100均アイテムで作る棒針編みニット帽の編み方まとめ♪

初めて何かを編んでみたい人のために100均の道具だけで編める簡単棒針編みニット帽の編み方を教えます。これが編めればマフラーも編めちゃいます。作り目の仕方から基本の編み方を紹介します。とりあえずニット帽を作ってみたい編み物初心使者のママさん必見です!

棒針でニット帽を編もう♪用意する物

以前、「編み物で帽子を作ろう!毛糸の選び方から簡単なニット帽の編み方まで」の記事で紹介した簡単ニット帽の作り方を詳しく紹介します。編み物初心者でも簡単に編めるのでぜひ作ってみてください。 子どもにニット帽を編んでみませんか?編み物ってなんだか難しそうっと思ったママでも大丈夫!必要な道具から毛糸の選び方までご紹介します。編み物をしたことがない初心者さんでも簡単に作れる帽子の作り方もご紹介します。この冬は、手作りニット帽を子どもにプレゼントしましょう。

100均で揃う編み物道具

用意する物は、
・毛糸
・棒針
・毛糸が通る針(ゴム通しでもOK)

たったこれだけです。
毛糸の種類は色々ありますが、肌触りや太さで選んでください。初めてなら太い毛糸を選んだほうが楽に編めます。
今回は、編み目の大きさがずれても多少がたついてもわからない毛足の長いもこもこ毛糸を選びました!毛糸の裏にこんなラベルがあるのでコレを見て針の太さを選んでください。 毛糸の量の目安も書いてあります。今回なら15号の棒針を使いましょう。
本来帽子を作る時は輪編み専用の針を使ったりしますが、今回は簡単ニット帽なので普通の棒針でOKです。



簡単ニット帽の編み方

それではニット帽を編んでいきましょう。ちょっと見にくいですが、簡単に絵で紹介すると… こんな感じです。長方形を作って、横を毛糸で縫い上をキュッと閉じるんです。
なので筒状に編む必要はありません!マフラーが欲しい方は同じ編み方でマフラーが完成しちゃいます♪

棒針の作り目 

1)まず、作りたい頭位の3倍位の毛糸を引き出しておきます。ニットは伸びるので普段の帽子より少し小さくても大丈夫です。
後から横と上を縫うので作りたい高さの二倍位の毛糸を取っておいてください。 2)引き出した毛糸で輪を作り、2本重ねた棒針にかけてキュッとひっぱります。これが最初の1目になります。 3)①の状態で左手の指を入れて持ち上げます。先ほど引出した糸端を親指側にしてください。
4)持ち上げて、自分に手のひらを向けると②のような位置に糸が来ます。
5)人差し指の糸に針をかけて親指の糸の輪に下から通したら、③のように人差し指の糸の輪の中に針を入れてそのまま親指の輪をくぐらせます。
6)くぐったら、親指の糸をはずして内側からもう一度糸をかけて引き締めます。
これで2目が完成しました。

頭位として必要な長さの目の数になるまで3〜6を繰り返してください。

文字での説明は少々難しいですが、親指下から、人差し指上から、親指上から、くぐってキュ♪ のリズムを覚えてさえしまえば、簡単です! 作り目が完成したところです。長さを確認する時は目を伸ばしてどのくらいの長さになりそうかチェックしながら目を作ります。針を一本抜いたら、作り目がある方を左手に持ち右手に何もない棒を持って、編んでいきましょう。

棒針編み 表目の編み方

基礎の編み方として、表目と裏目があります。これを交互につかうと画像のような凸凹とした模様になります。が、今回は初めての編み物ということで表目のみで作ってみましょう!
毛足の長い毛糸を使う場合、凸凹にしても目立たないので表目のみでOKです。

※先ほどの毛糸を使うと、見えにくいので糸の色を変えてあります。 赤い丸は大体同じ位置の毛糸なので目印にして糸の動きを追ってください。
1)①のように、右側の針を左の針の下から通します。
2)下から通したら人差し指にかかっている糸を②のように下からすくい、①で針を入れた穴から出します。
3)③の画像のように糸が出たら左の針にかかっている糸を外してください。
4)④の画像のように糸が右の針に移動します。これで一目編めました。

実際にやってみると簡単です。刺して入れて抜いて刺して入れて抜いてを繰り返すと、すべての目が左から右の針に移動します。
移動したら今度は左手に持ち替えて必要な長さになるまで繰り返してください。 表目だけで何段も編み続けていったらこんな風になります。毛糸がもふもふなので編み目もわかりませんが、あったかそうですね!
縦の長さはお子さんの頭にあわせてください。折り曲げてかぶりたいなら長めに、チョンと乗せたいなら短めにします。

棒針編み 糸の変え方 糸の足し方

途中で糸が足りなくなっちゃった!折り返しの部分の糸の色変えたいな~。なんて時は糸を足しましょう。
端のところで新しい糸と今の糸をキュッと結びます。茶色い糸は数センチ残して切ってください。
後から編地に糸をくぐらせていって目立たなくします。

ニット帽に変身!

必要な高さまで編み終わったら編み止めをします。
針に毛糸を通して、最後の段の目をくるくると毛糸を通してほつれないようにしましょう。

長方形が完成したら、横と上を閉じます。横を針をつかって編み進めて袋状になったら、最後は上に糸をジグザグ通していきキュッとひっぱります。

すると… ニット帽の完成です!余った糸は目立たないように裏地に縫い進めてから切ってください。
糸端は全て裏地にくるようにしましょう♪

一つの編み方だけでできて、最後は針で縫い合わせるだけ!簡単でしたよね。
もっと長く編んで折り返しをつけたり、トップにボンボンをつけても可愛いと思います。

毛糸のボンボンの作り方

このポンポンの作り方をご紹介します。簡単ですが、毛糸をたくさん使うのでポンポン付きの帽子を作りたい時は余分に一玉用意してください。
用意するのは毛糸とハサミだけです。 上の画像を参考に作りたい大きさを決めてください。毛糸を巻きつける指の本数で大きさが変わります。
大体100回くらい巻きます。糸の太さや大きさによっても変わりますが、ボリューミーな玉になるまで巻いてください。
糸を巻いたら、指から外して中に糸を通して真ん中をキュッと結んでください。
後は、輪になっている毛糸を切ります。両端を切りそろえていくと段々とボール状になっていきます。
綺麗に切りそろえたらポンポンの完成です♪

切りそろえる時に毛糸くずがたくさん出るので気を付けてください!ビニール袋の上でやると静電気で散らばりにくいです。



まずは挑戦してみましょう♪

誰でも最初は初めてです!私も毎年編んでいますが、しょっちゅう失敗しています。
毛糸の良い所は失敗しても簡単にほどいて作り直せるところです。材料も100均で簡単に手に入るのでぜひ作ってみてください♪