陣痛と下痢の痛みは似てる?陣痛前の下痢、陣痛が始まるサインについて

陣痛サインには人それぞれありますが、その中のひとつに「臨月の下痢」があります。初産のプレママは、何から何まで初めての経験。周りの先輩ママから「陣痛が来たらわかるから大丈夫」と言われても、下痢きっかけだと初めのうちは見逃しちゃうかも?なぜ陣痛サインに下痢があるのか、また、そのほかの陣痛サインについてもまとめてみました。

陣痛の痛みと下痢の痛みって似ているの?

単刀直入に、答えは「YES」です。

臨月になって下痢を経験した方の中には、腹痛の度トイレに行き、トイレの感覚がみじかくなるなーと思っていたら実は陣痛が始まっていた、という方も珍しくないのです。
もちろん、陣痛の痛みは人によってそれぞれですから、一概にすべての陣痛が下痢の痛みと同じとは言えません。生理痛をひどく重くした感じだったとの声も聞かれます。

ただ、普通の下痢の腹痛だろうと思っていたのにそのまま本陣痛に移行してしまい、パニック!ということがないように、いつ陣痛が来てもいいように事前に入院準備などを済ませておくというのが大事ですね。



臨月の下痢は陣痛のサインなの?

一概には言えませんが、答えは「NO」です。

筆者も臨月に入って急にお腹の動きが活発になった一人ですが、トイレとお友達になってから2週間、子宮口は1cmから開かないし腰痛と腹痛だけの日々を過ごしました。ですから、下痢が来たからもうすぐ陣痛、と直結するサインではないのです。

しかし、臨月の「下痢」「快便」は、お産の準備が整ってきたサインであることは心に留めておきましょう。

臨月を迎えるまでのお母さんの体では、「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが多く分泌されていました。これは、流産防止と胎児の成長を促進させるホルモンなのですが、母体に対しては腸の働きを弱める作用があるため、妊娠中の母体は多くが便秘がちになってしまいます。
しかし、臨月に入り、いつでも赤ちゃんを産める状況になると、このプロゲステロンの値が下がってきます。そうすると、阻害されていた母体の腸の働きは元に戻り、快便になったり、かえって腸の動きに体が追いつかず下痢になってしまったりするのです。

こんな下痢の症状は注意

本来なら診察が必要な下痢なのに、一般的な臨月の下痢に隠れて手当が遅れることがないよう、ほかの病気を疑ったほうがいい場合をご紹介します。

他の病気の可能性

下痢症状は臨月にはありえることとはいえ、免疫系の落ちている妊娠期間中ですから、別の病気にかかっている可能性も無視できません。過敏性腸症候群であったり、食中毒であったり、下痢から疑われる病気はたくさんありますので、いくつかチェック項目をご紹介します。

1.水分を多く含んだ、ほぼ水のような便である
2.腹痛が治まらない
3.吐き気・発熱がある
4.普段と便の色が異なる
5.一日に何度もトイレに行く

以上のような症状に当てはまった場合、体に入り込んだ細菌を追い出すために下痢をしているのかもしれません。このような場合は「臨月だから」と楽観視しないで、かかりつけの産科医に相談しましょう。



下痢が長引かないよう注意して

チェック項目にも当てはまらないし、臨月の下痢だろうから気にしないでいいんだ、と侮ってはいけません。いくら臨月の正常な現象とはいえ、下痢が続けば母体への影響があるからです。

例えば、下痢が引き起こす腸の収縮は子宮の収縮も引き起こします。重症の下痢であれば、お腹の張り、子宮周りの痛みを引き起こすことがありますので注意が必要です。

下痢が続くと体力の低下に

下痢が続くということは、十分に栄養を吸収できない状態が続くということです。母体が栄養失調になれば、体力は消耗されてしまいますし、赤ちゃんに届けたい栄養が届かなくなってしまいます。

また、下痢で腸内の善玉菌を洗い流してしまうと、今度は便秘がちになってしまいます。
便秘が続くと、エネルギーを血液中の老廃物の代謝に当ててしまうため、結果的に母体のエネルギー不足をおこしてしまうという悪循環が起こります。下痢と便秘を繰り返す前に、相談したほうがいいでしょう。

もし、下痢が3、4日継続する場合は早めにかかりつけの産科医に相談し、妊娠中でも使える整腸剤などを処方してもらってくださいね。

体を温めて下痢を防止して

下痢は、体の冷えから起こると言われています。また、自律神経の乱れが下痢を引き起こすこともあります。温かい飲み物を飲む、ブランケットを利用する、暖かいお風呂に浸かる、体を温める食品を取る、などを心がけ、冷えから来る下痢を防止しましょう。

実際に下痢になっている場合には、生姜・にんにく・にらなどの食品は、弱った胃腸には刺激物となりますので注意してくださいね。

陣痛が始まるサインはこんなものが

陣痛サインが起こってから陣痛が来るまでの長さは人それぞれ。でも確実に赤ちゃんに会える日は近づいていますよ!ほかにも見落としがちな「そろそろだよ」サインがありますので、心構えのためチェックしておきましょう。

おしっこが近くなる

赤ちゃんが骨盤の方に下がってくることで、膀胱を圧迫するようになるとトイレが近くなります。また、トイレに行っても出し切った感がなく、残尿感を感じる人もいます。

お腹が下がり、食欲が旺盛に!

みぞおち付近まで育っていた赤ちゃんが骨盤側に下がることで、それまで圧迫されていた胃が元に戻り、食欲が増すことも。臨月で一気に体重が増えることもあるので注意してくださいね。

定期的にお腹が張る

前駆陣痛というものです。一日に数回程度の張りで、本陣痛ほど規則的ではなく、痛みもひどくありません。ぐぐっとお腹が張り、しばらくすると落ち着いてきます。経産の場合、あまり感じないこともあるそうです。

おならが頻繁に出る

便秘がちになったプレママの中には、おならが頻繁に出るようになった方も多くいらっしゃいます。これは、骨盤側に赤ちゃんが下がったことで腸が圧迫され、便秘になり、腸内でのガスが発生しやすくなったため。我慢は禁物ですから、旦那様にも状態を知ってもらっておくのもひとつの手ですね。

お腹まわりを温めたり、ヨーグルトなど腸に優しい食べ物を取ったり、便秘が改善しないようなら産科医に相談してお薬を処方してもらいましょう。

先輩ママの体験

陣痛がくる前に心の準備をしてリラックスしておきましょう

陣痛の痛みは下痢の痛みと似ていると言われることはよくありますが、人によって個人差があります。また、同じように陣痛が来る前にはいくつものサインがあり、それにも個人差があります。

そのため、陣痛サインを感じる前に、病院へ行く準備を整えて、お産までの流れを復習しておきましょう。心の準備ができてリラックスする助けになりますよ。