冷え性対策はアイテム・食事・運動で賢く!ママの冷え対策3つのヒント

”冷え性”は女性に多い体の悩み。体を温めれば良いのはわかっているのですが、その冷え性対策で女子力さがっていませんか?!しっかりケアしたいけど、ガッチリしすぎない、大人女子におすすめしたいアイテム・食事・運動で外側と内側から攻める冷え対策をご紹介します。

冷え性の原因とは?

”冷え性”は女性にとって、身近な悩み。加齢とともに冬だけでなく夏までもクーラーなどで冷えやすい環境になるため、万年冷えから解放されないという悩みも尽きません。そもそも冷え性の原因は何でしょうか。

冷え性の原因は、自律神経の乱れ、皮膚感覚の乱れ、血液循環の悪化、筋肉量が少ない、女性ホルモンの乱れなどが関係していると言われています。
特にストレスによる影響や、女性特有のホルモンバランスの乱れが深くかかわっています。また、女性は男性よりも筋肉量が少ないことから、体が冷えやすくなっていることが冷えの原因に。きつい下着や靴を履くことで血液循環が滞り、寒いと感じる皮膚感覚が麻痺してしまうことにもなりかねません。

手足の冷え(冷え症)の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
こちらのサイトを参照させていただきました。



ママにおすすめしたい冷え性対策

現代の女性はとても忙しい毎日を送っています。特に働くママは自分のケアまで手が回らないのが現実です。冷え対策のためには、服装と食事で体の外側と内側から冷えを撃退し、適度な運動で体を温めることが大切です。

特に、服装を選ぶときには、「首・手首・お腹・足首」の3つの”首”と体の中心である”お腹”を温めることで全身の冷えを防ぐことができます。また食事は、筋肉のもとにもなる動物性たんぱく質や植物性たんぱく質を摂ることで冷えにくい体に近づけますよ。また、体を温める野菜である根菜類やネギなどもおすすめです。

以下で、具体的におすすめのグッズや食材についてご紹介します。

1.服装を整えて”冷え性”を撃退する

冷え対策のグッズはいくつか目にしますが、見た目にもたつきそうなのがネック。大人女子も部分的に”カワイイ”を取り入れた冷え対策グッズを使用してみてはいかがでしょう。
手首のグローブ、お腹は腹巻、首は大判のストールが”冷え”のマストアイテム。足首は足元を温めてくれるショートブーツや、室内であれば温かいソックスを備えておくといいですね。

フワフワのファーなら手首も温か&かわいく!

もふもふ ネコ グローブ 指出し(目印に便利、「ホナまたステッカー」付)[ケンコバハンズ]
デスクワークの多い方なら、冬場の手元の冷えにも悩まされているのでは?手首ウォーマーも色々と出回っていますが、ファーだったら見た目も温かなうえに、見た目もかわいいですよね。

首元の冷えは流行りのスタイル大判ストールで撃退!

(モアモン) MOIS MONT DESIGN 65 ウール幾何学プリントストール FREE SQUIRREL
ストールはひざ掛け代用にもなる優秀なアイテム。カラーやデザインで様々なアレンジが利くので便利ですよね。幾何学柄はワンポイントでオシャレ度UP。サーモンピンクは顔色をよく見せてくれるので首元に採り入れたいカラーです。

見えないところに遊び心!「腹巻」

おじぱんレデイス腹巻 腹割ってはなそう Fサイズ
普段見えないところは、こっそり自分の大好きなキャラクターを忍ばせてみては。ポケット付きは本格的に冷えに悩まされる季節などにカイロを忍ばせると、お腹が温かくなって生理痛も和らげてくれますよ。

本格的な冷えに悩む方におすすめ「ダウンソックス」

ロゴス(LOGOS) リプナー ダウンソックス・コリー 30932672 ダークブラウン L(24.5~26.0cm)
アウトドアメーカー「ロゴス」のダウンソックスです。本格的に冷え性に悩んでいる方へおすすめなのがこちらのアイテム。足元の冷え対策にもってこいです。



2.身体を温めるものを採り入れて”冷え性”を撃退する

身体の内側から冷え性を撃退するには、日常的に体を冷やさない工夫を忘れないことが大切です。ふだん飲む水は常温か白湯を。コーヒー好きさんには悲しい事実ですが、コーヒーや緑茶は体を冷やしますので飲み過ぎは注意です。

身体を温めるために飲むとすれば、紅茶やハーブティー、生姜湯やココアがおすすめ。中でもココアは最近の研究で生姜並みに体を温めてくれるという結果も得られています。甘くて美味しいココアは心だけでなく身体も温めてくれるのですね。

森永製菓―「ココア」はゆっくりと長く冷えを抑制する―
こちらの資料を参照させていただきました。

身体も心もぽかぽかに「ココア」

森永製菓 ミルクココア カロリー1/4 スティック 5本入×6個
冷え対策に有効であると言われている「ココア」。美味しいけれどカロリーが気になる方はカロリー控えめのスティックココアはいかがでしょう。スティック状なら職場でもさっと作れて便利ですよね。

身体を温めてくれる「生姜」をキャンディで

しょうが飴 辛味絶佳 70g
風邪のときにも有効な「生姜」。大人向けのピリッとした辛味が効いたこちらの飴がおすすめです。冷え対策だけでなく、風邪気味のときにも威力を発揮してくれそうです。

自然派の方におすすめ「ハーブティー」

ハーブペタルポーション 5種アソート×6個
ハーブティー独特の香りが苦手な方にも、飲みやすいポーションタイプのこちらの商品はおすすめ。ジンジャーは生姜、チャイはシナモンが含まれており、体を温めてくれます。6種類あるので色々な味を楽しめるのもいいですよね!見た目にもカワイイので、女子力があがりそうです。

3.プチ運動で”冷え性”を撃退する

運動をすれば、冷えは改善できると言われています。しかし、忙しい毎日を送る中で運動をする時間をつくるのが難しいのが現実。できるだけ日常生活の中で取り入れられて、続けられそうな”プチ運動”がおすすめです。

通勤時に1駅分、送迎時の自転車や車をやめて「歩く」

通勤時に電車に乗っている人は、1駅分あるいてみましょう。子どもの通園の送迎時に自転車や車を使用している人は、自転車や車をやめて「歩く」ようにしてみては。「歩く」ことはもっとも体に負担が少なく、すぐに始められるため、誰でも挑戦しやすいですよね。
朝から酸素を脳に行きわたらせることで、スッキリした一日を過ごせそうですよ。

気付いた時でOK!「深呼吸」をする

深呼吸には自律神経を整える効果があると言われています。腹筋を意識して深呼吸することで、インナーマッスルを刺激することも期待できそうですよ。

スキマ時間にストレッチ

駅の待ち時間にアキレス腱を伸ばしてみる、つり革につかまっている腕の筋を伸ばしてみる、デスクの下で足首を回してみる、など気が付いた時にはプチストレッチをするのも有効です。

冷え性知らずの温もりボディに

冷え性がどんどん悪化してしまうと、肩こりがひどくなったり、イライラしやすくなったりと身体の不調が慢性化してしまいがちになります。また、冷え性は痩せにくい身体になってしまうことにもつながってしまうので、女性にとって冷え性は「百害あって一利なし」ですよね。

大人の女性の多くが抱える悩みである冷え性は、対策をすることである程度防ぐことができます。冷え性のアイテムや食材、運動を取り入れて外側からと内側から、効果的に対策をしてみてはいかがでしょうか。

ダイエット研究所|ハラハチ習慣|資生堂
こちらのサイトを参照させていただきました。