前駆陣痛から本陣痛になるにはどのくらいかかる?本陣痛に繋げる方法とは

夜中から深夜にかけて起こりやすいと言われている前駆陣痛。寝不足であったり、前駆陣痛の痛みが激しいとなおさら辛いですよね。前駆陣痛を本陣痛に繋げるためにはどうしたら良いのかをまとめました。

前駆陣痛から本陣痛にかかる時間

陣痛とは、赤ちゃんを外に出そうと子宮が収縮する時に生じる痛みのことです。陣痛は分娩時だけに起こるものではなく、臨月に入った頃から子宮の収縮が発生し痛みの程度が徐々に強くなってきます。
前駆陣痛は、分娩時にママの体が陣痛の痛みに耐えられるように陣痛の予行練習のような痛みのことを言います。

通常は数日~1、2週間くらいかかります

一般的には前駆陣痛が起きてから数日~1、2週間程度で本陣痛になると言われています。夜眠れないことが多い妊婦さんは昼間など横になる時間を作って今のうちから体を休めておきましょう。ただし下腹部痛が続く場合や、不正出血がある場合は他の症状の可能性もあるので、すぐに医師に相談しましょう。

人によっては1ヶ月以上続くことも

個人差はあるので本陣痛の直前にきたという方もいますし、早い人では臨月前から前駆陣痛を感じる方もいます。お腹が張るのも前駆陣痛の一つと言われており、痛みの程度も様々なので前駆陣痛に気が付かない場合もあるようです。

臨月に入ってから前駆陣痛を感じる妊婦さんもいれば、9ヶ月や8ヶ月頃から前駆陣痛を感じ、1ヶ月程度続くという妊婦さんもいるそうです。また、前駆陣痛が全くなかったと感じる妊婦さんもるなど、人によって様々です。前駆陣痛がきても本陣痛とは違い、すぐに出産につながるわけではないので、「自分の体が出産準備に入りつつあるんだな」と考え、必要以上に不安に感じなくても大丈夫でしょう。



前駆陣痛と本陣痛の違いとは

本陣痛は痛みの間隔が規則的で徐々に間隔が狭くなっていくのが特徴です。間隔が短くなるほど出産が近づいていきます。痛みの強さも徐々に強くなります。
一方、前駆陣痛は痛みの間隔が不規則で痛みも強かったり弱かったりと不安定な状態です。ただの下腹部痛と勘違いしやすい程度の痛みなので、実際に前駆陣痛がきていることに気が付かない妊婦さんもいます。

前駆陣痛から本陣痛につなげるためには

前駆陣痛を感じたら、一日でもお腹の子の顔を見たいから早く本陣痛につなげていきたいと考える妊婦さんは多いですよね。
では、本陣痛につなげるためにはどのように過ごしたら良いのでしょうか。

本陣痛につなげるためにはよく体を動かすこと

37週以降で前駆陣痛が起きたら、本陣痛につなげるためにも体をよく動かした方が良いでしょう。ウォーキングやストレッチ、階段の上り下り、雑巾がけなど、無理をしない程度に行います。

子宮口を柔らかく開きやすくするためにストレッチはお風呂の後などできれば毎日行った方が気分転換にもなるのでおすすめです。

また、おっぱいマッサージをすることで乳首への刺激により子宮収縮が起きやすくなります。
こちらもストレッチとあわせて行うと良いですね。



長く前駆陣痛が続くのは大丈夫なの?

前駆陣痛は深夜に起こることが多いとされています。ママが忙しい昼間に前駆陣痛が起こっても、体を動かしているので痛みを感じにくいのかもしれません。

毎日深夜に前駆陣痛が続くと寝不足になってしまうので辛いママも多いとは思いますが、前駆陣痛が長く続いても問題はありません。ただし、痛みがあまりにも強烈だったりおしるしとは違う出血を伴う場合には医師に相談した方が良いでしょう。

余談ですが、前駆陣痛が長引く原因として、お腹が出てきた時から腹帯等でお腹を巻かないでいると、赤ちゃんの頭が骨盤にきちんとおさまらず、お腹が前にせり出してしまうこともあるようです。暑い時期は通気性の良い腹帯をするなどしてきちんと巻いておいた方が良さそうですね。腰痛の緩和にもなるので、腹帯やお腹を支える機能のあるインナーを上手に使っていきましょう。

経産婦は前駆陣痛が長引きやすい?

お産の進み方は人それぞれです。経産婦だから前駆陣痛が長引きやすいという訳ではありません。
また、第一子のお産と第二子のお産で全く違う方も多く、第一子の時に前駆陣痛が全くなくて第二子で初めて前駆陣痛を経験し戸惑った、という方も沢山います。
前駆陣痛で体力消耗が激しい場合や痛みに不安を覚えたら、医師に相談するようにしましょう。

前駆陣痛についての体験談

前駆陣痛について、他の方の体験談をご紹介していきましょう。 やはり人によって差があり、それぞれ症状は異なるようですね。2人目では前駆陣痛の症状も異なることもありますので、前もって準備しておきたいですね。

不安な場合は医師に相談を

初産婦の方ははじめての経験ばかりで色々不安に感じることもあるでしょう。また、経産婦の方も上のお子様の時と違うお産になればはじめての経験で戸惑う事もあると思います。

経産婦の方は特に、お産を一度経験しているので不安なことがあってもあまり医師に相談せず、腹痛などあっても我慢してしまう傾向にあります。

不安などを溜め込んでストレスを溜めてしまっては元も子もないので、どんなに些細なことでも何かわからないことや不安なことがあれば検診時に相談したり、電話で相談したりして不安を解消しましょう。