哺乳瓶の上手な選び方とおすすめ10選。素材やかたちで選ぼう!

赤ちゃんに粉ミルクや白湯を飲ませるときに必要な「哺乳瓶」。たくさんの種類があり、何を選んだらいいか悩んだことはありませんか? 赤ちゃんの成長や飲み方に合わせて哺乳瓶を選ぶのがポイントなんです。そんな選び方とおすすめをご紹介しましょう。

哺乳瓶の選び方

タイミングや場所によって「瓶の素材」を使い分けて

哺乳瓶の素材には大きく2つの種類があります。

1つ目がガラス製。メリットは耐熱性にすぐれ、ミルクを冷ましやすく、傷がつきにくいところ。デメリットは重いので、持ち運びづらいところです。

2つ目はプラスチック製。メリットは軽く、持ち運びしやすいところ。デメリットは傷がつきやすく、汚れがとれにくくなったりするところです。

ミルクの回数が多い新生児などは自宅ではすばやくミルクを作ることができるガラス製がおすすめですが、外出するときや、赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持てるようになったときはプラスチック製がよいでしょう。

「乳首」を選ぶポイント1:【ゴムの素材】

哺乳瓶の「乳首」は赤ちゃんの成長に応じて変えていきます。乳首に使われている素材、形にはいろいろな種類がありますので、使い分けながら赤ちゃんがよく飲んでくれるものを見極めていきましょう。

ゴムの素材については、主に3つの種類があります。

・天然ゴム
柔らかいため、ママの乳首に一番近く、傷つきにくいというメリットがある反面、耐久性が低く、ゴムの匂いがあるのがデメリット。

・シリコンゴム
耐久性にすぐれ、匂いが無いところがメリット。ほかの素材に比べて少し硬いため、赤ちゃんの吸う力が弱いと飲めない可能性があります。

・イソプレンゴム
弾力性にすぐれた素材で、ママの乳首に近いとされていますが、耐久性が低く、天然ゴムと同様、匂いがあるところがデメリット。

「乳首」を選ぶポイント2:【吸い穴の形】

乳首の吸い穴の形には、主に3つ種類があります。

・丸穴
一般的な丸穴は、穴の大きさで出る量を調整してあります。新生児から使うことができ、飲む量が増えたら穴の大きいサイズにしていくといいでしょう。

・クロスカット
赤ちゃんの吸う力によって飲む量が調整できるタイプ。そのため、飲む量が変わってもそのままで問題ありません。しかし、生後3ヶ月頃までの赤ちゃんはむせてしまう可能性がありますので、様子を見ながら飲ませましょう。

・Yカット(スリーカット)
どの角度から飲んでも飲む量にムラが出ないタイプで、赤ちゃんがむせにくいメリットがあります。自分でうまく飲めるようになった赤ちゃんにおすすめです。



人気!おすすめ哺乳瓶10選

1、ピジョン 母乳実感 哺乳びん プラスチック製 240mL (ハニービー柄) :研究されて作られた「母乳実感乳首」付き

ピジョン 母乳実感 哺乳びん プラスチック製 240mL (ハニービー柄)
ピジョン 母乳実感 哺乳びん プラスチック製 240mL (ハニービー柄)

■ 1,340円(税込)

■サイズ:12.4 x 5.6 x 5.4 cm
■重量:59 g
■容量:240ml

シリコンゴムつきの哺乳瓶。使いやすい広口びんで、生後3ヶ月までのSSサイズとSサイズは丸穴の乳首になっています。
赤ちゃんが母乳を飲むときの様子を研究されて作られた哺乳瓶のため、スムーズに育児をすすめられます。持ち運びしやすいプラスチック製♪

2、ピジョン 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml オレンジイエロー:冷ましやすい耐熱ガラス製

ピジョン 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml オレンジイエロー
ピジョン 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml オレンジイエロー

■価格: 1,468円(税込)

■サイズ:19.4 x 12.6 x 6.3 cm
■重量:222 g g
■容量:240ml

耐熱性に優れたガラス製ですので、ミルクを冷ましやすく、作りやすいのがメリット。シリコーンゴム製乳首Mサイズ付きで、乳首はスリーカットに加工されているため、3ヶ月頃からの使用がおすすめ。

3、ドクターベッタ哺乳瓶 BRAIN ブレイン トライタン T2-240ml :トライタン製でガラスとプラスチックのいいとこどり!

ドクターベッタ哺乳瓶 BRAIN ブレイン トライタン T2-240ml
ドクターベッタ哺乳瓶 BRAIN ブレイン トライタン T2-240ml

■価格: 2,160円(税込)

■サイズ:23 x 17.2 x 6.2 cm
■重量:113 g
■素材: ボトル:トライタン製、キャップフード:ポリプロピレン、乳首:シリコン

医療機器に使われる「トライタン製」でできた哺乳瓶。劣化しにくく、電子レンジの使用もできます。乳首は上あごと下あごをしっかり動かして飲めるようにされています。

4、コンビ Combi テテオ teteo 哺乳びん 耐熱ガラス製 200ml :赤ちゃんの飲み方を研究して作られた哺乳瓶

コンビ Combi テテオ teteo 哺乳びん 耐熱ガラス製 200ml
コンビ Combi テテオ teteo 哺乳びん 耐熱ガラス製 200ml

■価格:839円(税込)

■サイズ:22.2 x 9.1 x 7.3 cm
■素材:乳首:シリコーンゴム、瓶:ガラス
■重量:218 g

赤ちゃんの飲み方を研究して作られたteteo。匂いや傷がつきにくいガラス製で、柄もかわいい♪

5、NUK スタンダードほ乳びん(ガラス製)/125ml:少し変わった形の乳首が特徴的

NUK スタンダードほ乳びん(ガラス製)/125ml
NUK スタンダードほ乳びん(ガラス製)/125ml

■価格:1,000円(税込)

■サイズ:W5.5×D5.5×H16.5
■素材:フード:ポリプロピレンキャップ:ポリプロピレン中ぶた:ポリプロピレンニップル:合成ゴム(シリコーン)びん:ほうけい酸ガラス
■重量:141 g

60年前に、口腔専門医師であるDr.Balters氏と歯科医師Dr.Muller氏により作られたNUK。独自の乳首は赤ちゃんの口にフィットし、成長をサポートしてくれます。

6、チュチュベビー PPSU製 哺乳びん 240ml:環境ホルモンを含まない哺乳瓶

チュチュベビー PPSU製 哺乳びん 240ml
チュチュベビー PPSU製 哺乳びん 240ml

■価格: 1,058円(税込)

■容量:240ml
■素材:ポリフェニルサルホン
■重量:59 g

環境ホルモンを含まないポリフェニルサルホン製の哺乳瓶。耐熱温度は180度と、電子レンジ消毒も可能です。吸う力によってミルクの量を調整できるクロスカットの乳首が付属。
チュチュの哺乳瓶の乳首はすべてクロスカット仕様となっているのが特徴です。

7、ビーンスターク 哺乳びん 赤ちゃん思い 150ml (ガラス):リズミカルに飲める乳首が特徴

ビーンスターク 哺乳びん 赤ちゃん思い 150ml (ガラス)
ビーンスターク 哺乳びん 赤ちゃん思い 150ml (ガラス)

■価格:1,296円(税込)

<<商品のサイズ・色・容量などスペック>>
■容量:150ml
■素材: フード:ポリプロピレン、キャップ:ポリプロピレン、乳首:合成ゴム(シリコーンゴム)、びん:ほうけい酸ガラス
■重量:118 g

赤ちゃんの上あごに合わせて作られており、口を大きく開けて飲むことができるようになっています。乳首は一度に飲む量を調整できるクロスカット。ガラス製ですが比較的軽めなのもうれしいですね。

8、桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室 160ml:陥没乳首などでお悩みの方に

桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室 160ml
桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室 160ml

■価格:2,480円(税込)

■容量:160ml
■素材:耐熱ガラス製
■重量:141 g

陥没乳首などでうまく母乳があげられないママや、口が小さくでうまく飲めない赤ちゃんにおすすめの哺乳瓶。母乳育児にされたい場合のトレーニング用としても使われています。桶谷式直接授乳訓練用の哺乳瓶として津川割れているため、桶谷式認定者の指導を受けてお使いいただくのがおすすめです。

9、コンビ Combi テテオ teteo 授乳のお手本 哺乳びん耐熱ガラス製 240ml:赤ちゃんのペースに対応できる「4段階流量調節機能」つき

コンビ Combi テテオ teteo 授乳のお手本 哺乳びん耐熱ガラス製 240ml
コンビ Combi テテオ teteo 授乳のお手本 哺乳びん耐熱ガラス製 240ml

■価格:1,254円(税込)

■容量:240ml
■サイズ:W65×D63×H214
■カラー重量:290 g

赤ちゃんがしっかり舌を動かすことができるように設計された哺乳瓶。赤ちゃんが飲みやすくなるよう、角度をつけ、上下非対称の乳首が特徴的。
乳首の穴も1つではなく、3つあり、穴のサイズを小さくしているのですこしずつゆっくり飲めるようになっています。

10、NUK プレミアムチョイスほ乳びん(ポリプロピレン製)/300ml:たくさん飲める大きなサイズ

NUK プレミアムチョイスほ乳びん(ポリプロピレン製)/300ml
NUK プレミアムチョイスほ乳びん(ポリプロピレン製)/300ml

■価格: 1,458円(税込)

■容量:300ml
■サイズ:W6.5×D6.5×H19.5cm
■素材:フード:ポリプロピレン キャップ:ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー 中ぶた:ポリプロピレン ニップル:合成ゴム(シリコーン) びん:ポリプロピレン
■重量:68 g

プラスチック製で持ち運びのしやすいタイプ。300mlと大きめなので、たくさん飲むようになった赤ちゃんにおすすめ。NUK独自の乳首でミルクと母乳の切り替えもスムーズ。

哺乳瓶に関する先輩ママの声



赤ちゃんの様子を見ながらママが使いやすい哺乳瓶を選ぼう!

哺乳瓶の素材や乳首の形をいろいろ試してみて

どの哺乳瓶が合うかは赤ちゃんによってそれぞれ。
哺乳瓶を使うシーンや使う時期、赤ちゃんの成長によってそれぞれいろいろ試してみるのがおすすめです。生活スタイルや育児の方針によっても人によって異なるので、気軽に選んでみてはいかがでしょうか?

最初は飲んでくれていた哺乳瓶でも、成長するにつれて飲んでくれなくなったり、嫌がったりすることがあるかもしれません。そんなときは無理をせず、マイペースに育児をすすめていきましょう。