妊娠中期に眠いと感じたときのみんなの体験談まとめ

妊娠中期に眠いと感じた先輩ママの体験談をまとめました。他のママたちの状況や気持ちをぜひ参考にしてみてください。

妊娠中期の眠さはどんな感じ?

眠気との闘い

妊娠5ヶ月あたりから、1日中眠気に襲われました。妊娠9ヶ月まで仕事はしており、業務内容がパソコン業務や車での外回り(県外にも多々)で、デスクワーク中はずっとは座っていられないほど眠かったです。ただ大好きなコーヒーも妊娠してからはやめていたので飲めず、温かいお茶を飲んだりどうしても耐えられないときは一度席をはずして化粧室でストレッチするなどで乗りきりました。車を運転しているときは、目的地に着くまでに何度か小休憩をはさみ5分程度仮眠を取らせていただいたりもしました。休みの日は昼寝をしたりして体をゆっくり休め無理に起きていないようにしました。【ゆっこさん(20代)】

妊娠中期は眠れるだけ寝よう

妊娠中期はとても眠くなります。私は仕事もしていなかったので、毎日ごろごろとのんびり過ごしていました。そのせいか、昼間も必ずお昼寝をするほどでした。そして、お昼寝しても夜はぐっすり眠れますので、1日でいいますとかなり眠っていました。また、妊娠中期くらいから夜中トイレに起きるようになりましたので、そこでいったん目が覚めて、なかなか寝付けなかったりすることもあり、余計に昼間寝るようになりました。朝も起きれず何回か寝坊をしたこともあります。そんなたくさん眠っていた時期もあっという間で子どもが生まれたらなかなか熟睡できませんので、妊娠中は寝だめをしていた方がいいと思います。【あやかさん(20代)】

妊娠中期、仕事をしていたときの眠気

妊娠する前は、眠気を感じるのはつわりの影響からくる妊娠初期だけだと思っていたのですが、1人目妊娠時、妊娠中期(5ヶ月ごろ)まで昼間眠気を感じていました。その頃は事務職をしていたのですが、職場の人には安定期までは妊娠を公表していなかったので(直属の上司のみに伝えていました)、妊娠を知らなかった職場の人たちには、最近いつもボーっとしているなと思われていたたかもしれません。どうしても眠たいときは、仕事が忙しくないときを見計らってトイレに行って寝たりしていました。トイレにも行けないときは、ガムをかんだり、飲み物を飲んだりと、なんとか飲食の刺激で眠気を覚まそうと必死でした。あとは学生時代の眠気覚まし方法ですが、息を限界まで止めるというのもしていました。が、これはあまり体によくないかもしれませんね(汗)。【bbb5さん(30代)】

母親になるための心を体の準備

妊娠初期から猛烈な眠気はあったが、初期の頃はつわりもあり思うように体が動かなかったのでしょうがないと諦めていました。
しかし中期になりお腹も大きくなり始め妊娠状態にも慣れたが眠気だけは
とれなかったです。体は動けるし気持ちも前向きなのにとにかくなにをするにも眠くてコントロールがきかなくて困りました。
最終的には無理をして起きていても作業能率が下がるだけなので、眠くなったら10分くらい仮眠をとるという方法をとりました。
起きるとだいぶすっきりするので良い対策だったと思います。
その代わり夜はなぜか長時間眠れなくて何度か目が覚めてしまうので1日をかけて細切れで寝るという感じです。
女性の体はうまくできていて、このような体調の変化も全て母親になるための準備なのだと思うとそれすら嬉しく感じました。
短い時間でも熟睡できて夜中は夜の授乳に備えて目がさめるようにメカニズムができてきている。
妊娠中の症状は人それぞれですが、眠いからといってだらけているなどと自分を責めたりせずに、お腹に赤ちゃんがいるのだから様々な変化があって当たり前と割り切りました。
わずらわしくも嬉しい変化、無理をして今まで通りにしようとせず、自分の体とうまく付き合っていくことが一番の対策でした。【Yoshi.oさん(30代)】

赤ちゃんからのサイン

4ヶ月を過ぎた頃から7ヶ月くらいまでの間はとにかく眠い状態でした。
特に酷かったのは5ヶ月ごろで、家事をしていても頭がぼんやりとするような酷い眠気でした。何かよくない傾向なのではと医師に相談しましたが、「赤ちゃんは元気ですから大丈夫」と言われるので、気になりつつもどうするわけもなく。眠いときには横になって眠るようにしていました。家事が疎かにはなってしまいますが、そこは孫の誕生を心待ちにしている両親がカバーしてくれました。
8ヶ月を過ぎた頃には嘘のように眠気は治まりましたので、妊娠中でも動き回っていた私に、子どもが発した『ちゃんと休んでね』のサインだったんだろうと思っています。
妊娠中の体調変化は人それぞれにありますが、悪阻もなかった私には唯一の「ああ、妊娠したんだな」と思える体調変化でした。【jassyさん(20代)】

妊娠中期の異常な眠気

妊娠初期のつわりも終わり中期に入って安定してきましたが、今度は眠気が襲ってきていくら眠っても眠っても眠気が無い日がなく暇さえあれば眠っていました。やらなければいけない家事が出来ずに夫に呆れられる毎日。食欲も出て来て食べる時は眠くないのに、食べたらまた寝る。当時夫は朝の6時に家を出て仕事に行っていましたので見送りもそこそこになり、買い物に行くにも寝ぼけた顔で行ってましたので市場の人からも「アンタ 大丈夫か?」とよく言われました。当時は家にお風呂が無く、妊娠中期の頃は夏だったのでお風呂屋さんに行くにもボォ~っとしておりどんなに暑い部屋でもよく眠れました。
しかし2人目を妊娠した時はそのような症状はほとんどありませんでした。やはり上の子が居ると気が張っていたのでしょうか、家事もちゃんとこなせていました。やはり人間、責任がないとぐうたらしてしまうんだなと感じました。【nadeaさん(50代)】

人体の不思議。眠気の化身、妊娠中期の生活について。

妊娠中は眠いといいますが、個人差はあると思いますが、本当に驚くほど眠いです。今だけである、出産後に備え寝溜めしているなどと色々言われていますが、まさに人体の不思議。最高で20時間ほど寝ていたことがあります。
朝起きて、主人を送り出してから一休み。お昼ご飯を食べて、満腹になると眠気が襲ってくるので一休み。上の子が学校から帰ってきて、一度起床して洗濯等家事を実施。その後またうとうと・・・。こんな事では駄目だと夕食作りを張り切って実施。本日のメインイベントとも言えるディナーを終えて今日の任務は終了です。
気が付くと、ご飯食べて寝てるだけな一日ではないですか!あんまりひどいので明日は外出をしようと心に定めて、安らかに眠る妊娠中期の生活でした。【たこはちさん(30代)】

眠いことは悪いことじゃない

妊娠中期の眠気は自分でも不安になってしまうくらい異常にありました。
なにをしていても常に眠く、作業効率がかなり落ちてしまい家事をするのもだるく感じてしまい、妊娠してからだいぶ怠け者になってしまったと反省をしていました。
しかし、妊娠経験者から話を聞くとほぼ全員が口を揃えて妊娠中は眠くて仕方がなかったということでした。これは怠け者になってしまったからとか食べ過ぎだからとかの問題ではなく、ホルモンが関係していることなのだと知りました。
今までは怠け者だと思われたくないと必死に体を起こしてなるべく暇を作らないようにしていましたが、眠いと感じたら少し体を横にするだけでもかなり精神的に違いました。
眠気はある意味つわりみたいなものです。無理をせずにうまく付き合っていくことが大事だと思います。【もーにゃんさん(20代)】



妊娠中期に関する詳しい情報はこちら