【妊娠36週】ママの体・赤ちゃんの様子。出産に向けて妊婦検診が週1に

妊娠36週からは、出産の兆候を把握するため、妊婦健診が1週間に1回の頻度になります。また赤ちゃんが下がってきていると感じたり、下半身に圧迫感や痛みを感じやすい時期です。それでは妊娠36週にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきましょう。

妊娠36週のママの体 ~NSTや子宮口チェックがはじまります~

前回の<妊娠35週のママの体>は
・「妊娠35週の子宮の大きさはMサイズのピザくらい」
・「妊娠35週には子宮がみぞおちの下に達し息苦しさを感じる人も」
・「妊娠35週に入るとお腹の張りを頻繁に感じる人も」
というお話でした。

それではさっそく妊娠36週のママの体調や体の変化について見ていきましょう。

妊娠36週の子宮の大きさは男子用バスケットボールくらい

妊娠35週の子宮の大きさがMサイズのピザくらいだとすると、妊娠35週の子宮の大きさは男子用バスケットボールくらいです。子宮底長はだいたい33.0cmくらいになります。

妊娠36週目にしてついに子宮の大きさはほぼピーク大にまで達しました。お腹の赤ちゃんはまだもう少し大きくなりますが、現時点でママに蓄えられているエネルギーだけでも十分成長することができます。妊娠36週以降の体重増加は、産道や体に余分な脂肪をつける原因となりますので、出産まであとほんの少しの間、体重管理に積極的に取り組んでみてくださいね。

妊娠36週頃から出産兆候の確認のためNSTや子宮口チェックがはじまります

妊娠36週は、正期産ではないものの臨月にあたります。妊娠36週頃にはすでに赤ちゃんは正期産で産まれるのとほぼ変わりないくらいの機能を備えているとされています。そのため例え36週目で出産となっても大丈夫という見解を持っているお医者さんが多いようです。

また妊娠36週頃からは、出産の兆候を確認するために、内診で子宮口の開き具合をチェックしたり、NSTを行ったりします。NSTとは”ノンストレステスト”の略で、妊婦さんが安静かつリラックスした状態のときの赤ちゃんの胎動や心拍数、お腹の張りの強弱や継続時間などを観察する検査のことです。

妊娠36週には前駆陣痛も本格化していて「これって本当に前駆陣痛?本陣痛じゃないの?」という、息苦しさを感じるくらいの痛みを生じるお腹の張りもしばしば体験しますが、このNSTを使えば、張りの強弱・間隔・継続時間などから本陣痛かどうかが判断できます。 臨月に入って予定日が近くなると、いつ出産になるのか気になる妊婦さんも多いですよね。そこで今回は、出産の兆候として多い症状をまとめてみました。「そろそろ近くなってきたかな?」と出産について考えはじめるといい症状を11つ、「いよいよ出産かも!」と心の準備を始めるといい症状を3つご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

妊娠36週頃に血算の検査があります

妊娠36週に入ると”血算”の検査が行われます。血算とは、赤血球や血小板など、血液を構成している成分を調べることです。妊娠36週頃に検査することで、血の固まりやすさや貧血状態を知り、出産時のトラブルや産後のケアにスムーズに対応できるよう準備をする目的で実施されています。

妊娠36週の体調や体の変化に関するママの声

早くから子宮口3cmくらいと言われていても結局予定日過ぎてもまだ出てこないなんて話もよく聞きます。特に安静などを指示されていない場合は、近所に外出したり、あぐらをかいて股関節を柔らかくしたりと、あと少しのマタニティ生活を楽しみながら過ごしてくださいね!



妊娠36週の赤ちゃんの様子 ~赤ちゃんが下がってきていると感じる人も~

前回の<妊娠35週の赤ちゃんの様子>は
・「妊娠35週の赤ちゃんの重さは15インチのノートパソコン1台分くらい」
・「妊娠35週には肺がほぼ完全に成熟します」
・「妊娠35週目に入っても胎動が減らない人もいます」
というお話でしたね。

それでは妊娠36週には赤ちゃんがどんな成長をとげているのかを見ていきましょう。

妊娠36週の赤ちゃんの重さはクラシックギター1台分くらい

妊娠35週には
(BPD)80~91mm
(FL)58~68mm
(AC)26~31mm
(EFW/EFBW)2.0kg~2.7kg
くらいだった赤ちゃんは、
妊娠36週になると
(BPD)81~93mm
(FL)60~70mm
(AC)26~32mm
(EFW/EFBW)2.1kg~2.9kg
くらいにまで成長します。

妊娠36週の赤ちゃん(胎児)の体重は、小さい子で2.1kg前後、大きい子で2.9kg前後くらいになると言われています。平均値である約2.5kgはだいたいクラシックギター1台分と同じくらいの重さです。

妊娠36週に受診したママの声

病院によっては『37週未満での出産や体重2500g以下は大学病院に搬送』という体制をとっているところもあります。運動はお産を進める要因となることもありますので、お医者さんの指示・指導に従って行うようにした方が安心です。

妊娠36週を過ぎると赤ちゃんが下がってきていると感じる人も出てきます

妊娠36週を過ぎるとそろそろ「赤ちゃんが下がってきたかな?」と感じる人も出てきます。どんな状態のときに赤ちゃんが下がっていると感じるかは人それぞれですが、以下のようなときに実感する人が多いようです。

・胃の圧迫感が取れて普通に食事が摂れるようになった
・歩くたび足の付け根に激痛が走る
・股に何か挟まっているような感じがする
・見た目にお腹の膨らみの位置が下がっている

またそれ以外にも
・胎動の位置がお腹の下のほうにずれた
・激しい胎動が少し減った
・強く痛みを感じていた胎動が弱くなった気がする
・胎動でお腹が張ることが少なくなってきた
など、胎動で察する人も多いようです。

ただ、赤ちゃんが下がってきたときにまったく何も感じない人もいますので『こういった症状がない=赤ちゃんが下がっていない』ということではありませんし、逆に『こういった症状がある=赤ちゃんが下がっている』とも言い切れません。お医者さんならば内診やエコーで赤ちゃんの位置が確実にわかりますので、気になる人は診察のときに聞いてみてくださいね。

妊娠36週に胎動を感じたママの声

妊娠36週に入っても赤ちゃんの活動時間が減るわけではないので、胎動が減らないと感じる人がいても不思議ではありません。むしろ元気に動き回っているのは喜ばしいことですので「今日も元気だねぇ」と声をかけてあげてくださいね。

妊娠36週頃に押さえておきたいポイント

今回は<妊娠36週頃に押さえておきたいポイント>として
■「妊婦健診が1週間に1回に」
■「帝王切開の手順」
■「帝王切開の痛み」
の3つをご紹介します。

次回<妊娠37週頃に押さえておきたいポイント>では
・「破水の特徴と見分け方」
・「おしるしの原理と特徴」
についてご紹介する予定です。

妊婦健診が1週間に1回になります

妊娠36週からは、出産兆候を確認するため妊婦検診が『2週間に1回』→『1週間に1回』へと変わります。正期産は妊娠37週からですが、妊娠36週目も臨月で出産兆候が現れてもおかしくない時期ですので、妊婦検診以外にも体に異変を感じたり、疑問を感じたりしたら積極的に産婦人科で相談するようにしてくださいね。

▼標準的な妊婦健診の例|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/dl/02.pdf

気になる帝王切開のスケジュールをチェック

次週妊娠37週目からは、多くの人で予定帝王切開がはじまります。また経膣分娩中にトラブルが起こって緊急帝王切開になる人もいます。ここではそんな帝王切開に向けて心構えをしておくために、簡単に帝王切開のスケジュールを見ていきましょう。

◆手術前日◆

予定帝王切開の場合、前日から入院しておき、当日の朝から準備をすることが多いようです。前日の21時くらいから絶飲食がはじまったり、陰毛のカットもこの日に行われることが多いでしょう。

◆手術当日◆

手術前に水分補給を兼ねてルートの確保(緊急時に輸血や点滴をスムーズに行えるように点滴用の針を留置しておくこと)が行われます。産後は3日目くらいまでお風呂には入れませんので、ルート確保の前にシャワーを浴びておくようにしておきましょう。

手術が終わると当日は基本的にベッド上で安静です。排泄も導尿用の管が入れられているため尿意を感じることはありません。ただし効率的な子宮収縮や、肺血栓塞栓症予防のためにも、麻酔が切れたら足首の運動や寝返りなどを積極的に行うと良いと言われています。

病院によっては産後直後からの母子同室を推奨しており、帝王切開後も赤ちゃんの状態がよければ実施されます。ただ起き上がることはできませんので、おむつ交換や授乳は助産師さんや看護師さんの手を借りながら行います。

◆産後1~3日◆

歩行練習がはじまります。起立性貧血などが起こる可能性もあるため、一番はじめの起き上がりや立ち上がりは必ず助産師さんや看護師さんと一緒に行うようにしましょう。トイレまでの歩行が一人でできるようになると、導尿の管が抜かれます。

ガスが出たり、お医者さんの診察で腸の動きが確認できれば、産後1日目頃から飲食が再開されます。水分→重湯→ペースト→お粥→普通食と段階を踏んで普通食に戻していきます。

子宮の収縮の状態を見ながら、産後2~3日まで子宮収縮剤の入った点滴が行われます。

◆産後4~5日◆

少しずつ動けるようになったら本格的に赤ちゃんのお世話がはじまります。沐浴指導・調乳指導が行われるのもこの時期です。退院指導として退院後の赤ちゃんのお世話などの指導が行われる病院もあります。

◆産後6~7日◆

抜糸、体重測定や尿検査など、退院に向けた診察が行われます。 緊急帝王切開の場合は、事前の準備なく帝王切開が実施されますが、基本的に産後の経過は同じです。もちろん病院によって帝王切開の流れは変わりますので「だいたいこういう流れで実施されることが多いんだな」と参考程度に留めておき、詳しくは病院で説明を受けるようにしてくださいね。

帝王切開の痛みは術後3日目までがピーク

帝王切開となると、やはり一番気になるのは”痛み”と答える人が多いのではないでしょうか。ここではそんな帝王切開の代表的な痛みをご紹介します。

■麻酔の痛み■

帝王切開で一番はじめにやってくる未知なる痛み、それはやはり”麻酔”ですよね。麻酔といっても実際はいろんな種類があるのですが、最近の帝王切開では”硬膜外麻酔”と”脊髄麻酔”の2つを併用することが多いようです。

また『痛みは極力与えないように』というのが最近の傾向です。
(1)皮膚の上に表面麻酔という塗り薬を塗って皮膚表面を痺れさせる
(2)歯医者さんで行われるような部分麻酔を行う
(3)硬膜外麻酔を行う
(4)十分に硬膜外麻酔の効果を確かめてから脊髄麻酔を行う
という流れで行う病院が増えてきているようです。

痛みの感じ方には個人差がありますが、筆者が体験したときは痛みというより「脊髄の中をさわられているような違和感」を感じました。ただ感じたなと思ったらすぐに感覚がなくなったので『嫌な時間はそれほど長くは続かない』という点がポイントだと思います。

■産後の子宮収縮の痛み■

産後は子宮を収縮させることで、胎盤が剥がれた部分などからの出血を止めます。ただ帝王切開の場合は陣痛で子宮収縮の痛みを体験しなかったことから、この産後の子宮収縮である”後陣痛”の痛みを強く感じる人も多いようです。
また帝王切開は傷口が大きい分、効率的な子宮収縮を促すために”子宮収縮剤”を使用することもあります。これは人工的に陣痛を起こす際にも用いられるものなので、より強い痛みを感じやすい傾向があります。

■産後のキズの痛み■

帝王切開で切った部分は、排泄や立ち上がりなど日常的な動作の際にも力が入る部分なので、動くと強い痛みを感じる人も多いようです。ただ産後しばらくは硬膜外麻酔をそのままつけてくれる病院もあり、それほど痛みを感じなかったという人もいます。

ただし『産後の後陣痛やキズの痛みは痛み止めが使える病院が多い』と言われていますので、あまり心配しすぎないでくださいね。特に術後の数日間に痛み止めが使えない病院はほとんどないのではないでしょうか。麻酔も赤ちゃんには影響がないとされていますし、産後の痛み止めもお医者さんの指示通りに使用する分には、あまり母乳への影響を心配しすぎる必要はないでしょう。

もし心配なら手術前に一度産婦人科で、産後の痛み止めについて確認しておくことをおすすめします。見通しが立っていると乗り切りやすいですし、赤ちゃんのお世話をしていると意外と痛いのはそっちのけになったりもしますので、あまり今のうちから気負い過ぎないようにしてくださいね。

筆者も術後は、飲み薬・点滴・座薬と痛み止めがフル稼働でした。ナースコールのほぼ全てが「痛いんですけど…」だったように思います。筆者は特に2人目だったこともあってか後陣痛が辛かったのですが、産後2日目に子宮収縮剤が終わって、体についていた管の全てがはずされた頃には、我慢できる痛みにまで落ち着いていました。



出産時の対応を今一度家族と確認しておきましょう

妊娠36週から臨月に入り、体もそろそろ出産に向けて準備が整ってきました。まだ正期産より少し早いとはいえ、出産がはじまる可能性が高まってきている時期ですので、今一度出産時の対応を家族で確認しておきましょう。

・陣痛がはじまったらどこに何を連絡すればいいのか
・何を持って出ればいいのか
・救急車を呼ぶときはどんなときか

など、できるだけ細かいシチュエーションごとにシミュレーションしておくと、いざというときにあわてずにすみます。
また『迷ったら産婦人科に電話して相談』は、鉄板の対応ですので、ママだけでなくパパの携帯電話にも連絡先を入れておくと安心ですね。

過去の押さえておきたいポイント

妊娠36週でも押さえておきたい、過去にご紹介したポイントのリンクを下にまとめました!読んでみたいポイントがありましたら、ぜひチェックしてみてくださいね。 【妊娠15週】
・「体重増加の目安」
・「体重管理が必要な理由」 【妊娠21週】
・「理想体重を維持するテクニック」 【妊娠23週】
・「効率的に鉄分を摂取するコツ」
・「マミーブレイン」 【妊娠25週】
・「便秘の原因と対処法」
・「痔の原因と対処法」
・「巣作り本能」 【妊娠26週】
・「シムスの体位」 【妊娠27週】
・「あると便利な入院アイテム10選」
・「事前に準備しておきたい産後用品8選」 【妊娠28週】
・「仰臥位低血圧症候群」
・「妊娠中のシートベルト」 【妊娠29週】
・「糖負荷試験」
・「母性が育まれるタイミング」 【妊娠30週】
・「子宮頸管の長さと切迫早産の関係」
・「”張り止め”の効果と副作用」 【妊娠31週】
・「ハイリスク妊娠と診断されたら」
・「管理入院の目的と必要性」 【妊娠32週】
・「妊娠後期に出血したときの対応」
・「妊娠後期の夫婦生活」 【妊娠33週】
・「経膣分娩の出産方法」
・「帝王切開を選択されるパターン」 【妊娠34週】
・「すべての妊婦さんで産休が取得可能に」
・「積極的に切迫早産の治療を行う時期」 【妊娠35週】
・「前駆陣痛と本陣痛を見分けるテクニック」
・「正しい陣痛の時間の計り方」

関連記事リンクはこちらから↓

妊娠35週には、子宮がみぞおちの下まで上がり高さのピークに達します。赤ちゃんはほぼ完全に肺の成熟を終えるので、この時点で早産しても、自発呼吸が十分に期待できる時期です。それでは妊娠35週にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきましょう。 妊娠37週からは、いよいよ正期産に入ります。前駆陣痛が本格化して子宮頸管が短くなったり子宮口が開いたりする人も出てきますし、これまで激しかった胎動が落ち着いたと感じる人も出てくる時期です。それでは妊娠37週にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきましょう。 いよいよ臨月、もうすぐ赤ちゃんがママとパパのもとにやってきます。入院や出産の準備や、産後すぐにしておきたいことの確認などは済ませましたか?リラックスして赤ちゃんが産まれてくるそのときを楽しみにして過ごしましょう。そんな妊娠10ヶ月のママと赤ちゃんの様子、気をつけることなどをご紹介します。 妊娠後期に入るとおなかの赤ちゃんはさらに大きく成長していきます。それにともなっておなかもどんどんせり出し、家事や買い物といった日常の行動が一苦労に。赤ちゃんとのご対面まで残りあと少しです。妊娠後期の知っておきたい身体の変化と、この時期お母さんが気をつけること、やっておきたいこと、赤ちゃんの成長についてご紹介します。