それでも全然よくならず、また寝る時に足を高くしても朝は同じようにむくんでいて、足が破裂するんじゃないかと思うくらい腫れていました。ふくらはぎは大根、足はクリームパンのようでした。外に出るのも嫌になる位でしたが、歩かないとよくならないと思い散歩するようにしていました。しかし当時海外在住で、人々は気軽に話しかけてくるような人種だったので、かなり心配されました。むくみは出産して3日後くらいまでは続きましたが、そのあとスーッと引いたのが印象的でした。

みみここさん(30代)

臨月はむくみが本当に大変でした。足や手がパンパンになって、足のむくみを取るために、カリウムのあるもの、バナナや小豆などなど試しました。寝る時はお腹も重いけど足も痛くて、足枕を使って少しあげると楽でした。また、自分でマッサージもできないので、主人にお願いして足はマッサージしてもらいました。でも全然効かなくて、だいぶ強くやってもらっていました。結婚指輪が指に食い込んで痛くて、外しました。出産の時に外せなそうだったので。

lemongrassさん(40代)

高齢出産の為なのか、2人目まではほとんどむくまなかったのに、3人目のむくみはひどかったです。足首はなく、指でおすとじんわり返ってくる感じでした。おまけに両足がつってしまったりと大変でした。塩分はもともと控えめにしていましたが、あまり効果なし。バナナ、ハーブティー、アロママッサージで乗り切りました。ハーブティーはジュニパーベリーやダンデリオン、ヒース等も飲みました。アロママッサージは、ジュニパーベリー、サイプレス、レモンまたはラベンダーでマッサージオイルを作り、子供にマッサージしてもらいました。また、単純ですが、足首をまわす、足を高くして眠るのも効果がありました。



臨月 むくみに関する詳しい情報はこちら

臨月の妊婦さんによくある悩みの1つがむくみです。どうしてむくんでしまうの?むくんでしまったらどう対処したらいい?ちょっと足がラクになる、そんな方法をお伝えします。