寒気は妊娠超初期症状?寒気の原因・対処法、寒気以外のよくある症状も

生理予定日1週間前頃からの、ブルブルッと身震いするような寒気や、首・肩・背中を伝うゾクゾクとした寒気…。もしかしたらその寒気は、妊娠超初期症状かもしれません。実は、妊娠超初期であっても、体の変化に伴う不調が表れることもあるのです。そこで今回は、妊娠超初期の寒気の原因や、原因に合わせた対処法などをご紹介します。

寒気は妊娠超初期症状?

妊娠3週頃に表れる妊娠超初期症状の1つに、「寒気」が挙げられます。
まだ妊娠が成立したばかりであっても、妊娠の兆候が体に表れるなんて、と驚いてしまいますよね。けれど、妊娠超初期に寒気や悪寒と言った症状が表れるのには、きちんと理由があるのです。
今回は、妊娠超初期の寒気の原因や、対処法についてご紹介します。



妊娠超初期の寒気の原因

高温期

寒気の症状が出始める妊娠3週頃は、着床期であるため、基礎体温を測ってみると高温期に入っていることがわかります。一般的に妊娠していないときの基礎体温は、排卵の際に高温になり、生理予定日を迎えるころには低下すると言われています。
ところが、受精して着床すると、基礎体温は大抵の場合下がらずに高温期をキープします。
このとき上昇する体温は、低いときと比べて0.3度から0.5度と、さほど大きな差があるわけではありません。ですが、体温が0.5度上がった状態が続くということは、普段36.5度の人が37.0度になっているということです。
人間は、(運動中はさておき)平熱よりも体温が高いと、「寒さ」を感じます。これは、風邪で熱が上がり始めるときに、「寒い!」と感じるときと同じ原理です。
高温期のときは、ずっと微熱のような状態が続いているのですから、寒気や悪寒を感じてしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

自律神経の乱れ

妊娠が成立すると、赤ちゃんを育てるために、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量が増加します。こうして女性の体のホルモンバランスが変化することで、自律神経が乱れることがよくあるのだそうです。
自律神経がうまく機能しないと体のさまざまな不調を引き起こすとされ、その中の1つに「冷え性」の症状があります。
妊娠は女性の体にたくさんの変化をもたらします。女性の体の急激な変化についていけず、自律神経の働きにも影響を及ぼします。

鉄分不足と血行不良

妊娠すると、赤ちゃんや胎盤の成長のために、徐々に体内の血液量が増えていきます。しかし、血液中の赤血球は、それほどたくさんは増えません。そのため、母体に流れる血液は少し薄まったような状態になってしまいます。
さらに、日本の女性はもともと貧血気味だと言われているため、妊娠後は鉄分不足が悪化しやすいとされています。血の巡りがどんどん悪くなることで、寒さを感じやすくなってしまいます。

寒気と流産は関係ある?

寒気のせいで流産になることはない

寒気があったせいで、流産になったというデータはありません。
流産がはじまって大量出血が起これば、体内の血液量が激減するので、寒気を感じることはもちろんあります。しかし、寒気が流産の原因になることはまずないと考えていいでしょう。



寒気の他に出る妊娠初期症状とは

妊娠超初期症状には、寒気以外にもさまざまなものがあります。
以下で挙げているものは、程度によっては薬に頼りたくなってしまうこともあるかもしれません。「妊娠しているかも?」と思い当たることがある場合は、安易に市販薬に頼らず、医師に相談してみてくださいね。

頭痛

上でご紹介したような、寒気の原因の1つであるホルモンバランスや自律神経の乱れによって、頭痛が引き起こされることもあります。
人によっては、嘔吐してしまったり、寝込んでしまったりするほどの痛みなのだそうです。

下腹部痛

おなかの下の方がずしんとするような鈍い痛みも、妊娠超初期に表れる症状です。
こちらも自律神経の乱れで起こることもありますし、また、子宮が徐々に大きくなっていく過程で発生する痛みであるとも言われています。

風邪のような症状

妊娠超初期の熱っぽさに加えて、鼻水が出る、のどが痛い、といった風邪のような症状が出てしまった方もいます。
特に鼻水に関しては、近年、「妊娠性鼻炎」が知られるようになりました。妊娠性鼻炎も、やはりホルモンバランスや自律神経の不調が原因とされています。鼻の粘膜が敏感になり、ちょっとしたホコリなどでも反応してしまうようです。鼻水がのどを伝うと、のどの炎症を招くこともあるので、本当に風邪にかかったと錯覚してもおかしくありません。

寒気の対処法

体を冷やさない

冷たい飲み物を飲んだり、必要以上に薄着になるなど、体を冷やしてしまうような行為は避けましょう。また、腹巻やレッグウォーマーなどの体を温めるアイテムを使うのもおすすめです。お風呂に入るときには、ゆっくり湯船に浸かるのもいいでしょう。

体を温める食べ物や飲み物を摂る

体を内側から温めることも大切です。体を温める効果のある、根菜を使ったメニューにしたり、ショウガのホットドリンクを飲んだりと、食べ物や飲み物で体をサポートしてあげましょう。

鉄分を摂る

寒気の原因には鉄分不足も挙げられているので、血行が悪くならないように、鉄分の摂取も忘れずに。
ホウレンソウやレバーを使った食事を摂るのもいいですし、病院で鉄剤を処方してもらったり、サプリメントに頼ってみるのもおすすめです。

リラックスできる時間を作る

自律神経が乱れているときは、自分の好きなことをする時間を作ってみてください。
好きな音楽を聞いたり、好きなドラマを見たり、心ゆくまでゴロゴロしたり…と、ご自身が「これならリラックスできる」ことでOKです。

妊娠かもと思ったら医師の診断を受けましょう

寒気に頭痛、鼻水といった妊娠超初期症状は、本当に風邪なのかしらと思ってしまうような症状ですね。
妊娠を心待ちにしていると、たとえ妊娠超初期であっても、こういった体の微妙な変化に気づくことができるかもしれません。
もしこちらでご紹介したような症状が表れ、「妊娠しているのかもしれない」と思ったら、できるだけ早く医師を受診しましょう。