おっぱいが痛い…というママへ。母乳過多の原因と対策

母乳が出ないという悩みは数多く聞かれるけれど、その一方で実はひそかに悩んでいる人が多い“母乳過多“。「母乳が出るだけいいじゃない!」と言われてしまい、なかなかまわりには相談できないというママも多いようです。乳腺炎などのトラブルも心配ですよね。そこで、母乳過多の原因と、対策方法をまとめてみました。

母乳過多ってなに?

母乳が作られる量が、赤ちゃんが飲む量より多くなってしまっていること

母乳過多で悩むママの症状はさまざまです。
母乳パッドが数時間でびしょびしょになるという人もいれば、搾乳しないと痛いくらいおっぱいが固くなってしまうという人も。
共通していえるのは、赤ちゃんが飲む量よりも母乳が作られる量が多く、需要と供給が合っていないということ。
飲ませている途中で赤ちゃんがむせてしまったり、飲ませ終わっても常に残乳感があるママが多いようです。

悩んでいるママはけっこう多いんです!

悩んでいるママは意外とたくさんいるんですね。
乳腺炎など、つらい身体のトラブルも多くあるようです。
そもそも、どうして母乳過多になってしまうのでしょうか。



母乳過多の原因は?

ママの乳線が発達しているから

原因として一番多いとされています。
乳腺の発達には個人差があり、ママが母乳が多く出やすい体質であるということです。

赤ちゃんが飲みきれず、母乳が残ってしまうから

特に低月齢の赤ちゃんは、分泌する量に対し飲む量が追いつかないことがあります。
また、おっぱいの飲み方もまだうまくないため、授乳時間が長くなりがちです。
そのため、吸われる時間が長いことでどんどん分泌が多くなり、張りが強くなってしまうこともあります。

ホルモンの働きによる反射が強いから

赤ちゃんがおっぱいを吸ったときなど、脳が母乳を出すことが必要だと判断した場合、オキシトシンという母乳の増加を促すホルモンが分泌されます。
この反射が特に強いママの場合、赤ちゃんが飲める量よりさらに多くの母乳が分泌されてしまいます。
また、甲状腺の病気などで、母乳促進のホルモンが高くなっている可能性があります。
過剰に出すぎて困るときは、お医者さんに相談した方がいい場合もあります。

母乳過多でつらいときに試してみたい6つの対策

基本的には、赤ちゃんの月齢が進むにつれて母乳の需要と供給のバランスは整っていきます。
でも、張りが痛いときなど、我慢できないときもありますよね。
そんなときにおすすめの方法をまとめてみました。

1.手絞りで搾乳する

あまりにおっぱいが張ってつらいときは、乳腺炎になることを防ぐためにも搾乳するのがよいでしょう。
また、張っていると赤ちゃんが母乳をなかなか飲んでくれないことがあります。そういったときも少し絞って飲みやすくしてあげることは大切です。
ただし注意しなければならないのは、搾乳することによって刺激されると、さらに母乳の分泌がよくなってしまうということです。
それを防ぐためには、搾乳機を使うよりは手絞りのほうがいいとされています。
また、乳首周辺を押さえるようにして絞ってしまうと分泌が促進されてしまいます。
乳房全体を手のひらで包むようにする「おにぎり絞り」という方法で、圧抜き程度に絞りましょう。

2.ハーブティーを飲む

セージやペパーミントなどのハーブには、母乳の分泌を抑える効果があるといわれています。
ハーブティーを飲むことによって、母乳の詰まりがよくなったという声もあります。
“母乳分泌抑制ハーブティー“などで調べてみてくださいね。
分泌を抑えるだけで、止めてしまうわけではないので安心して飲むことができます。

3.おっぱいを冷やす

おっぱいを冷やすことで、母乳の分泌が抑制されるといわれています。
ただし、冷えピタや保冷剤などでは急激に冷たくなってしまい、赤ちゃんが母乳を飲みたがらなくなる可能性があるので注意が必要です。
助産師さんがすすめる方法は“キャベツ湿布“や“レタス湿布”です。
キャベツやレタスをそのまま1枚ちぎり、軽くゆでた後、洗って氷水につけて冷やし、水気をとります。
これをおっぱいに被せて冷やすという方法です。
保冷剤などと違ってゆるやかに冷やすことができますよ。

4.授乳の方法を変えてみる

一般的に、母乳は毎回左右交互にあげるように言われますよね。
しかし母乳過多のママの場合、毎回どちらのおっぱいも飲みきれず、それぞれが刺激されてまた分泌が多くなる…という悪循環に陥ってしまうこともあります。
そんなときに試してみてほしいのが“時間割授乳法”。この方法は、数時間ごとに時間を区切り、その間は片方のおっぱいからだけ授乳するというやり方で以下の通り行います。

・片方のおっぱいからのみ授乳します。このとき、時間を決めずに赤ちゃんが欲しがるだけ授乳しましょう。
・一度飲み終わった後、赤ちゃんが時間を空けずに(目安は3時間以内)おっぱいを欲しがった場合は、また先ほどあげたおっぱいから授乳しましょう。
・最初にあげた時間から3時間以降に赤ちゃんが欲しがった場合は、反対側のおっぱいから授乳します。
これから3時間はこちらのおっぱいからのみ授乳しましょう。この繰り返しです。
・授乳していないほうのおっぱいが張ってつらいときは、圧抜き程度に搾乳しましょう。
 この方法を試すと、1週間以内に母乳過多が落ち着いてくるママが多いそうです。

5.母乳外来を受診する

張りが強くなって部分的にしこりや痛みが出てきた場合、放っておくと乳腺炎などを引き起こす可能性があります。
不安な場合は近くの産婦人科や助産院の母乳外来を受診し、マッサージなどを受けるのがよいでしょう。
外出が難しかったり、近くに母乳外来がない人は、自宅まで訪問してくれる助産師さんもいるので調べてみましょう。
 

6.食事内容を見直す

母乳の分泌を増やしたり、詰まりやすくしてしまうものとしては、
・乳製品
・油っぽいもの
・豚肉、牛肉
・お餅
・洋菓子
・甘い飲み物
などがあります。これらの量を少し減らしてみるといいかもしれません。
また、助産師さんの話では、基本的には和食をメインに食べるのがいいそうです。
あまりに張ってつらいときは、少し夕食の量を抑えるのも効果的ですよ。 いかがでしたか?
せっかくの母乳育児、できることならトラブルなく楽しみたいですよね。
対策の方法は人によって効果が違うので、いろいろと試してみて、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。