大掃除を楽しくスムーズに!効率的な掃除の順番とポイント

誰しも億劫になりがちな大掃除。日ごろ小まめに掃除をすることで、大掃除が少し楽になります。家族で住む家は、家族で協力して大掃除に取り掛かるのがベター。年末の大掃除に向けて、また日々の生活でも効率よく大掃除をするために、掃除の順番や場所別のコツをまとめてみました。

大掃除がツラくなる原因

お掃除をためこんでいませんか?

あまりにもひどい汚れに、掃除のやる気が失せてしまう…といった経験はありませんか?大掃除の季節になると誰しも大がかりな掃除に嫌気がさすこともありますよね。

大掃除が嫌になる原因は、あまりに放置しすぎて掃除する時間と労力がかかりすぎるからかもしれません。できれば季節ごと、3ヶ月に一回ペースで掃除を行いたいですが、それも難しい方は半年に一回は大掃除をする週間をつけると、お掃除が楽になりそうです。

また、大掃除は何も”年末に”行うべきものではありません。”年末までに”すべて完了させると意識すれば、寒い季節に寒い思いをしながら掃除することもなくなりそうですよね。



大掃除をはじめる前に

掃除の順番を考えよう

大掃除の順番は効率よく行いたいもの。思い付きで行うと、効率が悪かったり二度手間になったりすることもあります。
また、大掃除の順番を考える上で、外壁や車の洗車、窓、網戸、エアコンのお掃除は天気の良い日に限られます。室内のお掃除は天候に左右されませんが、天候に左右されやすい大掃除ポイントは前倒しで行う方がいいですよね。涼しく過ごしやすい季節になってきたら、そろそろ大掃除をポイント別に行っていってもいいかもしれません。

週末行うもの、日々の中でできるものを分けよう

例えば、お風呂のユニットを外して中を掃除するのはまとまった時間がないと不可能です。それに比べ、キッチンの排水溝は生ごみを捨てる時に一緒にできてしまうため短時間でできます。このように週末やある程度まとまった時間がないとできない掃除、日々の生活の中の延長でできそうな掃除を分けておき、ポイントごとにお掃除をしていくとスムーズです。

大掃除お役立ちグッズ

手軽にお掃除できるグッズや香りにこだわったグッズ

掃除が嫌になる原因のひとつが、掃除道具ではないでしょうか。掃除道具を準備して、いざ掃除をするまでの時間や労力もできればスマートに行いたいですよね。また、できればいい香りの洗剤だったらいいのにな、という欲張りな方も多いはず。

【花王】クイックルワイパーハンディ 取替え用 エッセンシャルローズの香り 3枚入り
リセッシュアロマチャージエッセンシャルローズと同じ香り。網戸やサッシを楽しくお掃除できます。汚れたらシートを交換するだけの手軽さも◎。毎日のお掃除に活用できますよね。

ユニ・チャーム ウエーブハンディーワイパー本体+1枚ピンク×12点セット (4903111467488)
手軽にさっと埃をお掃除できるスグレモノ。期間限定で香り付きの商品を販売していることもあります。

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート ローズ 16枚入
拭き掃除も香りで楽しく!汚れたら取り換えるだけなのでとても便利です。

トイレットペーパーでちょいふき 120mL
トイレのお掃除シートは色々とありますが、シートを出すことすら面倒という方へはこちらがおすすめ。
トイレットペーパーを重ねて上からプッシュするだけで、お掃除シートに早変わり。すぐに使えるので、便座を汚した人がさっとお掃除しておけば、トイレもいつもピカピカです。
また、来客時に便座が気になる方にもさっと便座を拭いて使用できるので簡易便座クリーナーとしても重宝します。

エコにつながるうえにどこのお掃除にも活用できる優秀洗剤!

ECOVER(エコベール) 住まい用洗剤 500ml
お掃除のときに困るのが洗剤。トイレ用、お風呂用、キッチン用、リビング用…など、あまり使わないのに掃除道具箱がいっぱいになっていませんか?こちらの商品は、床からお風呂のタイルまでオールマイティに使用できる洗剤です。キッチン、ガスレンジ、窓、家具、トイレなど汚れに合わせて濃度を調整して使用するタイプなので、中程度の汚れなら1Lに小さじ2杯だけ使用するため、とても経済的。またフレッシュレモンの香りなので、お掃除もはかどります。またこの商品の最大の特徴は、排水処理施設や浄化槽で自然に還ること。お部屋をキレイにしてくれるだけでなく、地球にもやさしい洗剤です。 掃除用洗剤だけでも何種類も使っていませんか?トイレ用、浴室用、リビング用などなど…でも実は重曹で家中の掃除ができるんですよ。重曹を使った掃除方法についてご紹介します。



大掃除をスムーズにする効率的な順番

大掃除を効率よくスムーズに行うには、下記の順番がおすすめです。
天候に左右されるお掃除ポイントは、天候と相談しながら前後させて調整するといいですね。

<大掃除の順番>
1.外から(外壁、庭、ベランダ、窓、網戸など)
2.上から(エアコン、天井、換気扇など)
3.水回り(お風呂場、トイレ、キッチン、洗面所など)
4.日常スペース(リビング、ダイニング、各自の部屋など)

窓やベランダは天候に左右されるため先にやっておく方がベター。特に12月に入ると寒い日が続くため、外での洗車や窓の拭き掃除が億劫になります。10月の週末や忙しくない時を見計らってやってしまうと後が楽ですよ。

また、掃除の順番は「上から下」というのが基本。先に下の拭き掃除をやってしまうと、上から埃が落ちてくる可能性大です。
リビング、ダイニング、各自の部屋の床などは日ごろお掃除する機会も多い部分。大掃除では、日ごろやらない天井や照明、水回りなら排水溝の細かい部分などを集中的に行うといいですよね。

場所別!大掃除のポイント

天候に左右される「外壁や庭、窓、網戸」など外のお掃除

外壁、庭、ベランダ、窓、網戸などは、お天気の良い日に家族で協力しましょう。

ベランダの雨どいや排水口のゴミは取り除き、ブラシなどでお掃除。窓は専用洗剤がなくとも新聞紙をくしゃっと丸めて水で磨くと水滴の後もつかずキレイになります。お掃除後も新聞紙を捨てるだけなので楽ですよね。

網戸は先にハンディタイプのお掃除ワイパーで軽く汚れを落とし、その後拭き掃除か取り外してブラシと洗剤でお掃除したあと、しっかり乾かしましょう。できれば季節ごとにお掃除したい部分です。特に花粉症の家族がいる場合は、花粉の飛ぶ時期には網戸にも付着します。窓を開ける季節になる夏前に一度網戸のお掃除を行いたいですよね。

中でも念入りに行いたいのが窓のサッシ。サッシにもハンディタイプのお掃除ワイパーが活躍してくれます。大きなゴミは掃除機、その後にお掃除ワイパー、最後に雑巾や刷毛で窓枠の溝をお掃除すれば完璧です。意外と大掃除の時には手が回らない部分になりがちですが、忘れずに行いたいですね。

「キッチン」は、日ごろの油汚れのお掃除がポイント

キッチン回りで特に気になるのは油汚れ。油汚れは週に一度小まめにお掃除しておくと、大掃除が楽になります。特に注意したいのが、換気扇とコンロの周り。換気扇は、レンジフードフィルターをしておけばお掃除が格段に楽になります。最近ではフリーカットできるものもありますので、自宅のレンジフードに合わせてカットして使うといいですね。

また、油汚れだけは専用の洗剤を使うとスムーズに汚れを落とすことができます。油の多い調理をしたり、揚げ物をした時にはさっと拭き取れるお掃除シートを用意しておいて、毎回さっと拭いておくだけでも違ってきます。取り出しやすい場所にお掃除シートを設置しておき、気付いた時にさっとお掃除できるよう工夫するのもいいですね。

またキッチンは、排水溝の部分も取り外せる部分までしっかりお掃除を。

一番お掃除に時間のかかる場所「お風呂」

お風呂は、それぞれのメーカーにより取り外ししてお掃除できる部分が異なります。ユニットをすべて取り外し浴槽周りをお掃除できるものと、そうでないものとあります。
ユニットが外せる場合は、取り外して浴槽下の床や浴槽周りをお掃除しましょう。

一番悩まされる部分は、ゴムパッキン。ここは一度カビが生えてしまうとカビの再発防止をするのが困難な部分です。日ごろお風呂上りに乾いた雑巾でさっとふくだけで、カビ発生の予防になります。
また、お風呂場は換気扇、排水溝も合わせて掃除が必要なのでかなり大がかりなお掃除になります。週末に時間を取って念入りにお掃除したいポイントです。

「トイレ」は、タンクの掃除も忘れずに

トイレで見落としがちなのが、ウォシュレットのノズルとトイレのタンク。トイレのタンクをお掃除することを知らずに放置していると、大変なことになっていることも。3ヶ月に一度のお掃除が目安ですが、最近トイレの汚れがつきやすくなった場合にはトイレタンクの汚れも疑ってみてください。

トイレタンクはタブレットの錠剤で汚れ付着予防をするものがいくつかありますが、あくまで付着するのを予防してくれるだけですので、お掃除必須の場所となります。また、トイレタンクの中の金具によっては使える洗剤が異なることもあります。自宅のトイレのメーカーのサイトでお掃除の仕方をしっかりと確認して、取り掛かるようにしましょう。

日ごろのお掃除でキレイを保つ「洗面所」

洗面所は日ごろのお掃除できれいを保つことが可能な場所。水が飛び散ったりする場所でもあるので、こまめに拭き掃除をしておくといいですよね。大掃除の時には、日ごろ行き届かないキャビネットまわりや排水口を重点的にお掃除するのがベター。

エアコン、冷蔵庫など「大型電化製品」

自分でお掃除するか、業者へ任せるか迷うのが、エアコンではないでしょうか。
各メーカーによりますが、最近ではお掃除機能付きのエアコンが多々あります。お掃除機能付きだとフィンがむき出しになっていない型が多く、残念ながら自分でのお掃除が難しいことが多いです。フィンをキズつけてしまうと、正しく稼働しなくなる可能性もありますので、自己流での本格的なお掃除はあまりおすすめできません。お掃除機能なしの場合は、市販のエアコン用お掃除スプレーで解決できることもあります。
また、フィルターなどはお掃除可能なのでそれぞれの説明書に従って季節ごとに行うことがベストですよね。室外機はキレイを保つことで節電にもつながるので、半年に一度はお掃除したいポイントです。

冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品も汚れが目立ちがち。冷蔵庫はコンセントを抜いて、中を清潔な雑巾で乾拭き、電子レンジは専用のお掃除シートを使うとお掃除が楽ですね。

室内の掃除

室内も日ごろ行わない部分を重点的にお掃除しましょう。
天井や照明、壁紙や電気のスイッチ、コンセントなどは気付かないうちに埃がいっぱい。コンセントは火事にもつながるので気づいたら小まめにお掃除をしたいですよね。気付いたらさっとお掃除できるハンディワイパーが活躍してくれそうですよ。

また、床の拭き掃除も億劫になりがちですよね。香り付きのウエットシートタイプのお掃除グッズを使えば、お掃除も楽しくなりそう。汚れても取り換えるだけなので後も楽です。

家族で協力するとスムーズ!子どももできるお掃除ポイント

換気扇、窓の掃除はパパや子どもにお任せして

換気扇や窓の高い位置はパパにお任せしてしまいましょう。大がかりな掃除部分は、家族で分担するとスムーズですよね。
また、子どもでも比較的簡単にできる窓や網戸、お掃除シートを使った床の拭き掃除も子ども達に協力してもらうことで、達成感や家族のチームワークを高められそうです。2階以上の窓は、子どもには危険が伴うこともあるので、大人がしっかりと見守ってくださいね。
お掃除デーを設けて、家族でワイワイお掃除するのもいいですよね。

大掃除は家族みんなで協力しよう

大掃除は、億劫な気持ちになりがちです。日々の生活の中で、小まめなお掃除を心掛けたいですよね。できれば季節の変わり目には大がかりなお掃除をおすすめしますが、なかなか難しいようなら半年に一度のペースは守ってみてください。

また、家族で協力すれば一人でやるよりも早く終わります。子ども達の真剣なお掃除姿が見られるかもしれませんよね。本格的な冬を迎える前に、少しずつ大掃除に取り掛かってみてはいかがでしょう。