産休手当を上手に活用しよう!働くママが産休取得でもらえる給付金について

妊娠・出産を迎えるにあたり、しばらく仕事を休まなくてはならないママの助けとなる産休手当についてまとめました。手当はいくらくらいもらえるのか…金額が気になるとことろ。給付対象となる条件や金額,申請方法などについてご紹介します。

産休をとるともらえる?「出産手当金」とは?

仕事をしている女性が出産をする場合、産前42日&産後56日(計98日)の間、会社を休む権利を持っています。しかし、産休中はお給料の出ない会社がほとんどなので、その間の生活を支えるための給付制度を受けることができます。では、さっそくその制度について詳しく見ていきましょう。



給付対象となる3つの条件

「出産手当金」は、誰でももらうことができるというわけではありません。ここで、給付対象者となる条件についてご説明します。自身が条件に当てはまるかどうか確認してみてください。

条件1)被保険者が出産する場合

ママ本人が勤務先の健康保険に加入していて、産休中も保険料を払い続け、出産後も働くことを条件に給付を受けることができます。

条件2)妊娠4ヶ月(85日)以上の出産であること

早産、死産(流産)、人工妊娠中絶も含まれます。

条件3)健康保険加入者であればパートでもOK

正社員以外のパートやアルバイトも同様で、健康保険に加入していて産休中も健康保険料を払い続けていれば給付の対象となります。

給付の対象外となる場合

仕事をしていても、ご主人の扶養に入っている場合は給付の対象にはなりません。また、仕事をしていても、国民健康保険の加入者は対象外となります。そのほか、妊娠中に会社を退職した場合も対象外です。

出産で会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
協会けんぽのホームページです。参考にどうぞ。

金額はどのくらい?

あなたが出産後も同じ職場で働く予定の給付対象者であったとして、では、金額はどのくらいもらえるのでしょう?

標準報酬月額の3分の2

給付される金額は、標準報酬月額の3分の2です。標準報酬月額とは、4、5、6月分の平均月給のことで、健康保険料や給付金の額を算出するもとになります。そして、この標準報酬月額を30日で割った数字が、標準報酬日額となります(10円未満四捨五入)。
標準報酬月額および日額を算出すれば、協会けんぽホームページにある「出産手当金支給日額早見表(PDF)」を使って、1日あたりの出産手当金の額(98日間産休をとった場合)を確認することができます。協会けんぽの加入者でなくとも、概算の金額を知ることはできるので、参考になさってください。

協会けんぽの「出産手当金支給日額早見表(PDF)」

金額の算出法

早見表を使わなくとも、概算で出産手当金がいくらもらえるのか計算することもできます。手当の支給額は、標準報酬日額の3分の2×休んだ日数です。まず、ご自身の日給を算出してみましょう。

例】月給が25万円の場合

250,000(円)÷30(日)=約8,333円
日給は約8,333円となります。

98日間産休を取得したとして
8,333(円)×2/3×98(日)=544,390円

月給が25万円の場合、54万4,390円の手当を受けることができる計算になります。



出産手当金の受け取り方

では、手続き方法について3段階にわけてご説明します。

ステップ1)「健康保険出産手当金支給申請書」を入手しよう

産休前に、勤務先が加入している保険組合や協会けんぽ(全国健康保険協会)の「健康保険出産手当金支給申請書」を入手しましょう。ほとんどの各保険組合もしくは協会けんぽのホームページから申請書をダウンロードできます。

ステップ2)出産した病院で医師の証明が必要です

出産後、病院で医師から証明の記入が必要です。その場合、文書料として数千円かかることがあります。

ステップ3)産後57日以降に提出を

事業主の証明欄もありますから、勤務先にも記入してもらう必要があります。申請書は、産後57日以降に勤務先の健康保険担当者か、各組合保険窓口に提出しましょう。不備がなければ、だいたい1~2ヶ月後には一括で指定口座に振り込まれるそうです。

98日間フルに休暇をとらないママも

産前休暇の42日間は、必ずしも会社を休まなくてはいけないわけではありません。また、産後56日間のうちの42日間は法律上働くことができませんが、残りの14日間は医師の許可などがあれば仕事に復帰することができます。ですから、なかには仕事をするというママもいるでしょう。
このような場合でも、産前&産後休暇の期間内で、数日でも休めば、同じように休んだ日数分の給付金を受け取ることができます。ぜひ、申請しましょう。

協会けんぽ(出産手当金:記入の手引き)

協会けんぽ(申請書のダウンロードなど)

産後も仕事を続けるママの助けとなる給付金

出産後も同じ職場で働くことを選択したなら、「出産手当金」の申請をお忘れなく!今後も乗り越える壁は山とあるでしょうが、とりあえず産休中の経済的な問題はこれで乗り切りましょう。出産後も同じ職場で働き続ける女性の割合は依然多いとはいえないようですね。それだけ育児、家事とフルタイムでの仕事の両立が難しいと思っている女性が多いということかもしれません。
出産後も働き続けようと考えているママが、産休中も出産後もこの先「本当にやっていけるのだろうか」という不安を抱えるのは当然のことでしょう。仕事を続ければ〝育児・家事がおろそかになる〟とか〝勤務先に迷惑をかけるのではないか〟とか悩みは尽きないと思います。ですが、事情はどうあれ、自身で選択した道ならば進むしかないですものね。給付金以外でも共働き子育てに利用できることは何でも活用していきましょう。