ベビーシート(新生児向けチャイルドシート)の上手な選び方とおすすめ7選

ベビーシートは車に赤ちゃんを乗せるときに必ず必要なものです。万が一の事故が起きたとき、赤ちゃんを守ってくれるのがベビーシートです。そんな大切な赤ちゃんを守ってくれるベビーシートはどのように選べばいいのでしょうか。今回は、ベビーシートを選ぶ際のポイントや、おすすめのベビーシート7選をご紹介します。

ベビーシートってどんな時に使う?

車に乗るときには必ず必要なもの

車に乗車している際の事故から小さい子どもたちを守るために、平成12年4月から6歳未満の乳幼児はチャイルドシート及びベビーシートを着用することが義務づけされました。一部の例外を除き、6歳未満の乳幼児が車に乗車する際はチャイルドシート及びベビーシートを着用していなければ違反となります。
しかし「ルールとして決まっているから」チャイルドシートやベビーシートを着用するわけではありませんよね。小さい子どもの命を守ってあげるために着用するものです。

ベビーシート及びチャイルドシートを着用していない場合は、着用しているときと比べて事故に遭った際の死亡率が約4倍にもなるという統計データもあります。事故に合ったとき、ママの手ではその大きな衝撃から赤ちゃんを守ってあげることができません。

チャイルドシート・ベビーシートのタイプ

チャイルドシート・ベビーシートにはいくつかタイプがあります。

■乳児期専用タイプ(新生児から1歳頃まで)

■幼児期専用タイプ(1歳頃から4歳頃まで)

■学童期専用タイプ(5歳頃から)

乳児期専用タイプは取り付けが簡単でコンパクトなものが多く、赤ちゃんを乗せたまま持ち運びができるなどの利点があります。しかし使える期間が短いため、次ぎに使う兄弟がいない場合などは不経済という声も。
一番多いのが乳児期と幼児期の兼用のタイプです。新生児から使えて、4歳頃まで使えるものが多いです。長く使える反面、次ぎに生まれた兄弟にシフトできずに結局もう一台買うことになるという場合も。

使用する月齢に合ったシートを選びましょう

産院から退院するときから車を利用する人、カーシェアリングなどの利用で頻繁には車に乗らない人など、ライフスタイルは様々ですよね。ベビーシートはそんなライフスタイルに合わせて選んでください。
生まれてすぐ使いたい場合は新生児から使えるベビーシートを選んでください。「新生児」と言っても出生時の体重には個人差があります。体重何kg以上から使えるかをよく確認してください。

ベビーシートには、座面がくるっと回転するものや、リクライニングするもの・しないもの、いろいろな種類があります。ベビーシートを装着する車のタイプなどにも合わせて選んでください。
車高の低い車の場合は、ベビーシートの座面がドアの方に回転するものの方が乗り降りがスムーズです。



人気!おすすめベビーシート7選

1、タカタ シートベルト固定チャイルドシート:長く使えてコスパ◎!

Amazon.co.jp限定】タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け) ブラック/オレンジ
タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け)

■使用対象月齢  0ヶ月 ~ 48ヶ月(体重18kg、身長100cmまで)
■日本製

新生児から4歳頃まで使えてこのお値段!リーズナブルなのに長く使えるのが選ばれるポイントです。すっぽり包み込む形が赤ちゃんに安心感を与えてくれます。このシートに乗せるとよく寝るという声も。

2、Joie チャイルドシート:かわいいシートでおでかけを楽しく♪

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ブラック
Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ブラック

■使用対象月齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月(体重18kgまで)
■中国製

新生児から使えて4歳頃まで長く使えるチャイルドシート。リクライニング機能があるので、月齢の小さいうちは寝かせて、大きくなったら起こして使用できます。かわいいデザインで車でのおでかけを楽しく♪リーズナブルなお値段も魅力です。

3、コンビ ミニマグランデ:軽量・コンパクトなのに長く使える!

Combi チャイルドシート ミニマグランデ エッグショック ミッキーマウスUC (新生児~4歳頃対象) 軽量コンパクト設計
コンビ Combi チャイルドシート ミニマグランデ S UB ブラウンプレッソ (新生児~4歳頃対象) 軽量コンパクト設計

■使用対象月齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月(体重18kgまで)
■中国製

軽量コンパクト設計のチャイルドシート。安定感のあるシートでカーブ走行時でも赤ちゃんをしっかり支えてくれます。新生児から4歳までと長く使えるのもうれしい!車の内装とマッチする落ち着いたデザインにさりげないミッキーの刺繍がかわいいです。

4、アップリカ フラディア:赤ちゃんをフラットに寝かせられる

アップリカ フラディア ノーブルブラウン 回転式&ベッド型チャイルドシート (ヒップインナーシート付き)
アップリカ フラディア ノーブルブラウン 回転式&ベッド型チャイルドシート (ヒップインナーシート付き) 93086

■使用対象月齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月(体重18kgまで)
■中国製

シートを横向きにしてフラットにすることができます。低月齢のうちは、赤ちゃんの首と腰に無理のない姿勢で乗せることができます。寝ているときは横向きフラット、起きているときはシートを起こしてと使い分けができます。

5、カーメイト エールベベ:くるっと回転するので乗り降りラクチン!

カーメイト エールベベ 360ターンS2 新生児から4歳用チャイルドシート(360度回転型) ブラック
カーメイト エールベベ 360ターンS2 新生児から4歳用チャイルドシート(360度回転型) ブラック

■使用対象月齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月(体重18kg、身長100cmまで)
■日本製

赤ちゃんを抱っこしたままでも、片手で簡単にシートを回転させることができるので乗り降りが簡単です。シートは360度回転するので左右どちら側のドアでも取り付け可能です。カバーは取り外して洗うことができます。

6、レカロ スタート ゼロセブン:新生児から使えて7歳まで使える

レカロ スタート ゼロセブン アルトオレンジ RC550.07 新生児~7歳頃までのロングユースタイプ
レカロ スタート ゼロセブン アルトオレンジ RC550.07 新生児~7歳頃までのロングユースタイプ

■使用対象月齢 0ヶ月 ~ 84ヶ月(体重25kg、身長120cmまで)

新生児から使えて7歳頃まで長く使えるチャイルドシート。お値段は高めですが使用期間を考えればコスパは抜群!ずっと五点式ベルトで簡単に体をホールドすることができます。しっかりとした作りのヘッドレストは簡単に引き上げ可能。体が大きくなっても大切な頭をしっかり守ってくれます。

7、マキシコシ ペブル:赤ちゃんを乗せたまま持ち運びできる!

ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート(0~1歳向けベビーシート) アースブラウン
マキシコシ ペブル トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート(0~1歳向けベビーシート) アースブラウン

■使用対象月齢 0~12ヶ月
■オランダ製

赤ちゃんを乗せたまま着脱が可能なチャイルドシート。車で眠ってしまった赤ちゃんを起こすことなく移動できます。専用のアダプターを使えばエアバギーに取り付け可能なので、おでかけ先でもベビーカーと車の乗せ換えもラクラク。

ベビーシートに関する先輩ママの声



赤ちゃんと快適なカーライフを

赤ちゃんの乗り心地と安全が第一

赤ちゃんを不慮の事故から守ってくれるベビーシート。車でお出かけするときにはからなず着用しましょう。「泣いて嫌がるから」と乗せない人も多いですが、赤ちゃんがご機嫌になるようなグッズで工夫しましょう。少しずつでも言葉を理解するようになったら「車に乗ったときはココが自分の席」と根気よく言い聞かせて、習慣化させましょう。

ベビーシートは安全面からすっぽり包み込むような形のものが多いです。汗っかきなお子さんの場合は、長時間乗っていると夏以外でも蒸れて暑くなることもあります。シートの素材に気をつけたり背中が蒸れないような工夫をしてみてくださいね。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ 車に赤ちゃんを乗せる際に必要なチャイルドシート。赤ちゃんの安全はもちろん,より赤ちゃんに快適なものを選んであげたいですが,決して安い買い物ではないので経済的にどれにしたらいいのかも気になるところです。ここでは,たくさんあるチャイルドシートの種類の中から,ご家庭に合ったものを選ぶポイントを紹介しますね。 決して安い買い物ではないチャイルドシート。「法律で決まってるから仕方ないけど、出費はおさえたい…」と価格だけを重視して購入してしまうと「あのときちゃんと選んでおけば良かった!」と後悔することになるかもしれません。今回はお子さんの安全をしっかり守るためのチャイルドシート選びについて見ていきたいと思います。