ひな祭りは簡単レシピで華やか!離乳食用ケーキやちらし寿司などのレシピ

3月と言えばひな祭り!女の子のお母さんはひな人形の飾りつけにお料理にとお祝いの準備で忙しいですよね。それが初節句であれば尚更だと思います。ひな祭りの準備は大変ですが、なんだか華やかで準備をしていても楽しいものですよね。今回はひな祭りにふさわしいお祝いのお食事がテーマです。定番のお料理から離乳食の赤ちゃんでも食べられるレシピまでご紹介します。

ひな祭りには縁起のいいものを

定番メニューにはそれぞれ意味が

ひな祭りで頂く食事というと、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、菱餅にひなあられなどが挙げられますよね。どれも華やかなお料理ですが、これらのいわゆる「ひな祭りの定番メニュー」には、ひとつひとつに意味があるという事はご存知でしょうか。

古くから、ひな祭りは「女の子の健やかな成長を願う日」としてお祝いをされていて、その時に出すお料理にもひとつひとつ願いが込められているのです。早速ご紹介していきましょう。

ハマグリの吸い物

ハマグリのお吸い物は、「良縁と出会えるように」という願いが込められています。ハマグリは、その貝の合わさっている貝殻同士でないと形が合わないと言います。女の子もハマグリの貝合わせのように、「ピッタリの人と出会えますように。」という願いが込められているのです。

菱餅

菱餅の意味は、その色ごとによって異なります。菱餅は上から、桃色、白色、緑色です。上から順を追ってご説明しましょう。

桃色…桃色は赤色と捉えます。赤色は魔除けの意味があります。
白色…お餅に菱の実を入れたものです。菱には子孫繁栄や長寿の意味があります。
緑…餅に母子草と呼ばれる草を混ぜたものです。(地方によってはよもぎの場合もあります)この母子草は魔除けの意味があります。

菱餅には、厄と魔除け、長寿、子孫繁栄の願いが込められた食べ物なのです。

ひなあられ

可愛い色合いにコロコロとした形、食べるとフワッと優しい甘さのお菓子ですが、このひなあられにも意味があります。こちらも菱餅と同様に色に意味が込められています。

白色…大地の力
桃色…生命の力
緑…植物の力

こちらは自然の偉大な力を表しているとされています。ひなあられは元々、ひな人形を持って自然の景色を見せる「ひなの国見せ」という行事にもって行かれたお菓子です。
ひなあられは自然の力を受けて強く健やかに成長するということを願うものなのです。

白酒(甘酒)

白酒と甘酒には「邪気を払う」という意味があります。

白酒や甘酒は元々、「桃花酒」と呼ばれるお酒でした。桃花酒の桃には邪気を払う力があるとされていました。また、桃は長寿に通じるものともされていたので、邪気払いの他にも長寿を願うお酒として飲まれていました。

江戸時代以降にこの桃花酒は白酒と甘酒に変わり、意味はそのまま桃花酒のときのまま引き継いでいるのです。

ちらし寿司

ちらし寿司の意味もご紹介しましょう。ちらし寿司の意味は非常にシンプルで、寿司は「寿」を司るとされ、「寿司自体がおめでたく縁起の良い食べ物とされている」ということなのです。昔は、初節句の時に母方の実家よりひな人形が贈られたときに、お返しとしてこのちらし寿司を振る舞っていたそうです。

そんな存在自体がおめでたいちらし寿司ですが、使われている具材にも意味があります。

<ちらし寿司の具材の意味>
海老…背が丸くなるまで長生きするように。
蓮根…先の見通しが良いように。
豆…元気にマメに働けるように。

宝石のような、綺麗なちらし寿司には「おめでたい料理」だけではなく、子供の長寿と、先々が明るく元気に働けるように、と願い事がぎっしり詰め込まれているのです。



ちらし寿司のレシピ5選

1.丼で作る、ちらし寿司のケーキ!


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18369/recipe/874194
<ちらし寿司ケーキ(魚介と海老)> <材料(4人分)>
固めに炊いたご飯…4人分(2合)
海老…4尾
刺身(マグロなど)…1パック
錦糸卵…1パック
デンブ…大さじ4
ちらし寿司の素…1パック
かいわれ菜…すこし

<作り方>
1.ご飯にちらし寿司の素をさっくりと混ぜ、冷ましておきます。
2.1のご飯を、大きめの丼にぎゅっぎゅっと押しこみます。
3.2を丼ごとひっくり返してお皿に盛ります。丼をそっと外し、ケーキの土台ができます。
4.土台の上に錦糸卵とデンブをのせます。上に刺身と海老をのせます。
5.最後にかいわれをちらして完成です。

※こちらのレシピを参考にしました。

<ちらし寿司ケーキ(魚介と海老)> by はーい♪にゃん太のママさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

2.お雛様とお内裏様のちらし寿司!キュートでお子さんも喜んでくれるはず!


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/35204/recipe/556892
* ひな祭り ❤ お雛様ちらし寿司♪ <材料(1人前)>
寿司めし…2個分
うずらの茹で卵…2個分
薄焼き卵…1枚
ハム…2枚
わかめ・黒ゴマ…少々
スナップえんどう…1枚
レンコン…1枚(3~4mm程度)
三つ葉・人参…少々

<作り方>
【男雛】
1.寿司めしを三角に握り、ハム、薄焼き卵の順で巻き、三つ葉で縛ります。
2.卵の顔にわかめで髪の毛をつけ黒ゴマで目を付けます。ピックでおむすびに刺します。
3.スナップえんどうの笏を持たせます。

【女雛】
1.寿司めしを三角に握り、ハム、薄焼き卵の順で巻き、更に帯に見立てた薄切り人参を茹でた物を巻き、三つ葉で結びます。
2.卵の顔にわかめで髪の毛をつけ黒ゴマで目を付けます。ピックでおむすびに刺します。
3.レンコンの扇子を持たせます。

わかめは海苔でも代用できそうですね。可愛らしいお人形のちらしずしです。 ※こちらのレシピを参考にしました。

* ひな祭り ❤ お雛様ちらし寿司♪ by Aliceさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

3.オシャレさは抜群!華やかなちらし寿司


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/20573/recipe/618494
+*春のパーティー用 花ちらし寿司+* ひな祭り <材料(3人分)>
ハウスのしそ梅…大さじ2
お米…2合
すし酢…60ml
しいたけ…4個
人参…3分の1
油揚げ…4分の1
A醤油、みりん、酒…大さじ1
ホタテの貝柱…10個
サーモン…3枚~
かまぼこ…3枚~
とびっこ…適量
桜でんぶ…適量
カイワレ…適量
枝豆…10粒
茹でた海老…3匹~
卵2個分の卵焼き

<作り方>
1.酢飯を作り、シイタケ、油揚げ、ニンジンを煮詰めた具を混ぜ合わせます。
2.ケーキの型に詰めます。土台をつくるので押し込める感じで詰めていきます。
3.型を外します。
4.しそ梅を表面に薄く塗り、その上に具をのせていきます。
5.サーモンやかまぼこは薄くスライスします。スライスした材料はクルクルと巻き、バラの花の形に作ります。
6.でんぶやとびっ子なども盛りつけます。

好みできぬさやも盛り付けると良いですね。また、ケーキの型は丸型だけでなく、パウンドケーキの型を使っても綺麗に仕上がります。
※こちらのレシピを参考にしました。

+*春のパーティー用 花ちらし寿司+* ひな祭り by shizueさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

4.カップちらし寿司。パーティーにピッタリ!


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/18369/recipe/386584
<プチカップちらし寿司(^o^)丿>ひなまつりやお祝い事にも◎ <材料(4人分)>
ご飯…茶碗4杯分
市販ちらし寿司の素…4人前のもの
甘エビ・スモーク烏賊・鰤・鮪・鮭などお刺身…3人前
スモークサーモン…1袋
かいわれ、またはスプラウト…1個
市販錦糸卵…1袋
人参…適量
青紫蘇…4枚

<作り方>
1.ご飯をボウルに入れ、ちらし寿司の素を混ぜて冷ましておきます。
2.ちらし寿司を盛り付けるカップに、1のすし飯・錦糸卵・すし飯・錦糸卵と重ねて行きます。
3.上にお刺身を盛りつけます。青紫蘇やスプラウトも飾ります。
4.薄切りにして花型に抜いた人参も飾ります。

種類別で作って、好きなものを選べるようにしておくとより楽しいかもしれませんね♪ ※こちらのレシピを参考にしました。

<プチカップちらし寿司(^o^)丿>ひなまつりやお祝い事にも◎ by はーい♪にゃん太のママさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

5.離乳期の赤ちゃんでもちらし寿司風の離乳食が楽しめます


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/72844/blog/13114792
ひなまつり~2008~ <材料>
お内裏様…軟飯、青のり、キャンディチーズ、黒ゴマ、醤油、海苔
お雛様…軟飯、鮭の身をほぐしたもの、キャンディチーズ、黒ゴマ、醤油、海苔
三人官女…軟飯、茹でたかぼちゃをやわらかくしたもの
ボンボリ…トマト(湯剥きをしたもの)
松と桃の花…ブロッコリーと人参
菱餅…BFのプリン、イチゴ、ほうれん草のBF

<作り方>

1.お内裏様
軟飯に青のりを混ぜておにぎりを作ります。キャンディチーズにゴマで目、醤油で頬を書き海苔で髪の毛を作ります。
2.お雛様
軟飯に鮭を混ぜておにぎりを作ります。顔はお内裏様と同じように作ります。
3.三人官女
軟飯にカボチャを混ぜておにぎり を作ります。
4.ぼんぼり
湯剥きしたプチトマトを添えます
5.松と桃の花
ブロッコリーを茹でます。桃の花に見立てた人参は薄切りにしてグラッセを作ります。
6.菱餅
BFのプリンを三色重ねてつくります。
・ピンク(苺をすりつぶしてプリンに混ぜてこします)
・緑(ほうれん草のBFとプリンを混ぜます)
・白(プリンそのまま)
※こちらのレシピを参考にしました。

ひなまつり~2008~ by NANAさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

ちらし寿司の素を使わずに作りたい人に!酢飯作り方

酢飯は、寿司酢とご飯を混ぜ合わせることでできます。まずはこの「寿司酢」の作り方をおさえましょう。

<寿司酢の作り方(6合分)>

米酢…180ml
砂糖…45g
塩(天然のものを使用)…18g

これらの材料をボウルなどで混ぜ合わせるだけです。

<酢飯の作り方>

ご飯3合に対して寿司酢100mlの割合で作ります。

1.酢飯用に固めに炊いたご飯を大きめのボウルに移します。
2.しゃもじを使って寿司酢を回しかけます。
3.5秒程度待ってから切るように混ぜ合わせます。
4.全体に混ざったら寿司酢を広げてうちわで冷まします。ひと肌まで冷めたら、一つにまとめて濡らしたさらしなどで使う直前までかぶせます。

ちらし寿司に合うおかずレシピ3選

1.ハマグリの白ワイン蒸し


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/138753/recipe/864469
ハマグリの白ワイン蒸し <材料(1人分)>

ハマグリ(砂抜きをしておく)…3個
白ワイン…100cc
水…50cc
芽キャベツ…2個
セリ…適量

<作り方>
1.芽キャベツは洗って下の固い部分は切り落とす。
2.鍋にハマグリ、白ワイン、水を加えて弱火にかけて煮立たせます。
3.ハマグリが開いたら、火を止めて芽キャベツを入れ蓋をして5分ほどおく。
4.好みでせりをトッピングする。

見た目も綺麗ですし、ひな祭りにふさわしいおかずですね。 ※こちらのレシピを参考にしました。

ハマグリの白ワイン蒸し by YUICHIさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

2.筑前煮


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/83621/recipe/959472
筑前煮 <材料(5人分以上)>

鶏もも肉…1枚
人参…2本
ごぼう…1本
里芋…5個
れんこん…小1個
こんにゃく…1枚
絹さや…8枚くらい
A 酒…大さじ1
A 醤油…小さじ2
砂糖…大さじ3
醤油…大さじ3
酒…大さじ3
みりん…大さじ1
サラダ油…適量
水…具材がひたるくらい

<作り方>

【下ごしらえ】
1.ごぼうは皮をこそげとり、一口大に切る。れんこんはいちょう切りにし、それぞれ水につけて灰汁を抜く。
2.こんにゃくは手で一口大サイズにちぎって湯がく。
3.里芋は皮をむき、大きい場合は一口サイズに切る。下ゆでをする。
4.人参と鶏肉も一口大に切る。絹さやは筋を取り除く。

1.熱した鍋にサラダ油を敷引き、鶏肉を入れて焼き色を付ける。
2.Aを加え、絹さや以外の野菜を加え入れ、油をまわす。
3.具材がヒタヒタになる程度の水を加えて煮立たせる。砂糖と酒、みりんを加え落し蓋をし、10分程度煮る。
4.蓋を外し醤油を加えて煮立たせる。汁気が無くなってきたら絹さやを入れて少し煮て完成。 ※こちらのレシピを参考にしました。

筑前煮 by みるくぷりんさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

3.春のほろ苦い味覚を楽しむ菜の花のゴマみそ和え


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/89759/recipe/887131
菜の花のゴマ味噌和え <材料(2人分)>
菜の花…1/2束
塩…少々
炒り白ゴマ…大さじ2
砂糖…大さじ1
味噌…大さじ1
酒…大さじ1

<作り方>
1.菜の花は洗う。塩を入れた沸騰したお湯に、葉の部分を持ち茎だけを湯につけ1分茹でる。その後葉の部分も入れ、さっと湯がいたら流水にとって冷ます。
2.水気をしっかりと切って絞り、食べやすい長さに切る。
3.すり鉢にゴマを入れてする。砂糖、味噌、お酒の順に入れて混ぜ合わせ、1と和える。 ※こちらのレシピを参考にしました。

菜の花のゴマ味噌和え by おんちゃん母さん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!



ハマグリの吸い物レシピ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37124/blog/12005425
今年のお雛様ディナー②ハマグリのお吸い物 <材料(2人分)>
ハマグリ…大さじ2~4
水…200㏄
酒…小さじ2
醤油…小さじ1

<作り方>
1.ハマグリは砂出しをさせておく。
2.鍋に水をいれ火にかける。沸騰したら酒とハマグリを入れて火を止めて蓋をする。
3.貝が開いたことを確認して、仕上げに醤油を加える。

ハマグリが小ぶりな場合は、水ではなく昆布出汁を加えても。ハマグリの濃厚な出汁を楽しめそうです。
仕上げにお好みで小ねぎなどを散らして彩りを出しても良いですね。 ※こちらのレシピを参考にしました。

今年のお雛様ディナー②ハマグリのお吸い物 by はぎちょんさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

デザート・お菓子レシピ3選


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/91634/recipe/716581
♡ひな祭りに♡宝石箱なフルーツ白玉♡ <材料(4人分)>
白玉粉…150g
絹豆腐…180〜200g
粉末抹茶…ティースプーン1杯
食紅(赤)…少々
フルーツ缶やフレッシュフルーツ…適量
(お好みで)三ツ矢サイダー…適量

<作り方>
1.ボウルに白玉団子と絹豆腐を入れて混ぜ合わせ、練る。耳たぶくらいの固さになったら3等分にする。
2.1つは食紅でピンクに、1つは抹茶で緑、最後の一塊はそのまま白色のお団子にします。それぞれに材料を加え混ぜ、手の平で丸める。
3.沸騰したお湯に入れ、浮かんで来てから3分茹でて氷水で冷やす。
4.大きめのボウル、もしくは器に冷めた団子とフルーツ缶をシロップごと入れる。フレッシュフルーツも加える。
5.好みでサイダーを加えたり、ミントをトッピングする。 ※こちらのレシピを参考にしました。

♡ひな祭りに♡宝石箱なフルーツ白玉♡ by Mizukiさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

2.皆が大好き!イチゴ大福


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/111384/recipe/872669
ひな祭りのお菓子にも♡レンジで簡単柔らか♪クリーム苺大福 <材料(5人分以上)>
白玉粉…100g
砂糖…85g
水…180cc
あんこ…200g
片栗粉…適量
お好みで紅麹パウダー(食紅赤)…適量
苺…6個

(クリーム)
生クリーム…50cc
グラニュー糖(上白糖)…5g

<作り方>
1.餡子を等分に分ける。
2.生クリームに砂糖を加え、固めに泡立てる。スプーン1杯ずつをラップにくるみ冷凍をしておく。
3.レンジ対応のボウルに白玉粉、砂糖、水を入れ良く混ぜる。着色するときは色粉を溶き入れる。
4.3をレンジに入れ、2分加熱する。すぐに取り出し木べらなどで良く混ぜる。透明で弾力が出るまで繰り返す。
5.生地が温かいうちに片栗粉をふった台にとり広げて、生地を等分に分けていく。
6.冷めないうちに餡を乗せ平らにし、冷凍した生クリームとイチゴを包み完成。

クリームは泡立てるのが大変!と言う場合には市販のホイップを使用しても大丈夫です。冷めると扱い辛くなるため、温かいうちに作るのがコツです。 ※このレシピを参考にしました。

ひな祭りのお菓子にも♡レンジで簡単柔らか♪クリーム苺大福 by *ももら*さん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

3.1歳の離乳期でも食べられるケーキ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/17265/blog/11896198
「自家製ホットケーキ粉で♪お野菜入り蒸しパン」(離乳後期~子供のおやつにも) <材料(4個)>
卵…1個
牛乳…120ml
ホットケーキミックス…200g
野菜を茹でて細かくカットしたもの…40g
上1/3を切った紙コップ

<作り方>
1.ボウルに卵を溶く。牛乳を加え泡だて器でよく混ぜ合わせる。
2.ホットケーキ粉を少しずつ加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
3.野菜を加え、ゴムベラで混ぜ、紙コップ半分強程度まで生地を流し込む。
紙コップごとトントンと底を打ちつけ空気を抜く。
4.蒸気の上がった蒸し器に並べ入れ、10~15分程度蒸す。

お野菜はカボチャやサツマイモ、ニンジンや玉ねぎ、ほうれん草などを使います。
蒸し器を持っていなくても、100均などで蒸し網がありますので代用が可能です。
※こちらのレシピを参考にしました。

「自家製ホットケーキ粉で♪お野菜入り蒸しパン」(離乳後期~子供のおやつにも) by ATSUKO KANZAKI (a-ko)さん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

みんなで飲める甘酒もつくってみよう!

甘酒も自分で作れるという事をご存知でしょうか。たくさんのご馳走にデザートにと大忙しですが、簡単ですのでトライしてみませんか?
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/12627/recipe/894025
自家製甘酒 <材料(5人以上)>
米…1合
米麹…100g

<作り方>
1.塊の米麹を使用する場合は、使う前に手でよく解しておきます。
2.炊飯器に砥いだ米を入れ、お粥の水加減でお粥を炊く。60度以下まで冷まし、米麹を加える。
3.炊飯器の蓋を半開きにして、上で布巾をかけ、保温にセットする。途中で一度全体をかき混ぜ8時間経てば完成。 ※こちらのレシピを参考にしました。

自家製甘酒 by Y'sさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!

女の子の健やかな成長の願いをお料理にこめましょう

ひな祭りのお料理の意味やお勧めレシピをご紹介しました。こうした紹介だけでも大変華やかな雰囲気が伝わってきますよね。ひな祭りと言うと、優しいピンクなどの色合いが可愛らしい女の子のお祭りですが、元々は「女の子の健やかな成長を願う日」。お子さんの健やかな成長を、ご馳走を楽しみつつ家族で願ってみてはいかがでしょうか。