3歳向けおすすめ絵本10選と読み聞かせのコツ

赤ちゃん期を卒業して言葉も増え、トイレや食事などの生活面でも自立し始めた3歳児。赤ちゃん向けの単純な絵本では物足りないですが、まだまだ難しいストーリーは理解できない年齢です。ママたちにとって、どのような絵本を選ぶべきかは悩ましいところですよね。そこで今回は3歳の子ども向けの絵本についてまとめました。

3歳児には、物語性があり挿絵があるものを

3歳児の絵本選びのポイントはストーリーよりもまずは「絵」です。「絵」が簡単すぎても難しすぎても子どもの興味を引くことはできません。

大人が文字情報だけで絵本のストーリーを把握しているのに対して、子どもは絵の隅々から物語を読んでいきますから、大人よりも深く深く絵本を理解していると言われています。

ですから、絵本において挿絵はとても大切な意味合いがあります。挿絵にも物語性があり、子供の目線で丁寧に書いてある絵本をえらぶようにしましょう。

大人と一緒に目で文字を追うようになるのは、文字に興味を持つ5歳前後になってからです。3歳ではまだ、「字は絵の中にあるジャマなもの」という認識でしかありません。



3歳児に絵本を読む際の注意点

子どものペースでページをめくろう

3歳の子に絵本を読んであげていると、どんどんページをめくってしまって、全然文章が読めなかった…ということはありませんか?

「うちの子まったく読み聞かせを聞いてくれなかったわ」と嘆くママもいると思いますが、実はそうではありません。

子どもは、早く次の絵を見たくてたまらないから、次々とページをめくりたくなるのです。興味がない本なら立ってどこかに行ってしまうでしょうから、ページの早めくりは興味の無さの表れではなく、むしろその逆です。ぜひ、こどもが望むペースでページをめくってあげましょう。文章は一語二語でも、読める範囲だけ読むことができればそれでOKです。

逆に同じページばかり、何度も読まされることもあるかもしれません。しかしそれは、そのページの挿絵に何度も見たい魅力あるということ。付き合わされるママは飽きてしまうかもしれませんが、子どもの探究心の現れです。無理のない範囲で付き合ってあげてくださいね。

抑揚のついた語りかけで子どもの興味を惹きつけよう

絵本は抑揚をつけて読むと、子どもの興味を惹きつけられます。
赤ちゃんに話しかけるような抑揚をつけた話し方をマザリーズ(育児語)というのですが、絵本もこのマザリーズを意識して読むことで、子どもにとってさらに聞き取りやすくなり、安心感を覚えます。

決して派手に演技する必要はありませんが、大げさなくらい抑揚をつけて読むようにしましょう。可能なら、登場人物によって多少声色を変えてみると、さらに物語に入りこみやすくなるかもしれませんね。

読み終えても、あえて感想を聞かないこと

「この話どうだった?」「どこが面白かった?」
など読み終わった後子どもに質問したくなる気持ちはわかります。
でも、まだ気持ちをまとめる力が上手ではない3歳児にとって、これはとても苦痛なことです。
この質問を受けるのが嫌で、絵本嫌いになってしまう子どものいるくらいです。子どもから感想を話してくれるなら別ですが、親からはあえて絵本の感想は聞かないようにしましょう。

大人は字を読み、子どもは絵を読む

子どもに絵本を読んであげる時に、あなたは字を見て、文章を読んであげていますよね。
その間子どもはどこを見ていると思いますか?
子どもは読み聞かせの声を聞いている間、ずっと絵本の「絵」の部分を「読みとって」います。

大人は字で絵本を読み、子どもは絵で絵本を読みます。
大人が考えているよりずっと注意深く絵本の絵を眺めている子どもは、絵の隅々に散らばっているストーリーのかけらを読み取って、絵本を理解しているのです。

たとえば、文章には書かれていない「絵だけのストーリー変化」に気づくのも、文字を読まない子どもならでは。試しに文字部分を隠して、絵本の絵部分だけをじっくり読んでみてください。誰かに読み聞かせてもらうのもいいですね。きっと、今までとは違った「子ども視点」の絵本の世界が見えてくると思いますよ。



3歳へのおすすめ絵本

「ぐりとぐら」

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
赤と青の服を着たかわいいねずみの「ぐり」と「ぐら」。誰もが知っている1967年創刊のロングセラー絵本です。

この「ぐりとぐら」の世界は、りすもおおかみも同じカステラを分け合って共存するような、平和で平等な民主主義が描かれています。森の動物たちもけんかや争いごとをせず、協力しあって生きており、中川李絵子さんの願いがこめられています。

3歳児には、このような平和でほっこりした世界に浸れる読み聞かせ絵本を選んで、優しい気持ちを育てていきましょう。大人には見分けのつかない「ぐり」と「ぐら」ですが、絵を読んでいる子どもにとってはどちらがどちらか瞬時に見分けがつくことが多いようです。

「14ひきのぴくにっく」

14ひきのぴくにっく (14ひきのシリーズ)
いわむらかずおさんの14ひきシリーズは、細部まで緻密に描かれた絵が魅力。
自然の中で暮らすねずみの家族がいきいきと描かれていて、「絵を読む」ことが上手になった3歳のこどもにぴったりの読み聞かせ絵本です。14ひきのねずみたちの違いを探しながら、春の野原の美しさを堪能しましょう。

「11ぴきのねこ」

11ぴきのねこ
3歳の子どもが素直に「おもしろい!」と思える絵本。
ユーモアがあって若干とぼけた11匹のねこたちは、まるで3歳児の世界に似ていますね。
優しい色合いと、思わずくすっと笑えるストーリー展開が魅力です。子どもにこんなことをしてみたいと思わせる、愉快な読み聞かせ絵本です。

「ぐるんぱのようちえん」

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)
たくさんの失敗を乗り越えて、最後ひとりぼっちではなくなるゾウのぐるんぱ。
堀内誠一さんの魅力的なイラストと相まって、ベストセラーの絵本となりました。何度も失敗してしまうぐるんぱを思わず応援したくなるような、優しい心が育つ読み聞かせ絵本です。

「どうぞのいす」

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
かわいらしい動物たちの、やさしい気持ちのリレーが温かく描かれた本。
子どもだけではなく、大人が読んでもほっこり温かい気持ちになれます。思いやりって素敵だなと素直に思える絵本です。

「きょだいなきょだいな」

きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集)
「あったとさ、あったとさ」で始まる、小気味よいリズムを刻む言葉が美しい本。
こんなものがあったらおもしろいな、と子どもが思わず笑顔になりますよ。降矢ななさんのインパクトがあって鮮やかな絵が魅力です。

「しょうぼうじどうしゃじぷた」

しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)
体が小さくたって強いんだ!と、子どもの自信につながる絵本。
じぷたの成功が自分のことのようにうれしく感じられますよ。乗り物好きの男の子たちに大人気、発売から約50年のベストセラー本です。

「からすのパンやさん」

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
たくさん出てくるパンの絵が面白い、かこさとしさんのロングセラー絵本。
3歳児の興味を引く「からす」と「パン」の組み合わせも魅力ですが、なんといっても見開きいっぱいに描かれた面白パンの数々が圧巻です。ひとつひとつ丁寧に眺めて自分ならどんなパンを作りたいか親子で語り合いたいですね。

「てぶくろ」

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
ロシア民話をもとにした絵本。
おじいさんが雪の山の中に片方落とした手袋に、次つぎと山の動物たちが入っていくという暖かいストーリーです。え?そんな動物まで?というありえない展開に、子どもと一緒に盛り上がってください。

「はらぺこあおむし」

はらぺこあおむし
言わずと知れたエリック・カールさんの名作です。
おしゃれな色合いの絵が子どもの目を惹きますね。
絵本の途中に穴が開いているという仕掛けは、3歳児にとっても面白く、何度も指を突っ込んでしまうほど。
最後、蝶になるシーンが美しい読み聞かせ絵本です。

本選びに悩んだら「配本サービス」を利用しよう

3歳児になると、一気に読める絵本の幅が広がります。
子どもはどうしても好きなジャンルの本ばかりを選びがちですが、まだまだ多方面から刺激をあたえて様々な分野の興味を引き出したい時期。3歳児に読み聞かせをするときは、まんべんなく様々なジャンルの絵本を選ぶように心がけましょう。

そこでおすすめしたいのが絵本の配本サービスです。自宅にいながら良質な絵本を購入することができます。金額や内容などをチェックして、自分の子どもに合ったものを選びましょう。

ベストセラーから選ぶなら「ぶっくくらぶ」

すでにベストセラーになっている本から厳選して、毎月2冊届けてもらうのがこちらのサービス。
定評のあるハードカバー本から子どもに合わせて選んでもらうので、届いた時の満足感もなかなかのもの。本の定価によって毎月の支払いが変化しますが、2500円前後になることが多いようです。

▼公式サイトはこちら

ぶっくくらぶとは | こどもの本の童話館グループ

新刊図書から選ぶなら「福音館 こどものとも年少向け」

安く質の高い本を購入したいならこちら。
月刊誌という形式で配本される「こどものとも」シリーズは、年齢に合わせていくつもラインナップがありますのでお好みのレベルで頼むことが出来ます。月間410円という低価格も魅力です。

▼公式サイトはこちら

福音館書店 月刊「こどものとも年少版」

親子の心をつなげてくれる「絵本」

絵本タイムは親子が濃密にコミュニケーションをとれる時間です。

自我が芽生えてきた3歳児、時には親子でぶつかってしまうこともあるかもしれません。絵本はそんな親子の関係修復に大いに役立ちます。2人で絵本という同じ媒体に向き合うことで心がつながり、子どもも気持ちが解きほぐされます。

子供に絵本を読んであげる日々は、思っているほど長くありません。今この時を大切に、たくさんの絵本の世界を親子で楽しんでくださいね。