怖いけど気になる、おばけの絵本特集〜想像力を豊かにする、不思議なお話たち〜

世の中にはたくさんの絵本があります。そんな中で意外と多くの「おばけのお話」があるのをご存じですか?昔ながらのおばけや妖怪をはじめ、可愛いおばけや優しいおばけなど、お話によって様々なおばけがいます。お子さんと一緒に、お気に入りのおばけ、見つけてみませんか?

おばけは怖い…だけどおばけの絵本は大好き!

「おばけが来るよ!」と言うと怖がるくせに、何故かおばけのお話は大好き…。子育てあるあるだったりしませんか?我が家の長男も、暗い部屋は怖がる割におばけの絵本は大好き。

今回は怖いけど気になるおばけのお話から、ちょっと感動するおばけのお話、大人も怖いお話まで様々な絵本をご紹介します。



昔からあるおばけの絵本

「せなけいこ」さんのおばけの話シリーズ

「せなけいこ」さんは、たくさんのおばけの絵本を書かれています。
有名なものもたくさんあるので、「おばけの絵本」というとせなさんの絵本を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

おばけなんてないさ (せなけいこのえ・ほ・ん)
こちらは有名な歌「おばけなんてないさ」の歌詞にあわせて絵が書かれた絵本です。

ついつい歌ってしまう、おばけのお話なのにちょっと楽しい絵本です。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)
こちらも有名な「ねないこだれだ」。

リズミカルなテンポで、楽しいけどじんわりと怖い…。そんなおばけのお話になっています。

おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
こちらはおばけよりも「めがねうさぎ」がメインのお話。

おばけも登場しますが、怖いというよりも楽しい雰囲気です。「怖いお話はまだちょっと早いかな…」というお子さんにおすすめです。

最近話題の、ちょっと感動するおばけのお話

おばけのケーキ屋さん

おばけのケーキ屋さん (絵本)
ケーキの味にはちょっぴりうるさい女の子と、美味しいケーキでみんなをびっくりさせるのが大好きなおばけのケーキ屋さんのお話。

もともと、イラスト投稿サイトである「Pixiv」で公開されていた作品が書籍化したものです。可愛らしいタッチの絵と、どこか懐かしい色合いで描かれた絵に引き込まれます。

優しい愛を感じる、怖くないおばけのお話です。

ママがおばけになっちゃった!

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)
幼稚園に通うかんたろうくんと、事故で亡くなってしまったかんたろうくんのママのお話。「死」という難しいテーマに向き合いながら、2人が少し前に進む物語が描かれています。

ニュースなどで取り上げられ、売上トップにもなったことのある話題の絵本です。

こちらでも詳しい内容をご紹介していますので、気になった方は是非。
最近話題の「ママがおばけになっちゃった」という絵本。書店などでも平積みされていたり、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?今回はその「ママがおばけになっちゃった」についてご紹介します!



こんなの知ってる?見たことあるかな?おばけの絵本

おばけだじょ

おばけだじょ
真っ黒な身体にギョロッとした目…ギザギザの歯が生えた生き物が「おばけだじょ」「たべちゃうじょ」と姿を変えながら言ってきます。

わあ!怖い!と思ったら…?

ちょっぴり怖いと思いきや、タネがわかると「なあんだ」とほっとする、そんな絵本です。

おばけかぞくのいちにち

おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)
夜にはじまる、おばけの一日。人間とは反対の生活をするおばけですが、ある日おばけのたろぽうは夜になる前に目が覚めてしまって…。

人間が「早く寝ないとおばけになっちゃうよ!」というのと同じように、おばけも「早く寝ないと足がはえてきて人間になっちゃうよ!」なんて、本当に言っているのかもしれませんね。

なんだか気持ちがふんわりする、おばけかぞくのお話です。

おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ
死んだはずのおじいちゃんが夜中にひょっこりやってきて、この世に忘れた何かを孫のエリックと一緒に探すお話。

最後はちょっぴり泣いてしまうかも…ユーモラスなおじいちゃんと、エリックを大切に思う両親、すべてがあたたかい優しい絵本です。

こんなのもあるよ!シリーズ絵本のおばけ

くろくんとなぞのおばけ

くろくんとなぞのおばけ (絵本・こどものひろば)
「くれよんのくろくん」シリーズの一冊。

ある日くれよんたちが目覚めると、きいろくんがいません。部屋中探しても見つからず、次の日になると今度はまた別のくれよんの仲間がいなくなっていて…。

「おばけにつれさられたんだ!」と騒ぐくれよんたちですが、おばけの正体と目的とは?最後は少しホロリとくる、素敵なお話です。

コんガらガっち おそるおそるすすめ!の本

コんガらガっち おそるおそるすすめ!の本
「コんガらガっち」シリーズの一冊。イルカともぐらがこんがらがってできた生物「いぐら」が、友達の「たらす」と一緒に肝試しに行くお話です。

選んだ道によって様々なおばけに出会える、何度も楽しめる絵本です。

おそるおそるすすめ!以外にも「いったいこのおと、なんのおと?」「いぐら、どうぶつえんでカメラマン!」が収録されています。

お化けの冬ごもり

お化けの冬ごもり
「川端誠」さんのお化けの話シリーズ。あたりが雪に包まれた頃、山の一軒家におばけたちが続々集まってきて…。

私たちがイメージする幽霊のようなおばけではなく、妖怪たちのお話です。みんなで雪合戦をしたりかまくらを作ったり、楽しそうに冬を過ごす妖怪たちが活き活きと描かれています。

このお話とは正反対の、「お化けの真夏日」「お化けの海水浴」もあります。

長いお話が読めるようになったら…おばけの読み物絵本

おばけのはなし1・2・3

おばけのはなし (1) (寺村輝夫のむかし話)
9つのお話を収録した、おばけの昔話の本です。

おばけのはなし1には、「のっぺらぼう」「ひとつ目こぞう」「ばいろんばけもの」「ばけものたいじ」「かっぱのいずみ」「糸ぐるまの女」「こめくわぬよめさん」「ばけねこおどり」「目なしゆうれい」が収録されており、昔おばあちゃんが話して聞かせてくれたような、懐かしいお話を読むことができます。

長いお話を聞いたり読んだりすることに慣れてきたら、是非一度手にとって見てください。

カレーライスはこわいぞ

カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)
こわ〜いおばけを目指す「アッチ」。近所に引っ越してきた2匹のネズミの兄弟に馬鹿にされないように、どうしたら怖いおばけになれるか考えて…。

可愛らしいおばけのアッチが、一生懸命に怖いおばけになろうとする様子が楽しく描かれたお話です。こちらも少し長いお話を読むことに慣れたお子さんにどうぞ。

読後は親子でカレーライスを食べたくなるかも?

パパ・ママ向け、本当に怖い絵本

いるの いないの

怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)
「怪談えほん」シリーズの一冊。「姑獲鳥の夏」や「狂骨の夢」などミステリ小説で有名な京極夏彦さんが書いた絵本です。

大人が読んでもゾクッとするようなこの絵本、本来は子ども用に作られた絵本ですが、本当に怖いので一度大人の検閲が必要かもしれません…。筆者はしばらく夜のお手洗いが怖くなりました。

人間いろいろ、おばけもいろいろ

いかがでしたか?知っている本や読みたい本はあったでしょうか?

「おばけ」という存在が曖昧なものがテーマのお話、大人にとっては「作り話」でしかありませんが、子どもにとっては想像力を掻き立てられる不思議なものです。

その未知の世界に触れて、自分で想像したことは大人になってからも大切な宝物になるのではないでしょうか。

おばけが登場する絵本やお話は、この他にも数えきれないほど出版されています。怖いだけでなく、どこか人間味があったり可愛かったり…おばけにも様々。是非お子さんと一緒に、お気に入りの一冊を見つけてください。