内診後おしるしがあったらわかる?おしるしから陣痛までの時間などを解説

臨月になると、おしるしを今か今かと待ちわびて、予定日までを指折り数える日々を過ごしますよね。そんな時、内診後に少量の出血が…!これはおしるし?内診したから出血したの?…など、悶々と考えてしまうと思います。そこで今回はおしるしと内診出血の見分け方、そしておしるしから陣痛がくるまでの時間がどのようなのかをご説明致します!

内診後に出血が!これっておしるし?

妊娠後期、おしるしを待ちわびるそんな時に内診後、出血が…!ドキッとする方も多いと思います。そこでまずは「内診出血」とは何か、「おしるし」とはどんなものかについてご説明致します。

内診出血とは内診後に出血すること

その名の通り、妊婦健診の内診後に膣壁が傷付き、出血することを言います。これはおしるしとは違い、出産の兆候ではありません。
原因はお医者さんの内診が下手だったからと言うわけではなく、もともと妊娠中は膣内がデリケートになっており、ちょっとした刺激で傷付いてしまいやすくなっている為、上手な医師でも出血することがあります。
膣壁が傷付くという原因の他に、内診前に膣内にあった老廃物や不要物が、内診の刺激でおりものと一緒に体外に出てくることもあるのです。色は薄ピンク色で量も少なく、内診後や夫婦生活の後にも出ることがあります。

おしるしとは子宮口が開いてくる時に出る出血

おりものの一種で、医学用語で「産徴」と言います。お産が近づき子宮出口が開いてくる時に、赤ちゃんを包む卵膜が剥がれることで少量の出血をすることがあります。赤ちゃんがもうすぐ生まれるよという合図のようなものですね。
色は薄ピンク色で、血の混じったおりものであるため粘り気を伴うことがあります。



おしるしと内診後の出血は見分けられる?

とてもよく似ている「おしるし」と「内診後の出血」。これらの見分け方はあるのでしょうか?

色や量だけで判断するのは困難

「おしるし」も「内診出血」も共に色が薄いピンク色で、量も少量出るだけというパターンが多いため、一概に色や量で判断するのは難しいと言えます。強いて言うなら内診出血よりおしるしの方が量が多いかもしれませんが、個人差があるため正確な判断は難しいでしょう。

出血のタイミングが内診後であれば「内診出血」の可能性が高い

内診後にちょっと出た出血は内診出血である可能性が高いです。ハッキリと見分けるのが困難なので、出血のタイミングを見るより他が無いのが現状ですが、どうしても気になる場合は医師に相談しましょう。
おしるしも内診出血においても、出産やお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすものではないので、少量の出血の場合は焦らず行動してくださいね。

どんな時に病院に行くべき?

おしるしや内診出血も少量であれば母子共に影響がないものですが、出血の具合によっては病院で受診した方が良い場合があります。

出血が何日も続く、量が多い、鮮血が出る場合は病院へ

おりものや内診出血自体も異常なことではありませんが、出血が続くようなら量や回数をメモして受診しましょう。その際は、膣内の傷口から感染症になることを防ぐために、受診するまでは湯船には浸からずシャワーだけで過ごすように気をつけて下さい。
また、流れるような出血が続く、鮮血が出るなどの場合はおしるしや内診出血以外の原因が考えられますので、早めに医師に相談しましょう。 いよいよ出産が近づく臨月に入ると、妊婦健診も1週間に1度になります。妊婦健診では内診で胎児の様子を見ますが、その時に「内診出血」呼ばれる出血がおこることがたまにあります。臨月になるとその他にも「おしるし」と呼ばれる出血もあり、初めての妊婦さんにはわかりにくいかもしれません。そこで、内診出血についてまとめてみました。 おしるしや内診出血について、もっと知りたい方はこちらのcuta記事もチェック!



おしるし後陣痛はどのくらいでくるの?

いざおしるしが来た!…でもその後どれくらいで陣痛が始まるのでしょうか?

一般的には3日以内に出産。しかし個人差が大きい

おしるしが出てから3日以内で出産に至る方が多いようですが、これはとても個人差が多く、おしるしが出た当日に出産したり、または一週間以上かかって出産になるというケースもあります。しかしながら、おしるしが出れば出産が近いのは間違いありませんので、準備や家族への連絡などを行っておくと良いでしょう。

おしるしだけなら、いつも通りの生活を

上記で述べたように、おしるしが来たからといって即陣痛が来る場合ばかりではないので、おしるしだけなら様子を見ながら普段通りの生活を行って大丈夫です。破水していなければ湯船だって使っても大丈夫ですよ。
入院の準備、家族への連絡や病院への連絡などの準備を整えて、陣痛が来た時にパニックにならないよう冷静に対処しましょう。 臨月を迎え出産間近になると「おしるし」に気づく場合があります。初めてのお産ではどんな症状なのか不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではおしるしの症状やおしるしから陣痛までの流れをご紹介します。これからお産を迎える皆さん、参考になさってくださいね。 おしるしから陣痛までのことをもっとよく知りたい方は、こちらのcuta記事もチェック!

先輩ママの体験

おしるし?内診出血?世の中の先輩ママたちのリアルな声を聞いてみよう!

出産はいよいよ!心の準備をしておきましょう

筆者の場合、一人目はおしるしが来て3~4日後に出産になりました。内診出血もよくあったので、実際は生まれてから考えたら「あれがおしるしだったのかー」というほど見分けがつきにくかったです。
実はおしるしが来ずに出産を迎えるケースも少なくはないようです。ですので、臨月に入ったらおしるしを待たずして入院の準備や心の準備はしておきましょう。いざ陣痛が来た時の朝、昼(出勤or出張中)、晩等の時間別シュミレーションをご主人としておくと良いですね。元気な赤ちゃんと会えることを心よりお祈り致します!