赤ちゃんのための洗濯洗剤7選。arau、サラヤ、さらさなど

生まれた赤ちゃんの服を洗濯する時、大人用の洗濯洗剤で洗っていますか?実は生まれたての赤ちゃんの肌はとっても弱く、ちょっとした刺激で肌トラブルを引き起こすことがあるのです。大切な我が子の為に洗濯洗剤を選ぶポイントや、ママも赤ちゃんも安心して使用できる洗濯洗剤を厳選してご紹介していきます!

赤ちゃん洗濯洗剤ってどんな時に使う?

赤ちゃんが生まれて、いざ服をお洗濯!でも、そんな時「大人の服と一緒に、いつもの洗剤で洗ってもいいの…?」という素朴な疑問、ありますよね?実は赤ちゃんの肌は、見た目のみずみずしさ、すべすべお肌とは裏腹にとってもデリケート。一般の洗濯洗剤を間違って選ぶと、赤ちゃんの肌トラブルの原因にもなりかねないのです。
そこで、大切な赤ちゃんに使用する洗濯洗剤を選ぶ時のポイントや、どのような洗剤を選べば赤ちゃんもママも安心して使えるのかを見ていきましょう!

生まれたての赤ちゃんの肌はとっても敏感

実は赤ちゃんの肌は、乾燥しやすく、外部刺激や肌の内側からの水分蒸発を防ぐバリア機能も未熟です。そして一番の違いは、皮膚の厚さが大人に比べて「半分~3分の1」の薄さしかないこと。そのため、摩擦や外部からの刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすいのです。
そのため、一般の洗濯洗剤に入っていることの多い添加物によって肌トラブルを起こしたり、服の生地の摩擦によって肌トラブルを起こすということは、誰にでも起こりうるリスクなのです。そんなデリケートな赤ちゃんの肌のためにも、是非安全、安心な洗濯洗剤を選びたいものですね。

「界面活性剤」「蛍光増白剤」「漂白剤」「香料」不使用のものを選ぶ

「界面活性剤」は石けんの「天然界面活性剤」と科学的に作られた「合成界面活性剤」の2種類に分けられます。特に「合成界面活性剤」はその洗浄力の強さから、すすぎ残し等があると皮膚を保護している皮脂膜を溶かしてしまう恐れがあります。
また、界面活性剤は肌に触れると浸透しやすく、体内に残りやすいため肌のバリアゾーンを壊し、慢性的な肌荒れを状態になることもあると言われています。

「蛍光増白剤」は太陽の紫外線を吸収して、目に見える青い光を反射させて、衣類を白く見せる物質です。これはアレルギー反応や皮膚への刺激になるため、乳幼児の製品には控えるようにと言われているものです。「漂白剤」も成分が服に残っていると肌トラブルの原因になります。

そして赤ちゃんは匂いに敏感なため、香りが強すぎるものはNG。「香料」が使われていない無香料か、天然成分の香りのものを選ぶようにしましょう。



赤ちゃんの洗濯洗剤7選

では、どのような洗濯洗剤が赤ちゃんに安心して使えるものなのでしょうか?ママにも赤ちゃんにも安心して使える7つの洗濯洗剤をご紹介します!

1、arau、アラウ(アラウベビー):無添加、柔軟剤なしでもふっくら吸水仕上げ

arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 本体 800ml
アラウベビー

■定価:448円(税込)
■本体:800ml
■成分:純石けん分(30%脂肪酸カリウム)・アロエエキス

植物から生まれた石けん成分で作られており、LAS・高級アルコール系合成界面活性剤、蛍光増白剤、漂白剤、リン酸塩、エデト酸塩(金属イオン封鎖剤)、香料、着色料、保存料などの添加剤は一切不使用の無添加石けん!赤ちゃんにも安心して使えます。柔軟剤なしでも繊維本来のふっくら、吸水仕上げなのが嬉しいですね。
除臭せいけつ成分として、ほのかに香る天然ハーブ、ラベンダー&スペアミントの天然精油を配合しています。うるおい植物エキスとして、アロエの天然エキスを配合しているので手洗いにもオススメです。赤ちゃんの広範囲な汚れにはつけ置き洗いをすると良いですよ。

2、ピジョン(ベビーランドリーピュア):余分な成分がなく、洗い残りの心配無し!

ピジョン ベビーランドリー ピュア 本体 900ml
ベビーランドリーピュア

■価格:614円(税込)
■本体:900ml
■成分:界面活性剤〔11.5% ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸カリウム)〕、安定化剤、pH調整剤、金属封鎖剤

赤ちゃんグッズの有名ブランド、ピジョンが出している赤ちゃん用洗濯洗剤です。天然植物由来の洗浄成分使用で、無着色、無香料、無漂白剤、無リン、無蛍光という余分な成分は無添加な洗剤。しかし、ミルクやうんちの汚れにも強い!肌着やおむつの水通しから使用でき、洗剤残りの心配がないのも特徴です。
頑固な汚れには2~3時間ぬるま湯につけ置き洗いをするのがオススメです。

3、さらさ(無添加さらさベビー):蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加でクエン酸配合

さらさ 洗濯洗剤 液体 本体 850g
さらさ

■価格:288円(税込)
■本体:850g
■成分:界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル、LAS、純石けん成分(脂肪酸ナトリウム))、安定化剤、分散剤、アルカリ剤、水軟化剤(クエン酸)、ケア成分(天然樹木エッセンス)、酵素

天然のヤシの実などを加工して作った洗浄原料を使用していて、蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加な洗剤です。クエン酸を配合しているので、洗浄力もアップで肌に優しい仕上がりとなっています。さらさらの仕上がりと、ふんわり香る石けんの匂いで室内干しにもオススメです。

4、ミヨシ石鹸(ベビーの肌着洗い石けん):成分が石けんと水のみ!

無添加 ベビーの肌着洗いせっけん 800ml
無添加ベビーの肌着洗い石鹸

■価格:458円(税込)
■本体:800ml
■成分:純石けん分(30%脂肪酸カリウム)

無添加石けんの老舗、ミヨシ石鹸の肌着洗い石けん。成分が純粋な石けん成分と水だけなので勿論添加物は入っていません。液体なので石けんでも洗浄成分の溶け残りがなく、使いやすく安全、安心な洗剤です。ふわふわの仕上がりで、肌着だけでなく、布おむつを洗うのにもオススメです。

5、ライトウェーブ(バジャン):すすぎ一回でOK!重曹パワーで洗浄力も◎

バジャン 1.2kg
バジャン

■価格:1,598円(税込)
■本体:1,200ml
■成分:炭酸塩、重炭酸塩、けい酸塩、硫酸塩、分散剤、酵素、酵素安定化剤

バジャンの主成分は重曹です。重曹といえばお掃除もさることながらお料理にも使える安心成分!なのにドイツの研究所での調べでは、その汚れ落ちは合成洗剤に劣らないとの結果が出ています。漂白剤、蛍光漂白剤、柔軟剤、香料、りん酸塩も無添加です。不要な成分も入っていないのでお肌にもとっても優しいのに、すすぎ一回でもよいのは嬉しいですね。

6、ソネット(ナチュラルウォッシュリキッド):オーガニック洗濯洗剤

SONETT ( ソネット 洗剤 ) ナチュラル ウォッシュリキッド 2L ( 洗濯用液体洗剤 )
ナチュラルウォッシュリキッド

■価格:2,484円(税込)
■本体:2000ml
■成分:菜種油石けん、オリゴ糖界面活性剤、ヤシ油由来のアルコールの硫酸塩、エタノール、香料(ラベンダー)、水

健康や環境に害のある原料は一切使用されていません。直接肌に塗れるほど安心な天然のラベンダーエッセンシャルオイル配合で、抗菌作用もあるため、ふんわり仕上げで部屋干しにしても良い香りが広がります。
価格に驚くかもしれませんが、内容量が他の商品に比べ倍以上なので、さほど差がなく使用できます。界面活性剤(植物由来)全成分100%表示のオーガニック洗剤なので、オーガニック洗剤が気になっている方にもオススメです。

7、ソーダサン(ランドリーリキッドセンシティブ):環境にも人にも優しい洗剤

ソーダサン ランドリーリキッド センシティブ 1.5L
ランドリーリキッド センシティブ

■価格:1,728円(税込)
■本体:1500ml
■成分:石けん、ショ糖界面活性剤、ニコハク酸イミド、ポリアスパラギン酸、クエン酸、エタノール

石油系化学原料や酵素、シリコンなどは使われておらず、赤ちゃんも敏感肌の方にもオススメな洗剤。無香料なので、香りが苦手な方でも大丈夫ですよ。ショ糖界面活性剤はココナツ油とショ糖またはスターチから作られたもので、洗浄力も良く、安全なオーガニック洗剤です。容量もたっぷり有るので一つで長く使えますね。

赤ちゃん用洗濯洗剤に関する先輩ママの声



肌に直接触れるものだからこそ、慎重に選びたい洗濯洗剤

肌に優しい洗濯洗剤を選び、洗い残りに注意しましょう

赤ちゃんの皮膚はとってもデリケートなので、少なくとも生後3ヶ月ほどまでは赤ちゃん用洗濯洗剤を使用してあげると良いでしょう。服やタオル等は、赤ちゃんの肌に直接触れる、そして時には口にも入るものです。優しい洗濯洗剤をチョイスしても、洗い残りには十分注意しましょう。
毎日気持よく安心なお洗濯ができれば、赤ちゃんもママにもきっと笑顔が増えますね! 赤ちゃんの直接肌に触れるお洋服や下着、タオルなど清潔に安心して使えるようにしたいですよね。赤ちゃんのものにも使える優しくて安全な洗剤をご紹介します。 「赤ちゃんにオススメの洗剤と洗濯方法」を知りたい方は、こちらのcuta記事もチェック!